ローディング中

Loading...

江戸時代に生まれた「柳川鍋」。ドジョウを使った精力のつくお料理として、古くから愛されてきました。ドジョウとゴボウをみそとしょうゆの割下で煮たものを、最後に卵でとじるのが特徴です。そんな「柳川鍋」について、詳しくご紹介します。

柳川鍋とは?

柳川鍋とは、ドジョウとゴボウをみそとしょうゆの割下で煮たものを、最後に卵でとじるお料理のことです。精力のつく食べ物として、古くから愛されてきました。

そんな柳川鍋について、詳しくご紹介していきます。

柳川鍋は江戸の味

柳川鍋は、江戸時代にドジョウとゴボウを甘辛い割下で煮て、長ネギを入れ卵でとじたことがはじまりなのです。ドジョウが精力のつくものモノと考えられており、夏バテ予防などに暑い時期に好んで食べられていました。

柳川鍋の名前の由来

柳川鍋の名前の由来は、諸説ありますが、江戸時代に日本橋横山町の「柳川屋」という料理屋さんがこの料理を作り出したことから、「柳川鍋」と呼ばれるようになったそうです。

どぜう鍋との違い

同じくドジョウを使用した「どぜう鍋」というものがありますが、これはドジョウを丸ごと使用してあるのが特徴です。さらに、みそなどで下煮をし、鍋に入れたダシ汁で煮ながら食べるものを「どぜう鍋」といいます。

それに対し「柳川鍋」は、どじょうを開き、内蔵や骨をとり下煮をするのが特徴です。また、下煮したものを鍋に敷きつめたゴボウの上に並べ、煮汁をかけ、溶き卵でとじるものを「柳川鍋」といいます。

柳川鍋の作り方

柳川鍋の作り方をご紹介します。

材料は、ドジョウ100g、ドジョウ用の酒100cc、ドジョウ用の塩少々、卵1個、ゴボウ30g、水100cc、ダシの素少量、酒25cc、みりん25cc、しょうゆ25cc、三つ葉をお好みで用意してください。

ゴボウは皮をむき、ささがきにして水にさらし、アクを抜きます。ボールにドジョウ用の酒とドジョウを入れ、蓋をして10分から15分放置して、ドジョウを酔わせましょう。

酔っておとなしくなったドジョウをザルに移し、ドジョウ用の塩をふりかけます。ドジョウを軽く混ぜて、ぬめりを洗い流しましょう。

ドジョウをさばいて、背を上に向けた状態でまな板などに並べます。そこへ熱湯をかけ、洗い流せていないぬめりが白っぽくなってきたら、すぐに冷水で冷やしてください。残っているぬめりは包丁で軽くすって落とします。

浅い鍋に水やダシの素、しょうゆ、みりん、酒、ささがきにしておいたゴボウを入れましょう。ゴボウの上に、ドジョウを並べて中火で加熱していきます。ゴボウに火が通ったら、溶き卵を流し入れ、お好みで三つ葉を飾り、完成です。

柳川鍋のアレンジレシピ

豆腐の柳川鍋風

材料は、豆腐、ごぼう、みょうが、ネギ、にんじん、卵。調味料は、ダシ汁、酒、薄口しょうゆ、みりんです。

調味料を手鍋に入れて、火にかけます。ゴボウは細めのささがきにして、鍋に入れましょう。ゴボウを煮ている間に、みょうが、ネギ、にんじんを細かく切っておいてください。お豆腐はさいの目切りにしてください。

ゴボウがやわらかく煮えたら、ほかの具材を全て入れます。野菜がしんなりとしてきたら、卵を溶いて回しかけ、すぐにフタをしましょう。火を止め、そのまま2分ほど蒸らして完成です。

豚肉の柳川鍋風

豚肉を2cm幅に切り、ゴボウは下処理をしてささがきにします。ささがきにしたゴボウを水から茹でて、冷ましたあと、しっかりと水気を絞っておきましょう。

煮汁とゴボウを深鍋に入れ、火にかけます。煮立ったら、豚肉を入れて火を通しましょう。
再度煮立ったら、溶き卵を流し入れ、蓋をして蒸らして完成です。器に盛り付けたら、お好みで山椒をかけていただきます。

牛肉の柳川鍋ふう

材料は、和牛切り落とし、新ごぼう、新玉ねぎ、わけぎ、水、酒、みりん、砂糖、醤油、白だし、卵など。

ゴボウをささがきにして、酢水につけてアク抜きします。玉ねぎは薄切り、わけぎは斜めに細切りに。鍋に水と調味料各種を入れ、ごぼうと玉ねぎを入れましょう。次に、フライパンにごま油をしいて牛肉を焼き、赤みが残る程度で先の鍋に移します。アクを取ったらフタをして、弱火でじっくり煮込みましょう。

