ローディング中

Loading...

お家でカシスカクテルを楽しんでみませんか?「クレームドカシス」はカシスオレンジのベースにも使われているカクテル初心者にもおすすめのリキュールのひとつです。今回はおすすめの銘柄から絶品カクテルまで、クレームドカシスの魅力をご紹介します。

定番リキュール「クレームドカシス」

お酒が苦手な方でも飲みやすい甘いカクテル。そんななかでも「クレームドカシス(Crème de Cassis)」とは、カクテルベースとして世界中で愛されている、カシスを原料とした甘いリキュールのひとつです。女性に人気のあるカシスオレンジにもクレームドカシスが使われているんですよ。

今回はそんなクレームドカシスについて、その歴史やおすすめの銘柄、カクテルレシピまでご紹介します。

クレームドカシスとは

そもそもは、薬として飲まれていたリキュール。はじめはそれほどおいしいものではなかったようです。カシスリキュールが嗜好品として楽しまれるようになったのは、フランスのルジェ・ラグート社によってクレームドカシスが販売された1841年ごろのことでした。

その濃厚な味わいは飲んだ人々を次々と魅了し、クレームドカシスはカクテルベースとして世界中に広がっていきました。本場フランスでは、毎年およそ1,600万リットルものクレームドカシスが作られていますが、その大部分を国内で消費してしまうほど人気だそうですよ。

気になるアルコール度数とカロリーは?

およそ16~20%くらいの度数が一般的なようです。日本酒やワインが15%前後なので、それより少し強いくらいですね。気になるカロリーは、フランスの食品成分表では100gあたり245kcalとなっています。こちらはシュークリームと同じくらいのカロリーです。

クレームドカシスの味と香りは?

クレームドカシスの魅力は、なんといっても芳醇な香り。新鮮なカシスの実を砕き、アルコールのなかに5週間以上漬け込むといった冷浸漬法でつくるクレームドカシスは、蒸留をしていないためフレッシュなカシスの香りと味わいを楽しむことができます。

先ほど、シュークリームと同じくらいのカロリーと聞いて、「カロリー高い……」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。それもそのはず。クレームドカシスの「Crème de(クレームド)」の部分は“甘いクリームのような”という意味。クレームドカシスには1Lあたり400g以上の糖分が含まれています。牛乳パック約半分まで砂糖がみっしりと詰まっている状態を想像するとわかりやすいかもしれません。

そのまま飲むとかなり甘いですが、大丈夫です。クレームドカシスは基本的にはジュースや炭酸水で割って飲む飲み物。カクテルにするとアルコール度数は8%以下、甘さとカロリーもかなり軽減されます。ですが、一般的なジュースよりはカロリーが高いので、飲みすぎにはくれぐれも注意してくださいね。

クレームドカシスのおすすめ銘柄

ルジェ クレーム・ド・カシス

ルジェ クレーム・ド・カシス

出典:www.amazon.co.jp

ルジェ クレーム ド カシス 700ml

¥1211

Amazonで購入
日本でカシスリキュールといえば、こちらを想像する方も多いのではないでしょうか。ルジェ・ラグート社が販売しているカシルリキュールです。アルコール度数は20%。日本でも定番中の定番で、一番出回っているカシスリキュールといえるでしょう。

こちらのクレームドカシスの特徴は、なんといってもフレッシュな果実感。少し長めにアルコールに漬ける期間をとることで、カシス果汁が凝縮された深い味わいが生まれます。カクテル初心者の方はこちらのリキュールから試してみるのがおすすめですよ。

フィリップ・ド・ブルゴーニュ クレームドカシス

フィリップ・ド・ブルゴーニュ クレームドカシス

出典:www.amazon.co.jp

フィリップ ド ブルゴーニュ クレーム ド カシス

¥3196

Amazonで購入
逆にカクテル上級者さんにおすすめしたいのがこちらのフィリップ・ド・ブルゴーニュ社のもの。プロのバーテンダーにも愛用者が多いといわれている人気のクレームドカシスです。アルコール度数は20%。

