ローディング中

Loading...

お好み焼きと似ているようで全然違う、大阪発の鉄板料理「とん平焼き」。一体いつからあるのだろうと考えたことはありませんか?とん平焼きのルーツを紹介しながら、おうちで簡単に作れてしかもおいしい「とん平焼き」の人気レシピを紹介します。

とん平焼きとは?

「とん平焼き」は大阪をはじめとする関西で、居酒屋・お好み焼き屋で定番メニューとされ鉄板料理のひとつです。卵生地に、キャベツや豚バラの具材をのせ卵で包み、最後にソースをかけてできたものがとんぺい焼きになります。

とん平焼きの始まりは、大阪市北区にある”本とん平”。創業者である主人が戦時中にロシアに捕虜として抑留されていたときに、ロシア兵が食べていたものを帰国後に真似てつくったのがきっかけです。豚を平たく焼いたことから「とん平焼き」と名付けられたとされています。

お好み焼き屋さんでは必ずと言っていいほど定番のメニューですし、同じ鉄板料理なのでお好み焼きと似ていると思われがちですが、お好み焼きは小麦粉を使う、いわゆる粉もの料理であるのに対し、とん平焼きは卵焼きで焼いた豚バラを包み込む、いわば卵焼きの変形版。似ているようで違う料理です。

とん平焼きの基本的な作り方

一般的なとん平焼きのおもな材料は、豚肉、キャベツ、イカ、天かす、紅生姜などの具材と、卵、だしなどの卵液に分けられます。キャベツは千切りにしておきましょう。もやしなども追加すると野菜たっぷりのボリューミーなとん平焼きになります。

まず豚肉、イカ、キャベツなどの具材を炒めて皿に取り出しておきます。卵液を鉄板に流し込んで薄く広げ、そこに取り出しておいた具材をのせて、卵生地をヘラで半分に折りたたみ具を挟み込みます。

最後にソースやマヨネーズをかけてできあがり。

人気のとん平焼きレシピ5選

1「チーズ入り!豚ともやしのとんぺい焼き」

たっぷりの炒めもやしを包み込むボリュームたっぷりのとん平焼きです。
しっかり洗って水気を切ったもやしと豚肉をフライパンで炒め、塩・こしょうで味付けします。もやしを炒め過ぎるとシャキシャキ感が損なわれるので注意。
大きめのボウルに、片栗粉を加えて卵を溶き卵液を作っておきます。そこに炒めた豚肉ともやしを入れて混ぜ合わせたら、再びフライパンに流し込みます。中心にとけるチーズをのせて、半分に折りたたみます。中火で加熱し、火が通ったらできあがり。

2「半熟卵で包んだ豚とキャベツの豚平焼き」

豚肉は食べやすい大きさに切って塩コショウ、キャベツは千切りにしておきます。フライパンに油をひいて、弱火で豚肉を炒め、キャベツを加えます。具材がしんなりしたらボウルに取り分けておきます。
同じフライパンに、卵・牛乳・砂糖を合わせた卵液を入れて弱火にかけます。フライパンの片側にボウルに取り分けておいた具材を置き、卵液が固まってきたらフライ返しで卵をひっくり返します。卵が半熟のうちに火から外しましょう。
お皿に盛り付けて、ソース・マヨネーズ・青のり・かつおぶしをかければできあがりです。
ポイントは弱火で調理すること。とろとろの半熟状態で火を止めるとおいしいです。キャベツをたっぷり使うときは、炒める際に水を加えてしんなりさせると食べやすく仕上がります。

3「レンジでつくるとん平焼き」

はじめに水溶き片栗粉、卵、塩を混ぜて卵液を作ります。
耐熱皿に豚肉ともやしをのせてふんわりとラップをかけて、電子レンジで3分30秒加熱します。
別の平たい耐熱皿にサランラップをひき、作っておいた卵液を流しこみます。500Wの電子レンジで4分加熱します。熱いうちにスライスチーズをのせ、具材も全てのせたら、敷いてあるサランラップごと両端を丸めるようにして、卵で具材を包み込むようにたたみます。ソース・青のりをかければできあがりです。

4「山芋と卵白でトロトロとん平焼き」

まず卵白を泡立ておきます。表面に気泡が見えるぐらいまで泡立てたら全卵を加え、さらに混ぜます。
フライパンで豚バラを炒め、皿に取ります。同じフライパンに卵液を流し込み、外から内に向けて卵液を集めるように焼いていきます。そこに青ネギ、すりおろした山芋、豚バラをのせます。オムレツを作るようにフライパンを傾けてたたみこみ、きれいに形を作りひっくり返してお皿に移します。