ごぼうが煮えたら溶き卵2/3ほどを回し入れ、わけぎを散らします。再びフタをして、卵に火が通ったら残りの卵を投入。火を消してフタをします。半熟になったらできあがり。

柳川鍋の老舗「駒形どぜう本店」

おいしい柳川鍋を食べられる老舗「駒形どぜう本店」をご紹介します。
和を基調にした外観と店内です。1階のお座敷では、ゴザの上に板が敷かれており、その上にお鍋やお料理を置いていただきます。

柳川鍋

こちらの柳川鍋は、完成品がお鍋に入った状態で運ばれてきます。
さばいたドジョウを使っている柳川鍋は、どぜう鍋のドジョウのもつ苦みはなく、ドジョウの身の旨みを存分に味わうことができるのです。

店舗情報

■店舗名 :駒形どぜう 本店
■最寄駅 :都営地下鉄浅草線 浅草駅 A1出口
■住所 :東京都台東区駒形1-7-12
■電話番号:03-3842-4001
■営業時間:11:00〜21:00
■定休日:年中無休
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003684/
■公式HP:http://www.dozeu.com/

おわりに

どじょうを使った、柳川鍋についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。どじょうはふだん親しみのない食材かもしれませんが、だんだん試してみたくなったのでは。あなたもぜひ食べてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

みかん ケーキ レシピ フルーツ スイーツ

こたつのお供であり、冬のフルーツといえばのみかん。今回ご紹介するのは、そんなみかんを大胆に使って作る「みかんケーキ」のレシピです。みかんそのものの味を丸ごと味わうことができるので、みかん好きを自認するならこれ…

韓国 スイーツ まとめ おしゃれ レシピ お土産

いま韓国のセブンイレブンで販売中の「ヤクルトグミ」。パッケージはもちろん、グミもヤクルトの形でとてもかわいいんですよ。市街地のセブンでは品薄になってしまうくらい大人気!日本では通販で購入することもできます♩

レシピ 中華

自宅で簡単にできる「パン粉肉まん」のレシピをご紹介します。レンジを使っておいしく作れますので、小腹が空いた時などにおすすめです♩ひき肉だけではなく、中身をいろいろな具材で試したりしてみるのも楽しいですよ!

炊き込みご飯 レシピ

お茶にもお酒にも合う柿ピー。目がないという人も多いですよね。今回は、そんな柿ピーを使って作る「柿ピー炊き込みご飯」のレシピをご紹介します。そのまま食べることしかしてこなかったという人は、このレシピで柿ピーが持…

レシピ カリフラワー カレー

今回ご紹介するのは、お米の代わりにカリフラワーを使った低糖質料理「カリーフラワーライス」。カレーを鍋でなくレンジでチンするだけなので、調理時間はかなり短め!ふつうのカレーライスより消化がいいのも魅力的です♩

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ アレンジレシピ まとめ

金柑はビタミンCが豊富なため、風邪の予防や美肌効果などが期待できる食材です。今回はその金柑の甘露煮をはじめとした金柑レシピをご紹介します。たくさん金柑が穫れた、頂いた、という時にぜひ挑戦してみてくださいね♪

生姜 スイーツ レシピ まとめ

「マツコの知らない世界」2月3日放送分にも登場していた「永谷園生姜部」から、冷え知らずのスイーツレシピをご紹介!火を通すことで身体を温める効果が高まる生姜を使って、ほっこりティータイムなどいかがでしょう。

レシピ スイーツ まとめ アレンジレシピ

ココットを使用したレシピのご紹介です。アイデア次第で、多彩な料理に使えるココット。朝食からしっかり系のごはん、そしてスイーツまでも作れます。ご家庭にココットがある方はぜひ参考にしてみてください。

お弁当 レシピ まとめ

お弁当ってメインのおかずを詰めていっても結構すきまがあいちゃうことないですか?ぎっしり詰めないとお弁当が寄ってしまってちょっと残念なことになっちゃいますね^^;そんなときにうまくすきまを埋められるおかずのレシ…

レシピ まとめ おにぎり

ご飯にお肉を巻き、オーブンでじっくり焼いた肉巻きおにぎりはお弁当にもおすすめ!宮崎県発祥のご当地ファーストフードでしたが今ではすっかりその知名度が上がっています。今回は肉巻きおにぎりのアレンジレシピをまとめま…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

ジャム ピクルス フルーツ まとめ 神奈川

神奈川県三浦市にある「高梨農園」の手がけるジャムやピクルスを知っていますか?野菜や果物のよさを最大限に引き出した濃厚な味わいと、リーズナブルなお値段が魅力で、着実にファンを増やしています。今回は、人気の商品と…

レシピ お弁当

今回は、お弁当におすすめの「肉巻きポテト」を紹介します。これは豚バラ肉などでジャガイモを巻いたもので、簡単にできるのにおいしいと評判になっています。甘辛のタレで味付けすれば、毎日のおかずにもぴったりです!

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...