ローディング中

Loading...

お酒を嗜む人でジントニックがきらいな方はほとんどいないと思います。今回ご紹介するタンカレーはプレミアムジンと言われ、深い香りで驚くほどジントニックを美味しくしてくれるお酒なんです。知っておきたい銘柄や飲み方をご紹介します。

タンカレーとは

http://macaro-ni.jp/32600

Photo by Keith Homan / Shutterstock.com

どっしりとした緑色のボトルに、封ロウを模した赤いエンブレム。バーへ行けばまず間違いなく1本は置かれているだろうこのお酒、多少でもアルコールを嗜む人なら、きっと一度は飲んだことがあるはずです。

タンカレー(Tanqueray)。

1830年、ロンドン・ブルームズバリーに建設された蒸留所、その設立者であるチャールズ・タンカレーが、若干20才で生み出したプレミアムジンです。

そのレシピと製法は、現在にいたるまで門外不出。現在それを知っているのは世界で6人だけだといわれ、180年以上もの間、味と香りを守り続けています。そして、そのこだわりへの見返りであるかのように、多くの賞に輝いてきました。

タンカレーの銘柄

タンカレーの醸造所は、そろそろ190年にも迫るという歴史のなかで、極上といっても過言ではない、いくつかの銘柄を生み出してきました。ここで紹介するのはすべて同じジンではありますが、それぞれに個性があり、それしか飲まないというファンもいます。その名前と特徴をご紹介しましょう。

タンカレー ロンドンドライジン

はじまりのタンカレー。チャールズ・タンカレーが最初に生み出したプレミアムジンです。

高品質なボタニカル(香味植物)をふんだんに使う製法は、開発当時では極めて画期的なものだったといいます。華やかかつさわやか、それでいて濃厚とも感じられる、洗練を絵に描いたような風味が特徴。アルコール度数は47.3%。タンカレーの銘柄すべてがこの度数で作られています。

印象的なボトルのデザインは、カクテルシェーカーをモチーフとしたものだとか。赤い封ロウを模したエンブレムが印象的ですね。

タンカレー ナンバーテン

1960年代、400Lしか入らないスワンネックの小型単式タイプのオリジナル蒸留器「タイニーテン」がハンドメイドされ、この蒸留器から「ナンバーテン」が生み出されました。

フレッシュな生のフルーツや手摘みのボタニカルなど、「タンカレー ロンドンドライジン」以上に厳選した素材でつくられるこの銘柄は、より深い香りと、エレガントで繊細な味わいをもつに至りました。

2000年以降、3年連続でサンフランシスコ世界スピリッツ大会においてベストスピリッツに輝いた実績は、その完成度の高さを裏付けるもの。「ジンのロールスロイス」と呼ばれるにふさわしい、ハンドクラフテッド・ジンの代名詞といえるスーパープレミアムジンです。

タンカレー マラッカジン

1999年に登場し、わずか数年で販売終了となったプレミアムジンです。

1839年当時のオリジナルレシピで作られており、ジュニパーの使用量を抑え、シトラスの風味を強調している点が特徴。10万本限定で発売されましたが、現在は品薄状態。

そのあと、ファンの声に応えるように数年前、欧州のみで復刻されたものの、そちらもすでにほとんど出回っておらず、貴重な品となっています。

タンカレー ブルームブルームバリー ロンドンドライジン

1880年に、創業者の息子であるチャールズ・ウォー・タンカレーが書き残したという幻のレシピを再現。ジュニパーの香り際立つ、プレミアムなクラフトジンとして完成しました。

日本では1,980箱(6本入り)の数量限定販売。その強靭で芯のある香りと味わいは、割っても、カクテルにしても、常に主張を続けます。

タンカレー オールドトム ジン

2014年に発売されたこのジンは、マラッカジンの好評を受け、タンカレーの創始者であるチャールズ・タンカレーが記したレシピブックに基づいて造られました。

その口当たりはなめらかで、タンカレーのほかのジンよりもややスウィートな味わい。10万本限定でボトリングされ、すべてのボトルにナンバーが入っています。

タンカレー ラングプール

タンカレーのなかでも人気の高い銘柄です。

通常のタンカレーにはない、ラングプール、ベイリーフ、ジンジャーが加えられていて、「タンカレー ロンドンドライジン」よりもライムのフローラルさ、ハーブとジンジャーの風味が強調されています。

