ローディング中

Loading...

日本全国にある郷土料理のひとつ、栃木の「しもつかれ」。実はこのしもつかれ、見た目にやや難ありなご当地グルメとして知られているんです。本来は縁起のいい食べ物であるしもつかれ、その由来から作り方、アレンジレシピまでご紹介しますよ。

日本の郷土料理について

その土地の気候や風土、特産品を生かして作られる料理を郷土料理といいます。日本全国には、郷土料理がたくさん残っており、有名なものでは、北海道の三平汁、青森県のせんべい汁、沖縄県のゴーヤチャンプルーなどがあります。日本人なら、各地の郷土料理を食べて、その土地の食文化に触れたいですよね。今回は、栃木県の郷土料理「しもつかれ」についてご紹介します。

しもつかれとは?

栃木の郷土料理 しもつかれ

「しもつかれ」というとても変わったネーミングの郷土料理は、主に栃木県で食べられています。お正月に食べる塩鮭の頭、節分の福豆を煎った大豆、鬼おろしでおろした大根と人参を酒粕などの調味料で混ぜ合わせた料理で、白いご飯の上にのせて食べられているようです。

栃木県だけでなく、茨城県、群馬県、埼玉県などの北関東、また千葉県、福島県の一部でも昔から愛されている郷土料理です。地域によって呼び名が異なり、「しもつかり」「しみつかり」「すみつかれ」などと呼ばれています。たくさんの呼び名が各地方で残っているのは、各々の土地で食べられてきた証でもありますね。

稲荷神社にお供えする行事食

しもつかれは、旧暦でいう2月最初の午の日である「初午(はつうま)」の朝、稲荷神社にわらをたばねて作った「わらづと」に入れて、赤飯と一緒にお供えする料理でした。しもつかれには、魔除け、厄除け、無病息災などの縁起物という意味があります。また7軒の家のしもつかれを食べると病気を予防できる、などといわれてきました。鮭の頭には悪魔を追い払う呪力があるとされ、また節分の福豆にも破魔招福(はましょうふく)の力が宿っていると伝えられています。

当初は初午の日限定で食べるものとして扱われていましたが、今では日常的に食べられるようになりました。地元の産直所やスーパーでは、年間を通して販売されています。

そして、このしもつかれは家庭でも簡単に作ることができるので、郷土料理として定着しました。地方や家庭によって、材料や調理法が少しずつ異なり、様々な味が継承されているのも特徴の一つ。それらを隣人で分け合い食べられています。また、保存食としても優秀で、厳しい気候条件の地域では重宝されてきた料理なんです。

名前の由来

とてもユニークなネーミングですが、しもつかれと呼ばれるようになった由縁には諸説あります。栃木県の昔の呼び名である”下野の国(しもつけのくに)”だけで作るということから、しもつかれと呼ばれるようになった説、煎った大豆に酢を入れて作る「酢漬かり」がなまった説や、しもつかれに酢を入れることから、「すみつかり」となりそれが変化してしもつかれとなった説もあります。

しもつかれの評判

しもつかれは、現代においては賛否両論です。鮭の頭、大豆、酒粕を混ぜたこの料理の香りは、独特で生臭く感じることもあり、苦手な人も多いようです。しもつかれの見た目も、食材がごちゃまぜになってどろっとしているため、食べるのに抵抗があるという人も多いのが実情。ただし、こういった見た目や香りが苦手な人にもおすすめなのが、スーパーなどで売っているしもつかれ。ビジュアルもにおいに関しても、初めて食べる人が大丈夫なように作られているので安心です。また、自宅で作るしもつかれは、いろいろとアレンジがきくので食べやすいレシピを採用してみてはいかがでしょうか?

しもつかれの作り方

昔から栃木をはじめ各地方で愛され続けるしもつかれは、ご家庭でも作ることができます。現代でも脈々と受け継がれているレシピをご紹介します。

鮭のあらを調理する

まずは、臭みの出やすい鮭のあらに熱湯をかけましょう。こうすることで、独特の臭みを低減することができます。こういった下準備によって、できあがったしもつかれのにおいを抑えられます。

材料を圧力鍋にかける

湯通しした鮭のあらを圧力鍋にかけて、柔らかくしましょう。水をたっぷり入れて蓋をしめたら、強火で約10分加熱します。火を止め、鍋の圧力が下がったら蓋をあけましょう。

材料を混ぜる

ここに、大豆や細かく刻んだ油揚げなどを入れましょう。鮭のあらは食べやすいように細かくほぐします。また、圧力鍋にかけたときの煮汁はとてもいい出汁になるので、一緒に煮込みます。そこへ、すりおろした大根とニンジンを加えて混ぜます。

材料を煮込む

蓋をして、1時間以上煮込んでいきます。弱火で大豆が柔らかくなるまでかき回しながら煮込みます。材料が柔らかくなったら、酢、酒粕を入れ、さらに1時間弱火で煮込みましょう。

仕上げ

味見をして、しょっぱさが足りない場合は、塩を加えるなどして味を調えましょう。各家庭によって、味が違うのがしもつかれの特徴です。ぜひオリジナルのしもつかれを作ってみてくださいね。

