ローディング中

Loading...

何気なく昔から食卓に出てきて美味しくいただいてきた「ししゃも」。実は栄養や効能はかなりスゴイです。妊婦さんから成長期のお子様におすすめで、是非積極的に食べてもらいたい!シシャモの栄養、効能や美味しいレシピなど解説いたします。

ししゃもとは?

キュウリウオ科の海魚。ししゃもは体長15センチほどで細長く、世界中でもここ日本の北海道、太平洋沿岸の一部でしか獲れません。シシャモの産地として有名なのは胆振管内の鵡川町ですが、近年では十勝・釧路管内の漁獲量が増え続けており、北海道の漁獲量の大半を占めております。ですが日本の漁獲高の減少により、輸入品の「カラフトシシャモ」がししゃもとしてスーパーなどでお手頃価格で販売されているのをよく目にします。食卓ではそのまま焼いたものを食べることが多く、一夜干し、フライ、珍味として食べられ、また卵を持った雌は「子持ちシシャモ」と呼ばれ、好む方も多くいます。

ししゃものカロリー

気になるししゃものカロリーを見て行きましょう。1尾21kcal、一般的にセットで売られている5尾では106kcalで、低カロリーな魚です。さらに子持ちシシャモと比べると、子持ちシシャモは、1尾30kcal、5尾で177kcalと卵の分だけカロリーが上がります。カロリーが低いにも関わらず、たくさんの栄養があり、粘膜や免疫力の強化、生活習慣予防の予防などさまざまな効能があります。

ししゃもの栄養効果

ししゃもは魚の中でも小さく小ぶりでありますが、実はたくさんの栄養が含まれています。シシャモの栄養と効能を合わせて詳しくご紹介します。

DHA

ししゃもに含まれるDHAは記憶や学習にかかわる海馬と呼ばれる場所に存在する脳細胞に存在し、DHA量が多いほど記憶力や頭がよくなると言われており脳の栄養素といえる成分です。さらに神経細胞の発育を助け、学習能力が向上するため成長期の子供に与えると良いと言われています。

EPA

DHAとEPAに共通している効能は、血液サラサラにすること。また、貧血の予防、イライラを緩和するなどの作用があると言われています。

コラーゲン

子持ちシシャモのに詰まったプチプチ感がたまらなく美味しい卵には豊富なコラーゲンが含まれております。コラーゲンには細胞と細胞をつなぎとめる役割があるため、摂取するとハリ弾力のあるきめ細かい肌になりますよ。美容効果のある食品でもあることがわかります。

ビタミンE・ビタミンB2

ビタミンEは抗酸化作用があり、肌を酸化させず、細胞老化の防止作用を助けています。このことからししゃもには高いアンチエイジング効果が期待できますね。またビタミンB2は糖質、脂質、たんぱく質の代謝に関与し、エネルギーの生成を促進し、細胞の再生を助け美肌効果と健康維持が高いと言えます。

カルシウム

ししゃもにはカルシウムが豊富で、さらに一緒に摂取することで骨の強化に関わるマグネシウムも含まれているので、骨や歯の健康を保つために役立つ食品と言えます。

妊婦にもおすすめの食材

ししゃもにはカルシウムが多く含まれているので、お腹の中で赤ちゃんが育つうえでの骨などの成長、生成を助けます。妊娠中のお母さんにとっては出産後の回復をサポートする作用があります。特に子持ちシシャモには、カルシウムに加え、たんぱく質、ビタミンA・Bが多く含まれ妊娠中失われやすい栄養分を手軽に摂取することができます。

栄養価バツグン!ししゃものおいしいレシピ

ししゃものさっぱり南蛮漬け

子持ちシシャモとたくさんの野菜を一緒に食べることが出来る南蛮漬けはししゃもの美味しさも倍増!野菜も、もりもり食べれる1品です。
作り方は玉ねぎ、人参、パプリカ、など食べたい野菜を千切りにし耐熱皿で食べやすい柔らかさにする。電子レンジ600Wで2~3分が目安。柔らかくなった野菜を穀物酢、レモン汁、しょうゆ、みりん、砂糖を混ぜた調味料の中に付け置いておく。
ビニール袋に塩コショウ片栗粉を入れその中にししゃもをいれてまんべんなくつけるためフリフリしてください。フライパンに油をいれ、片栗粉とした味がついたししゃもを焼きます。熱いうちに先ほど野菜を漬け込んだ酢の中にししゃもを投入。覚めたら冷蔵庫で30分寝かせて味をしみこませましょう。