山芋を卵に混ぜ込まず、あとからかけることでよりトロトロの食感が楽しめるそうですよ。

5「餃子とん平焼き」

「餃子の王将」の餃子をまるごと包み込むダイナミックなとん平焼きのレシピです。

まず餃子2個を油多めでパリパリに焼いておきます。キャベツも軽く塩コショウして、しんなりするまで炒めておきます。
フライパンに卵液を流し込み、そこに餃子、キャベツ、チーズをのせます。真ん中で半分に折りたたみ、ソースやマヨネーズをかければできあがり。
そのままでもおいしい餃子が丸ごと入っているのですから、お酒に合うこと間違い無しですよ。
餃子を軽く押しつけるように卵にのせると折りたたむとき邪魔にならずきれいな仕上がりになります。

大阪の人気店「本とん平」

本とん平は「たべあるき 味の大阪 本とん平」と書いてあるのれんが目印であり、梅田駅から徒歩5分のところにあります。食品サンプルのが入ったガラスケースもありますが、元祖と大きく書かれた垂れ幕が目立ちます。店内はU字型の鉄板が敷かれたカウンターのみの席です。どこか懐かしい雰囲気があり、自宅にいるかのようなほっとできる空間になっています。

とん平焼

元祖とん平焼きは、「とん平焼(チャップ)」800円と「とんぺい焼(牛ロース)」1,500円の2種類があります。創業当初と変わらぬ味です。
生地には山芋をすって入れているためモチモチした生地になっており、その生地で豚肉を挟み全体を包み込むように玉子を焼きます。最後にマヨネーズ・ケチャップ・マスタード・ピリ辛ソースをたっぷりとかけたら完成です。

味のポイントは、最後にかけるマヨネーズとピリ辛ソースにあります。どちらも「本とん平」の自家製であり、まろやかな卵にピリっと唐辛子の辛さが絶妙にマッチしている、くせになる味わいです。

とん平焼きパーティーしてみませんか?

とん平焼きは簡単でおいしく、しかも自分流にアレンジ自在です。鉄板料理なので大きめのプレートであれば、自宅で「とん平パーティー」も可能です。材料も特別なものではなく安く手に入るので大人数で楽しみながらつくれます。またビールのおつまみにも最適ですよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ 中華

自宅で簡単にできる「パン粉肉まん」のレシピをご紹介します。レンジを使っておいしく作れますので、小腹が空いた時などにおすすめです♩ひき肉だけではなく、中身をいろいろな具材で試したりしてみるのも楽しいですよ!

ほうれん草 海老 中華料理 中華 おつまみ

中華料理でおいしい副菜といえば、青菜炒め。青物を炒めただけなのに、なぜか食欲をそそるおいしさがたまりませんよね。今回は、そんな青菜炒めを手頃なほうれん草で再現してみました。干しエビを入れることでぐっとお店の味…

サンドイッチ 焼きそば レシピ

少し変わったサンドイッチを作ってみたい。そんな時にぴったりな「厚焼きそば玉子サンド」のレシピをご紹介します!ふわふわ玉子と焼きそばの相性はバッチリ!結構ボリューミーなので、男性の方にも喜ばれると思います。お弁…

おつまみ

人参好きにも、人参が「そんなに好きじゃない……」という人にもオススメの人参消費レシピ。細切りした人参をちょっと下処理するだけで、癖になる食感になりますよ。人参がバクバク食べられちゃ…

レシピ 餃子 女子会

定番中の定番レシピである「餃子」。大好物という方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介するレシピは、そんな餃子が美しくできる「薔薇餃子」です。一見、作るのが難しそうと思われがちですが、とっても簡単に作れちゃい…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ チーズ まとめ アレンジレシピ

雪印メグミルクから販売されている「さけるチーズ」を使ったアレンジレシピを10選しました。そのまま食べてもクセになるほど美味しいと評判ですが、アレンジして食べるとまた違った楽しみ方ができます♡

お弁当 まとめ

写真共有サイトInstagram(インスタグラム)に掲載されている、フォロワー数10,000人超えの、かわいいお弁当を作る『kaoringo』さんの彩り鮮やかなお弁当をまとめてみました!お弁当だけじゃなく参考…

春雨 レシピ まとめ

「たくさん食べたいけどカロリーが気になる…。」そんな時は春雨の出番!!カロリーが低いだけではなく栄養豊富な春雨♪サラダやスープが一般的ですが、ちょっと変わった食べ方をご紹介☆簡単なヘルシーレシピ…

レシピ まとめ

あつ〜い夏に向けて元気でいるためには、やっぱり美味しいものを食べるのが基本!『なめろう』って知ってますか?房総半島を中心とする郷土料理でいわゆる鯵の“たたき”です。作り方もとても簡単♪…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

便秘でお腹が張ったり、吹き出ものができて困っていませんか?「ソルトウォーターバッシング」は、その悩みをいとも簡単に解消してくれる、新しい腸内の洗浄方法。1度で高い効果が期待できると、今注目を浴びています。正し…

レシピ マヨネーズ

みなさん「ぬれせんべい」はお好きですか?独特の食感と甘じょっぱさがたまりませんよね。実は、とある電鉄を救ったこともあるそうですよ。今回はぬれせんべいの生い立ちから、アイデアレシピまでご紹介します。新しいぬれせ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...