ローディング中

Loading...

パン作りに不可欠なドライイースト。生のイーストよりも賞味期限も長く、家庭で使いやすいタイプのイーストです。今回はそんなドライイーストの使い方や保存方法、生のイーストとの違い、おすすめのドライイーストの商品までご紹介します。

ドライイーストとは

パン作りには欠かせない「ドライイースト」。ドライイーストとはその名前のとおり、イースト菌を乾燥させた食材です。乾燥しているため、すぐに浸透せず、時間をかけてイースト菌が発酵します。ゆっくり時間をかけて炭酸ガスを発生させて、パン生地を膨らませることができます。

ベークングパウダーと似ているところもありますが、膨らむ力はドライイーストのが強いため、食パンなどふくらませるパンを作るときにぴったりだといわれています。

ドライイーストの使い方

ホームベーカリーの場合

パンをきれいにおいしく焼く場合には、ドライイーストを入れるタイミングが重要となってきます。ホームベーカリーを使用する場合は、ドライイーストの入れ方が2タイプあります。ひとつは「専用のケースがあり、ほかの材料と分けて入れるタイプ」、もうひとつは「ほかの材料と一緒に入れるタイプ」です。メーカーによってタイプが違うので確認をしましょう。

この2つのタイプによって、ドライイーストを入れるタイミングが違うので、しっかりと説明書を読むようにしてくださいね。イースト菌は生き物なので、入れるタイミングを間違えてしまうと、死んでしまいパンを完成させることができなくなってしまいます。

専用ケースがある場合は、小麦粉などの材料を全て入れて、周りに水を加えてから、専用ケースにドライイーストを入れます。専用ケースがない場合は、先に水を入れて、小麦粉などの材料を加えて、水を粉で覆った状態でドライイーストを入れます。

ドライイーストは水に触れてしまうと、パンの膨らみが悪くなってしまう可能性があるので、順番を守りましょう。

手ごねの場合

手ごねの場合は、ドライイーストを入れる順番が非常に重要となってきます。先ほどお伝えしましたが、イースト菌は水に触れるとパンの膨らみが悪くなります。パン作りに必要な塩には少量ではあるものの水分が含まれているため、一緒に混ぜるのはやめましょう。

ドライイーストは小麦粉と一緒に混ぜ、イースト菌を分散させてあげましょう。それから、塩・砂糖などを加えて手ごねをしていきます。また、菓子パン作りに必要な卵やバター類も水分を含んでいる食材のため、一緒に混ぜるのは避けましょう。

生イーストとの違いは

同じイースト菌でも、「ドライイースト」と「生イースト」では見た目にも違いがありますが、それ以外にもパンの種類によって使い分ける必要があり、それぞれに特徴があります。
それでは2つのイースト菌について紹介していきましょう。

生イースト

生イーストはその見た目からもわかるように、粘土のような塊をしています。そしてツンとした独特のニオイがするのが特徴。粘土のようになっていることから、水に溶けやすくパン生地に馴染みやすいので、パン作りに最適なイーストです。

パン作りに最適なイーストですが、実は賞味期限が約1ヶ月くらいしかないので、パン屋さんでは多く使われていますが、一般家庭では使いにくいイーストです。

生イーストは、食パンなど強い発酵力が必要なパンに適しています。生地の伸びがよくなり、ふんわり感を出すことができます。食パン系、菓子パン系、惣菜パン系に使用すると効果を発揮してくれるんですよ。

ドライイースト

生イーストに対して、ドライイーストは見た目は、粉状で渇いています。乾燥しているため、賞味期限も長く家庭用としては使いやすいイースト菌です。実はイースト菌ってパンで使用する量は500gの小麦粉に対して、10gも使わないくらいなので、家庭用パンの量であれば基本的には余ってしまいます。

ドライイーストはあまり膨らませたくないパンに使用することが多いので、フランスパンやバケット作りに適しています。

ドライイーストの保存方法

イースト菌は生き物であることから、保存方法には注意が必要です。一度開けたものは密閉保存することで長く保存することができます。イースト菌をよい状態で保存することで、次回パンを焼くときにふっくらと仕上がります。

ドライイーストは、家庭にあるものを使うことで簡単に保存が可能です。容器としては、空き瓶やペットボトルなどのフタがついていて、密閉保存できるものを使用しましょう。保存する状態も大事ですが、保存する温度にも気をつけましょう。低温で保存、できれば冷凍するのもおすすめです。

おすすめのドライイースト5選

サフ・インスタントドライイースト

http://macaro-ni.jp/32846

出典:www.amazon.co.jp

サフ インスタントドライイースト 金 125g フード 酵母・菌類 天然酵母・イースト [並行輸入品]

¥780

Amazonで購入
世界でシェアNo.1のフランス産「サフ・インスタントドライイースト」(税込 367円)。フランスパン、食パンなど糖分の少ない生地に適しています。雑臭やイースト臭が少なく、安全性も高いのが特徴。予備発酵が不要なタイプです。

