ローディング中

Loading...

子供から大人まで大人気のハンバーグ。時短におすすめなのが冷凍ハンバーグなんです。焼き方や解凍のコツからおすすめレシピまで一挙ご紹介しますよ。これで忙しい日でもおいしいハンバーグを食べられます!一人暮らしの作り置きにもぴったりですね。

冷凍ハンバーグはとても便利!

冷凍したハンバーグは、忙しいときにサッと使えるとっても便利なごちそうです。時間のあるときにまとめて作って冷凍しておけば、食べたいときすぐに調理でき、しかも手抜き感はまったくありません。帰宅が遅くなったときの夕食や、忙しい朝のお弁当にもぴったりです。コツさえつかんでおけば、だれでも簡単に作ることができるので、ぜひ挑戦してみください。

ハンバーグを冷凍するには2つの方法があります。ひとつはハンバーグをタネのまま冷凍する方法、もうひとつは焼いたハンバーグを冷凍する方法です。ここでは、2つの保存法についてやメリットとデメリットについてご紹介しましょう。

ハンバーグをタネのまま冷凍する方法

手順

飴色になるまで炒めた玉ネギを完全に冷まします。ボウルにパン粉、牛乳、ひき肉、玉ネギ、玉子、調味料などを手順通りに入れて、粘りが出るまで、よくこね合わせます。好きな形に成形して、ひとつずつラップに包み、ジップ付きの保存袋に入れて冷凍します。

ポイント

おいしく作るためには十分にこねることが重要です。こねが足らないとドリップが出てしまい、旨味がなくなってしまいます。冷凍した状態からそのまま焼くのであれば、タネから空気を抜き、中央にくぼみを作っておくのがよいでしょう。そして、絶対に素手で触れてはいけません。

注意点

ハンバーグのタネは、熱に弱く、すぐに変色してしまいます。また、こねる過程で雑菌が入ってしまう可能性があります。そのため、こねるときにはビニール手袋などを使って素手で触れることのないようにしましょう。また、手の温度で傷みやすくなってしまうため、ボウルの下に氷水を当てるなど、できるだけ冷やした状態でこねるといいでしょう。

焼いたハンバーグを冷凍する方法

手順

作ったタネを中までしっかり焼きます。焼いたハンバーグの場合、あら熱を取る必要があるため十分に冷まします。十分に冷めたら、ひとつひとつラップに包んで金属バットの上に並べ、いったん冷やします。半冷凍になったらジップ付きの保存袋に入れ、空気を抜いてから再度冷凍します。

ポイント

火を通してから、冷凍することによって肉の酸化を防ぎ、1ヶ月程度は保存が可能になります。あら熱を取ってから冷凍することによって、ラップに余計な水分が残るのを防ぎます。また、ハンバーグが熱いうちに冷凍庫へ入れると、庫内の湿気や温度が急激に上がり、冷蔵庫にとってもよくありませんので注意してくださいね。

2つの保存法のメリット・デメリット

まず注意したいのは、ひき肉はとても傷みやすい食材だということです。ハンバーグはひき肉などの材料を手でこねて作ります。つまり、とても雑菌の繁殖しやすい状態で作られるのです。それを考えると一度火を通してから保存したほうが安全といえます。ただし、タネのまま保存したハンバーグは、その場で焼きたてを味わうことができ、焼いてから保存したものよりふんわりおいしく仕上がるというメリットがあります。

これらのメリットとデメリットを考慮し、用途や期間によって使いわけたいですね。

冷凍したハンバーグの解凍法

それでは、風味を損なわずに解凍するコツをご紹介しましょう。冷凍ハンバーグの最もおすすめな解凍方法は、タネのままでも焼いたものでも、前日に冷蔵庫に移して自然解凍することです。季節や気温にもよりますが、当日でも6時間ほどで自然解凍は可能です。触ってみて固さがなくなっていたら、調理を始めてくださいね。

失敗しない!冷凍ハンバーグの焼き方

解凍したハンバーグのタネをおいしく焼く方法

おいしく焼くコツは火加減です。まず中火で香ばしい焼き色をつけます。次にひっくり返して水または白ワインを入れ、フタをして蒸し焼きにし、中までしっかり火を通します。再度ひっくり返して今度は強火でこんがり焼きあげます。そして最後に肉汁の色を確認すればジューシーなハンバーグのできあがりです。

解凍せずにそのまま焼くなら

焼いたハンバーグであれば電子レンジで解凍できます。お弁当に使えて便利ですよね。タネのまま冷凍しておいたハンバーグを焼く場合、冷凍のまま蒸し焼きにする要領で焼けば、自然解凍する時間がなくても焼きたてを味わうことができます。

