ローディング中

Loading...

青森県の郷土料理として親しまれている「じゃっぱ汁」。魚のアラなどを津軽弁で「じゃっぱ」といいます。津軽地方では冬を代表するお料理として有名です。そんなじゃっぱ汁について、身も心もあたたまるレシピからおすすめ店までご紹介します。

青森県の郷土料理「じゃっぱ汁」

じゃっぱ汁とは、青森県の郷土料理で魚の「アラ」を使用した汁物料理です。主に、「タラ」や「サケ」の魚介をたっぷり使用します。冬の寒さの厳しい青森県では、身体をあたためてくれるお料理として、多くの人に愛されているのです。

そんなじゃっぱ汁について、詳しくご紹介します。

じゃっぱ汁とは?

じゃっぱ汁はアラを使っているので、濃厚なダシが出て、コクと魚の旨味や甘みをしっかりと感じられる料理です。じゃっぱ汁に使われる魚は、「タラ」と「サケ」が多く、肝も捨てることなく使用します。そこへ一緒に入れる野菜や豆腐に染み込んだ魚介の旨味が加わり、お箸が止まらなくなるおいしさです。

じゃっぱ汁の中でも、「マダラの肝」を使用したものは、ねっとりとして、濃厚な旨味が出るため、人気があります。

また、じゃっぱ汁には魚の骨や肝などから栄養分がたくさん出ます。じゃっぱ汁に含まれる、タンパク質とカルシウムは、人間の身体をつくるのには必要不可欠な栄養素なのです。
タンパク質は、人間の身体そのものを作る大切な栄養素で、免疫力UPの効果も期待できます。さらに、カルシウムは歯や骨を丈夫にし、精神を安定してくれる効果も期待できます。身体をあたためながら、栄養素を摂れる「じゃっぱ汁」が郷土料理として、根付いているのも頷けます。

歴史

冬の寒さ厳しい地域である青森県の先人たちは、寒さに耐えられるようにと、昔から干物や漬物をつくっていました。じゃっぱ汁もそのなかのひとつで、タラの干物をアラごと使用し、色んな野菜と煮込んだことから始まりました。「じゃっぱ汁」は、先人の知恵が詰まった郷土料理なんです。

名前の由来

じゃっぱ汁の「じゃっぱ」とは、「雑把」を意味する津軽弁です。魚の頭や内臓、骨などの普段は食べないようなところを総称して「じゃっぱ」といいます。その名の通り、じゃっぱ汁は魚のアラや肝などをふんだんに使用します。

じゃっぱ汁レシピまとめ

じゃっぱ汁は家庭でも作ることができます。そこで、じゃっぱ汁のレシピをご紹介します。

1. たらのじゃっぱ汁

材料は、タラのアラや身とお好みの野菜を用意します。調味料は、だし汁、酒、みそ。

タラと野菜を食べやすい大きさに切ったら、熱湯をかけて臭みをとります。鍋にだし汁を沸かし、タラと野菜を入れて煮込みましょう。ときどきアクを取りながら、様子を見てください。アクが出なくなったら酒を入れ、みそを溶いて、お好みでネギを散らせば完成です。

2. 鮭のじゃっぱ汁

材料は、鮭のアラとお好みの野菜、調味料は塩のみです。

材料を食べやすい大きさに切ります。鍋に多めの水を入れて、鮭のアラと塩を入れます。野菜を入れて、火が通るまで強火にかけます。アクをとったら、お好みでネギを散らし、塩で味を調整して完成です。

3. たらのじゃっぱ汁・エスニック風

材料は、マダラ、豆腐、お好みの野菜、キノコ類。調味料は、だし入りみそ、ナンプラー、酒、だし昆布を用意します。

マダラに軽く塩をかけて、30分ほどおきます。30分経ったら、4等分に切り分けて湯通しをします。野菜やキノコ類、豆腐はお好みの大きさに切っておきます。鍋に水とだし昆布を入れて、大根やにんじんなど火の通りにくい野菜を入れて火にかけます。野菜に火が通ったら、だし昆布を取り出してキノコ類とマダラを入れます。みそを半量だけ溶いて、酒を加えて煮込みます。マダラに火が通ったら、残りのみそ、ナンプラーを入れ、切っておいた豆腐とお好みでネギを入れましょう。ひと煮立ちしたら完成です。器に盛ったら、お好みでセリを添えていただきます。

青森でじゃっぱ汁が人気のお店

本場の青森県でじゃっぱ汁が有名なお店をご紹介します。

みちのく料理 西むら アスパム店

青森市にある「みちのく料理 西むら」です。和風の店内では、ゆったりとした時間を過ごせます。座敷のお席があるので、お子様連れの方でも安心してお料理を堪能できるでしょう。
http://macaro-ni.jp/32698

