ローディング中

Loading...

茶粥を食べたことはありますか?お水ではなく、番茶やほうじ茶で炊いたお粥です。お水から炊いたおかゆに比べて風味があり、上品なお味の茶粥は、夜食や朝ごはんにもおすすめです。お好きなお漬物や佃煮などを添えれば、高級感のあるひと品になりますよ。

茶粥とは?

茶粥とは奈良のおかいさん

茶粥は、近畿地方の南部にあたる和歌山県や奈良県などで「おかいさん」と呼ばれ、郷土料理として親しまれています。もともとの由来は、食糧が少なかったときに、少しでもお腹が膨らむように工夫したことが始まりだという説もありますが、ほっとして食べられる安らぎの一品として、今でも地域に息づいている食べ物です。人気のグルメマンガ『美味しんぼ』にも、登場しているメニュー。関東地方でも、茶粥を食べられるお店がいくつかあるほど、知られてきています。

おかゆと茶粥の違いはなに?

おかゆとは、お米を多めの水と一緒に炊いたものです。通常のご飯よりも多い分量の水で炊くので、とても柔らかい食感でお米を食べることができます。かわって茶粥は、水の代わりに番茶やほうじ茶を使って、お米を炊きます。

おかゆは通常のご飯よりも消化がよく、病院の食事として出されたり、体調を崩したときでも、胃に負担がすくなく食べられるメニューとして便利ですよね。さらに茶粥は、味もしっかりとしているので、普段のお食事としてもおすすめです。

茶粥はダイエットにも効果的

茶粥を食べることで、ダイエットの効果を期待することもできます。おかゆにも共通することですが、いくつかご紹介しましょう。

食べる量やスピードを調節できる

おかゆ状にすることでお米が膨らみ、量が増えたように感じるので、一食の食べる量を抑えることができます。あつあつの茶粥は、なかなかすぐに食べられないため、早食いをおさえられるメリットもあります。ゆっくり食べることで、満腹感をより感じることができます。

体を温める

保温性の高い茶粥は、身体をしっかりとあたためることができます。温まった体は、代謝がアップし、ダイエットの効果に期待が持てますよ。

便秘解消の効果も

ダイエットしたい人の中には、便秘で悩んでいる人もいるでしょう。便秘を解消するべく水分を積極的に摂っている人もいるかもしれませんが、小腸で吸収されてしまっては便秘はよくなりません。茶粥は、お米が十分な量の水分を吸っているので、大腸まで水分が到達し、吸収してもらえます。水分が補充できれば、お通じが良くなることがありますよ。

お茶ならではの効果

茶粥を作るためのお茶には、脂肪の燃焼をサポートするカフェインや、コレステロールの上昇を抑えるカテキンが含まれています。そのため、運動ち合わせれば、ダイエットの効果も期待できます。

茶粥の作り方をご紹介しましょう

茶粥は、誰でも簡単に作れます。基本的な茶粥の作り方をご紹介。

材料

・ご飯 お茶碗1.5杯分
・ほうじ茶の葉 大さじ3杯
・水 3カップ

作り方

ご飯をザルに入れ、米粒を潰さないように流水でよく洗う。鍋に水を入れて火にかけ、泡が出はじめてきたら、だしパック、またはガーゼなどにくるんだほうじ茶葉を加えて煮出します。十分にお茶が出たら茶葉は取り出します。

沸かしたお茶の鍋に洗ったご飯を入れ、蓋を吹きこぼれないようにずらして置いたら、弱火で約20分炊きます。ご飯が十分に水を吸ってやわらかくなったら、蓋をきっちり閉めて火を切り、約10分蒸らしたら完成です。

茶粥レシピで、おいしく食べましょう

食べやすい芋茶粥

お鍋でほうじ茶を煮出し、洗ったお米とサツマイモを入れ、強火で煮立てます。鍋にお米がくっつかないように、鍋が吹きこぼれないか、注意しながら炊いていきます。お水が鍋いっぱいに使うと、さらさらの茶粥になります。最後に塩をひとつまみ入れたら、完成です。できあがったあとに蓋をしないことで、どろどろのお粥になるのを防げます。

雑穀で作る茶粥

キヌア、ファッロ(古代麦)、玄米、穀類はそれぞれ大さじ2を使って作る、ヘルシーな茶粥。ほうじ茶が沸騰したら、穀類はとがずに、そのまま加えます。蓋をしないで、中~強火で17分ほど加熱したら、もう完成です。キヌアやファッロなどの、つぶつぶとした食感もしっかり味わえます。

豆まめほぉ〜じ茶粥

こちらは、具だくさんな、中華風の茶粥。花豆、金時豆は数時間水につけておきます。鍋にといだお米と、ほうじ茶をそそいで茶粥を作ります。置いておいた花豆と金時豆は、別の鍋で塩と水で煮ます。

ほうじ茶でたいた粥に豆をいれ、ごま油でいためたニラ、白髪ねぎ、しその葉、松の実、クコの実、唐辛子などを添えて、できあがりです。

いかがでしたか?

