ローディング中

Loading...

夏に食べたい野菜といえばゴーヤ。でも、料理のレパートリーが広がらなかったり、苦いと子どもに不人気だったり……ゴーヤを縦半分に切って、具材をのせて焼くだけの簡単ゴーヤボート。のせる具材を工夫して、子どもが喜んでくれるゴーヤ料理にしよう!

夏はゴーヤの季節!

夏の旬の食材といえば、ゴーヤ。しかし、代表的なゴーヤチャプルーなど、料理のレパートリーが少なく、食べ方がマンネリ化してしまいやすい食材です。その独特の苦さから、健康に良いのに子どもに嫌がられてしまう食材でもあります。そんなゴーヤの画期的なレシピが、いま流行ってるんです。

ゴーヤボートに注目!

いま注目されているのが「ゴーヤボート」です。食卓にはそのまま出してもかわいいですし、子どもに食べやすくするなら、小さくひと口大に切って出してもよいですよね。のせる具材をアレンジすれば、子ども好みの味になったり、オトナ向けの味になったり……その場その場のシーンに合わせて変えられるので自由度の高いお料理です。

では、どうやって作るのでしょうか?次から作り方をご紹介します!

ゴーヤボートの作り方

作り方はとっても簡単で、まずゴーヤを縦半分にカットしたら、種やワタを取り除き、そこに具材をのせます。あとはトースターやオーブンで焼くだけです。ちなみに上の写真はツナマヨコーン。子どもが大好きな組み合わせです。

ゴーヤの下ごしらえのポイント

「ゴーヤのわたは苦味があるので、しっかり取りましょう」と、書いてあることがありますが、実はわたに苦味はありません。しかし、わたをきれいに取った方が見た目がよくなるので、スプーンを使って、切ったゴーヤの底をなでるようにしてこそげ取りましょう。

今回はボート状ですが、もしスライスして料理する場合は、2mm程度の薄さにスライスして、塩もみ(塩もみしても苦味を感じる場合は、塩+砂糖でもむ)して10分ほど放置し、さっと下茹でしてあげると苦味を感じにくくなります。

ゴーヤボートのレシピアイデア

では、ほかのゴーヤボートのアイデアを見ていきましょう。

1. 肉詰めチーズで子どもウケ抜群

こちらは、肉詰めチーズ入りのゴーヤボートです。肉詰めは、大人はもちろんのこと、子どもも大好きですよね。チーズが、肉詰めの間からとろーり出てくれば、そのまろやかさにゴーヤの苦さも吹っ飛びます。

我が家でも作ってみましたが、ゴーヤチャンプルーにすると苦くてあまり食べない子どもたちですが、このチーズ入りの肉詰めにして出してあげると、喜んで食べていました!

2. スパムボートでパンチを効かせて

スパムは、オトナのおつまみだけでなく、子どもにも人気のある食材ですよね。ちょっと塩分は高めのスパムですが、夏は汗をいっぱいかきますし、ミネラル補給できるのでおすすめですよ。ゴーヤの種を取り除いて、買ってきたスパム缶を詰めるだけなので、ママも嬉しいらくらくレシピですよ。

3. ツナマヨ×スイートチリソースでエスニックに

こちらは冒頭と同じツナマヨコーンですが、ひと味違うのは、スイートチリソース入り、というところ。スイートチリソースって入れるだけでアジアンなひと品に生まれ変わりますよね!甘い中にあるピリッとしたキレのある味がクセになるゴーヤボートです。

4. ツナチーズポテトで鉄板子どもウケ

ツナ×チーズ×ポテトという組み合わせも、ピザで子どもに人気のメニューだったりしますよね。それをピザ生地ではなくゴーヤにのせてしまいましょう。ピザ用のとろけるチーズでもおいしいですが、レッドチェダーなどにすると一気にオトナ向けになりますね。

5. お豆腐でヘルシーに

ここからはちょっとオトナ向けのアレンジをご紹介します。とろけるチーズをたっぷり敷いて、木綿豆腐・ジェノベーゼ入りパン粉をのせたら、グリルで焼くだけ。ジェノベーゼ入りのパン粉というところが目からウロコですね。ワインに合いそうな味付けに仕上げたゴーヤボートです。

6. オイルサーディンでアルコールと一緒に

ワインかビールのお供にぴったりのゴーヤボートがこちら!国内外のクラフトビールなんかがよく合いそうですね。見た目もおしゃれなひと品なので、お友達が遊びに来るときにもオススメです。