じゃっぱ汁 700円

こちらのお店のじゃっぱ汁は、サケやタラ、大根やにんじんが入っており、心も身体もあたたまる一品です。
■店舗名 :みちのく料理 西むら アスパム店
■最寄駅 :青森駅
■住所 :青森県青森市安方1-1-40 アスパム10階
■電話番号:050-5890-6050 (予約専用番号)      
017-734-5353 (お問い合わせ専用番号)
■営業時間:
【月〜金】:11:00〜16:00、17:00〜21:30(L.O.21:00)
【土】:17:00〜21:30(L.O.21:00)
【日・祝】:11:00〜20:30(L.O.20:00)
■定休日:アスパム休館日に伴う
■参考URL:http://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2000015/
■公式HP:http://www.michinokunishimura.com/index.html

みなと食堂

青森県八戸市にある「みなと食堂」では、青森の郷土料理や海の幸がたっぷりと食べられます。歴史を感じる外観と、懐かしさを感じる店内は、まさに食堂といった雰囲気。おいしい海の幸と青森の郷土料理を求めて、いつも多くの人で賑わっています。
こちらのお店のじゃっぱ汁は、タラのアラをふんだんに使用しています。タラのアラのなかでも、胃袋のコリコリとした食感がおいしいのだそう。新鮮なお魚を使っているお店だからこそ、おいしいじゃっぱ汁が食べられます。
■店舗名 :みなと食堂
■最寄駅 :JR八戸線 陸奥湊駅
■住所 :青森県八戸市大字湊町字久保45-1
■電話番号:0178-35-2295
■営業時間:6:00〜15:00
■定休日:日曜日
■参考URL:http://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2000865/

青森魚菜センター本店

こちらのお店は、小売市場となっており、さまざまな店舗が並んでいます。お店に入って食券を購入し、ごはんを取り扱っている店舗で食券を渡します。その後、店舗を回りながら、好みの食材をごはんの上にのせていくというシステム。これをのっけ丼と称し、多くの方に親しまれています。

外観は、倉庫のような見た目で、店内はまさに市場。多くの店舗が連なり賑わっています。青森の新鮮な食材を求めて、朝早くから多くの人で賑わうお店です。
こちらのじゃっぱ汁は、新鮮な具材がたくさん入っています。自分のつくったのっけ丼とともにいただくと、大満足間違いなし!活気溢れる店内で、おいしさも人一倍感じられるはずです。
■店舗名 :青森魚菜センター本店
■最寄駅 :JR奥羽本線 青森駅
■住所 :青森県青森市古川1-11-16
■電話番号:017-734-1311(予約不可)
■営業時間:7:00〜16:00
■定休日:火曜日、1月1日・2日(詳細はお店のHPに記載)
■参考URL:http://tabelog.com/aomori/A0201/A020101/2005888/
■公式HP:http://www.aomori-ichiba.com/nokkedon/index.html

東京でじゃっぱ汁を食べられるお店

東京でもじゃっぱ汁を食べることができますよ。東京のじゃっぱ汁が食べられるお店をご紹介します。

北畔(ほくはん)

東京都台東区にある「北畔」は、東北の郷土料理を提供しています。店内に入る前からワクワクしてしまう趣きある外観です。座敷やカウンター席のある店内は、和を基調としており、落ち着いた雰囲気のなかで、おいしい料理が楽しめます。
こちらのじゃっぱ汁は、なんとお通しとして提供されます。澄んだ出汁が特徴で、新鮮な魚のアラをお酒と一緒に楽しむことができます。
■店舗名 :北畔(ほくはん)
■最寄駅 :JR 上野駅
■住所 :東京都台東区上野6-7-10
■電話番号:03-3831-8759
■営業時間:
ディナー:17:00〜22:30(L.O.22:00)
■定休日:日曜、祝日
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13070050/
■公式HP:http://hokuhan.com/index.html

りんごの花

東京都新宿区にある「りんごの花」。こちらは、青森直送の食材を9割使用しており、青森の郷土料理を存分に楽しむことができます。店内には、ねぶた祭のポスターが貼られており、青森を感じさせるものがお店のあちこちに飾られています。外観には、「青森をPRする居酒屋です」と書かれており、青森の郷土料理を楽しめることが、一目瞭然。
マダラを使用したじゃっぱ汁は、濃厚な旨味が滲みでて、お酒を飲んだあとの締めとして、多くの方に愛されています。
■店舗名 :りんごの花
■最寄駅 :地下鉄都営新宿線 曙橋駅
■住所 :東京都新宿区荒木町11-24 荒木町エーシービル 1階
■電話番号:03-6380-6724
■営業時間:
ディナー:17:00〜23:30(L.O.22:45)
■定休日:日曜日
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13121163/
■公式HP:http://www.ringonohana.com/

