ローディング中

Loading...

なんとなくわかったつもりで使っている言葉、「お茶を濁す」。はたして本当に正しい使い方ができてるの?日本人特有の言い回し?そんな「お茶を濁す」と言う言葉にまつわるあれこれを徹底解剖!これを読めば、ますます「お茶を濁す」のが上手になるはず!

あなたも「お茶を濁した」ことありませんか?

いきなり会社の先輩が「ねえねえ、あなたの彼の年収っていくらなの?」なんてプライベートなことを聞いてきた!こんなの正直に答えたくないし、かといってむげにもできない。「まぁ、一般的なサラリーマンの平均くらいですよ」なんてお茶を濁した。とういうように、日常生活で答えたくないことを胡麻化す時に「お茶を濁す」ってよく使いますよね。そもそも、なんで「お茶を濁す」なのでしょう。考えたこと、ありますか?

「お茶を濁す」の意味と由来

「お茶を濁す」とは、”適当なこと、いい加減なことを言って一時しのぎでその場を取り繕うこと”です。昔、茶道をよくわかっていない一般人が、適当にお茶をかき回して濁らせて、抹茶らしく見えるようにと、取り繕ったことから生まれた言葉といわれています。

では、どうしてお茶をわざわざ濁らせる必要があったのでしょうか。

かつて、抹茶は大変に貴重な飲み物で、位の高い貴族、僧侶だけしか飲むことができない特別なものだったのです。一般人には決して手に入れることができなかったのですから、当然茶の作法など心得ていません。そんな人が抹茶をたてるなど、到底無理な話。しかし、その場を取り繕うために、なんとかかき混ぜて抹茶らしく見えるようにした、というなんとも苦労が垣間見える逸話が由来だったのです。

「濁す」をつかった慣用句は意外と多い

「濁す」には、「あいまいにする」という意味合いがあります。だからでしょうか、「濁す」を使った言葉や慣用句は多く存在するのです。ここでは、「お茶を濁す」意外の「濁す」を使った言葉をご紹介します。

口を濁す

「口を濁す」は、物事をはっきりと語らないことを言います。実はこの言葉、正しくは「言葉を濁すである」と言う説もあります。しかし、言葉は口から発せられるという意識がありますので、「言葉」が「口」に転じるようになり、「口を濁す」が浸透するようになったと言われています。

言葉を濁す

「言葉を濁す」は、はっきりと言わず、曖昧にする事を意味します。「お茶を濁す」と同じ意味合いのように感じますが、違いはどこにあるのでしょうか?「お茶を濁す」は、言葉や行動に対して使われるものであり、「言葉を濁す」は言葉のみに対して使われる言葉です。

跡を濁す

「跡を濁す」とは去った後にその場を醜い状態のまま残しておくことをいいます。関連がある言葉に「立つ鳥跡を濁さず」がありますね。これは、水鳥が水面から飛び立つ際に水を汚すことなく飛び立つことから、立ち去るものは見苦しくないようにその場をきれいに後始末をするべきである、という意味です。何ごとも、立つ鳥のように行っていきたいものですね。

日本の文化的特性を反映した言葉

「お茶を濁す」のように、物事を曖昧にする「濁す」言葉が多種多様にある日本語。それは日本人の知恵とも言えるのです。

昔から日本人は、責任の在りかを分散させることにより、何かトラブルが起きた時に一人が責められてしまうことが無いように配慮をしてきたのです。責任の在りかを分散させると言うことは、同時に自分にも責任が及ばないと言う自己防衛にも繋がります。

また、日本人はもともと議論が苦手な民族です。そこで、あえて曖昧な表現を使用する事により、他者との議論を避けられることにもなります。長い年月を経て築かれてきた日本人の習慣と知恵が、会話の中で息づいている、その表れが「濁す」表現なのです。

実は英語にも「お茶を濁す」はあった

「お茶を濁す」と言う言葉、白黒はっきりつけることを好むであろう英語圏の人々にはなじみのないイメージがありますよね。実はそんなことないのです。

「お茶を濁す」を英語で表現すると「pussyfoot around」です。pussyfootは(子猫のように、忍び足で歩いていく)という意味で、(はっきりとしない態度をとる)という意味です.