人気の秘密は嫌みのない重厚な飲み口。どっしりとしながらもどこか上品な味わいは、とにかく濃厚。味も色も一般的なクレームドカシスよりも少し濃いめです。少しお値段は高めですが、ワンランク上の味を目指したいという方は試してみてはいかがでしょうか。

レリティエ・ギュイヨ  クレームドカシスドディジョン

レリティエ・ギュイヨ  クレームドカシスドディジョン

出典:www.amazon.co.jp

レリティエ・ギュイヨ クレーム・ド・カシス・ド・ディジョン 700ml

¥1317

Amazonで購入
日本ではあまり知られていませんが、本場フランスでシェアNo1を誇るクレームドカシスのトップブランドがこちらのレリティエ・ギュイヨ社。余計な添加物を一切使わずにカシスの味だけで勝負しているこちらのクレームドカシスはカシスの最高品種「ノワール・ド・ブルゴーニュ」のみを使用しています。アルコール度数は16%。

そのため、カシス本来の濃厚なコクと甘みを思う存分味わえるのがこちらのクレームドカシスの特徴です。一般的なものと比べてアルコール度数が低く、甘さがひかえめで飲みやすいのもフランスで人気の秘訣なのでしょう。本場の味を楽しみたい方はぜひこちらを試してみてくださいね。

クレームドカシスの絶品カクテル5選

1. キールロワイヤル

クレームドカシスが世界中に広がるきっかけとなったのが、こちらのカクテル。世界的にも有名なカクテル、「キール」の白ワインの代わりにシャンパンを使用しています。シュワッと舌の上ではじける爽やかさは「ロワイヤル=王家風」の名前にふさわしい味わいです。

2. カシスウーロン

バーでもおなじみのクレームドカシスをウーロン茶で割ったカクテルです。あまり甘みがなくさっぱりとした味わいは、食事と組み合わせる方も多いのだとか。お好みでレモンなどの柑橘系の果実を絞ってもおいしく召し上がれますよ。

3. カーディナル

先ほどのキールロワイヤルのシャンパンを、ボジョレー産の赤ワインに変えたものがこちらのカクテル。カーディナルとは、日本語で「枢機卿」という意味です。カクテルの深い赤色が高位聖職者が身にまとう赤い衣装に似ているところから、こちらの名前がつけられたそうですよ。どこか神聖な雰囲気漂う美しいカクテルです。

4. カシスオレンジ

言わずと知れた日本でも定番のカクテルがこちら。クレームドカシスをオレンジジュースで割って作ります。アルコール度数も8%以下と低く、カクテル初心者でも飲みやすいので、ホームパーティーのおもてなしドリンクとしても人気があります。ただし、甘いからといって飲み過ぎにはご注意くださいね。

5. チョコカシスソーダ

チョコレートリキュールとクレームドカシスをソーダで割ったのがこちらのカクテル。海外ではチョコとカシスは定番の組み合わせ。濃厚なチョコレートの香りと、甘酸っぱい味わいがよく合いますよ。ボンボンショコラなどスイーツを召し上がるときのドリンクとしていかがでしょうか。

クレームドカシスでカクテルを楽しもう

おうちでカクテルを楽しむには専門の道具が必要では?と思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。お好みのリキュール、そしてジュースや炭酸水があれば自宅でも簡単にカクテルを楽しむことができるんですよ。

クレームドカシスはいろいろなカクテルベースになるうえ、甘くて飲みやすいので1本あると便利かもしれません。気分を変えてバニラアイスにかけたりと、デザートとして楽しむこともできますよ。あなたも休日は、おうちでバー気分を味わってみてはいかがでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

銀座 ランチ 個室 和食 まとめ

せっかくの日曜日、たまにはおしゃれして銀座でランチなんていかがですか?本日ご紹介するのは銀座で人気のランチが食べられるおすすめ店15選。和食ランチや肉ランチ、安いお店や個室ありのお店など、様々なシーンに合わせ…

じゃがいも バター まとめ

電子レンジやオーブンを使って簡単に作れるベイクドポテト。皮は「パリッ」中は「ホクホク」で、おいしい食感が楽しめますよね。今回は、ベイクドポテトの基本の作り方からアレンジレシピまで紹介します。軽食やおかずにぜひ…

カクテル まとめ

カンパリといえば、カンパリソーダやカンパリオレンジで知られるリキュールのこと。今回は、カンパリとは何か、またカンパリを使ったカクテルレシピを徹底的にご紹介します。赤いリキュール、カンパリの魅力に迫ります!

