ローディング中

Loading...

オレンジ色のグラデーションがキュートな「テキーラサンライズ」。メキシコ発祥の度数が高めテキーラも、カクテルにしたら女性でもおいしく飲めるんですよ。今日はテキーラサンライズの度数や、上手な作り方などをご紹介します!

テキーラサンライズって何?

テキーラサンライズって聞いたことありますか?燃えるようなサンライズ(日の出)の美しさをグラスに閉じ込めたような、オレンジのグラデーションが美しいカクテルです。材料は、テキーラ、オレンジジュース、グレナデンシロップの3つだけです。テキーラの独特な風味と甘さがたまらないテキーラサンライズについて、今日はご紹介します。

テキーラサンライズの度数についてチェック

テキーラの分量で度数に差が!

テキーラサンライズの度数は、テキーラをどれくらい入れるかで変わってきますが、平均的に12度~18度とされています。氷でキンキンに冷えたテキーラサンライズは、オレンジジュースの甘い味わいも手伝い、まるでジュースのようにどんどん飲めてしまいそうですがご注意を!

例えば、ビールのアルコール度数は平均5%ほど。同じペースで飲んでいたら……アルコールに弱い方は、考えるだけでも恐ろしいですよね。自分でも気づかないうちに、お酒が回って酔っていたなんてことにもなりかねません。

バーなどで飲む際に、お酒に自信のない方はオーダー時にテキーラを少なくするよう伝えておくといいですね!いくらカクテルといっても、ベースがアルコール度数40%を誇るテキーラですので、飲み過ぎには注意してくださいね。テキーラを少なめにしても、美しいオレンジ色のグラデーションや爽やかな味わいは堪能できますよ。

他のカクテルとの度数比較

ほかのカクテル類とのアルコール度数を比較してみましょう。定番人気のジントニックと、最近人気急上昇のモヒートを例に挙げてみました。

まずはジントニックから。ベースとなるドライジンは40%ほどのアルコール度数ですが、トニックウォーターで割ったあとのジントニックのアルコール度数は5%程度。すっきりキレのいい味わいで、バーでは定番のカクテルです。4分の3がトニックウォーターでできているジントニックは、意外とアルコール度数が低めのカクテルでした。

つづいて最近よく見かけるオシャレなカクテル、モヒート。ラムベースのミントとラムが爽やかなキューバ・ハバナ発祥のカクテルです。ラム自体は40%ほどのアルコール度数ですが、カクテルになると10%~20%弱のアルコール度数です。

やはりベースの配合がアルコール度数を左右するポイントですね。

テキーラサンライズの作り方

テキーラサンライズの作り方をご紹介します。必要な材料、ちょっとしたコツをつかんでキレイなグラデーションカクテルを成功させましょう。お仕事や勉強、お家のことなどを頑張った1日の終わりに、ゆらりと揺れるオレンジ色のグラデーションを眺めながらリラックスしてみてはいかがでしょうか。

材料を用意しよう

カクテル1杯分に必要な分量
・テキーラ 45ml
・オレンジジュース 90~120ml
・グレナデンシロップ10ml
・氷
・くし切りにしたオレンジ、チェリー

・ゴブレットグラスなどの大きめグラス(大きめのワイングラスなどでも代用可)

作り方

1.グラス8分目まで氷を入れる。
2.テキーラをそそぐ。
3.オレンジジュースを入れて混ぜるようにステアする。
4.グレナデンシロップを入れる。コツは2層になるように、グラスの端を伝わせながら沈める。
5.オレンジとチェリーを飾ったら完成。

テキーラサンライズを数段おいしく作るコツ

最近では100%還元濃縮タイプのオレンジジュースもたくさん売られていて、どれも確かにおいしいです。でも、しぼりたてのオレンジジュースを使うとテキーラサンライズがもっとおいしくなるんですよ。格別な1杯に仕上げてみてはいかがでしょうか。

同じ100%オレンジジュースでも、還元濃縮タイプとしぼりたてのジュースでは風味が違うのです。爽やかなオレンジの風味、しつこくない甘酸っぱさ、鼻に抜ける香り、しぼりたてならではの旨味が格別な1杯に仕上げてくれます。

朝焼けグラデーションを上手につける方法

ベリー色のグレナデンシロップと、オレンジジュースのグラデーションを上手につけるコツをご紹介します!

作り方のステップ1~5を終えたら、バースプーンを静かにグラスの横を滑らせて下まで持っていきます。下の方にある氷を、ほんの軽く持ち上げてみましょう。グレナンシロップとオレンジジュースで2層に分かれていたカクテルにグラデーションがかかって、美しいサンライズ色に近づきますよ。グレナデンシロップはノンアルコールですが、甘みが強いので入れ過ぎには気を付けましょう。

テキーラサンライズの応用編

スノースタイルにチャレンジ

ソルティードッグやマルゲリータ、このふたつのカクテルの共通点がおわかりですか?これら、グラスの縁に塩や砂糖がついているカクテルのことをスノースタイルカクテルと呼びます。グラスの縁につもった雪のようできれいな名前ですよね。テキーラをショットで飲むときも、ショットグラスの縁に塩がついていますよね?