他にもあるぞ◯◯ボート

パパイヤボート

夏のフルーツ、パパイヤもボートにするとおいしいですよ。パパイヤを縦半分に切って、皮をむいて種を出したら、種があった部分にパパイヤの果肉やほかのフルーツなどを詰めてできあがりです。ミントを添えるとお店感もUPしますよね。

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ

なすボート

夏の頻出食材といえば、なす。たとえば、なすの中身をくり抜いて、ひき肉と合わせて炒め、とろけるチーズを敷いたなすボートに入れて、オーブンやトースターで焼いたり……これならお子さまも喜んで1本分食べてくれそうですよね。

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ

ポテトボート

器をじゃがいもにしてアレンジ。こちらのレシピではクリームシチューのような具材にしてグラタンにしていますが、じゃがいもが使われる料理であれば、中に何を詰めても間違いはなさそうですよね。たとえば、カレーや肉じゃがなどを詰めても、見た目のインパクトが上がっておもしろそうです。

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ

おわりに

いかがでしたか?
ゴーヤというとゴーヤチャンプルーしか思い浮かばなかった方でも、こんなにアレンジがあればしばらくレシピには困らなそうですね。ゴーヤは苦いから苦手……というお子さまもチーズをトッピングしてあげれば、食べてくれそうですよね。

ゴーヤだけでなく、なすやじゃがいもをアレンジしてもよさそうですね。ぜひ、ご自宅で作ってみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ 中華

自宅で簡単にできる「パン粉肉まん」のレシピをご紹介します。レンジを使っておいしく作れますので、小腹が空いた時などにおすすめです♩ひき肉だけではなく、中身をいろいろな具材で試したりしてみるのも楽しいですよ!

オムライス レシピ まとめ

ケチャップソースのオムライスに飽きてしまったあなたへ。たまにはひと手間かけたアレンジソース作ってみませんか?人気のものや簡単にできるものなど種類はいろいろ♩今回紹介するアレンジレシピは、オムライス作りをもっと…

ブロッコリー スープ レシピ まとめ

ブロッコリーはサラダで食べることが多いですが、意外にも簡単にスープにすることができ、そのスープレシピはアレンジがたくさんあるのです。食感や色、味を活かしたスープはどれもおいしいですよ。年中スーパーに並ぶブロッ…

レシピ

シャキシャキの食感と程よい苦みがおいしいセロリ。皆さんはどう保存していますか?もしまるごと保存されている場合は、これからご紹介する保存方法を試してみてください!今回は、常備菜としても活躍するセロリの保存法やお…

じゃがいも チーズ レシピ

みなさん、「アリゴ」という料理はご存知でしょうか。もちもちとした新食感のマッシュポテトです!今回は、そんなアリゴのレシピをご紹介します。濃厚なチーズ味なので、そのままでもおいしいし、パンや野菜との相性も抜群!…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ カレー アレンジレシピ

家庭料理で、子供受けがよく簡単に作れる定番料理といえばカレーですよね!カレールーを買いだめしてストックしておくも、カレールーって結構あまりやすい... 余ってしまったカレールーを活用できるレシピをご紹介します。

レシピ イタリアン まとめ

家計にやさしい「もやし」を洋風メニューにアレンジしてみませんか?今回はもやしを活用できる人気の「もやし×洋風アレンジ」レシピを20個ご紹介。どれもおすすめのレシピばかりですので、ぜひ参考にして、も…

餃子 レシピ まとめ

餃子を作っていて「タネが余っちゃった!!どうしよう…。」なんて経験ありませんか??あわてる必要はありません!タネが余っても大丈夫☆餃子以外にもいろいろ使えるタネのアレンジレシピをご紹介します!

レシピ まとめ

「ラクうまごはん」「のっけごはん100」の作者、瀬尾幸子さんのラクで美味しいレシピを探してみました♪あまり手間ひまかけないのに美味しく作れるコツや、作り置きしておくと便利な一品もご紹介。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

まとめ

ハッシュタグ「#最強のオンザライス教えて」が、いま白熱しています。オンザライス、つまりごはんにのせるものについて、みんながイチオシの料理や具材を投稿しているんです。ここではそんな、ごはんがとまらなくなりそうな…

レシピ まとめ

何気なく食べているなめこの味噌汁ですが、なめこにはビックリするくらいたくさんの栄養素が含まれています。そしていつも同じような味になってしまうなめこの味噌汁の、さまざまなアレンジレシピを一挙ご紹介!なめこの魅力…