ローディング中

Loading...

もち粉を一度使って、キッチンの奥で眠らせている人いませんか?使いみちが無さそうなイメージのもち粉、お団子や大福などの和菓子以外にも、ケーキやハワイで大人気のモチコチキンまで作れるんです。レシピやもち粉の原料、白玉粉の違いなどもご紹介します。

もち粉とは?

もち粉ってどんな食べ物?

もち粉の原料はもち米です。もち米を洗って乾燥させた後、粉砕してふるいにかけることでもち粉になります。一般的な食べ方としてはお餅で食べることが多く、赤飯やおこわ、あられなどの原料ももち粉です。

関西ではもち粉と呼ばれていますが関東では求肥粉(ぎゅうひこ)と呼ばれ、なめらかできめが細かい特長を生かして、大福の求肥やお団子にも使われます。もち粉で団子を作ると、もちもちとした食感のなめらかで伸びのいい団子になりますよ。

もち粉の原料「もち米」とは?

普段私たちが食べているお米をうるち米と呼ぶのに対し、赤飯や団子の原料となるお米は、もち米と呼ばれます。うるち米ともち米の最も大きな違いはでんぷんの成分で、うるち米に比べてもち米はとても粘り気が強いのが特徴です。見た目でいうと半透明でガラス状のうるち米に対し、もち米は乳白色で丸みを帯びています。

もち米とうるち米を炊いたときの100gあたりのカロリーを比較すると、もち米は235kcal、うるち米は168Kcalと、もち米の方がカロリーが高いんです。水を含むうるち米に対し、もち米はほとんど水を含まないので少量でもカロリーや栄養価が高く、消化吸収が早いのが特徴です。

もち米とうるち米の大きな違いである粘り気は、もち米に含まれるでんぷんが影響しています。一般的にお米に含まれるでんぷんにはアミロース、アミロペクチンの2種類。

もち米に含まれるでんぷんのほとんどはアミロペクチンです。アミロペクチンが多いほど粘りが強く、歯ごたえのある食感となります。もち米がお餅や団子に使われるのは、コシのある食感と強い粘りを生み出せるからなんですね。

上新粉、白玉粉との違い

上新粉はもち粉と同じ製粉方法によって作られますが、原料となるのはうるち米。しっかりとした歯ごたえを生み出せるので、柏餅やういろうなどによく使われます。

白玉粉はもち粉と同じもち米を原料とした米粉ですが、違うのは製粉方法。もち米を洗米後乾燥させて製粉するもち粉に対し、白玉粉はもち米を洗米した後水に浸し、水を加えながら挽いて、沈殿したものを乾燥させて製粉するんです。この製粉方法によりもち米のでんぷん質を多く取り出すことができ、なめらかな食感を生み出せます。大福餅や白玉団子として使われるのが一般的です。

もち粉は代用できる?

もち粉を上新粉で代用する場合、なめらかさが重要となる料理には向きません。上新粉は粘りが少ない分なめらかさも少なく、歯切れの良さと弾力が特長です。代用するならお団子がおすすめ。お月見団子のように弾力のいい団子になります。

もち粉を白玉粉は同じもち米を原料としているので、いろんな料理である程度代用が可能です。団子や大福餅で代用すれば、もち粉よりなめらかでもっちりとした団子になります。またどちらもきめが細かいので、大福の求肥で代用するのがおすすめです。

もち粉を使ったレシピ5選

ハワイアン風モチコチキン

ハワイ料理といえばパンケーキですが、モチコチキンと呼ばれるハワイアンスタイルのから揚げも近年人気を集めています。一般的なから揚げとの違いは、味付けをした後にまぶす粉。日本のから揚げでは片栗粉をまぶしますが、モチコチキンはにんにくや醤油で下味をつけたあと、もち粉をまぶして揚げるんです。いつものから揚げがぐっとやわらかくなりますよ!ぜひ試してみてください。

やさしい口溶け♩もち粉入りホットケーキ

ホットケーキミックスがなくても、簡単においしいパンケーキができますよ。強力粉ともち粉をミックスしてペーキングパウダーを合わせてふるい卵や牛乳、砂糖、マヨネーズを加えていつも通りに焼くだけ。もちもちの食感を想像するかもしれませんが、厚みがあるのにふわっとしていて、しっとりとやさしい食感が味わえますよ。いつものパンケーキに飽きたらぜひもち粉を入れて作ってみてくださいね。

