ローディング中

Loading...

味噌の賞味期限は保存方法によって、大きく変わってしまうことをご存知でしょうか?保存方法によっては、最大で約4倍もの差が出てしまうんです。今回は味噌の賞味期限を知ることで、そのおいしさを正しく保つ保存方法をご紹介します。

賞味期限が大きく変わる!味噌の保存方法

古くから日本で使用されており、現代でも多くの家庭に置かれているであろう味噌。現在ではほとんどの家庭が冷蔵庫で保存していると思います。しかし、味噌は冷蔵庫ができる前から日本で使われているので、本当は常温保存の方がよいのではと考える人もいるのではないでしょうか。

味噌は腐りにくく長持ちするイメージが強いので、ついつい賞味期限を忘れてしまうこともあると思います。賞味期限を過ぎてしまうと、味の劣化はどんどん進んでしまうんです。

でも実は、味噌の賞味期限や味の劣化は、保存の方法によって大きく変わってくるんです!一度に使い切ることが難しい味噌だからこそ、味を正しく保つ方法を知っていた方がお得ですね。今回は、そんな味噌の正しい賞味期限とおいしく使うための保存方法をご紹介します。

味噌を常温保存したときの賞味期限

味噌は日本にまだ冷蔵庫が無かった時代から、伝統的な調味料として多くの日本人に使用されており、本来は常温で保存されていたんです。正しく常温保存を行った場合の賞味期限は2〜3ヶ月といわれています。味噌は発酵食品なので、腐りにくいことから、常温での保存が簡単な調味料といえるでしょう。

しかし常温保存するときに、気をつけなければいけないのが湿気です。味噌は湿気に弱く、湿度が高いと風味が損なわれ、味が落ちてしまいます。そのため梅雨の時期には保存により注意する必要があります。味噌を常温で保存する時はできるだけ湿気が少なく、直射日光のあたらない場所で保管することが正しい常温保存です。

味噌を冷蔵保存したときの賞味期限

昔は味噌を常温保存することが普通でしたが、現代では冷蔵保存という便利な保存方法があります。冷蔵保存での味噌の賞味期限はおよそ1年といわれていて、常温保存と比べると4倍以上の差があります。味噌が苦手な湿気のない環境が保たれているため、保存場所としては最適といえますね。

味噌は空気に触れてしまうと風味が落ちたり、変色してしまう可能性があります。変色してしまった場合でも味噌は食べることができますが、やはり味は落ちてしまうんです。なので容器のなかで味噌の表面にラップをしいたり、ジップロックに移し替えて空気を抜き保存するなど、ひと工夫することで味噌のおいしさをより長持ちさせましょう。

味噌を冷凍保存したときの賞味期限

ほとんどの方は味噌を冷蔵保存、もしくは常温保存していると思います。ですが味噌は冷凍でも保存ができるんです。冷凍保存の方が冷蔵保存よりも長持ちしてくれそうなイメージですが、冷凍保存も冷蔵保存と同じように、賞味期限はおよそ1年といわれています。

一般的な家庭用冷蔵庫の冷凍室の温度は-18度なのに対して、種類にもよりますが味噌は-30度から凍るといわれており、凍ることはほとんどありません。なので使いたい時に、ほとんど解凍の手間なく使うことができるんです。

冷凍保存の場合も冷蔵保存と同様に、味噌が空気に触れないようにラップやジップロックを使い、保存することでおいしさを長持ちさせることができます。

味噌の1番いい保存の方法は・・・

上記のように3種類の保存方法を挙げましたが、冷蔵保存がもっとも保存方法として適しています。常温保存と比べて長い期間保存することができ、空気に触れないように注意して保存すればおいしさを保つことができます。

冷凍保存も有効ではあるのですが、一度冷凍してしまうことで味が劣化してしまうという説もあります。冷蔵庫がいっぱいで、冷凍庫で保存するしかないという人以外は、賞味期限が同じである冷蔵保存がもっとも適しているといえますね。

