ローディング中

Loading...

マグロといえばお刺身で食べることが多いですが、「血合い」という部位を知っていますか?見た目は赤黒い色をしてますが、実は女性にうれしい栄養をたくさん含んでいます。下処理をして臭みをとれば、煮付けなど美味しい節約レシピとして大活躍するんですよ。

マグロの血合いとは?

「血合い」とは、魚の腹と背の身の間にある赤黒い部位のことです。白身、赤身どちらのお魚にも血合いはありますが、マグロやサバなどの赤身の魚のほうが血合いの割合が多いといわれています。しかし、その割合は全体の約15%~20%ほどと多くはありません。また、血合いは血管などがあつまる部位で、鮮度がよくないと匂いや味が悪くなるため、新鮮なものでなければ美味しく食べることができないという特徴があります。スーパーでもたまに見かけますが、新鮮な血合いを手に入れることはなかなか難しいため、マグロの血合いは希少部位といえます。

節約レシピに最適な圧倒的コスパ!

マグロの血合いは、見た目が黒ずんでいて一見すると美味しそうではないため、敬遠している人も多いのではないでしょうか?
しかし、新鮮な血合いは調理方法次第でとても美味しくなる食材で、一番の特徴はなんといっても赤身の部位に比べて圧倒的に「安い」ことです。

・お刺身でよく食べられるインドマグロ(ミナミマグロ)や本マグロの赤身
→100グラムあたり600円~1000円

・スーパーによく見かけるリーズナブルなキハダマグロやビンチョウマグロ
→100グラムあたり200~500円

・マグロの血合い
→100グラムあたり30円~100円

時期やお店によって値段は異なりますが、500グラム前後で200~300円ぐらいがおおよその相場ですので、その値段の差は一目瞭然です。
ちょっとお財布が寂しいときや、コスパよくボリュームのある料理を作りたいときには、マグロの血合いはピッタリの食材といえますね!

※金額はあくまで目安ですので、季節やお店によって変動しますので、その点はご了承ください。

女性にうれしい栄養がたくさん!

血合いの身の部分の栄養には、ビタミンA・B・D・Eや、最近健康成分として話題になっているEPA(エイコサペンタエン酸)や魚の栄養成分として有名なDHA(ドコサヘキサエン酸)、また鉄分・亜鉛・マグネシウムなどがあります。
どの栄養をとっても血合い肉は通常のマグロの身より栄養が多く、鉄分に関しては通常の身より2倍も多く含まれており、血合い肉は栄養がたっぷりといえます。
その中でも特に、免疫力を活性化させる「ビタミンA」や、カルシウムなどの吸収を助ける「ビタミンD」、現代人に不足しがちな栄養素の「鉄分」がとても豊富です。
鉄分は女性が特に不足しがちな栄養素なので、血合いの部分はぜひすすんで食べたい部位ですね。

血合いは高タンパク質で低カロリー!

マグロの赤身のカロリーは、品種や時期にもよりますが、100グラムあたり100kcal~130kcalと言われています。
高タンパク低カロリーの代表格である鶏のササミと比べても、脂質は若干多いものの、カロリーはほぼ同等(ササミは100~110kcal前後)であり、タンパク質においては、ササミの平均的な23~24gを上回る25~27gを摂取できるというダイエットにも嬉しいスーパーな食材なのです!

血合いは下処理で臭みをとることが重要

マグロの血合いは鮮度がよければお店でお刺身として食べることができますが、通常のスーパーや魚屋さんでは刺身で食べられるほどの鮮度がよいものは手に入らないため、なかなか刺身で食べるのは難しいのが現実です。スーパーでは主に加熱用として販売されていますが、それらは下処理をしっかりしないと臭みが残ってしまい、食べられないような味になってしまうことも。そこで今回は、おうちでも失敗しない血合いの下処理のやりかたをご紹介します。

水でしっかり洗って血抜きする方法

マグロの血合いの下処理はいくつか方法がありますが、まずはきれいなお水(できれば氷水)で3回~5回ほど洗いましょう。
水っぽくなるのが心配な場合は、洗わないでキッチンペーパーを押し当てて血抜きをする方法もありますが、臭みや血を抜くには水洗いが有効です。
また、水洗いがすんだら、キッチンペーパーでしっかりと水気をふきとりましょう。

茹でて臭みをとる方法

より確実に臭みをとりたい場合は、水洗いもしくはキッチンペーパーでふき取った血合いを、お酒を入れた熱湯で5分ほどゆでましょう。
生姜を一緒に入れてゆでることにより、より臭みは消しやすくなります。
茹であがったら、酒・塩をふり数分間おき、キッチンペーパーで再度水気をふき取って下処理は完了です。

紹介した以外にも様々な下処理の方法がありますが、マグロの血合いの料理は臭みが残ってしまうと台無しになりますので、購入した血合いの状態をみてしっかり下処理をしてから調理するようにしてください。

マグロの血合いを使ったおすすめレシピ

マグロの血合い竜田揚げ(唐揚げ)

