ローディング中

Loading...

洋食の王様、ハンバーグ。特にママの手作りハンバーグはご主人もお子様も大好きですよね。だけどハンバーグって作るのが大変。だったらまとめて作って冷凍してみてはいかがでしょうか。ここでは、作ったハンバーグの上手な活用法やレシピを紹介いたします。

冷凍ハンバーグはとても便利!

冷凍したハンバーグは、忙しいときにサッと使えるとっても便利なごちそうです。時間のあるときにまとめて作って冷凍しておけば、食べたいときすぐに調理でき、しかも手抜き感はまったくありません。帰宅が遅くなったときの夕食や、忙しい朝のお弁当にもぴったりです。コツさえつかんでおけば、だれでも簡単に作ることができるので、ぜひ挑戦してみください。

ハンバーグを冷凍するには2つの方法があります。ひとつはハンバーグをタネのまま冷凍する方法、もうひとつは焼いたハンバーグを冷凍する方法です。ここでは、2つの保存法についてやメリットとデメリットについてご紹介しましょう。

ハンバーグをタネのまま冷凍する方法

手順

飴色になるまで炒めた玉ネギを完全に冷まします。ボウルにパン粉、牛乳、ひき肉、玉ネギ、玉子、調味料などを手順通りに入れて、粘りが出るまで、よくこね合わせます。好きな形に成形して、ひとつずつラップに包み、ジップ付きの保存袋に入れて冷凍します。

ポイント

おいしく作るためには十分にこねることが重要です。こねが足らないとドリップが出てしまい、旨味がなくなってしまいます。冷凍した状態からそのまま焼くのであれば、タネから空気を抜き、中央にくぼみを作っておくのがよいでしょう。そして、絶対に素手で触れてはいけません。

注意点

ハンバーグのタネは、熱に弱く、すぐに変色してしまいます。また、こねる過程で雑菌が入ってしまう可能性があります。そのため、こねるときにはビニール手袋などを使って素手で触れることのないようにしましょう。また、手の温度で傷みやすくなってしまうため、ボウルの下に氷水を当てるなど、できるだけ冷やした状態でこねるといいでしょう。

焼いたハンバーグを冷凍する方法

手順

作ったタネを中までしっかり焼きます。焼いたハンバーグの場合、あら熱を取る必要があるため十分に冷まします。十分に冷めたら、ひとつひとつラップに包んで金属バットの上に並べ、いったん冷やします。半冷凍になったらジップ付きの保存袋に入れ、空気を抜いてから再度冷凍します。

ポイント

火を通してから、冷凍することによって肉の酸化を防ぎ、1ヶ月程度は保存が可能になります。あら熱を取ってから冷凍することによって、ラップに余計な水分が残るのを防ぎます。また、ハンバーグが熱いうちに冷凍庫へ入れると、庫内の湿気や温度が急激に上がり、冷蔵庫にとってもよくありませんので注意してくださいね。

2つの保存法のメリット・デメリット

まず注意したいのは、ひき肉はとても傷みやすい食材だということです。ハンバーグはひき肉などの材料を手でこねて作ります。つまり、とても雑菌の繁殖しやすい状態で作られるのです。それを考えると一度火を通してから保存したほうが安全といえます。ただし、タネのまま保存したハンバーグは、その場で焼きたてを味わうことができ、焼いてから保存したものよりふんわりおいしく仕上がるというメリットがあります。

これらのメリットとデメリットを考慮し、用途や期間によって使いわけたいですね。

冷凍したハンバーグの解凍法

それでは、風味を損なわずに解凍するコツをご紹介しましょう。冷凍ハンバーグの最もおすすめな解凍方法は、タネのままでも焼いたものでも、前日に冷蔵庫に移して自然解凍することです。季節や気温にもよりますが、当日でも6時間ほどで自然解凍は可能です。触ってみて固さがなくなっていたら、調理を始めてくださいね。

失敗しない!冷凍ハンバーグの焼き方

解凍したハンバーグのタネをおいしく焼く方法

おいしく焼くコツは火加減です。まず中火で香ばしい焼き色をつけます。次にひっくり返して水または白ワインを入れ、フタをして蒸し焼きにし、中までしっかり火を通します。再度ひっくり返して今度は強火でこんがり焼きあげます。そして最後に肉汁の色を確認すればジューシーなハンバーグのできあがりです。