茶粥は、簡単に作れて、身体にもとてもいい食べ物だということが、お伝えできたでしょう。暑い季節にもさらっと口に入れられて食べやすく、茶粥のお供もたくさんあるので、自分なりのお気に入り茶粥を見つけてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

サラダ レシピ まとめ

シャキシャキの食感が特徴的なレンコン。その特徴をサラダで味わってみませんか?今回は、簡単に作れる人気のレンコンサラダレシピを22選ご紹介したいと思います。和えるだけや、揚げてレンコンチップスにしたものを使うな…

スイーツ

チーズケーキショップヒキタから、女性に嬉しい身体に優しい夢の糖といわれ注目を集めている“希少糖”が含まれた『希少糖入りチーズロール』が登場!希少糖は、コクのあるさっぱりとした甘さが特徴。クセになる甘じょっぱい…

レシピ

定番人気のおかず筑前煮。ご家庭それぞれに具材や味付けがありますよね。今回は筑前煮の基本レシピからアレンジレシピまでを総まとめ!ひと工夫でおいしくなるコツ、忙しい方必見の時短レシピなども実践編を交えてご紹介しま…

レシピ ハンバーグ まとめ

とってもおいしい煮込みハンバーグ。自宅で作るとき、どんな献立にすればいいか、迷うことはありませんか?もうひと品つけたしたい、栄養バランスが気になる……そんな方に、煮込みハンバーグに合うスープや副菜をレシピ付き…

あさり スープ ラーメン 冷やし中華 おつまみ 〆ご飯

夏は冷たい麺が食べたくなりますね。〆には冷やしラーメンが最高!普通のスープもいいけれど、あさりの旨味たっぷりのお手製スープはいかがでしょう?今回は、「あさりの冷やしラーメン」のレシピをご紹介。ゼラチンで煮凝り…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ アレンジレシピ

人気モデルで、現役Jリーガーである稲本選手の奥様でもある田中美保さんは料理上手でも有名です。そんな田中美保さんの料理をまとめてみました♪スポーツ選手の旦那様を支える彼女の料理は、とても参考になりますね♡

スイーツ レシピ チョコレート クッキー アレンジレシピ まとめ

マーブルチョコって色とりどりで少量でもとってもインパクトのあるチョコレートですよね♫シンプルなお菓子も派手にしちゃいませんか?今回はマーブルチョコを使ったアイデアレシピを5つご紹介します☆是非プレゼントなんか…

だし 調味料 まとめ

味楽家から販売されている「幸せだし」。食品添加物も砂糖や塩などの調味料も不使用でまさに安心して食べられるだしなんです。一つ一つパックになっているので、そのまま使えてとっても便利♡今回は「幸せだし」を使ったレシ…

韓国料理 韓国 まとめ レシピ

韓国風のタレ、パジャンって知っていますか?「パ」は韓国語でネギ、「ジャン」が醤油を意味するんだとか。醤油ベースで薬味を入れたタレなんだそうです。これがいろんな料理に合うので便利ですよ!そんなレシピをご紹介しま…

サラダ レシピ まとめ

女性から絶大な支持を得る食材「パクチー」。今回はパクチーを使った(人気)サラダ(レシピ)を10件ご紹介します。これだけあればパクチーサラダの種類に困りませんよね!アンチエイジングやデトックス効果もあるとされて…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

パスタ レシピ ミートソース まとめ

ミートソーススパゲティーをはじめハンバーグやつくねなど、日本人はひき肉を使ったお料理が大好きですね。その中でも「ひき肉を使うパスタ」の人気レシピを、豚ひき肉、鶏ひき肉、合挽き肉、牛ひき肉と種類別にご紹介します…

レシピ パスタ まとめ

おしゃれなラビオリをおうちで作ってみませんか?パスタ生地から作る本格派のレシピ、餃子やワンタンの皮で作るお手軽派のレシピまで15選ご紹介します。定番のひき肉を包んだものや焼いて仕上げるもの、スイーツ系ラビオリ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る