ローディング中

Loading...

日本が世界に誇る日本酒ですが、そのなかに”生酒(なまざけ)”という種類があります。フルーティな味わいが魅力的で、お酒が苦手な方でも飲みやすい日本酒なんです。日本酒を始めたいと思っている方にうってつけなので、ぜひ試してみてください!

生酒(なまざけ)とは?

今、日本酒が国内のみならず、海外で大ヒットしているのをご存知ですか?

2013年に和食がユネスコ無形文化遺産に登録され、日本食に合うお酒として日本酒も海外から注目されるようになりました。国税庁によると平成26年には輸出金額が約294億円と、3年連続で過去最高額を記録。その勢いは、とどまるところを知りません。

そんな日本酒の中でも一番素材の味を楽しめる製法があります。
それは、“生酒(なまざけ)”ーー。

ということで、今回は生酒についてご紹介したいと思います。いきしゅ? なまざけ? なにそれ? という方も、お酒大好き! な方もぜひご覧ください!

火入れとは

生酒が他の製法と決定的に違うのは、火入れを行うかどうか。日本酒は品質を保つために、製造工程の中で加熱処理を行います。これを“火入れ”と言い、60〜65℃前後で低温殺菌するのです。日本酒を流通する上で重要な工程ですが、火入れを行うことで味や香りが変わってしまいます。

それに対して生酒は火入れを一切行いません。これにより、お酒そのものの味わいを楽しむことができるのです。

生酒の特徴

熱を加えないということは、風味を損わずに味わえるということ。生酒は、しぼりたての日本酒を味わえます。芳醇でフレッシュな香り、爽やかな口当たりとフルーティーな味わいが魅力。とても飲みやすく、お酒が苦手な方でもスルッといけます。

火入れをした通常の日本酒は熱を加えた分、淡麗辛口系のものが多い印象。それぞれ魅力がありますが、日本酒を始めたい方には間違いなく生酒がおすすめです。

一般的なお酒、生詰め、生貯蔵との違い

酒屋さんで日本酒を眺めると、生酒以外にも生詰め、生貯蔵などの表示があったりしますよね。それらの表示は製法を表しているんです。製法によって味わいも様々ですので、ぜひ日本酒選びの参考にしてください。

通常の酒

瓶に詰める前に2回火入れを行うのが一般的に流通している日本酒。銘柄によっては、瓶詰めした後に火入れをしているものもあります。

生貯蔵酒

貯蔵は生で行い、出荷の瓶詰め直前に火入れする方法。ラベルに生と大きく表示されている銘柄も多いので生酒と混同しやすいですが、火入れをしています。

生詰め

生貯蔵が瓶詰め直前に火入れをするのに対して、貯蔵直前に火入れをする方法。瓶詰めの直前に火入れはしないため、生詰めと呼ばれています。

常温以下で保存

いろんな種類の日本酒の画像

Photo by LauraKick / Shutterstock.com

とても飲みやすく風味が豊かな生酒ですが、名前の通り“生”なので、保存に気をつける必要があります。

光の影響を受けやすい

生酒は火入れを行っていないため、まだ酵母・微生物が生きています。そのため光の影響を受けやすく、時には日光臭という異臭が発生することも。日の光には十分注意して保存しましょう。

正しい保存方法

とてもデリケートなお酒なので、高温多湿の環境下では味が劣化してしまいます。必ず冷蔵保存で、光の当たらない暗い場所に保管しましょう。

保存期間

生酒は鮮度が命。「もったいない!」と一度開けた状態で保管していると、風味がどんどん落ちてしまいます。開栓後は早めに飲みきるようにしましょう。
表示の違いで、こんなにも製法が異なります。それによって味わいも様々です。ぜひ日本酒選びの参考にしてください。

おすすめの生酒

生酒がどういうものか分れば、気になるのはどんな銘柄があるかですね。ということで、最後はおすすめ生酒をご紹介! 気になった方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

大七 純米生モト生原酒(福島)

今夏おすすめ!日本名門酒会が主催する「熱闘!夏生選酒権」で毎夏上位にランクインする実力派生モト純米生原酒です。16年夏の「大七」は「ガツンとくる旨味と酸味がたまらない」そう。きめ細かくクリーミーな味わいと上品な香りが魅力のバランスの良い逸品です。
http://macaro-ni.jp/32821

出典:www.amazon.co.jp

大七 純米生モト生原酒 夏の生酒720ml

¥1620

Amazonで購入

出羽桜 純米吟醸 出羽燦々 無濾過生原酒(山形)