下処理をしたマグロの血合いを、にんにくやしょうが、醤油やみりんなどで味付けをしてカラッと揚げた竜田揚げ(唐揚げ)のレシピです。
血合い肉は火を通すとお肉のような弾力になり、下味をつけて揚げることでさらに臭みもなくなります。食べごたえ満点のメニューですよ。

マグロの血合いソテー

新鮮なマグロの血合いを下処理した後に、小麦粉と塩コショウをふりソテーします。味付けはニンニクやバルサミコ酢などを使い洋風にアレンジ!臭みのないステーキは見た目も味もマグロであるかわからないほどです。魚嫌いのお子さんにもオススメのレシピですよ。

マグロの血合いの生姜煮

マグロの血合いの下処理をしたあとに、生姜をきかせて甘辛く煮つけたレシピです。生姜とお酢をいれることで臭みをなくし、食感もふっくらと出来上がります。お酒のつまみやごはんのお供に重宝する一品です。

血合いの保存方法

マグロの血合いは買ってきてすぐ食べるのであれば、冷蔵庫で、長期間保存したいなら冷凍庫で保存できます。

冷蔵保存の場合は、乾燥と変色を防ぐために、清潔なふきんやキッチンペーパーを塩水でぬらしてからマグロを包み、他の物とふれさせず、冷蔵庫の中でも温度変化の少ない場所で保存しましょう。この方法で約2~3日はもつでしょう。

しかし普通のマグロの身と違い、血合いは鮮度が落ちやすいため、できるだけすぐに調理するか冷凍保存するほうがよいでしょう。
まぐろが遠洋漁業でとれ、冷凍されたまま市場にでるなんてシーンをみたことがある人もいるのではないでしょうか?もともと冷凍で販売されているものも多く、鮮度を保つために冷凍保存が一般的とされています。

一般の家庭用冷凍庫では、変色をせずおいしくいただける保存期間としては1週間ほどが目安です。こちらもなるべく早くいただくほうがよいといえるでしょう。
また、いったん解凍してしまったものの再冷凍はオススメできません。一度解凍することでマグロの血合いの細胞が壊れてしまい、さらに冷凍することでますます味も食感も悪くなるためです。いったん解凍したら、食べきるかすべて調理してしまうようにしましょう。

体に良いマグロの血合いを食べてみよう

いかがでしたか?マグロの血合いはなかなか手に入りにくい希少部位ですが、実はスーパーなどでたまに販売されるときはお手頃価格だったりします。
下ごしらえをきちんとすれば臭みもなくおいしく食べられますし、何より栄養たっぷりなので、見かけた際はぜひ一度食べてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カレー レシピ

プチプラファッションで人気の「しまむら」。そのしまむらで買えるスヌーピーのデコカレーがかわいいと話題になっていることをご存知でしょうか。今回はしまむらのライス型を使った、簡単でかわいいスヌーピーカレーの作り方…

炊き込みご飯 レシピ

簡単でおいしい!とめんどくさがり屋さんの間で噂の明太子パスタソースの炊き込みご飯。『マツコの知らない世界』でも紹介され、大絶賛されていたんですよ。今回は筆者が実際に作ってみました!詳しい作り方やアレンジレシピ…

うなぎ まとめ レシピ

食欲を奪う夏の救世主といえば、そう「うなぎ」です。でも高くて手が出ない……なんてお悩みの方は身近食材を使って、うなぎを代用しちゃいましょう♩今回は、なんちゃってうなぎのレシピをご紹介します。作り方もとっても簡…

麻婆豆腐 レシピ まとめ

麻婆豆腐の献立にぴったりの、おいしいおかずをご紹介!サラダ、スープ、副菜、ご飯など、トライしてみたくなる素敵なアイデアレシピが満載です。いつもの麻婆豆腐と合わせて、ぜひ食卓に乗せてみましょう。バランスよく、お…

レシピ レモン フルーツ 漬け物 まとめ

みんな大好きなカルピスにレモンを漬け込んでみませんか?さわやかでやさしい甘酸っぱさを楽しめる「レモンのカルピス漬け」は、暑い季節にぴったりな一品。今回は、とっても簡単な作り方と、手間なくできるアレンジをご紹介…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料、普段どこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか?劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保存方法を確認し…

ピザ パン まとめ

世界には、何でこんなことをしようと思ったんだろう…と思ってしまうようなことが沢山あります。でも、そんなしょうもないことでも、世界一なら認定してくれるのがギネスこと『guinnessworldrecords』!…

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね。今回は特に朝、何を食べるといいかご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

レシピ ラーメン まとめ

韓国のインスタントラーメン「辛ラーメン」は、本格的な辛さで日本の辛いもの好きの間でも人気です。ただ辛いだけじゃない旨辛な味は、他の食材と合わせてアレンジすればやみつきの絶品メニューに。そのまま食べるよりもきっ…

缶詰

みなさんは缶詰にも賞味期限があることをご存知でしょうか。賞味期限は、缶のふた部分に印字されています。購入するとき確認しますが、保管したあとは、「あまり気にしない」というかたも多いのでは。缶詰の賞味期限について…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る