混ぜるだけ!もち粉の和風ケーキ

もち粉を使ったケーキもおいしいですよ。こちらはもち粉1袋(250g程度)を使って、ワンボウルでできる和風ケーキ。材料を混ぜケーキ型に流しいれて、オーブンで焼いて冷やすだけの簡単工程だから、思い立ったらすぐに作れます。小豆を中に入れるので、焼き上がりのケーキをカットすると小豆が出てくる幸せ!もちもち新食感の和風ケーキ、ハマってしまうはずですよ。

もち粉のマフィン

小麦粉がなくても、もち粉があればマフィンだって作れちゃいます!ボウルに玉子をほぐしたら、お砂糖とココナッツミルク、溶かしバターを加えて混ぜます。そこにもち粉とベーキングパウダーを2回にわけて、マフィン型にいれたら180℃に余熱したオーブンで焼いて完成。外はカリカリ、中はもっちりといつもとは違う食感を楽しめますよ。ココナッツミルクをたっぷり入れるので、やさしい風味。お好みでトッピングを加えてくださいね。

レンジで簡単!至福の「いちご大福」

もち粉の特長を生かすなら、やっぱり大福!きめ細かいもち粉を使って皮を手作りすれば、おうちでもいちご大福ができちゃいますよ。耐熱容器にもち粉とお砂糖、ぬるま湯をいれて混ぜたら、ラップをしてレンジで3〜4分温めて、さらに混ぜ合わせます。生地ができたら12等分にして、あんこといちごを包んで完成。手作りなので、自分の好きなあんこの量をいれられるのでうれしいですね。

もち粉を上手に使って、おいしい食卓に

キッチンの奥で使われることなく眠っていたもち粉も、小麦粉や片栗粉の代わりに使えば料理の幅が広がって、新食感のケーキやから揚げを楽しめますよ。いろんな料理に使って、もち粉ならではのおいしさを味わってくださいね!きっとお料理のバリエーションやクオリティーもアップすること間違いありません♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

ふんわりとした卵とほんのりカニ風味。子どもから大人まで人気の「かに玉」は、食卓に出てくるとうれしいメニューですよね。おいしさのコツは、ふんわり卵の火加減と、とろ~りあんかけ! 今回は、甘酢でも和風でもよく合う…

まとめ

アレンジのしやすいベーコンは、いろいろな料理で重宝されています。今回は、ベーコンを使ったパスタのレシピを見ていきましょう。定番人気からアレンジしたものまで、いろんな味で楽しめるレシピは、普段の生活で作ってみた…

レシピ パスタ まとめ

パスタはいろんなアレンジが可能ですが、ほのかな酸味がアクセントの梅パスタはいかがでしょうか。これから暑くなる季節、食欲の落ちたときにおすすめですよ。今回は、梅干し+納豆、しらすやツナなど、おいしい組み合わせの…

トマト カレー レシピ まとめ

いつ食べても飽きないカレーですが、暑くなってくると一層おいしく感じますね。いつものカレーにトマトを加えることでワンランクアップ!生のトマトでもトマト缶でも、さらにはトマトジュースでもおいしく作れるトマトカレー…

レシピ まとめ

年中スーパーで売っている人気のエリンギ。食物繊維が豊富で低カロリーなのと、コリコリとした食感が特徴ですよね。今回は、パスタや炒めもの、スープなどいろいろな簡単レシピを紹介します。エリンギの持つ風味や旨味を味わ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

パン レシピ まとめ

レシピブログで大人気の「いたるんるん」さんの美味しいパンのレシピをまとめました。写真を見ているだけで美味しそうでパンの良い匂いがしてきそう…そんなパンたちを8種類紹介しますね!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

武蔵小杉 カフェ 和食 武蔵小山

武蔵小杉駅から徒歩5分にある「Baby-side Cafe(ベイビーサイドカフェ)」は、親子で楽しめるカフェ として地元のママ達から人気を集めています♪

福岡 定食

「唐揚げが100個乗ったメガ唐揚げ丼がある食堂」としてTVで紹介された「大和屋」。店員が「食べれるもんやったら食べてみんしゃい!」と豪語するそのメニューは特大の器にご飯6キロとキャベツの千切りをたっぷり1キロ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...