保存方法についての注意点

味噌の保存方法について紹介しましたが、例外的に賞味期限が短めになってしまうものがあります。それはあらかじめ調味料が加えられた「だし入り味噌」や、塩分の量が調整された「減塩味噌」などです。

味噌に調味料を加えたり、塩分の量を調整したものなので、本来の賞味期限よりも短めになってしまいます。保存方法に関係なく、なるべく早めに使いきるようにしましょう。

また一般的な味噌と比べてカビが生えやすくなっており、腐敗してしまう可能性も出てきてしまうので、特に常温保存をする際には注意が必要です。

味噌のおいしい寿命、知っていて損なし!

いかがでしたか?いつも何気なく使用している味噌ですが、知らぬ間に風味や味はどんどん劣化が進んでしまっているんです。長持ちしやすいイメージが強い味噌は、賞味期限への意識がついつい薄くなりがち。しかし保存する方法を少し工夫するだけで、おいしさを長持ちさせることができます。

できるだけ早めに使い切ってしまおうと思っても、家であまり味噌を使わない人や、一人暮らしの人は、なかなか味噌を使い切ることができないかもしれません。そんな人にこそ、ぜひ最適な保存方法を実践することで、おいしさを長続きさせてみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

高野豆腐(凍み豆腐)の煮物は、乾燥したお豆腐を水やお湯で戻したり煮こんだりと何かと手間がかかりますね。食べ切れないときの保存方法もどうすればよいのか悩みますね。おいしく作る人気のレシピと正しい保存方法をまるっ…

保存期間が長く、いざという時に便利な冷凍肉ですが、賞味期限ってどのくらいか知っていますか?いざ食べようと思ったら悪くなっていた、なんてことがないように、冷凍肉の種類別の賞味期限と長持ちのコツ、上手な解凍法につ…

ちくわ レシピ

様々な料理に便利なちくわですが、ちくわの賞味期限ってどれくらいかご存じですか?買っておいたものの気が付いたら賞味期限が切れていた、といいうこともあるのでは。今回は、ちくわの賞味期限と上手な保存方法をご紹介。お…

日本人の食生活に欠かせないお米ですが、腐ることはないのか?お米の賞味期限っていつまでか?考えたことはありませんか?悪くなって食べない方がよいお米もあるんですよ。今回は、せっかく買ったおいしいお米を長持ちさせる…

卵って販売時は常温で陳列されていますよね。では、皆さんは自宅でどのように卵を保存されてますか。おそらく大半の方が冷蔵保存と答えるのではないでしょうか。この差ってなんでしょうか?今回は、卵の保存に関する疑問につ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

デート ランチ まとめ

おいしい食べものを食べれば誰もが「おいしい」と口にするのは当たり前の行為ですが、どうせならもっと表現の幅を広げたいですよね。今回は、おいしい以外のおいしさを表現する言葉を集めてみました。

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹…

花見 スイーツ お土産 レストラン 茨城 水戸 お花見 まとめ

春といえばお花見ですが、桜より先に梅が見頃になります。梅といえば日本三名園でもある「偕楽園」。そこで「偕楽園」に行った際、お花見ついでに楽しみたいオススメの水戸グルメ、スイーツ、レストランをご紹介します♫

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

パン お菓子 レシピ おやつ

食パンの耳や春巻きの皮を使って、簡単に作ることができる「シュガースティック」。甘くておいしいので、お子さまのおやつにピッタリですよ。サクサク食感と絶妙な味わいに、あなたもきっとハマってしまうかも&hellip…

パン レシピ イギリス

もうすぐイースター!この春は、イギリス伝統の「ホットクロスバンズ」を楽しんでみませんか?ホットクロスバンズはドライフルーツやレーズン、スパイスを加えて作られるパンです。ご家庭でも簡単に作れるので、イースターパ…

K_shunya

初めまして! 旅と料理が好きで、最近はインドと、スパイスを使った...