ローディング中

Loading...

スーパーの味噌コーナーには、沢山の種類の味噌が並んでいます。その中でもあまり馴染みのない金山寺味噌(きんざんじみそ)という名の味噌をご存知ですか。今回は金山寺味噌の味や特徴、作り方をご紹介します。これを見ると金山寺味噌が欲しくなりますよ。

金山寺味噌とは?

金山寺味噌とは主に千葉県、静岡県、和歌山県などで生産されている「なめ味噌」と言われる味噌の一種で、和歌山県では和歌山県推薦優良土産品に選ばれました。千葉県でも発酵食品の製造が盛んで、この金山寺味噌も特産品として扱われ、推奨土産となっています。

金山寺味噌の特徴

金山寺味噌は、調味料として使うのではなくそのまま食べることができる味噌で元々は茄子、シソ、白瓜、生姜など、夏野菜を冬に食べる栄養満点の保存食だったそう。

一般的な味噌との違い

一般的に調味料などに使う味噌の材料が米、麦、豆などに対し、金山寺味噌は米、麦、豆の他に野菜等から作られることが主な違いとなっています。熟成期間も調味料の味噌が4~6ヶ月に対し、金山寺味噌は1~3ヶ月で食べることができます。さらにご飯のおかずやお酒の肴としてそのまま食べることができるのが最大の違いです。

どんな味がする?

甘味があり深みのある味噌の香りでご飯に合う美味しさ。大豆や麦、その他の野菜の食感もあり味噌というよりおかずのような存在感です。もろみ味噌に似ていますが、やはり野菜が入っているので食感、味と少し違います。

賞味期限は?

金山寺味噌は保存食として作られたもので、保存状態によっては賞味期限はあってないようなものです。ですが現在の法律では賞味期限を表記しないとならないので3ヶ月と表記されているものがほとんどですが保存状態によっては3ヶ月過ぎても腐敗の心配はありません。出来ましたら冷蔵庫での保管をおすすめいたします。

金山寺味噌の栄養と効能

たんぱく質

たんぱく質は、脂肪や炭水化物とともに私たちが生きていくために欠かせない三大栄養素のひとつです。金山寺味噌大さじ1杯の中から、9gのたんぱく質を摂取することができる食品です。たんぱく質は骨、血管、皮膚、筋肉、髪などに欠かせない成分で、たんぱく質が不足すると肌荒れや筋肉低下、血管の栄養不足など身体が不調を訴えることになりかねません。特に大豆などから摂れるたんぱく質は美肌効果があり、美容食品として考えてもいいかもしれませんね。

ナトリウム

金山寺味噌のビタミン・ミネラルではナトリウムの成分がが豊富に含まれています。体内での水分量を調節する役割筋肉や、神経や筋肉、心筋を弛緩させ正常に働かせる作用やがあるので高血圧や動脈硬化などに効果的です。さらに胃腸や胃の消化液の分泌を促進、良好にする嬉しい効果もあります。

金山寺味噌の作り方

では魅力たっぷりの金山寺味噌を自宅で作ってみたくなった方に自宅で簡単に本格的な味が食べられる!材料から作り方をご紹介いたします。

材料

【材料】
金山寺麹 250g
塩 25g
砂糖 30g
はちみつ 60g
みりん 10g
なす 1個120g
ショウガ 1かけ
大葉 20枚

作り方

金山寺味噌というのは米・麦・大豆の麹を混ぜ合わせたもので作られますが、それらの麹を購入して混ぜるのは手間とお金がかかるので、それらが混ざっている「金山寺麹」というものを使います。まず金山寺麹を袋に入れほぐします。
麹に砂糖、塩を混ぜさらにはちみつとみりんをいれ軽くもみます。
野菜は食べやすい一口サイズに切り、先ほどの麹に混ぜ入れ、しっかりと空気を抜きます。
空気を抜き常温で麹と野菜がなじむまで置き、なじんだら冷蔵庫保存。発酵により日にちが立つと野菜が小さく味噌と馴染みます。画像左が仕込んですぐ、画像右が仕込みから10日後です。仕込んで1ヶ月ほどで食べることができますよ。
味の決め手は、ショウガとはちみつ。ピリリと大人の味にしたい方は青唐辛子をいれても美味しいですよ。はちみつ多めだと甘みが強く子供が大好きな味に。自家製金山寺味噌の出来上がりです。