子持ちししゃもとチーズ香るパルミジャーノ春巻き

子持ちししゃもとパルミジャーノチーズを春巻きの皮でつつんだ洋風な1品。パルミジャーノの濃厚な味わいと香りで、魚が嫌いな子供にもパパのおつまみにも大好評のレシピです。
作り方はまずパルミジャーノを長さ8センチ、横1センチほどの長さでししゃもより少し小さめにカットしてください。春巻きの皮にししゃもをのせ、先ほどカットしておいたパルミジャーノをししゃもの上にのせます。春巻きの皮を一回転し両サイドを折り、上に巻き水溶き片栗粉で端をとめます。この時チーズが溶け出るのを避けるのと、魚が苦手なお子様の為にしっぽから頭まで包むことがポイントです。フライパンに油をひき150℃~160℃に熱し上下を返しながらキツネ色になるまで揚げ焼きして盛りつけます。さらに塩とパルミジャーノチーズを削ってかけるとまた美味でございます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。ししゃもは世界でも北海道でしか獲れないということで、日本が誇れる魚でもあります。お酒の肴にももちろん最適ですよね。たくさんの栄養が手軽に摂取できて、さらにおいしい「ししゃも」をこれからも楽しんでくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ サラダ まとめ

もやしは季節を問わずスーパーで手に入る食材で、価格も安く人気の食材です。他の食材との相性もよく、ナムルやサラダ、炒め物、蒸し料理、鍋物などレシピも多数あり、いろいろな料理に使えます。今回はそんな万能食材「もや…

さんま パスタ レシピ 炊き込みご飯 まとめ

脂ののった、さんまの塩焼きはもちろんおいしいのですが、さんまの絶品レシピはまだあります。揚げたり煮たり、パスタや混ぜご飯、さんまは色々な方法で食べられます。旬のさんまをおいしく食べられるレシピを28選ご紹介!…

パスタ レシピ バジル

フレッシュバジルを使った本格「ジェノベーゼパスタ」を、お家で手作りしてみませんか?今回は基本のレシピや、人気のアレンジ、ジェノベーゼパスタと相性ピッタリな具材をご紹介します!ジェノベーゼソースはパスタ以外にも…

バジル イタリアン レシピ

イタリアンに欠かせないバジル。お店で購入するものの、使いきれずに残ってしまうことも。そんなときは、塩バジルにしましょう!塩バジルにすることで長期保存可能になり、いつでも料理に使うことができますよ。今回は詳しい…

牛肉 レシピ まとめ

みなさんは牛肉と玉ねぎがあったら、なにを作りますか?牛肉をおいしく食べるには、牛肉を如何に柔らかく食べやすくするかを考えるといいでしょう。煮ても炒めてもよし。どんな風に料理してもおいしくいただける、そんなレシ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料はどこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか。カビの発生を防ぎ、劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保…

日本酒 花見 まとめ

お祝いごとにはもちろん、四季折々の行事にも日本酒は欠かせませんよね。日本人なら是非知っておきたい、日本酒に関わる伝統的な季節の年中行事をまとめました。和食文化の中でも歴史の長い日本酒の、風流な楽しみ方をご紹介…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

きくらげには、体に嬉しい健康効果が期待できる栄養がたっぷり含まれているのはご存知ですか?料理にも使いやすく、食感も人気の「きくらげ」。今回は、妊婦さんにもおすすめの食材「きくらげ」の効能や栄養素にフォーカスし…

注目の新野菜「アレッタ」をご存知ですか?美容や健康効果が期待できるということから注目を集めているのです!今回はそんなアレッタの栄養価とおすすめレシピをご紹介したいと思います。お弁当のおかずとしても便利なので、…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る