ローディング中

Loading...

もちもちぷるん!涼しげな見た目ともっちり食感がおいしい葛餅(くずもち)、みなさんご存知ですか?葛餅の歴史から手作りレシピ、アレンジレシピや京都でおすすめのおいしい葛餅まで、葛餅の魅力をご紹介します。葛餅の魅力に触れてください。

葛餅とは?

葛餅はぷるんとした独特の食感が特徴の和菓子です。透明の見た目が涼しげで、夏になると食べたくなる人も多いことでしょう。葛餅自体にはほとんど甘みがありません。カフェやスイーツ店で一般的に販売している葛餅には黒蜜ときなこがかかっていることが多く、葛餅=甘いと認識している人もいるのではないでしょうか。葛餅の原料は葛粉で、葛の根から取ったデンプンを精製して食用の粉にしたものです。葛粉を使うことによって、ゼラチンや寒天とは違う独特の食感が生み出せます。

関西は「葛餅」、関東は「久寿餅(くず餅)」

葛餅は地域によって呼び名が異なるようです。関西では「葛餅」と呼ばれ、透明で透き通った見た目です。材料には本葛粉を使用し、より美しい透明感を出すためにしっかりと練って作られています。一方関東では「久寿餅(くず餅)」と表記されています。関東で言う久寿餅は、関西の葛餅と違って半透明の見た目です。材料も葛粉ではなく、小麦粉を乳酸菌で発酵させた小麦でんぷんを使います。作り方も関東と違い、蒸して発酵させています。発酵の過程で独特の食感が生まれ、和菓子で唯一の発酵食品と言われています。

葛餅とわらび餅の違い

葛粉とわらび餅、違いが曖昧で勘違いしている人も多いようです。2つの違いは原料!葛餅は葛から取ったデンプンで作る葛粉、わらび餅はわらびから取ったデンプンで作るわらび粉を使います。原料の違いで加工後の食感も異なります。どちらも夏に人気のスイーツですが、全く違うものですよ!

葛餅の作り方

基本的な葛餅の作り方

関西で一般的な本葛粉を使用した葛餅の作り方です。材料をすべて鍋に入れて火にかけます。葛のかたまりがなくなるまでよく混ぜてくださいね。中火で加熱しながら木べらで混ぜ合わせ、沸騰したら弱火にしてください。透明感が出てきたら2分ほど加熱しながら練ります。水にくぐらせた金属製の型に流し込み、型ごと氷水につけます。表面をラップで覆って手で押さえ、なめらかに整えたら冷蔵庫で冷やしてください。食べるときは黒蜜やきな粉をトッピングすると◎

片栗粉で作る葛餅風

まず、お鍋に、牛乳・片栗粉・お砂糖を入れ中弱火にかけて、木べらで練り上げます。
次に、バットに入れて、手にお水をつけて表面を平らにしたら、冷蔵庫で冷やし固めましょう。
最後に食べやすい大きさに切り、きな粉をまぶして出来上がりです

小麦粉で作る葛餅風

〈材料〉
・小麦粉
・片栗粉
・牛乳
・砂糖大さじ
・ゼラチンパウダー

こちらは小麦粉を使用しているので関東の久寿餅に近い食感が出せます。鍋に材料をすべて入れ、よく混ぜます。小麦粉はあらかじめふるっておくとダマになりにくいですよ。中火にかけて、もちっとまとまるまで混ぜながら練っていきます。容器に入れて冷やせば完成!三角に切って盛り付けると見た目もキレイです。ミルクの甘さを生かした優しい味わいですよ。

葛餅アレンジレシピ

抹茶ミルク葛餅

まず、くず粉、牛乳、砂糖を混ぜて火にかけ、木べらで混ぜます
混ぜているうちに透明になってくるので、しっかり混ぜましょう。そこで火を止めて、木べらでさらに混ぜていきます。
次にバットなどを水で濡らし、作ったものを流し入れて冷蔵庫で冷やし固めます
最後に抹茶、きな粉、砂糖、あずき煮缶を混ぜ、冷蔵庫で固めたものを切り分け、抹茶きな粉を満遍なくつけて、あずき煮を添えて出来上がりです。

豆乳抹茶の葛餅

まず、粉ゼラチンを大さじ2の水でふやかしておきます。このとき、抹茶粉末を少量のお湯で溶かしておきましょう。
豆乳、牛乳、砂糖を鍋に入れて沸騰しない程度に温めたら、先ほど溶かした抹茶とゼラチンを入れてよーく混ぜます。
混ぜたものをタッパーなどの容器に移して、冷蔵庫で冷やし固めたら出来上がりです。お好みの形に切ってお好きなトッピングでお楽しみください。

