ローディング中

Loading...

市販のおせんべいの中でも馴染み深い「おばあちゃんのぽたぽた焼き」。定番商品として変わらぬ人気を誇っています。印象的なおばあちゃんのイラストも魅力のひとつ。商品の誕生秘話から、“おばあちゃん”についての情報まで、詳しくご紹介します。

おばあちゃんのぽたぽた焼きとは

米文化の根強い日本でお米を材料に作られるおせんべい。ずっと昔から愛され続けているお菓子です。パリッとした食感と、何種にも及ぶ味付けがその魅力。日本全土で土地土地の風土に合ったおせんべいが作られ、親しまれています。

そんなおせんべいには市販品も多いですが、中でもキャッチ―な名前と親しみが湧くイラストで知られているのが「おばあちゃんのぽたぽた焼き」。1986年に亀田製菓から発売され、時代に合った味を今なお研究され続けているロングセラー商品です。

キャッチーなネーミングの由来とは?

「おばあちゃんのぽたぽた焼き」。やさしそうなおばあちゃんが、おせんべいを焼いている姿が見えてくるようなネーミングです。この「ぽたぽた焼き」という名前は、火鉢でおせんべいを焼く際におしょうゆをぽたぽたと垂らしつける様子から名付けられたようです。なんともかわいい音の響き……、とっても印象的ですね。

どんなもので作られているんだろう?

「おばあちゃんのぽたぽた焼き」の原材料は、おせんべいの主原料であるうるち米。味のベースは砂糖としょうゆ、揚げる際には植物油脂が使用されています。その他、でん粉、食塩、粉末しょうゆ、いわし魚醤パウダー、酵母エキス、加工でん粉、トレハロース、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンE)を秘伝の配合で調合し、あのおいしさを作り上げています。
1枚当たりのカロリーは、29.5kcal。一袋に22枚入りで、649kcalになります。

「おばあちゃんのぽたぽた焼き」を作る会社

1957年に米どころ新潟県で設立された亀田製菓が、「おばあちゃんのぽたぽた焼き」の開発製造企業です。主におせんべいやあられといった米菓を手掛け、日本国内最大手の米菓メーカーとして多くの商品を世に送り出しています。
堅調に売り上げを伸ばし、昨季の連結年間売上高は1,000億円に迫る勢いという、日本でナンバーワンの米菓メーカー、亀田製菓。創設された場所が新潟県亀田町だったことにちなみ、亀田製菓と名付けられました。

創業者・古泉栄治さんは、元々おせんべい作りではなく、お米を使用し水あめを作ることを考えていたそうです。しかしそちらはあえなく失敗。心機一転お米を使用しおせんべいを作ったところそれが大人気となり、米菓業界のトップとなりました。

名前を聞けば分かる亀田製菓人気商品「トップ8」

200を超える商品の中で、「トップ8」と呼ばれている主力商品があります。

「亀田の柿の種」「海苔ピーパック」「まがりせんべい」「つまみ種」「手塩屋」「技のこだ割り」「ハッピーターン」「おばあちゃんのぽたぽた焼き」です。

どの商品も店頭でよく見かける馴染み深いものばかり。長年不動の人気を誇るロングセラー商品です。

ぽたぽた焼きには欠かせないあのおばあちゃんに迫る!

1986年に誕生して以来、パッケージにちょこんと座っているおばあちゃん。このお菓子のメインキャラクターとして長い間愛され続けています。日本の田舎のおばあちゃんをイメージして描かれたようです。着物に割ぽう着をつけ、座布団に座る姿はまさしく日本のおばあちゃん!誰もが愛着を持ってしまう、おせんべいとマッチしたキャラクターです。

おばあちゃんのパッケージが変わったとニュースに

そんなおばあちゃんに異変が起きたのは2011年のことでした。幾度も繰り返されてきたパッケージデザイン変更の中、2011年は大幅な変更が行われたのです。

誕生当初からおばあちゃんの傍らには火鉢が置かれ、その上でおせんべいを焼く姿がデザインされていました。しかし新デザインには火鉢はなく、おせんべいを頬張るおばあちゃんだけになっていたのです。それに気づいたファンはネット上で様々な説を発信し、話題になりました。

おばあちゃん引退したの?などの声が

ネット上で話題となったおばあちゃんのデザイン変更の理由。仮説では、「現役引退したのでは?」という説が多かったようです。また、おばあちゃんは亡くなっていて、違う人物に変わったのでは?なんて説も浮上し、物議を呼びました。

亀田製菓側は、「時代の流れとともに変化していく家庭風景を今にピントを合わせて描いたため」としています。つまりあのおばあちゃんは健在で、多くの家庭で使われなくなった火鉢をどこかに仕舞い、おせんべいを食べながらお茶を飲んでくつろいでいる姿が画かれているということです。

知ると得する「おばあちゃんの知恵袋」

デザインチェンジまでは小袋の裏面に「おばあちゃんの知恵袋」が掲載されており、それもまた人気の理由となっていました。お料理篇・お掃除篇・生活篇・子ども篇で構成され、生活の工夫やコツ、教訓が詰まったものでした。新パッケージ変更後は、特設サイトで一般募集している「みんなの知恵袋」を掲載中です。

おばあちゃんシリーズは他にも!?

亀田製菓の公式ホームページをチェックすると、「おばあちゃんのおせんべ箱」と名付けられた商品を見つけることができます。温かみのあるオレンジのパッケージには、おばあちゃんのイラストを囲うように、いつものぽたぽた焼きとは違うおせんべいの写真が7つ載っています。

「おばあちゃんのおせんべ箱」の7つの味とは?

