ローディング中

Loading...

「もうかさめ」をご存知ですか?もうかさめとはネズミザメの別名で、東北でよく使われる呼び方。東北ではスーパーにも並ぶ馴染みのある食材で、クセのない淡白な味わいが特徴。気になる栄養価や下処理を含む食べ方、おすすめレシピまでご紹介します。

もうかさめとは?

東北名産「もうかさめ」

もうかさめは、日本近海では日本海、オホーツク海、青森から相模湾の太平洋沿岸に生息し、最大で体長3m体重150kg以上にまで成長するサメの一種なんです。寒い海を好むため、人が襲われたという記録はありませんが、大型でどう猛なサメの部類に入るため危険な種です。

マグロ漁で混載することが多く、気仙沼で大量に水揚げされ出荷量は宮城県が全体の90%以上をしめているため、東北で多く出回っている食材です。

もうさかめの栄養

もうかさめは牛、豚、鶏肉などの畜肉と比べて低カロリーで高タンパク、必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。DHA含有量も高く、鉄分、コラーゲン、ビタミンB6、ビタミンB12などが豊富で栄養バランスがとれた食材です。

もうかさめの味、特徴

もうかさめは、サメにしては比較的アンモニア臭が少ないため、食用にも適しています。切り身で流通しており、これは赤身に近い色合いで透明感があり、クセもなく淡白な味わいです。適度に繊維質でしっとりしているため歯ごたえもあり少し鶏肉の食感に似ています。

広島県備北地方で有名な「わに料理」はもうかさめ、別名ネズミザメが使用されており、海のない山間部では保存のきくサメは重宝されていました。今でも郷土料理として愛され続けています。

もうかさめの食べ方

もうかさめの下処理

もうかさめは基本的に切り身になってスーパーや魚屋にならびます。

サメの中では珍しくくさみがないので、下処理はあまり必要ありませんが、水を取り替えながら2~3回洗い、塩水もしくは牛乳にしばらく漬けておきます。しっかり水気を切って料理に使うとよいでしょう。

もうかさめの基本的な食べ方

もうかさめの身は鮮度がよければ刺身にして食べることもでき、クセがないのでさまざまな料理法に合う食材です。心臓も新鮮であれば刺身で食べることができます。レバ刺しのような独特の味であるため、しょうがやにんにくで食べるのがおすすめ。

白身は非常に淡白でクセもなく柔らかいので、フライにぴったりです。煮てもあまり固くならないので、煮つけにしてもおいしいですよ。いろいろな料理を作ってみるのも楽しいですね。

もうかさめのおすすめレシピ

もうかさめの煮付け

鍋に、調味料を入れ火にかけます。沸騰してきたら、水洗いしたもうかさめの切り身を入れてください。落し蓋をして中火で5分程煮て、ひっくり返してまた落し蓋をして5分煮ます。落し蓋をとって、火力を強火にし煮汁をもうかさめにかけながら2分程煮詰めれば完成です。

冷めても固くならないお弁当にもおすすめ。淡白なので煮付けにも合うもうかさめは、骨が少なく食べやすいですよ。

もうかさめのムニエル

両面均等に小麦粉をまぶします。フライパンに油を入れ火にかけたらもうかさめを入れ、片面3分程焼いてください。両面キツネ色に焼いたら、お皿に盛り付けて完成です。相性ぴったりのレモンマスタードソースをかけて食べてみてください。

小麦粉はまんべんなく薄めにつけるのがポイントです。白身魚よりもふわふわなもうかさめの身はムニエルにも最適。安価なのにとてもおいしいひと品の完成です。

もうかさめの竜田揚げ

もうかさめの切り身は一口サイズに切っておきます。酒、醤油、おろししょうがに漬け込んで味を染み込ませてください。30分程度漬け込んだら、片栗粉をまぶし、180℃の油で揚げれば完成です。時間があれば一晩つけこんでも味が染み込んでおいしく仕上がります。

もうかさめはクセもなく歯ごたえのある白身魚なので、サクっとした食感の竜田揚げとも相性抜群。キャベツなどを添えて食べてみてください。

もうかさめの照り焼き

もうかさめは一口大に切り、小麦粉をまぶしておきましょう。フライパンに多めの油を入れこんがり焼いていきます。この後タレで煮詰めるので、両面こんがり焼けていれば中は半生でも大丈夫です。調味料を混ぜてタレを作り、フライパンの中に入れて煮詰めます。タレの泡が大きくなってきたら魚全体に絡めてでき上がり。