プルップル牛乳の葛餅風

まず、牛乳、片栗粉、砂糖を鍋に入れてよくかき混ぜてから火にかけます。たえずかき混ぜ、かたまりが出来てきたらさらに素早くかき混ぜましょう。
ねっとりしてきたら弱火にして、3分間よく練ります。
練ったものをラップをしたバットに入れて包み、冷めたら冷蔵庫へ。1時間くらい冷やしたら切り分けて、きな粉と黒蜜をかけていただきましょう。
黒蜜が家にない場合、黒砂糖と水を600wで1分チンしてよく混ぜて作れます。

京都和晃の本くず笹餅

京都で葛餅を買うなら、和晃の本くず笹餅がおすすめです。こちらは、吉野本葛ならではの口当たりの良い食感を大切にしています。淡竹葉(たんちくよう)と呼ばれる天然隈笹の微粉末が入っていて、独特の風味を楽しめます。笹餅には白蜜とうぐいす粉が付いているので、お好みでかけて食べてくださいね!

店舗情報

■店舗名 :京伏見菓匠 和晃
■住所 :〒612-8293 京都府京都市伏見区横大路橋本26-1
■電話番号:075-621-8806
■公式HP:http://www.okashi-wakou.co.jp/

おわりに

いかがでしたか?葛餅と言っても、地域ごとに原料や食感に違いがあります。ぷるぷる食感の葛餅。スイーツ好きの人はもちろん、あっさりした味わいなので甘いものが苦手な人にもおすすめ!自宅で作るときは甘さの調節ができ、アレンジ自在なのも嬉しいですね。本格的な葛餅が食べたい人は、通販や電話注文を試してみてはいかがですか?手作りもお取り寄せも、あなたのお腹をきっと満足させてくれるでしょう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

麻婆豆腐 レシピ まとめ

麻婆豆腐の献立にぴったりの、おいしいおかずをご紹介!サラダ、スープ、副菜、ご飯など、トライしてみたくなる素敵なアイデアレシピが満載です。いつもの麻婆豆腐と合わせて、ぜひ食卓に乗せてみましょう。バランスよく、お…

サラダ レシピ まとめ

シャキシャキの食感が特徴的なレンコン。その特徴をサラダで味わってみませんか?今回は、簡単に作れる人気のレンコンサラダレシピを22選ご紹介したいと思います。和えるだけや、揚げてレンコンチップスにしたものを使うな…

京都 スイーツ お土産

流行に敏感な京都女子がこぞって通う和菓子店「吉祥菓寮」。きな粉を使ったスイーツが話題となっていますが、中でも予約半年待ちにまでなった幻の商品「焦がしきな粉のはんなりロール」をご存知でしょうか?今回は人気の秘密…

サムギョプサル 京都 ランチ 韓国料理 まとめ

男性にも女性にも大人気の韓国料理「サムギョプサル」。雅やかな印象の京都ですが、京都にも絶品サムギョプサルが食べられる人気のお店があるんですよ!今回は京都に行ったらぜひ立ち寄ってみてほしいサムギョプサルが食べら…

レシピ おつまみ お弁当 ピザ まとめ

春巻きの皮を使ったアレンジレシピをご紹介します。人気のピザ、とろ~りチーズとのコラボ、おつまみ、スイーツまで。冷めてもおいしいお弁当のおかずもあります。どんな場面でも活躍できる春巻きの皮で、レシピのレパートリ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

自分の家でキッチングッズを揃えると、ついついシンプルなものにしてしまいがちですが、出来ることならかわいいキッチンを作りたい、という人も多いと思います。そこで、かわいいキッチンを実現している海外のキッチンを見て…

居酒屋 まとめ

居酒屋でも健康や美容にいいものを積極的に選んでみませんか?知っているか知っていないかでは大違い!?迷ったらぜひチョイスしたいようなメニューをまとめました。参考にしてみてください♪

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

渋谷 デート まとめ レストラン

今回は、デートや記念日にもおすすめな夜景がキレイな渋谷のレストランをまとめました。高級感あふれる店内での楽しいひとときはきっと忘れられない思い出になるでしょう。ぜひ大切な人と訪れてみてください。

カレー 横浜 まとめ

色々な食べ物が揃う横浜。もちろんカレー屋さんもおいしいところがたくさんあるんです。普通のカレーはもちろん、スープカレーやインドカレーなどもありますので、好みに合わせて選んでみてくださいね。潮風を感じながらのカ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る