しもつかれのアレンジレシピ

しもつかれは、7軒分のしもつかれを食べると病気にならないというほど、種類も豊富です。ここでは、様々なしもつかれのレシピをご紹介しましょう。

1. 茨城のしもつかれ

茨城のしもつかれは、固形分が少ない汁物タイプです。汁物なので、しもつかれの見た目がどうも苦手・・・という人にはおすすめですよ。早速、4人分のレシピをご紹介していきます。

材料の塩鮭2切れ、酒粕50g、大根4分の1、ニンジン2分の1、油揚げ1枚、大豆50gを用意します。鮭は、骨を取り除いたあと、1センチ角に細かく切り、大根やニンジンは荒めにおろします。鍋に1リットルの水と大豆を入れて弱火で10分煮込みます。大根、ニンジン、油揚げ、鮭、酒粕の順番で材料を入れていき、最後に塩、しょうゆで味を調えて完成です。水分がたっぷり入ったスープタイプにアレンジしているので、しもつかれの味を気軽に楽しんでいただけるおすすめのレシピです。

2. しもつかれ時短バージョン

しもつかれの作り方をご紹介してきましたが、基本に忠実に作ろうとすれば時間と手間がかかってしまいますよね。ここでは、時間を短縮してつくれるしもつかれがあるんです。こちらでは大鍋1杯分のレシピをご紹介していきましょう。

材料の大根1本、ニンジン2本、酒粕100g、油揚げ2枚、そして時短のポイントである、鮭の水煮缶詰め200~300g、大豆の水煮200~300g、顆粒だし大さじ2を用意します。これらをすべて混ぜ合わせて弱火で3時間煮込みましょう。材料の下準備が簡単で、あとは火にかけておけば完成するので、初心者の方にもおすすめですよ。

3. 初心者向けで食べやすいしもつかれ

続いて、酒粕が苦手という人におすすめな初心者向けのしもつかれレシピをご紹介します。

まず、4人分の材料、大根300g、ニンジン50g、油揚げ20g、福豆か炒り大豆30g、しょうゆ15g、砂糖10g、酢30gを用意します。大根はおろしておき、ニンジンはいちょう切り、油揚げは短冊切りにします。これに福豆と砂糖を入れて弱火で10分煮込みます。さらにしょうゆを加え5分加熱します。最後に酢を入れてひと煮立ちすれば完成です。酸っぱいのが苦手な人は、最後の加熱時間を長くすることで、酸味が飛びますよ。

日本の文化を伝えていこう

日本の郷土料理の一つ、栃木県のしもつかれについて、特徴と作り方をご紹介してきました。歴史や背景を知ると、益々興味が湧いてきませんか?その土地の文化や郷土料理を知って、しっかり伝承していくことが、日本の文化を守っていくことに繋がっていきます。食卓の話題作りのネタとして、ぜひご家庭で作ってみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

麻婆豆腐 豆腐 レシピ まとめ

中華料理の定番レシピである麻婆豆腐。今回は、麻婆豆腐の基本の作り方やアレンジレシピをご紹介します。ピリ辛の本格的な四川風レシピから、時短で簡単に作れるレシピまで、食卓に並べたくなる麻婆豆腐レシピを20選お届け…

レシピ

定番人気のおかず筑前煮。ご家庭それぞれに具材や味付けがありますよね。今回は筑前煮の基本レシピからアレンジレシピまでを総まとめ!ひと工夫でおいしくなるコツ、忙しい方必見の時短レシピなども実践編を交えてご紹介しま…

うなぎ まとめ レシピ

食欲を奪う夏の救世主といえば、そう「うなぎ」です。でも高くて手が出ない……なんてお悩みの方は身近食材を使って、うなぎを代用しちゃいましょう♩今回は、なんちゃってうなぎのレシピをご紹介します。作り方もとっても簡…

レシピ ハンバーグ まとめ

とってもおいしい煮込みハンバーグ。自宅で作るとき、どんな献立にすればいいか、迷うことはありませんか?もうひと品つけたしたい、栄養バランスが気になる……そんな方に、煮込みハンバーグに合うスープや副菜をレシピ付き…

スイーツ ケーキ フランス レシピ まとめ

シブーストって聞き慣れない言葉ですよね?名前は知らなくても、じつは口にしたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。シブーストとは何か、そしてシブーストの基本レシピからアレンジまで、たくさんご紹介します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

アメブロやレシピブログで人気の「るぅ」さんのおかずのレシピを8選しました。手に入りにくい食材などを使わず、豪華に見えるアイデアが素晴らしいんです♡

レシピ まとめ アレンジレシピ

つくりすぎちゃったら温め直して次の日も・・でもあんまり美味しくないんだよね〜。困りますよね、そういうとき。でも捨てずに、かつ美味しく最後までいただく方法もあるんですよ♪そんなアレンジレシピ、たくさん見つけたの…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

大阪 テイクアウト

大阪・谷町で人気のケーキ店「アシッドラシーヌ(acidracines)」。その人気は、なんと大阪で一番とも言われるほどなんです。美しい見た目と、繊細な味は老若男女問わず夢中になってしまうんだとか。そんなケーキ…

大阪 専門店 たまご

大阪にある「LeCoco(ルココ)」は珍しいたまごボーロ専門店です。たくさんの種類のたまごボーロがあり、昔懐かしい気持ち、新たな新鮮な気持ちでどちらにせよハマること間違いありません。今年のバレンタイン悩んでい…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る