ローディング中

Loading...

私達の生活に欠かせないお米。今はお米の種類も豊富ですよね!その中でも特に栄養価が高い「古代米」を知っていましたか?健康志向な方には既におなじみの古代米。その栄養価や炊き方、おすすめレシピをご紹介します。

古代米とは?

日々の暮らしを健康的に、すてきなライフスタイルをおくっている方が多く取り入れている古代米。いったい白米と何が違うのでしょうか?その魅力を調べてみました。

古代米はどんなお米?

古代米とは、稲の原種といわれる野生稲の特徴をそのまま持ってるお米のこと。野生型の稲の種子(玄米)は、褐色や黒っぽい色がついているのがほとんどですが、人口的に栽培することにより無色(白)の種子へと変化します。人の手を加えて栽培することにより、稲の成長や性質などがそろうことから、現在の稲は粒ぞろいの白くてきれいなお米となり生産性も高いのです。一方、古代米は、荒れ地で無農薬無肥料でも丈夫に育つほど生命力も高く、天候や環境の変化にも強い性質を持っている分、性質・成長・収穫量にばらつきがあり、明治以降には生産されなくなりました。

しかしそんな古代米には、たんぱく質・ビタミン・ミネラルといった栄養価が極めて高いことが明らかになり、健康食して大変注目を集めています。カロリーはお茶碗1杯(150g)で約240kcalと白米とあまり変わらないのですが、歯ごたえがある分、満腹中枢も刺激され少ない量で満足できるため、健康食品やダイエット食品として、健康志向の女子を中心に話題となっています。

日本酒の原料や米粉に

古代米は、黒米・赤米・緑米などがありますが、他の雑穀と混合されて雑穀米として雑穀米として食べられるのが一般的です。その他、日本酒の原料になったり、米粉やお菓子、パンや麺の原料として使われます。

古代米の栄養

赤米に含まれるタンニン

赤米は、玄米のときに色が褐色(赤色)のものをいいます。赤米の栄養素はビタミン、ミネラルが多く含まれていますが、特にポリフェノールの一種であるタンニンが特徴です。タンニンとはカテキンのことで、お茶に含まれる渋味成分を指し、抗酸化作用があります。縄文中期、日本で稲作がはじまったときのお米が赤米だとされ、日本のお米のルーツなのです。お赤飯の起源はこの赤米を蒸したものだと言われています。

緑米に含まれるクロロフィル

古代米の中でも一番生産量が少ない緑米。この緑色には、緑黄色野菜と同じ色素のクロロフィルが含まれています。亜鉛やマグネシウムが豊富で、血液をサラサラにしてくれるほか、精神を落ち着かせる効果もあるのです。

黒米に含まれるアントシアニン

真っ黒な黒米には、ポリフェノールのひとつであるアントシアニンがたくさん含まれ、抗酸化作用や美容効果がとても高いのです。また白米と比べると、鉄分・ミネラル・食物繊維・亜鉛・カルシウム・マンガン、ビタミンCと主要な栄養がたっぷり!おはぎの原点であり、黒米は古くからお祝いの際のお米として大切に食べられてきました。 中国では薬米として、現在でも薬膳料理に使われています。

古代米の炊き方

古代米は、玄米のように歯ごたえがあるので白米と混ぜて炊くことよいでしょう。割合によって色づきや歯ごたえが変わってきますが、おすすめは1~3割程度を古代米にするとバランスよく仕上がります。古代米はたくさんの栄養素が外側に含まれているので、あまり洗いすぎず10秒くらい軽くもみ洗いをしてザルにあげておきましょう。別に洗っておきいた白米と混ぜ、炊飯器で炊いてください。水加減は白米と同様で構いません。

保存方法

お米は基本賞味期限はありません。開封せずに冷暗所で保存していたら1年は保つでしょう。開封してからの保存方法は、ジップをして冷蔵庫の野菜室に保存してください。封が開いたまま、常温で放置すると夏場は虫が発生することがありますので気をつけて下さい。

古代米を使ったレシピ

玄米と古代米で豆腐丼

健康志向女子が取り入れているマクロビオティック料理です。お肉を使わないマクロビですが、歯ごたえある玄米・古代米とジューシーな油揚げで、満足度の高いひと品が完成しますよ。

古代米(黒米)の巻き寿司

もちもち歯ごたえのる古代米(黒米)と、冷蔵庫にあるお好きな野菜や具材(きゅうり、人参、ちくわ、たまご、たくわんがおすすめ)を入れるとカラフル!おもてなし料理におすすめですよ。