おすすめしたい食べ方

鯖のつぶつぶ金山寺味噌焼き

写真を見てすぐにでも試したいと思った方も多いのではないでしょうか。金山寺味噌の王道と言ってもよい食べ方です。鯖をグリルで焼き、皮に焼き色がついたら、金山寺味噌とみりん、酒をあわせた調味液を掛けて、すぐ召し上がることができます。ご飯が進むこと間違いなしの、絶品家庭料理ですね。

金山寺味噌&夏の香味野菜のせ冷奴

暑いこの時期にぴったりな「山寺味噌&夏の香味野菜のせ冷奴」。調理もとても簡単で、切って乗せるだけできてしまいます。夏の香味野菜をたっぷり乗せて季節感も味わいましょう。おかずにもおつまみにも最適ですよ。

おすすめの金山寺味噌

和歌山県有田郡で創業明治14年から続く「丸新本家」の金山寺味噌は750年脈々と続く伝統製法で作られた自慢の1品。昔ながらの金山寺味噌や、具だくさんの金山寺味噌、減塩、ゆずや梅を入れたさっぱり頂ける味噌、オリーブを入れた洋風味噌、にんにくやわかめを使用した食欲をそそるものまで種類が豊富で飽きがこないラインアップになっています。是非一度食べてみてください。
おすすめの金山寺味噌

出典:www.amazon.co.jp

本場紀州和歌山老舗の無添加手作り金山寺味噌 500g丸カップ入り

¥980

Amazonで購入

おわりに

いかがでしたでしょうか。馴染みがない地域の方には新感覚の食べる味噌。夏野菜が安い季節に金山寺味噌にすると冬まで美味しく食べることができるので是非手作りにも挑戦してみてください。味噌は発酵食品で体にいいので、美味しくいただいて健康になれる。ダブルで嬉しい金山寺味噌。日々の食事にお土産におすすめの商品です。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

大根 おつまみ

暑い季節は、冷たいふろふき大根をさっぱりおいしくいただきませんか?夏らしく、すっきりとした口当たりのすだち味噌でいただきましょう。爽やかな味わいで、ほてった体もクールダウンできます。白ワインや日本酒など、繊細…

レシピ ハンバーグ まとめ

とってもおいしい煮込みハンバーグ。自宅で作るとき、どんな献立にすればいいか、迷うことはありませんか?もうひと品つけたしたい、栄養バランスが気になる……そんな方に、煮込みハンバーグに合うスープや副菜をレシピ付き…

麻婆豆腐 豆腐 レシピ まとめ

中華料理の定番レシピである麻婆豆腐。今回は、麻婆豆腐の基本の作り方やアレンジレシピをご紹介します。ピリ辛の本格的な四川風レシピから、時短で簡単に作れるレシピまで、食卓に並べたくなる麻婆豆腐レシピを20選お届け…

レシピ レモン フルーツ 漬け物 まとめ

みんな大好きなカルピスにレモンを漬け込んでみませんか?さわやかでやさしい甘酸っぱさを楽しめる「レモンのカルピス漬け」は、暑い季節にぴったりな一品。今回は、とっても簡単な作り方と、手間なくできるアレンジをご紹介…

レシピ

生で食べられる野菜はたくさんあります。水菜もその一つです。サラダなどに加えればシャキシャキとした食感が楽しめますよね。今回は、水菜を生でおいしく食べる方法、おすすめレシピ、下ごしらえのコツを詳しくご紹介します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

鉄板焼き まとめ

いかに無駄を削ぎ、己の思い描く理想像への最短距離を追求する…これ、一流のシェフの流儀なり。一方で、“いかに観客を魅せるか”ということに心血を注ぐシェフもまた存在するんです( ゚д゚) 今回は、そんな自己アピー…

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

おしゃれ 花見 お弁当 まとめ

春はお花見の季節です。お弁当やお酒、料理を持ち寄る機会も増えることと思います。そこで、今秘かにブームな粋でかわいい風呂敷を「5」つご紹介!お酒の瓶や弁当箱など、どんなものでも一枚で包めて安定感抜群!分かりやす…

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

スイーツ チョコレート

セブン-イレブンから、バレンタイン向けの新商品「スプーンで食べる とろ生食感ショコラ」が登場!3種のカカオを使用したという濃厚チョコレートスイーツと聞けば、期待が高まりますね。どんな味に仕上がっているのか、さ…

ちくわ マヨネーズ おつまみ

急におうちで飲み会!となった時、コンビニでおつまみを買い込むのも楽しいけれど、何かササッと温かいものを作って出せたらなおさらいいですよね。今回は、コンビニでも買えるちくわを使った簡単おつまみをご紹介します♩

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る