すべて山形県産のもので作られた「DEWA33」という純米吟醸の規格で作られた銘柄。サッパリとした味わいとキレの良さが評判のお酒です。その中でも限定品として最近発売されたのが、この無濾過生原酒。とても飲みやすい日本酒です。
http://macaro-ni.jp/32821

出典:www.amazon.co.jp

出羽桜 純米吟醸 出羽燦々 無濾過生原酒 720ミリ

¥1690

Amazonで購入

月の桂 純米吟醸超特撰 琥珀光(京都)

「元祖にごり酒」で有名な「月の桂」。創業300年を越える京都・伏見の蔵元が丹念に醸した逸品は、琥珀の色合いが印象的です。純米吟醸が持つ豊かな口当たりの中に、キメの細かさが光る本物の辛口。飲みやすい無濾過生原酒で日本酒に慣れたら、次はこちらを楽しんでみてください。
http://macaro-ni.jp/32821

出典:www.amazon.co.jp

月の桂 超特撰琥珀光 720ml 純米吟醸酒 17.8度

¥1858

Amazonで購入

おわりに

品質管理や冷蔵輸送技術の向上、若い経営者のチャレンジングな姿勢。それによって今、“日本酒が歴史上一番美味しい時代”と愛好家の間で言われているそうです。

確かに料理店や酒屋、ネットショップでも「大嶺酒造」や「三芳菊」、「新政酒造」など、伝統にとらわれない自由なスタンスで、良い日本酒を生み出す蔵元が目立つようになりました。

ビールやウイスキーも良いですが、日本酒で大事な一時を過ごすのも粋ですね!ぜひみなさんも日本酒を楽しんでみてはいかがですか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

2016年もそろそろ年の瀬。忙しい日々に疲れているという方も多いのでは?そんなとき、疲弊した心と体をなぐさめる役に立ってくれそうなのが、実はゆず。今回は、ゆずをどう生かせばリラックスできるのか、その方法をご紹…

今年も残りわずか、クリスマス・年末年始のパーティーシーズン到来です。お酒の席が増えてビール太りが気になるというあなた、その「お酒は太る」じつは都市伝説かもしれませんよ。今回は、お酒で太るは本当なのかを解明、太…

カクテル

いい気分でお酒を飲んでいるのに、なんだかまぶたが重くなる。そんな経験は多くの人がしていると思います。どうしてお酒を飲むと眠くなってしまうのでしょうか。それは体にとってよいことなのでしょうか、悪いことなのでしょ…

日本酒

日本酒の味の説明などで、よく「フルーティー」という言葉が出てきますよね。しかし、日本酒にはもちろん果物は使われていません。なぜフルーティーな味わいがするのでしょう?そんな不思議から、おすすめの日本酒まで一挙ご…

バー

お酒に詳しくない人にとっては一見同じようにも思えてしまう、ウイスキーとブランデー。飲んでみれば味が違うのはもちろんですが、その違いはどこから生まれてくるのでしょうか?おすすめの飲み方も紹介しますので、ぜひ実際…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

チーズ レシピ おつまみ まとめ

皆さんのなかには、生粋のチーズ好きという人もいるのではないでしょうか?今回は、市販で売られている様々なチーズを「贅沢チーズ」に変える方法を紹介します。簡単でおいしいと話題のものばかりです♪

カフェ コーヒー おしゃれ アメリカ まとめ

スタバのような大型チェーンに負けず、こだわりの一杯で地元の人に愛され続けるアメリカのコーヒーショップを「9」つご紹介します!それらは全て味、雰囲気、サービス、その全てで愛されるお店ばかり。日本にもこんなお店が…

ヴィーガン まとめ

日本でも豆乳やアーモンドミルク、そしてライスミルクが知られるようになってきましたよね。でもアメリカではもうすでに新しい植物性ミルクが話題なのです。そう、スーパードリンクを含んだミルクなんですよ。

アイスクリーム まとめ

セブンイレブンが2015年5月5日に発売した「濃厚カルピスアイスバー」。セブンイレブンのオリジナルブランドであるセブンプレミアムの商品で、プレミアムな雰囲気が漂っています。この濃厚カルピスアイスバーがかなりお…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

食パン おしゃれ パン レシピ まとめ

最近、小さい焼き型を使って作る「キューブパン」が話題になっています。ミニサイズの食パンはなんとも愛らしく、中身をくり抜いて、フルーツや料理を詰め込んでもかわいく仕上がるんですよ。今回は、その基本の作り方とアイ…

まとめ

フランスの冷凍食品ブランド「ピカール(picard)」は、4年連続でフランス人の好きな食品No.1を受賞したメーカー。パイやパスタ、スイーツなど、おしゃれな商品がいっぱいのピカールから、macaroni編集部…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...