加瀬政

東京都豊島区にある加瀬政は、じゃっぱ汁を「じゃっぱ鍋」として提供しています。外観は、和を基調としており、店内も和風で落ち着いた雰囲気です。
http://macaro-ni.jp/32698

じゃっぱ鍋

こちらのじゃっぱ鍋は、新鮮なタラを使用しています。タラの身を食べる前に、肝と胃袋によく火を通して食べると、濃厚な旨味と胃袋のコリコリとした食感を楽しめますよ。
■店舗名 :加瀬政 (かせまさ)
■最寄駅 :JR山手線 巣鴨駅
■住所 :東京都豊島区巣鴨3-14-16 巣鴨センチュリー21 1階
■電話番号:03-3918-1286
■営業時間:
ランチ:11:00〜14:00
ディナー:18:00〜22:00
■定休日:月曜日
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1323/A132301/13003798/
■公式HP:http://www.hirame.com/kasemasa/index.html

おわりに

青森県の郷土料理「じゃっぱ汁」をご紹介しましたが、いかがでしたか。ご家庭で作ったり、時間があれば本場青森で食べてみたいものですね。都内でも食べられるお店があるので、ぜひ足を運んでみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ お弁当 鶏肉

あっという間に彩り豊かな3色弁当のできあがり!全ての工程がレンジのみでできる「鶏そぼろ三色弁当」のレシピをご紹介します。甘い味付けの卵と、甘じょっぱい鶏そぼろの相性が抜群で、ご飯がどんどん進みます。忙しい朝の…

レシピ パスタ

フライパンを使わずに電子レンジだけで作れる「焼かないカルボナーラ焼きそば」のレシピをご紹介します!とろ〜り卵の食感がたまりません。フライパンで焼かないのにこんなにおいしくできるなんて、驚くこと間違いなしです♩

タコライス エスニック レシピ まとめ

おしゃれで作るのも難しくないタコライス。でも、一緒に食べる献立に悩んだことはありませんか?今回はタコライスに合うスープや副菜、サラダ、揚げ物、焼き物などをレシピ付きでまとめてご紹介します!ぜひ参考にしてくださ…

豚肉 オクラ レシピ

ヘルシーでさっぱり食べられる豚肉料理「みょうがとオクラの豚肉巻き」をご紹介します。肉巻きの具材が、オクラとみょうが、大葉ととてもヘルシーなので、お肉を食べていても罪悪感なし!レンジのみで簡単にできるのでとって…

かぼちゃ レシピ

皮が固いかぼちゃは切るのが大変なイメージがありませんか?かぼちゃはレンジを使えば、安全に簡単に切ることができます。固いかぼちゃを上手に切るためのレンジの使い方をご紹介します。加熱することで、調理時間の短縮にな…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ ブロッコリー サラダ まとめ

緑黄色野菜で、栄養価も高いブロッコリー。カロリーはもちろん低いですが、サラダに使うとボリュームたっぷりでかさを増してくれるのもうれしいポイントですよね。今回は和風から洋風まで、たくさんのブロッコリーサラダのレ…

レシピ まとめ たまご

疲労が溜まる仕事やストレスの多い生活をしている彼の食事に卵を加えてあげませんか?茹でる、煮る、焼く。卵はオールマイティに活躍できる栄養のある食材です。普段の食事に卵を一つ加えてエネルギーとパワーをアップさせま…

お弁当 レシピ ソーセージ おつまみ まとめ

お弁当のおかずとしてお馴染みの“ソーセージ”は、子供も大好きな食材の一つですよね。アレンジも利かせやすく、手軽に料理に取り入れられる嬉しいアイテム♪今回は、お弁当にもう一品プラスしたい…

レシピ まとめ

夏でも美味しくお肉を食べたい♪だけどちょっとバテ気味…あったかいものはヤダー…という時に、冷しゃぶが大活躍してくれます。さっぱり食べられて栄養しっかり!あなたの食欲を刺激する一品、…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

ガレット 専門店 フランス まとめ 東京 おしゃれ

フランスの郷土料理であるガレット。伝統的なガレットはお食事系ですが、現在はスイーツ系のものも楽しめます。そんなガレットを都内で楽しめる専門店をご紹介します。

じゃがいも レシピ まとめ

「スタッフ」は詰め込むという意味でして、じゃがいもにあれこれ詰め物している料理ってことですね^^別名は二度焼きポテトとも言い、副菜としても主菜としても活躍できるメニューなのです。パーティーにも是非この一品を。…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...