フライパンに冷凍ハンバーグと少量の水を入れ、フタをして弱火でじっくりと焼きます。水分がなくなったらひっくり返し、フタをしてさらに焼きます。両面に焼き色をつけるため、時間をかけてこんがり焼いてみましょう。竹串などを刺し、透明な肉汁が出てきたらできあがりです。

冷凍ハンバーグを使用したレシピ8選

ここからは、冷凍ハンバーグを使った簡単でおしゃれなレシピを紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。時短にもなるので、忙しい毎日のお助けメニューになるはずですよ♩

1. 冷凍ハンバーグで、煮込みハンバーグ

調味料は混ぜ合わせておきます。

人参は乱切りに、ブロッコリーは小房にわけておきます。ハンバーグは解凍します。人参とブロッコリーをシリコンスチーマーにいれ、水50cc(分量外)を注ぎレンジで2分半〜3分温めます。中火で両面焦げ目がつくぐらいまでフライパンでハンバーグを焼きます。

ハンバーグに火が通ったら人参、調味料をフライパンにいれ、味をつけます。煮詰めてとろみが出たらブロッコリーをいれてできあがり♩

とろみが出ない場合は、水溶き片栗粉大さじ1をいれてとろみを出してください。

2. 冷凍ハンバーグで簡単!トマト煮込みハンバーグ

玉ねぎは7.8mmの薄切りに。ピーマンは2.3mmの細切りに。人参は1.2mmのいちょう切りにします。フライパンにカットトマト缶と水を入れ、カットした野菜も加え煮立たせていきます。蓋をして5,6分中火。

煮立ったら調味料を入れ混ぜ合わせ、冷凍ハンバーグも入れ、ソースと絡ませていく。半分に折ったパスタと粒コーンも加え、蓋をして煮込んでいます。パスタが柔らかくなったらできあがるです♩

3.サツマイモとハンバーグのビーフシチュー

さつまいもは180度のオーブンで50分ぐらい焼きます。冷めたら輪切りにします。冷凍ハンバーグはレンジで1分ぐらい加熱します。鍋に水と冷凍玉ねぎを入れ沸騰させます。

沸騰したらビーフシチュールウを加え、お玉で鍋の底からかき混ぜながら溶かします。

溶かしたら、冷凍洋風野菜ミックスを加え数分煮て火を止めます。カレー皿に盛り付ければ完成です!

4.ヘルシー!おからと豆乳のツナバーグ

生おからに豆乳を混ぜてしっとりさせます。玉ねぎをみじん切りにします。片栗粉と油をきったツナを混ぜます。玉ねぎ、コンソメ、塩胡椒、玉ねぎ、卵を混ぜてお好みの大きさに丸めます。

フライパンで油を熱し、ハンバーグを焼くよーにおからを焼きます。醤油とみりんはレンジでチンしてタレを作ります。焼けたおからバーグに大根おろし、ネギをかけ上からタレをかけたら完成です!

5.冷凍ハンバーグのメンチカツサンド

冷凍ハンバーグに小麦粉、卵、パン粉の順に衣をつけ、油でキツネ色になるまで揚げたら、ソースをかけます。ドッグパンに切れ目を入れて軽く焼き、マヨネーズをぬったら、千切りキャベツと揚げたハンバーグを挟んで完成です。

6.照り焼きキャベハンバーグサンド

キャベツを千切りにする。冷凍ハンバーグを焼き、焼き目がついたら照り焼きのたれを塗ります。焼いた食パンにマヨネーズをぬり、1、2を挟みます。

7.玉ねぎの肉詰めスープ♩ゴロゴロお野菜も一緒にほろほろ煮

玉ねぎの上下を切り落とし、上から中身をくり抜く。中身はみじん切りにし飴色玉葱にし、半量を合挽き肉、水 パン粉、小麦粉、ナツメグ 味塩こしょうとよく混ぜる。

玉ねぎに詰める。内鍋に水・コンソメ・じゃがいも・人参を入れ沸騰したら弱火でふつふつにし、塩胡椒で味を整える。

玉ねぎを入れ蓋をし、ふつふつで加熱10分保温60分。ブロッコリーを入れ5分保温で出来上がり♩

8.HB生地とお弁当ハンバーグで、小さめハンバーグパン

パン生地を作ったら、12等分(1個45g)に分け、丸めて濡れ布巾をかけて10分ほど休ませます。ハンバーグを解凍します。生地の1/3位を切り分けます。大きい方の生地を丸く伸ばし、小さい方を細く伸ばして丸い生地の淵に乗せて閉じます。