おばあちゃんのおせんべ箱には、おばあちゃんをかたどった「おばあちゃんせんべい」、自然塩を使用した「そふとサラダおせんべい」、ダシにかつおと昆布をきかせた「うま塩おせんべい」、黒と白のゴマをプラスした「ごまおせんべい」、懐かしい甘みの「砂糖しょうゆおせんべい」、甘みつしょうゆが決め手の「甘みつおせんべい」、海苔を合わせた「海苔おせんべい」など、全7種類が詰め合わされています。購入は亀田製菓の公式ネットショップからできます。

お家で再現!ぽたぽた焼き風料理の作り方

長芋のぽたぽた焼き

材料は、長芋、砂糖、醤油、のり。

まず長芋は皮をむき、1cm程度の輪切りにします。砂糖と醤油は混ぜ合わせておいてください。魚焼きグリルに長芋をのせ、混ぜておいた砂糖醤油を薄めに塗ります。火をつけ焦げ目が薄くついたら、裏にして砂糖醤油を塗り、再度焼きます。両面程よく焦げ目がついたら取り出し、のりを巻いて完成です。

甘くてしょっぱいお醤油ラスク

材料は、お好みのパン、サラダオイル、醤油、グラニュー糖です。

パンは5mm程度の厚みに切り揃えます。オーブン用の天板にパンを並べ、140度のオーブンで15分間焼きましょう。醤油とサラダオイルは混ぜ合わせ、焼き上がったパンの表面に塗り、上からグラニュー糖をふりかけておいてください。

オーブンは予熱のない状態にし、140度で15分間さらに焼きます。焼きあがったら余熱で乾燥させて完成です。

油揚げのぽたぽた焼き

材料は、油揚げ、醤油、酒、みりん、おろしショウガです。

調味料の醤油・酒・みりん・ショウガは混ぜ合わせておきます。お好みのサイズに油揚げを切り、フライパンで焼き色がつく程度に焼きましょう。そこへ混ぜ合わせておいた調味料を加え、たれを油揚げがしっかりしみこめば完成です。

味もおばあちゃんも優しさでいっぱいのぽたぽた焼き

ロングセラー商品として多くの人に親しまれてきた「おばあちゃんのぽたぽた焼き」。ネーミング通り、おせんべいはもちろんおばあちゃんにも虜になる、甘辛く優しい味わいが愛され続ける所以のようです。

最近買っていないという人は、ここまで読んで、ひさびさに食べたくなってきたのでは?お茶受けを切らしているという人は、ぜひこの機会にあの味の魅力を再確認してください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

日本人にとってお正月に飾る鏡餅はおなじみの風物詩となっていますね。でも鏡餅はいつまで飾ればよいかなど正確な知識を持っていない方が多いようです。その秘密を解き明かします!合わせて意味や由来、飾り方についてもお伝…

お菓子 まとめ

2016年もあとわずか。さて、11月27日に発表された今年の「日本人に愛されるお菓子ベスト30」はご覧になりましたか?さあ、見逃したお菓子好き集合!あなたが大好きなベストワンはいったい何位にランクインされてい…

みなさんこんにちは。突然ですがショートケーキの日をご存知ですか?いつの時代も変わることなく絶大な人気を誇るショートケーキの日って、一体いつでしょうか。そもそもなぜショートケーキの日が誕生したのでしょうか。気に…

シチュー

子供から大人まで人気のシチュー。作った次の日の味の方がおいしいと感じるかもしれませんが、シチューの保存は実は危険もいっぱい。正しく保存して、おいしく食べられる冷凍保存の方法をご紹介。あわせて解凍の仕方や、リメ…

和菓子 レシピ お菓子 まとめ

昔ながらの和菓子、「かりんとう」。カリッとした表面の黒糖の甘みと食感がたまらないですよね!普段、袋菓子で買うことがほとんどですが、お家で簡単に作れるんです。揚げないタイプやホットケーキミックスを使ったものなど…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

しゃぶしゃぶ まとめ

しゃぶしゃぶ温野菜にて、期間限定・八丁味噌のすきしゃぶ特撰コースが開始。期間は、11/27(木)~1/21(水)まで。キーワードは、“オトコを上げる「大人の冬鍋」”!とろける霜降り黒毛…

ワイン 日本酒 まとめ

今回紹介するのはチェーン居酒屋にも置いてある、ワイングラスで飲むと美味しい3つの純米吟醸酒です。日本食だけじゃなく、フランス料理などに合わせて飲むのもおすすめです!

カレー まとめ

自宅で作るカレーも美味しいけど、たまには専門店のカレーを食べ比べしてみませんか?レトルトカレーなので、温めて食べるだけ♡夕飯を作るのがちょっと面倒・・・なんて時にもおすすめです。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

調布 ハヤシライス オムライス

東京の調布市にある「CAFE BunS(カフェバーンズ)」は古き良きアメリカを思わせる内装の洋食レストラン。ここの看板メニューである「オムハヤシライス」と「東京ハヤシライス」、そして「レトロ・ナポリタン~名古…

六本木 ランチ 専門店

六本木一丁目駅・3番出口歩道橋を渡ってすぐにある、鮪の寿司・丼だけを出すお店「まぐろだけボーノ 白川」のランチが玄人好みとして人気☆お手頃価格で新鮮な鮪を味わえます♪

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...