解凍せずにそのまま焼くなら

焼いたハンバーグであれば電子レンジで解凍できます。お弁当に使えて便利ですよね。タネのまま冷凍しておいたハンバーグを焼く場合、冷凍のまま蒸し焼きにする要領で焼けば、自然解凍する時間がなくても焼きたてを味わうことができます。

フライパンに冷凍ハンバーグと少量の水を入れ、フタをして弱火でじっくりと焼きます。水分がなくなったらひっくり返し、フタをしてさらに焼きます。両面に焼き色をつけるため、時間をかけてこんがり焼いてみましょう。竹串などを刺し、透明な肉汁が出てきたらできあがりです。

冷凍ハンバーグを使用したレシピ8選

ここからは、冷凍ハンバーグを使った簡単でおしゃれなレシピを紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。時短にもなるので、忙しい毎日のお助けメニューになるはずですよ♩

1. 電子レンジでチン!ロール白菜

ハンバーグを電子レンジで解凍します。白菜を電子レンジで加熱しやわらかくします。半分に切ったハンバーグを白菜で巻き、巻き目が下になるようにして深皿に入れます。デミグラスソースをかけ、チーズをのせ、電子レンジで温めます。チーズが溶けてソースがグツグツし始めたらOKです。電子レンジだけでできちゃうロール白菜、お好みでパセリをちらすとおしゃれですね。

2. 冷凍ハンバーグでミイラバーグ♩

ハンバーグを解凍します。フィットチーネは沸騰した湯にオリーブオイルを入れて茹でます。茹でたフィットチーネをハンバーグにグルグルと巻き付け、オリーブで目をつければかわいいモンスターのできあがり。デミグラスソースをしいたお皿に、モンスター風に繰り抜いたニンジンの甘煮とともに盛り付ければ、演出満点のひと皿ですね。

3.冷凍ハンバーグのトマトソース

トマトピューレ、水、冷凍ハンバーグを入れてハンバーグがやわらかくなるまでコトコト弱火で煮ます。塩、コンソメを加え、お好みの野菜を入れてさらに煮ます。野菜がやわらかくなったら、ケチャップを加え味を調えます。 冷凍ハンバーグでササッとプチおかずのできあがり。お弁当にもぴったりですよ。

4.冷凍ハンバーグの花咲くピンチョイス

焼いたハンバーグを電子レンジで温めます。トースターで焼いたズッキーニを土台にして、ハンバーグ、スライスチーズ、ピーラーで縦長にスライスしたきゅうり、ミニトマトをピンでとめます。幾重にも折り畳んだきゅうりが素敵ですね。お野菜はほかにもニンジンや大根など、カラフルなものを試してみたいですね。

5.冷凍ハンバーグを使ったロコモコ風サラダ

ハンバーグを電子レンジで解凍します。目玉焼きを焼きます。レタス、ハンバーグ、目玉焼きをのせ、胡麻ドレッシングをかければできあがり。どんぶりではなく、スキレットに入ったサラダというところがおしゃれですね。

6.冷凍ハンバーグのチーズトースト

トマトなどの野菜をスライスしておきます。ハンバーグは解凍したあとケチャップやソースなどの調味料をからめながら焼きます。パンにハンバーグ、野菜、チーズ、ペッパーなどをのせ、トースターで焼き、チーズが溶けたらできあがり。

7.牛乳とコンソメで作る煮込みハンバーグ

玉ネギとキノコをバターで炒めます。そこにコンソメ、牛乳、塩、解凍したハンバーグを入れ、約10分煮込み、最後に水溶き片栗粉でとろみをつければ完成です。キノコにはコレステロール値を抑える効果があり、牛乳にはカルシウムがたっぷり含まれているので、家族みんなにうれしいメニューですよね。

8.洋食の王様!ハンバーグステーキ

最後に基本のハンバーグステーキを紹介いたします。焼いたハンバーグなら解凍したあと、フライパンでゆっくり中まで温めます。タネのままのハンバーグならじっくりと中まで焼き上げましょう。
トマトソースを作ります。トマトは1cm角に切り、耐熱ボウルに入れて、ケチャップ、中濃ソース、バターを加え、ふんわりとラップをかけて電子レンジで加熱します。よく混ぜ合わせればソースは完成です。簡単ですね。熱々のハンバーグにトマトソースをかけていただきましょう。

