ローディング中

Loading...

連載:macaroni編集部厳選!マカロニセレクション

アイスクリームといえば、基本はやっぱりバニラですよね。今回はスーパーやコンビニなどで買えるバニラアイス21種類をかき集めてランキング。果たしてあなたの好きなバニラアイスは何位にランクインしているでしょう!? そして編集部のおすすめ1位は!?

バニラアイス21種類が勢ぞろい!

暑い日に疲れた体をすっと癒やしてくれる冷たいアイス。ワンコインで買えるお手頃アイスからちょっと贅沢なご褒美アイスまで、たくさんの種類がありますよね。スーパーやコンビニに行くと、ついついアイスコーナーに吸い寄せられてしまう人は多いはず!

macaroni編集部が独自の視点でおいしい商品を紹介している本連載。今回はアイスを語る上では欠かせない定番中の定番、バニラアイスを取り上げます。アイスのフレーバーは数多くあるけれど、やっぱりバニラは外せないでしょう。
ということで、スーパーやコンビニ、アイスクリーム専門店、洋菓子チェーン店などで2016年8月現在入手できるバニラアイス21点を編集部の独断と偏見でランキング!バニラの風味、味、余韻、価格など総合的に評価し格付けしてみました。

そもそもバニラ味って…

ランキングに入るその前に、バニラ味の定義をさくっとおさらい。

バニラとは、アメリカの熱帯地域原産のツル科バニラ属の蔓性植物、およびその植物から抽出された香料などのこと。バニラの種子(バニラシード)は上の写真のように、鞘(バニラビーンズ)の中に黒く細かい粒の状態でびっしりと入っています。収穫直後は味も香りもないバニラですが、乾燥と発酵が進むとおなじみの甘い香りがするようになり、バニラエッセンスなどの商品に加工されます。

天然のバニラは産地が限られ、加工の手間もかかる高級品。バニラ味のアイスの中には植物のバニラ由来ではない成分を含む「バニラ香料」「合成香料」で風味付けをしているものもあります。

編集部厳選!バニラアイス・ランキング

今回の企画では、原料を問わず商品名で「バニラ味」をうたっているものをセレクト。バニラにこだわりたいので、ミルク味は対象外とします。さあ、それでは怒涛のバニラアイス・ランキング、行ってみましょう!

21位:ホームランバー

http://macaro-ni.jp/32542

参考価格:356円(税込)/ 60 kcal(1本あたり)

協同乳業から発売中の「ホームランバー バニラ&チョコ」。一箱にバニラとチョコが5本ずつ計10本入っています。

少ししゃりっとした食感と、突出した甘さが特徴のバニラバー。バニラ感やミルク感はあまりなく、綿菓子を食べたときのようなまったりとした甘さが口に残ります。同じ価格帯のバニラバーに比べて人工的な風味が強いことから21位となりました。

20位:明治エッセルスーパーカップ 超バニラ

http://macaro-ni.jp/32542

参考価格:140円(税込)/ 380 kcal

バニラといえば真っ先に「スーパーカップ」をイメージする人は多いはず。ただのバニラ味ではありません、“超バニラ味”です。1994年の発売以来、進化を重ねるロングセラー商品。

甘さ強めですが、口の中ですっと溶けていき、クリーミーなのに後味はさっぱりとしています。アツアツ濃厚なアップルパイなどスイーツに添えて食べても負けない強い味。しかし、肝心のバニラ風味が人工的なため20位です。

19位:やさしい糖質生活アイス バニラ

http://macaro-ni.jp/32542

参考価格:129円(税込)/ 78kcal

シャトレーゼから発売されている「やさしい糖質生活アイス バニラ」。なんと1個78キロカロリーと、アイスにしては随分カロリーを抑えた商品で、ダイエット中でも罪悪感なく食べられます。低カロリーの秘密は、砂糖の代わりに体内の糖の吸収を穏やかにするマルチトールという甘味料と豆乳を使っていること。糖質制限を余儀なくされる方はもちろん、健康志向の方にも嬉しいアイスです。

ムースのようになめらかな口どけが特徴的。甘さはほんのり、バニラよりも豆乳の風味が感じられる味でした。バニラアイスをひたすら試食していた編集部メンバーも「おやっ」と驚く淡白な味です。バニラアイスとしてはやや物足りなさがありますが、コンセプト通りのヘルシーな仕上がりと言えます。ネットでも購入できるので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

18位:サーティワン バニラ

http://macaro-ni.jp/32542

参考価格:260円(税込)/ 147kcal(キッズ・シングルカップ)

続いて18位にランクインしたのは、サーティワンアイスクリームのバニラです。「ポッピングシャワー」「ナッツトゥーユー」など名前も見た目もポップなフレーバーが並ぶなか、潔さを感じさせる真っ白な「バニラ」。試食メンバー全員、サーティワンのバニラを食べるのは今回が初めて。