他にも「give an evasive replay(歯切れが悪い返事をする)」、などもあります。案外英語圏の人々にも馴染みの深い表現なのですね。

【こぼれ話】お茶にまつわる慣用句「お茶を引く」

ちなみに「お茶を濁す」以外にもお茶にまつわる言葉があります。その一つが「お茶を引く」です。「水商売などで客が来ず、暇である状態」を意味します。由来は江戸時代にまでさかのぼります。

当時最大の遊郭で会った吉原遊郭に置いて、遊女がお客がついていない時間は茶臼で葉茶を挽いて、客用の茶を作る雑用をさせられていたことに由来しています。そのことから、お茶は遊女には忌み嫌われていた飲み物なのだそうです。

また、このようにお茶ばかり挽いている遊女はしとやかさに欠けている子が多かったため、そのような遊女は「おちゃぴい」とと呼ばれるようになりました。それが転じて「活発でおしゃべりな女の子」という意味で現代でも使用されるようになったのです。

終わりに

私たちが普段何気なく使っている言葉「お茶を濁す」実は、日本人特有の民族性と知恵、私たちの生活に欠かせない飲料「お茶」とそれにまつわる文化が融合された言葉だったのですね。これからは、その言葉の深さを噛みしめながら、より効果的にこの言葉が使っていけそうな気がしませんか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

おしゃれ 和食

みなさん、「とんすい」ってご存じですか。名前は知らなくても、「お鍋を食べる時に使うあの小鉢」というとすぐに想像できる人も多いのではないでしょうか。今回は、そのとんすいの歴史や正しい使い方、おすすめのとんすいな…

食パン パン レシピ

食パンの「一斤」という単位をご存知ですか?普段は「枚」で数えることの多い食パンですが、パン屋さんでは「斤」や「本」で数えることがよくあります。食パンの「一斤」とは?カロリーは?さらに一斤丸ごと使ったレシピもご…

お茶 お茶漬け お弁当

10年連続でミシュランの星を獲得する日本料理店「銀座 うち山」と、「キリン 生茶」が初コラボした『鯛ひつまぶし弁当』が期間限定でごちクルサイトにて発売されます。予約1ヶ月待ちと言われる名店の名物「鯛茶漬け」と…

お茶 ビアガーデン 御茶ノ水

日本茶レストラン「グリーンティー レストラン 1899 お茶の水」で、『抹茶ビアガーデン』が今年も開催されます。新作の「和紅茶ビール」や定番の「抹茶ビール」など10種のビールと、「抹茶ワイン」が飲み放題なほか…

天ぷら 和食 レシピ まとめ

サクッと軽く食べられてうれしい天ぷら。定番の具材はもちろんですが、これまで揚げたことのない具材で、新鮮な天ぷらを楽しんでみませんか?ユニークな野菜系、主役級のお肉・お魚系、スイーツ系までご紹介します!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

髪の毛は女性の命とも言うように、お手入れはしっかりしておきたいですよね。食事は身体の健康だけでなく、髪の毛にも影響を与えます。そこで今回は、髪の毛に良い食べ物を紹介します。いつまでもツヤツヤで美しい髪の毛を保…

まとめ

一人暮らしの人は特に食費を抑えたいと思っている人は多いのではないでしょうか?本当に少しの努力と我慢で簡単に食費を抑えることができるんです。今回はすぐ実践できる心がけを5つご紹介します♫

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

コーヒー

デロンギの全自動コーヒーマシンは業界の最高峰!スタバも支持するクオリティとデザインは、他の追随を許しません。おウチを本格カフェに変身させる、プロも認めるその性能……。一度知ってしま…

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

パン レシピ アメリカ

アメリカ生まれのちぎりパン「モンキーブレッド」。シロップやバターが染み込んだパンは、おいしくて食べる手がとまりません。今回はそんな「モンキーブレッド」の基本の作り方と思わずマネしたくなるアレンジレシピをご紹介…

三軒茶屋 カフェ バー ケーキ ランチ

すべてのレシピがオリジナルで、しかもどれをとっても本格的。チーズケーキがおいしいカフェ「ザ サン リブズ ヒア」の紹介です。ゆっくり時間を過ごすだけでなく、食べる食事にもこだわりたい。そんなひとにぴったりのカ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...