冷凍ハンバーグで時短クッキング♩

おいしいハンバーグはなんといっても手作りがいいですね。ただしハンバーグはとても傷みやすいデリケートな食材なので夏場は特に注意が必要です。雑菌の繁殖には気をつけましょう。

ひき肉は冷凍で1か月程度の保存が可能といわれています。ハンバーグのタネの場合、すでに手を加えてしまっているので傷みやすくなっていると考えると、2週間くらいで食べるのがよいですね。焼いた場合はタネのまま保存するより長期間保存が可能ですが、1カ月を目安に食べ切るようにしましょう。

あなたも冷凍ハンバーグを活用して、毎日の食卓を豪華に彩ってみてはいかがでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ 韓国料理

ピリ辛でおいしい韓国鍋ですが、みなさんは「チゲ」の意味をご存じですか?「チゲ鍋が大好き!」と言う人もいる思いますが、その使い方間違ってるんです!チゲの意味はなんと食べられないアレです。今回は、知ったらちょっと…

寿司 レシピ

ちらし寿司ってどんなイメージを持っていますか?ひな祭りやお祝い事にいただくことが多いので、とってもハッピーなイメージはありませんか?今回は見ためがキュートでさらにハッピーな「水玉ちらし寿司」の作り方をご紹介し…

レシピ クッキー

お菓子づくりやパンづくりに使うショートニング。ご自宅になかった場合、代用品があることを知っていますか?常備しているご家庭は、きっと少ないショートニング。いざパンを作りたい、クッキーを作りたいといったときに、な…

レシピ まとめ

茹でるとキレイな緑色になる「絹さや」は、お料理や、お弁当の彩りとしても使える名脇役!そんな絹さやを使った人気の卵とじ、味噌汁、サラダレシピを一挙ご紹介します。いつでも使えて便利な冷凍方法も覚えておくと便利です…

オクラ レシピ

歯ごたえと独特なねばりがおいしいオクラ。オクラは固そうに見えますが、生で食べられるのをご存じですか?他の食材とも相性のよいオクラ。カットしてさっと他の野菜と和えるだけでもおいしいサラダになります。オクラの下処…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ラーメン レシピ まとめ

チキンラーメンのアレンジレシピはCMなどでも紹介され、定番となりつつある「かまたまチキンラーメン」など様々なメニューが話題になっています。しかし世の中にはあなたの知らないアレンジレシピがたくさん!バリエーショ…

レシピ 調味料 まとめ

ふきのとうと味噌で作った「ふき味噌」は万能調味料です。その基本の作り方とふき味噌を使った料理のレシピをいくつか探してきました。春の旬をふき味噌で味わってみましょう♪ご飯も進みすぎて箸がもうとまらないかも(笑)

餃子 レシピ まとめ

餃子を作っていて「タネが余っちゃった!!どうしよう…。」なんて経験ありませんか??あわてる必要はありません!タネが余っても大丈夫☆餃子以外にもいろいろ使えるタネのアレンジレシピをご紹介します!

クグロフ レシピ まとめ お菓子

ドイツやフランスで愛されているお菓子、クグロフ。あの、マリー・アントワネットも好んで食べていたと言われています♪そんなクグロフの、アレンジレシピをご紹介します。

ドーナツ レシピ まとめ

油で揚げない分カロリーが低いので人気を集めている「焼きドーナツ」コンビニなどでも最近は売られていますが、おうちで作っている方も多いようです。ヘルシーでダイエット中にも最適な焼きドーナツのレシピをご紹介しますね。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

レシピ

ひと目を引く写真を撮りたいなら、断然白い鍋がおすすめ!白は引き立て役としては鉄板のカラー。料理をより素敵に見せてくれる優秀なアイテムなんです。今回は、そんな白い鍋で魅力が際立つ料理を3つご紹介!「いいね!」を…

レシピ

猫村さんが作る「ネコムライス」と「ネコムライスエッグ」風再現レシピが人気になっています。これは漫画『きょうの猫村さん』に登場する料理で、魚たっぷり、野菜たっぷりで栄養も満点。ナンプラーや食べるラー油を加えても…

チョコレート バナナ パン

今年のバレンタインは手作りのお菓子をプレゼントしてみませんか?今回ご紹介するレシピは、ギリシャヨーグルトを使った、甘さ控えめの軽い食感のパウンドケーキのようなパンです。チョコレートと相性の良いバナナも使ってい…

sakura

可愛い雑貨と綺麗なスイーツを見ると、つい買ってしまいます。あとコー...