ひと口含んでみると、バニラの風味はほんのり感じる程度。すっきりとした口当たりです。ただし甘さが強く残るため、さっぱりしたベリー系のフルーツと合わせるとバランスが良さそう。おそらく、サーティワンのバニラは他の個性的なフレーバーとダブルやトリプルで楽しむため、あえて主張を抑えて作られているのでしょう。そんな印象を受けました。

17位:こだわりのバニラアイス

http://macaro-ni.jp/32542

参考価格:248円(税込)/ 291kcal

「こだわりのバニラアイス」は、森永乳業によるファミリーマート限定商品。2015年に発売されたこの商品、ネイビーブルーのパッケージに金色のロゴがコンビニの棚の中でも高級感を放っています。

洋酒を思わせる大人っぽい味で、しっとりとなめらかな食感。濃厚なバニラの風味がストレートに感じられます。“こだわり”というネーミングに期待を膨らませすぎたせいか、それほど大きな感動を得られず、味と価格の総合評価から17位に落ち着きました。

16位:森永アイス ビスケットサンド

http://macaro-ni.jp/32542

参考価格:136円(税込)/ 215kcal

森永乳業の兄弟会社である森永製菓から販売される「ビスケットサンド」。製菓メーカーならではの自慢のビスケットを使ったアイスクリームサンドです。しっとりやわらかなビスケットは素朴な味。バニラビーンズシードの粒が見える分厚いバニラアイスがサンドされています。

クリーミーな味のバニラアイスがビスケットとマッチ!ボリューム感のある商品なので、小腹がすいた時にもおすすめ。しかも、1個あたり215キロカロリーと意外と低カロリーなのも嬉しいです。ただビスケットの存在感があまりに大きく、今回の企画はあくまでバニラアイスが主役なため16位という結果に。

15位:モナ王

http://macaro-ni.jp/32542

参考価格:129円(税込)/ 225kcal

ロッテの「モナ王」がここで登場。子供の頃から食べているという人も多いのでは?今年2016年は発売から20周年ということで、パッケージにもハートのロゴでアピール。長く愛されてきたヒット商品です。

モナカはしっとり、やわらか。アイスはあっさりとしたミルク味で、乳脂肪分は3.5%と低めです。ガツンとくる甘さはなく、ほっこり食べられるのが長生きの秘訣かも。ただし、今回の企画はあくまでバニラアイスが主役なため〜(以下割愛)

ちなみに、20周年を記念してグッズやギフト券などが当たるキャンペーンを実施中です。この夏はモナ王を集中的に食べてみてはいかがでしょうか。

14位:爽 バニラ

http://macaro-ni.jp/32542

参考価格:126円(税込)/ 230kcal

同じくロッテから「爽 バニラ」が14位にランクイン。バニラアイスの常識を覆すようなシャリシャリ感がウケて、1999年の発売と同時に大ヒットした商品です。蓋を開けると若干ざらついた断面が目で見て分かります。

スプーンを入れるとシャリッ、口の中でも氷の粒が残るようなシャリシャリした食感が特徴です。アイス自体の甘さはあるものの、のどごしは爽やか。べたつく暑い季節でもまさに爽快になれるアイスです。「爽 バニラ」はそのクールなのどごしを楽しむもの。今回の格付けでは14位となりました。

13位:クーリッシュ バニラ

http://macaro-ni.jp/32542

参考価格:162円(税込)/ 153kcal

ハンディタイプの”飲むアイス”という斬新なコンセプトを掲げるロッテの「クーリッシュバニラ」。アイスの中に微細な氷の粒が入っており、喉にスッと入って消えていきます。氷の粒が入っているラクトアイスという点では「爽 バニラ」に似ていますが、クーリッシュのほうがよりなめらか。そして、ワンハンドで手軽に楽しめるのも魅力のひとつ。

後味はすっきり。甘い中にもさっぱりとしたミルク味が特徴です。爽快感が際立ちますが、バニラ感はさほど感じられません。コンセプトの通り、夏の火照った体をクールダウンさせるにはぴったりの商品だと言えます。

12位:ハーゲンダッツ クリスピーサンド タヒチバニラ

http://macaro-ni.jp/32542

参考価格:294円(税込)/ 249kcal

プレミアムアイスクリームの代名詞とも言えるハーゲンダッツのクリスピーサンドが12位に登場。2016年3月から発売中の期間限定商品「タヒチバニラ」です。ウエハースのバリバリっとした食感が特徴のクリスピーサンド。ほんのりホワイトチョコレートの風味が、主役のバニラアイスを引き立たせています。

商品名はタヒチバニラですが、アイスがカスタードでコーティングされているためか、卵の味が前面に感じられびっくり。味も食感も、他の商品とは一線を画する高級感があり、随所にこだわりが詰まっています。総じて満足度が高かったものの、バニラ味というよりカスタード味だったため12位です。

11位:北海道バニラバー

http://macaro-ni.jp/32542

参考価格:356円(税込)/ 76kcal(1本あたり)

ロッテの「北海道バニラバー」。10本箱入りで、一本あたり40円以下のプチプライス商品です。真っ白な色が印象的なアイスは、ひと口食べると濃度の高いミルク味が舌に広がります。一瞬にして溶けていき、やさしい後味。バニラの濃厚さよりミルク感が強いので、牛乳のさっぱり感が好きという人におすすめです。コストパフォーマンスと味のバランスを考慮した結果、11位にランクイン!