とうもろこし おつまみ 唐揚げ レシピ まとめ

夏が旬のとうもろこし。茹でたり焼いたりして食べるのが一般的ですが、唐揚げにするとビールが進む絶品おつまみに大変身します!そんなとうもろこしの唐揚げを実際に作って食べてみました!詳しい作り方やアレンジレシピもご…

ブランチ ポーチドエッグ まとめ

エッグベネディクトはアメリカ発祥の朝食メニューです。日本では2014年ごろ大ブームが起きましたよね!イングリッシュマフィンにベーコン、ポーチドエッグの取り合わせはボリューム・おいしさ満点です。今回は調理のコツ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ カクテル

ウイスキーってお洒落でかっこいいけど、強くて飲みにくそう・・・そんなイメージをお持ちではないですか?そこで今回は、美味しく女性にもとっても飲みやすくなるアレンジ方法を、レシピ付きでご紹介します♪ぜひ、ウイスキ…

バジル ローズマリー まとめ

普段料理をするとき、いつも決まったハーブばかり使っていませんか?ハーブの使い分けを覚えることで、あなたの料理の幅がぐっと美味しくなりますよ。それぞれのハーブの特徴と相性の良い料理ジャンルを紹介します。

レシピ まとめ 和食

お豆腐よりもしっかりボリューム、お肉よりもヘルシーな優秀アイテム「厚揚げ」でも、いまいち使い方がわからないって人も多いはず。そこで、厚揚げの色んなアレンジレシピを紹介します。意外なアレンジにハマるレシピがきっ…

カリフラワー レシピ まとめ

日本ではいまいち人気がないと言われる「カリフラワー」、実は揚げるととってもおいしいんです♪しかも高血圧予防や高血糖予防にも効果的☆テレビでも紹介され今年大注目「カリフラワー」の揚げておいしいレシピをまとめてご…

パスタ イタリアン レシピ ミートソース まとめ

パスタやドリアと相性抜群なミートソース。でも作りすぎて余っちゃった……そんな時はアレンジレシピでミートソースを絶品料理に変身させちゃいましょう!食卓にはもちろん、お弁当にもおすすめなので、ぜひ作ってみてくださ…

レシピ オムライス おしゃれ まとめ

ふわトロのオムライスって見た目もとってもおしゃれですよね♡おもてなしにもピッタリ!でも、普通のオムライスばかりじゃ飽きちゃう…そんな方にオススメの、誰でも失敗しないでできるふわトロオムライスとアレンジのレシピ…

チョコレート お菓子 レシピ まとめ イタリアン ティラミス

ティラミスは好きな人も多いと思いますが、意外とおうちでも簡単にできちゃうみたいですよ。ビスケットやインスタントコーヒーを使ったレシピ、是非あなたも作ってみてくださいね。イタリア語で「ティラミス」は「私に元気を…

お弁当 レシピ まとめ

お弁当は彩りよくおいしく作りたい!だけど朝は何かと忙しいから手間ひまかけられない...そんな時作り置きしておいたおかずを詰めたりしてお弁当が作れればベストですね!今回は時短弁当のおすすめレシピを集めてご紹介し…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

三軒茶屋 ハンバーガー アメリカ

たまにはお腹いっぱいハンバーガーを食べたい!でも、食の安全が注目される今。食べるお店は慎重に選びたいですよね。そんなとき、絶対訪れて欲しいのが「ベーカーバウンス」です。食材や調理方法へのこだわりがあり、安心し…

京都 コーヒー ランチ

スペシャルコーヒー専門店「unir(ウニール)」がまた新たに京都に1月21日新店舗をオープンしました。今までの魅力はもちろん、新たな魅力をたくさん交えてパワーアップした京都ウニールに虜になること間違いありませ…

milkpop

栄養士、製菓衛生師資格持ちのフリーライター。「読み物として楽しい記...

ページTOPに戻る