あっさりした肉質なので、濃いめのタレともマッチしてご飯に合う一品です。あまり焼きすぎると固くなってしまうので、手早く両面焼き色をつけましょう。タレを入れて煮詰めている間にも火が通るので最初は焼きすぎないようにすることがポイントです。

もうかさめを食べてみよう

ヘルシーで栄養満点な食材、もうかさめ。下処理もあまり必要ななく小骨は少なくて食べやすいので、おすすめの白身魚です。鶏肉のような食感でレシピのいろいろあるため、スーパーなどで見かけたらぜひ買って食べてみてくださいね。
▼東北のソウルフードはほかにもたくさん!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

餃子 中華 レシピ まとめ

みなさんは餃子のタレに何を入れますか?餃子に合うのは酢醤油だけじゃないんです!そこで、今回は餃子のタレのおすすめレシピをご紹介します!味噌だれやアレンジレシピなど、簡単でおいしいタレの作り方をお届けします♩

アメリカでプリングルズの日清ラーメン味が誕生しました。ラーメンは海外でも人気で、それがチップスになったとアメリカでは今話題です!気軽に食べられるラーメン味のプリングルス。日本でも食べられる日は来るのでしょうか?

かき氷

神宮花火大会と同日に、キハチ青山本店が毎年恒例夏祭りイベント「シェフズサマーパーティ2017」を開催!それは、一日限りの大人の夏祭り……。夏祭りピッツァや台湾風かき氷など当日限定メニューも盛りだくさんで、夏祭…

京都 スイーツ お土産

流行に敏感な京都女子がこぞって通う和菓子店「吉祥菓寮」。きな粉を使ったスイーツが話題となっていますが、中でも予約半年待ちにまでなった幻の商品「焦がしきな粉のはんなりロール」をご存知でしょうか?今回は人気の秘密…

スイーツ ホテル

八事サーウィンストンホテル内のカフェラウンジ「W Café」で、秋の実りを感じる旬のフルーツや食材を使って、ヘルシー&アンチエイジングを意識し仕上げられた『秋のインナービューティーアフタヌーンティー』が登場!…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

どこのご家庭にもある「ホットプレート」が近ごろ大活躍中なんです。ホットプレートと手軽な食材で時短でできちゃうレシピをご紹介します。どのレシピも簡単なのに見た目がとっても豪華なのでおもてなしやホームパーティーに…

レシピ まとめ 天ぷら 揚げ物

天ぷら粉を持て余してしまうことはないですか?そんな時に役立つアイディアレシピをご紹介。是非参考にしてくださいね。ちなみに天ぷらの語源はポルトガル語の「tempero」(調理)、スペイン語の「templo」など…

レシピ おつまみ まとめ アレンジレシピ

ポテトチップそのまま食べてもおいしくてついつい食べすぎちゃいます。でも、コストコのポテチ大袋!アメリカンサイズ!!もてあます事ありません?ポテトチップをお料理に使って一気に消費!大丈夫♡だっておいもが原料です…

おつまみ 女子会 レシピ まとめ

ミルフィーユと言えばパイとクリームを重ねたケーキが有名ですが、様々な材料を重ねて作る「ミルフィーユおつまみ」もおいしいみたいです♪今回は簡単にできるおしゃれなレシピをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

日本の夏は高温多湿。夏バテはこの高温多湿の中で体温を一定に保とうと必要以上に体力を使います。自律神経の不調、水分不足、おなかの調子が悪くなるのが主な症状ですがこれらの症状を予防する食材を積極的に摂取して夏バテ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

ワイン チーズ おつまみ まとめ イタリアン

南イタリアの伝統的なチーズ「カチョカバロ」を知っていますか?つるして熟成させるタイプのチーズで、生だと凝縮されたミルクのうまみが感じられ、焼けばとろっと伸びてそのままでもパンにのせて食べても美味なんだとか。ど…

チーズ おつまみ

おつまみの「チーズ鱈」を、電子レンジで約2分カリカリになるまで温めてみましょう。するとサクサクスナックのようなお菓子になるんです。全体的に膨らんで、焼き色がついたらできあがり!黒胡椒を振ったり、ケチャップなど…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る