テキーラはもともと塩との相性がいいのです。オレンジの甘さも、グレナデンシロップの甘さも一段と引き立ててくれる塩。ちょっと大人な気分たっぷりに、テキーラサンライズを楽しむのもおすすめです。トロピカルなフルーツと、キリッと爽やかな塩の組み合わせは夏にぴったりですよ。

スノースタイルの上手なやり方

まずはカットしたレモンやライムを用意。グラスの縁にレモンやライムを当てて、果汁を塗ります。平らなお皿に広げておいた塩を、グラスを傾けながら回転させて付けましょう。2周ほどくるくる回したら、均等についているはずです。

塩が密着したなと思ったら、余分な塩はグラスを軽く叩いて落としましょう。これだけで、家庭でも簡単にスノースタイルのカクテルを楽しめるんですよ。このひと手間がリッチな気分を演出してくれます。バーのようなおしゃれな一杯を出せば、ホームパーティーなどでもよろこばれそうですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。テキーラサンライズとは何か、アルコール度数や作り方についてご紹介しました。見た目の可愛さと甘酸っぱさの奥に隠れたテキーラがひと癖あって、絶妙なアクセントになっていますよね。テキーラは飲めなくても、テキーラサンライズなら飲めるという女性も多いです。

グラデーションが美しい、夏気分たっぷりのテキーラサンライズは、ビーチやテラスのあるレストランにもとっても似合います。ロマンチックなデートに、ビーチやプールサイドで華やかに、一日のおわりを振り返るリラックスタイムに、さまざまなシーンで活躍します。ぜひ試してみてくださいね!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

豚肉 レシピ

肉巻の進化メニュー「野菜と豚肉のクルクル油揚げ巻き」のレシピをご紹介します。お肉だけでなく、油揚げも一緒に巻くので、じゅわっとジューシーな味わいを楽しめますよ。色鮮やかなにんじん、ズッキーニもスライスして巻い…

お弁当 レシピ

1段目にはおかか、2段目にはたっぷりの明太子が♩豪華すぎる「ねぼすけのり弁当」のレシピをご紹介します。タラのフライと磯辺揚げはトースターで、オクラはレンジで作れちゃう!同時調理で素早く作ることができてオススメ…

オムレツ じゃがいも ほうれん草 レシピ トマト

底に隠れたカリカリのじゃがいもがポイント♩「じゃがほうれん草のオープンオムレツ」は、フライパンだけで簡単に作れるので、忙しい日にもってこいです。ベーコンの香ばしさとジューシーなトマトの相性が抜群なこの料理、ぜ…

かぼちゃ レシピ

皮が固いかぼちゃは切るのが大変なイメージがありませんか?かぼちゃはレンジを使えば、安全に簡単に切ることができます。固いかぼちゃを上手に切るためのレンジの使い方をご紹介します。加熱することで、調理時間の短縮にな…

お弁当 レシピ オムライス

なんと、スティックタイプのオムライスが登場! とろ〜りあふれ出すチーズがたまらない「スティックオムライス」のレシピをご紹介します。食べ応えも抜群で、食卓の定番とも言えるオムライスを、いつもと違ったスタイルで楽…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ マヨネーズ

味つきで油を引く手間も省ける「マヨネーズ」手軽においしく作ることのできる「マヨ炒め」のすぐれものレシピを今回はご紹介していきます♪野菜炒めは好きだけどワンパターンになりがち...なんてときに試してみてはいかが?

レシピ 鶏肉 まとめ

暑い日ってガス、火はなるべく使いたくないですよね。これからそんな季節になります。でも火を使わないと肉料理食べれないのでは…?いえいえそんな事ありません!電子レンジだけで作れる肉料理レシピを今回は…

イワシ レシピ まとめ

カルシウムやビタミンDが豊富なイワシ。イワシは、秋に旬を迎える美味しい食材です。いざ調理しようとすると、何を作ろうか迷う方も多いのではないでしょうか?ここでは、そんなイワシを使ったおすすめレシピをいくつかまと…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

コーヒー

デロンギの全自動コーヒーマシンは業界の最高峰!スタバも支持するクオリティとデザインは、他の追随を許しません。おウチを本格カフェに変身させる、プロも認めるその性能……。一度知ってしま…

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

イタリア ハム まとめ

「生ハム」と「プロシュート」って、ふたつともよく耳にする言葉ですよね。しかし、その違いをいざ説明しようとすると…少し難しいところ。そこで今回は、両者の違いについて説明していきます。今後、食べると…

埼玉 お菓子

今まで何気に手に取っていたアーモンドですがそのアーモンドに視点をおいたのがこちらのお店「PaPa Pignol(パパピニョル)」です。ひとつひとつのお菓子がとても丁寧で繊細で虜になること間違いありません。ネッ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...