甘いピンクの甘酒

甘酒を餅米でつくると甘くなることを知っていましたか?黒米を入れると色が移ってピンク色になるのもかわいいのです!おかゆモードで炊いて、飲みやすくしています。牛乳や豆乳と混ぜるとまろやかでおいしいですよ。

バター醤油味!古代米の和風オムライス

白米でつくるオムライスもおいしいですが、古代米も炒めると香ばしくなっておいしさがアップしますよ。古代米とバターの相性もよく、食べごたえのあるオムライスに仕上がります。

古代米で米粉パン

古代米はパンにしてもおいしいです。もっちり度は白米のほうがありますが何より栄養たっぷり!お米専用ホームベーカリーをお持ちの方はぜひ作ってみてくださいね。ポイントは、牛乳や水を下になるように入れて、粉類は上になるよう入れることです。

古代米で作った「古代米煎餅」

http://macaro-ni.jp/32695

出典:楽天市場

天乃屋 14枚古代米煎餅 12入

¥2566

楽天市場で購入
コストコでおいしいと話題の「古代米煎餅」はご存知ですか? 米菓子を専門としているメーカー、天乃屋が出しているこのお煎餅は、うるち米、黒米、もち米に、スーパーフードにキヌアが入っているのです。ふっくらと香ばしいお煎餅をお茶と共に。コストコへ行ったらぜひ。食べると止まらない、素朴で魅惑的な味です。

古代米をもっと身近に

いかがでしたでしょうか。栄養満点も古代米の魅力をご紹介しました。さまざまなレシピのほか、お菓子までありましたね!あまり古代米について知らなかったり、食べ方がイマイチわからなかった人は、紹介したレシピを参考にぜひこの機会に古代米を取り入れてみましょう!

白米もおいしいけど、たまには古代米を食べてみませんか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

山椒は、いろいろなお料理に使われてきた日本の伝統的な調味料です。しかし、和食や焼きものだけではなく、さまざまな食材ととても相性がいいのです。今回は、山椒の実や山椒粉を使ったお料理のレシピに加え、保存方法なども…

レシピ コロッケ

新玉ねぎを丸ごと使った「新玉ねぎ丸ごとコロッケ」のレシピをご紹介します。丸ごと揚げた玉ねぎはインパクト抜群!新玉ねぎのやさしい甘さと、さっくりホクホク食感に心まで温かくなりそう。アツアツのうちにめしあがれ♩

レシピ

卵黄をからめていただく「塩こんぶつくね」のレシピをご紹介します!こんぶが、軟骨のようにしっかりとしていていいアクセントに。枝豆も入っていて、お酒好きにはたまらないおつまみです。もちろん白ご飯との相性も抜群!思…

レシピ

旬の新じゃがを使った「新じゃが丸ごとチキンカチャトラ」のレシピをご紹介します。濃厚な味わいの秘密は牛乳!トマトの酸味と絶妙にマッチして、後引く味わいですよ。新じゃがのホクホク食感、トロットロになるまで煮込んだ…

レシピ

難しい火加減の調整は不要!炊飯器で簡単に作れる「新玉ねぎの肉詰め煮」のレシピをご紹介します。とろける新玉の食感と、やさしい甘み、ジューシーな肉汁にほっぺたが落ちそう!今しか食べられない、旬の食材をまるごと味わ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

調味料 マヨネーズ まとめ

醤油は冷蔵保存が基本って知ってましたか?調味料って冷蔵なのか常温なのか悩むところですよね。常温で大丈夫と思っていたのが実は冷蔵庫に入れないと悪くなっている場合もあります。主要な調味料をまとめておきましたので、…

花見 スイーツ お土産 レストラン 茨城 水戸 お花見 まとめ

春といえばお花見ですが、桜より先に梅が見頃になります。梅といえば日本三名園でもある「偕楽園」。そこで「偕楽園」に行った際、お花見ついでに楽しみたいオススメの水戸グルメ、スイーツ、レストランをご紹介します♫

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

まとめ

紅茶好きのあなた、こんなグッズがあればティータイムがもっと楽しくなると思いませんか?思わず笑ってしまうものから、是非、購入したいものまで、紅茶に関する面白便利グッズをまとめてみました。

まとめ レシピ ぶどう

ブドウは果物の中で一番品種が多いらしく、10000種類以上もあるそうです。ヨーロッパでは、畑のミルクとも呼ばれ、栄養価の高い果物だそうです。ブドウを調理する機会はあまり多くなさそうですよね。今回はブドウ使った…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...