冷凍のハンバーグを乗せます。アルミカップに乗せ、35~40度で30~40分2次発酵させます。途中で生地が乾かないように霧吹きなどで湿らせます。

玉ねぎをみじん切りにします。発酵が終わったら、オーブンを190℃に予熱します。ハンバーグにケチャップを付け、みじん切りにした玉ねぎを乗せ、マヨネーズをかけます。

オーブンで15分焼きます。仕上げに刻んだパセリを散らしたらできあがりです♩

冷凍ハンバーグで時短クッキング♩

おいしいハンバーグはなんといっても手作りがいいですね。ただしハンバーグはとても傷みやすいデリケートな食材なので夏場は特に注意が必要です。雑菌の繁殖には気をつけましょう。

ひき肉は冷凍で1か月程度の保存が可能といわれています。ハンバーグのタネの場合、すでに手を加えてしまっているので傷みやすくなっていると考えると、2週間くらいで食べるのがよいですね。焼いた場合はタネのまま保存するより長期間保存が可能ですが、1カ月を目安に食べ切るようにしましょう。

あなたも冷凍ハンバーグを活用して、毎日の食卓を豪華に彩ってみてはいかがでしょうか。
▼余ったハンバーグをもっとおいしく♩
▼ハンバーグだけじゃ寂しい…という方にはこちらもおすすめ!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スイーツ ケーキ フランス レシピ まとめ

シブーストって聞き慣れない言葉ですよね?名前は知らなくても、じつは口にしたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。シブーストとは何か、そしてシブーストの基本レシピからアレンジまで、たくさんご紹介します。

うなぎ まとめ レシピ

食欲を奪う夏の救世主といえば、そう「うなぎ」です。でも高くて手が出ない……なんてお悩みの方は身近食材を使って、うなぎを代用しちゃいましょう♩今回は、なんちゃってうなぎのレシピをご紹介します。作り方もとっても簡…

ハンバーグ まとめ

さっぱり和風ハンバーグのおいしい作り方を、「和風ソース」のレシピや、「タネに入れる具材のアイデア」レシピなどでご紹介していきます。悩みがちな和風ハンバーグに合う献立アイデアも、ぜひ参考にしてみてください!

レシピ まとめ

お味噌汁に和え物、サラダなど、食卓に登場することも多いわかめレシピ。今回は生わかめや乾燥わかめや、塩蔵わかめまで、身近なわかめをつかったおすすめレシピをご紹介します。簡単にできるものからボリュームのあるものま…

とんかつ 和食 レシピ まとめ

とんかつを作る時、献立はどうしていますか?キャベツが定番で、おかわり自由なお店もありますね。しかし、キャベツだけでは何となく物足りない…… ひと工夫したいときにおすすめな、副菜やご飯レシピをご紹介します。…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ラーメン レシピ まとめ

チキンラーメンのアレンジレシピはCMなどでも紹介され、定番となりつつありますが、世の中にはまだまだ知らないアレンジレシピがたくさん!今回は、簡単にできるチキンラーメンの人気アレンジレシピをご紹介します。ご家庭…

レシピ 調味料 まとめ

ふきのとうと味噌で作った「ふき味噌」は万能調味料です。その基本の作り方とふき味噌を使った料理のレシピをいくつか探してきました。春の旬をふき味噌で味わってみましょう♪ご飯も進みすぎて箸がもうとまらないかも(笑)

餃子 レシピ まとめ

餃子を作っていて「タネが余っちゃった!!どうしよう…。」なんて経験ありませんか??あわてる必要はありません!タネが余っても大丈夫!餃子以外にもいろいろ使えるタネのアレンジレシピをご紹介します!

クグロフ レシピ まとめ お菓子

ドイツやフランスで愛されているお菓子、クグロフ。あの、マリー・アントワネットも好んで食べていたと言われています♪そんなクグロフの、アレンジレシピをご紹介します。

ドーナツ レシピ まとめ

油で揚げない分カロリーが低いので人気を集めている「焼きドーナツ」コンビニなどでも最近は売られていますが、おうちで作っている方も多いようです。ヘルシーでダイエット中にも最適な焼きドーナツのレシピをご紹介しますね。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

パスタ レシピ レストラン

イタリアンの定番「アーリオオーリオ」。ニンニクとオリーブ油を使ったオイルベースのパスタで、見た目はペペロンチーノにそっくりな料理!その違いはまさかのアレ!? 今回は言葉の意味やレシピ、手軽に食べられるおすすめ…

レストラン レシピ 東京 大阪

ジビエ料理とは、狩猟で得た天然の鳥獣を食べるお料理です。猪や鹿、カモや山鳩などの、自然のなかを走り回っている鳥獣たちは、栄養価が高くヘルシー。今回は「ジビエ料理」について、また東京や大阪で食べられるお店などを…

sakura

可愛い雑貨と綺麗なスイーツを見ると、つい買ってしまいます。あとコー...

ページTOPに戻る