パイオニア企画 お徳用 ドライイースト

http://macaro-ni.jp/32846

出典:www.amazon.co.jp

パイオニア企画 ドライイースト徳用 3g×30袋

¥906

Amazonで購入
パイオニア企画の「お徳用 ドライイースト」(税込 906円)。内容量は90g。大容量でこの価格は、節約にもぴったりですね。予備発酵が不要で分包タイプなので、使いやすいのがうれしいポイント。

白神こだま酵母ドライ

http://macaro-ni.jp/32846

出典:www.amazon.co.jp

サラ秋田白神 白神こだま酵母ドライ 10g×5

¥734

Amazonで購入
「白神こだま酵母ドライ」(税込 734円)。内容量は50g。世界自然遺産白神山地から発見された、純野生酵母で、自然派の本格的なパン作りに適しています。

有機穀物で作った天然酵母

http://macaro-ni.jp/32846

出典:www.amazon.co.jp

風と光 有機穀物で作った天然酵母 30g(3gx10袋)

¥550

Amazonで購入
「有機穀物で作った天然酵母(ドライイースト)」(税込 1,782円)。内容量は30g。その名のとおり、有機穀物で作った天然酵母なので風味が豊かなのが特徴です。ホームベーカリーでのパン作りに適しています。

日清 スーパーカメリヤ ドライイースト

http://macaro-ni.jp/32846

出典:www.amazon.co.jp

日清 スーパーカメリヤ ドライイースト ホームベーカリー用 3g×10袋 フード 酵母・菌類 天然酵母・イースト [並行

¥620

Amazonで購入
「日清 スーパーカメリヤ ドライイースト」(税込 248円)。内容量は30g。日清が作った家庭用パンに最適なドライイーストで、予備発酵が不要なタイプです。日本で1番馴染みのある商品ではないでしょうか。

おわりに

ドライイーストは、家庭用パンに適したイースト菌ということがおわかりいただけたかと思います。ただ、乾燥した状態でも生きた菌になので、扱い方や使用方法に気をつけましょう。ドライイーストを入れる順番や注意点を守って、おいしいパンを作ってくださいね。また、ドライイーストに慣れてきたら、生イーストにも挑戦して、パン屋さんのようなパン作りを目指してみてはいかがでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

シュウマイや蒸しパン、さつまいもなど、蒸し器の上手な使い方ってご存じですか?蒸し器ってなんか面倒で難しそうと思われがちですが、コツさえつかめば簡単に使いこなせるのです。今回は蒸し器の基本的な使い方とポイントを…

パン スイーツ

バラの花びらのような形が特徴の島根名物ご当地パン「バラパン」。島根県で愛され続けるソフルフードのひとつです!老舗の「なんぽうパン」をはじめ複数の店舗で製造・販売されている「バラパン」を今回はご紹介します。

カレー レシピ

子ども用の甘口カレーではなく、大人の舌に合わせた辛口カレーが食べたい!カレーを辛くする方法、ご存じですか?今回は、甘口カレーを辛くするのに役立つスパイスをたくさんご紹介します。また、辛口カレーレシピもぜひ参考…

日々の食卓のおかずやお弁当に最適なウインナー。でも、おいしい茹で方を気にしたことってありますか?茹でる時間やお湯の温度が重要なんですよ、今回は、おいしさに差が出るウインナーの茹で方のコツをご紹介します。

パン おやつ

1日で300個売れたこともある、宮城県女川町の名物「さんまパン」。そのまんまな形も衝撃ですが……内に秘めた栄養素もすばらしい商品なんですよ!今回は、気になる味わいから購入方法までご…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

デート ランチ まとめ

おいしい食べものを食べれば誰もが「おいしい」と口にするのは当たり前の行為ですが、どうせならもっと表現の幅を広げたいですよね。今回は、おいしい以外のおいしさを表現する言葉を集めてみました。

まとめ

夏は、薄着にもなり開放的になる季節でもありますが、同時に気になるのが虫刺され。一度刺されるとかゆいし、かいちゃダメと思ってもついポリポリかいちゃいますよね...今回は蚊に刺されないように予防できる食べ物につい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

レシピ

コンパクトホットプレートで有名な「BRUNO(ブルーノ)」シリーズに、「グリルポット」が登場していることをご存知ですか?1台で「煮る・焼く・蒸す・揚げる」の4役をこなす電気鍋なんですよ!使用感やお手入れの様子…

おにぎり

かわいいお弁当を作りたいけど、不器用で難しいという方におすすめなのが「パンダおにぎり」♩これならご飯と海苔だけあれば簡単に作れますよ!料理が苦手な方や、デコ弁初心者のママさんは必見ですよ!あなたも挑戦してみて…

まとめ

人気番組「マツコの知らない世界」で、LCC(格安航空)機内で食べるべき絶品グルメが紹介されました。どの会社も、そこでしか味わえない貴重なメニューをそろえていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。旅をもっと…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...