かなり飲みやすく、ジンは苦手だという人もスムースに飲めるはず。また、マティーニにするとおいしいお酒としても知られています。

著名人とタンカレー

長い歴史をもつタンカレーには著名な愛飲者が大勢います。有名なところでは、アメリカの伝説的なジャズ歌手、フランク・シナトラ。シナトラはタンカレーとワイルド・ターキーを好んで飲んでいたそうで、後日、彼を敬愛するラジオのオーナー・バーテンダーがこのふたつのお酒を1:1で混ぜるカクテル、「フランシス・アルバート」を考案しました。

ちなみに、フランク・シナトラの本名はフランシス・アルバート・シナトラ。カクテルの名前がどこから取られたかは、明白ですね。

ナンバーテンとJFK

ジョン・F・ケネディ。アメリカの歴史の中で格別に大きな存在感を示していた大統領も、タンカレーを好んでいた人物のひとりです。

ジョン・F・ケネディが愛したものといえば、キューバの葉巻とタンカレー。彼のアイコンとされるアイテムと並び立つくらい、その寵愛は深いものだったといいます。

ケネディはもっぱらナンバーテンを飲んでいたそうで、最高品質のジンを選ぶあたり、さすが大統領というべきでしょうか。確かな情報ではありませんが、マティーニを好んで飲んでいた、という話があるようです。

タンカレーのおすすめの飲み方

1. ジントニック

材料は3つ。タンカレーとトニックウォーター、ライムです。

ライムをカットして、グラスに絞ります。大きめの氷をグラスの2/3程度入れ、氷の上へ向け、そっとタンカレーを注いでください。つぎに、トニックウォーターを同じように注ぎ、すぐにステア。最後にグラスの縁をライムでなで、グラスに落としたら完成です。

ほかのジンを使ったジントニックとは別格の香りと味わい!ジントニックというカクテルの真価を知るにはうってつけの1杯です。

2. マティーニ

用意すべき材料は、タンカレー ナンバーテン、ベルモット、オリーブの3つ。

シェイカーにタンカレー ナンバーテンと氷を入れ、ベルモットを注ぎます。次に、中身がしっかり混ざり合うよう20回ほどシェイク。ストレーナーを使ってマティーニグラスに注ぎ、オリーブを入れたらできあがりです。

3. ロック

タンカレーの味に慣れたら、オン・ザ・ロックを試してみてください。甘く風味のあるタンカレーは、ジンのなかでもこの飲み方に向いています。

ライムを搾り、グラスの中に落としてもいいですし、白ワインをひとさじ垂らしていただくのも、おしゃれな楽しみ方です。

アルコール度数の強いお酒なので、この飲み方をするときはチェイサーをお忘れなく。

4. ジン ソルベ

飲み方、というよりは食べ方ですが、こちらもおすすめ!

まず、グレープフルーツ、砂糖、タンカレー、水を用意してください。鍋に水を入れて沸騰させたら、砂糖を入れてシロップを作りましょう。その間にグレープフルーツの果肉を取り出しておき、ミキサーにかけます。少し果肉の形が残るくらいでOK。

シロップとミキサーにかけたグレープフルーツの果肉を混ぜ合わせ、タンカレーを投入。冷凍用の容器に移して冷凍庫に入れ、2時間凍らせたてください。最後に、よくかき混ぜて、空気を含ませてから、冷蔵庫で一晩寝かしてできあがり。

度数の高いタンカレーのおかげでカチカチにはならず、適度な固さに仕上がります。まさに大人の味!という、アダルトな風味を堪能してください。

おわりに

いかがでしたか?

タンカレー、飲んでみたくなったのではないでしょうか。ふだん安価なジンを割って飲んでいるという人は、ベースをこちらにするだけで、まさに別次元の風味を楽しめると思います。

世界各地にジンの蒸留所はありますが、定番といえるのはやはりこのお酒。クラフトジンが流行の兆しを見せている昨今、まずはタンカレーを試しておいて、より深いジンの世界へ足を踏み出していただきたいと思います!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

アボカド レシピ まとめ

とろとろクリーミーな食感が人気のアボカド。前菜やサラダはもちろん丼にもぴったり。お肉や海鮮と合わせてご飯の上に盛り付けるだけでごちそうになりますよ。さっぱりと食べられるものから、ガッツリお腹いっぱいになるもの…

アレンジレシピ レシピ まとめ

甘くてほろ苦いキャラメルソースは、作り方をマスターしておけば何かと使える万能ソースです。水以外の材料は2つだけと、とってもシンプルで簡単!この記事ではパティシエが教える基本のキャラメルソースや人気のアレンジレ…

レシピ まとめ

皆さん「ビビンバ」はお好きですか?おうちで簡単に作れたら嬉しいですよね。今回は、基本のビビンバから、さまざまな具材を使った丼、フライパンやホットプレートで調理できるもの、変り種のビビンバまで、一挙大公開します!

キャベツ パスタ レシピ まとめ

いろんな食材と合わせやすいキャベツ。今回は、そんなキャベツを使ったパスタレシピをご紹介します。定番のベーコンやツナ、ひと癖つけたアンチョビ風味まで、さまざまな人気レシピをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてく…

カレー レシピ まとめ

カレーを自宅で食べるとき、いつも同じ味、同じ食べ方になってしまっていませんか?特に二日目のカレーはおいしいけど飽きてしまってスプーンが進まないってことありますよね。そんなときはカレーにトッピングを乗せて少し違…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

子供が風邪!ってときは親は自分が風邪のときよりも辛いもの。せめて食べ物を摂取できれば回復は早いのですが、熱を出して何も食べられないと心配になりますよね。何を作ってあげたらいいのかわからない…、そ…

高知 お土産 和菓子 まとめ

高知駅で買えるおすすめのお土産をまとめました。高知駅のキオスクは、マニアックだけど美味しいモノから定番・全国区のモノまで揃っているので、時間がない時でもハズさないお土産選びができますよ。

ワイン 日本酒 まとめ

今回紹介するのはチェーン居酒屋にも置いてある、ワイングラスで飲むと美味しい3つの純米吟醸酒です。日本食だけじゃなく、フランス料理などに合わせて飲むのもおすすめです!

フルーツ スイーツ まとめ

おいしくキレイになる…なんて甘い響きなのでしょう!今回は、女子なら誰しもが一度は望む欲ばりな願いを叶える、美容に◎なスイーツをランキング形式でご紹介しちゃいます♪美容のプロ厳選のスイーツばかりで…

まとめ マフィン スイーツ

コストコの人気商品といえば、大きなマフィンもその1つ。ボリュームたっぷりで美味しいことから、コストコに行くと買う!という方も多いですよね♪そんなコストコの人気マフィンをまとめました。

お茶 生姜 まとめ

春の足音が聞こえる今日この頃。冷え性に悩まされている人はホッと一息つく季節ですよね。でもその一方で一年中冷え性に苦しんでいる人がいるのも事実。今回は、春から夏にかけても飲める、体が芯から温まる効果があるルピシ…

お茶 おしゃれ 日本茶 まとめ

思わずギフトにしたくなるようなパッケージがかわいい日本茶をまとめました。かわいいうえだけでなく、お茶なので誰にでも喜ばれると思いますよ♩自分用に買ってもワクワクできそうです。種類も豊富なので贈り物に迷った時は…

お弁当 まとめ

今お弁当のアイデアがぎゅっとつまっているのがインスタグラム。その中でも特に「seiko_sato」さんのお弁当のアイデアが素晴らしかったので注目。一体どの様なアイデアにあふれているのでしょうか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

発売が決まったときから大きく話題になったブルボンのルマンドアイスをどこよりも早く手にいれることができましたので、さっそくその味をレポさせていただきます!ただアイスモナカにルマンドを挟んだだけではない、想像以上…

おしゃれ まとめ

macaroni編集部のスタッフが厳選した商品を紹介している連載企画。今回は、カフェ風のおしゃれ雑貨を多く取り扱っている100円ショップ「セリア」のおすすめアイテムをピックアップ。キッチンやリビングで使いたく…

ushi3

食べることと呑むこととカメラに人生の大半を費やしているグルメ系写真...