10位:贅沢最中 ブルボンバニラ

http://macaro-ni.jp/32542

参考価格:162円(税込)/ 166kcal

和風なパッケージが目を引く、第一食品株式会社の「贅沢最中 ブルボンバニラ」。まん丸で真っ白な最中でサンドされたアイスは、生クリームのようななめらかさときめ細やかな食感、そしてふわっとした口どけが印象的。乳脂肪分12%で、コクもしっかり感じられます。最中自体は、高級和菓子で使われているようなしっとりもちっとした食べごたえ。アイスも最中も新食感で、クオリティの高さを感じさせます。ですが、バニラアイスのみにフォウカスすると10位という結果に。

ちなみにこの商品、2016年3月のご当地アイスクリームグランプリでは銅賞を受賞しています。どのスーパーにも必ず置いているとは限りませんが、食べたことのない人は、ぜひ手にとってみて!ネットでも購入できますよ。

9位:カロリーコントロールアイス バニラ

http://macaro-ni.jp/32542

参考価格:162円(税込)/ 80kcal

9位にランクインしたのは、グリコの「カロリーコントロールアイス バニラ」です。蓋を外すと、アイスが花のように美しく絞り出されていて、思わず頬がゆるみます。食べてみると、たった80キロカロリーとは思えない濃厚なバニラ。砂糖不使用なのにしっかりとした甘さ。豆腐由来の深いコクとボリューム感もあります。

甘いものが大好き、でもダイエットしないと……という方でも満足して食べられるアイス。カロリーオフだけでなく、糖質も50%オフだなんて。これならダイエット中でも無理せずバニラアイスを楽しめますね。

8位:MOW バニラ

http://macaro-ni.jp/32542

参考価格:140円(税込)/ 249kcal

バニラアイスといえば、森永乳業の「MOW バニラ」も定番ですね。生クリームのように濃厚な乳脂肪分が強く感じられ、まったりとした甘さ。クリーミーな味が長く余韻を残し、贅沢な気分にさせてくれます。わずか140円でアイスクリーム規格という本格的な味。

低価格でプレミアムな味を提供するというコンセプトから根強いファンも多いMOW。最近ではダブルフロマージュ味がコンビニ限定で発売され、話題になっています。乳製品の原料には特にこだわるブランドなので、バニラとダブルフロマージュの2品を食べ比べてみてはいかが?

7位:ベン&ジェリーズ バニラ

http://macaro-ni.jp/32542

参考価格:348円(税込)/ 231kcal

2012年、表参道に日本1号店をオープンして以来、続々シェアを広げているアメリカ生まれのプレミアムアイスクリーム「ベン&ジェリーズ」。シャリっとしたシャーベット感があり、バニラシードがたっぷり入っています。乳脂肪分14%ながらあっさりとした味で、後味もすっきり。バニラはフェアトレードのものを使用しているそうです。

カップアイスの販売が開始されてから、全国のスーパーやコンビニでも手に入るようになりました。アメリカだけでなく世界で大人気の味をぜひ試してみてください。

6位:八ヶ岳牛乳王国バニラ

http://macaro-ni.jp/32542

参考価格:129円(税込)/ 207kcal

シャトレーゼの「八ヶ岳牛乳王国バニラ」が6位にランクイン。牛のイラストとレトロなパッケージデザインがかわいい商品です。

このアイス、八ヶ岳高原の契約牧場の搾りたて牛乳を低温殺菌し、牛乳本来のコクと風味をじっくり引き出して作られています。牛乳の味がしっかり活かされたバニラアイスで、食感はクリーミーでなめらか。ミルクのコクが好き!という方におすすめです。価格がお手頃なのも魅力ですね。

5位:レディーボーデン バニラ

http://macaro-ni.jp/32542

参考価格:429円(税込)/ 715kcal

「やっとこれが来たか」と思われる方も多いのでは?

5位はロッテの「レディーボーデン バニラ」。他のバニラアイスと比べて黄みがかった色が特徴で、バニラというよりカスタード系。卵の味が強めです。ねっとり舌に絡みつく強い甘さがありながら、すっと溶けてなくなっていきます。

ミニカップも販売されていますが、470mlという容量が定番サイズですね。スプーンを並べて、みんなでおいしさをシェアしましょう。

4位:牧場しぼり 濃厚バニラ

http://macaro-ni.jp/32542

参考価格:130円(税込)/ 195kcal

続いて4位は、グリコの「牧場しぼり 濃厚バニラ」。牛乳の鮮度にこだわったバニラアイスで、乳牛からしぼって3日以内の新鮮なミルクを使用しています。その製法通り、まろやかなミルクの味が口いっぱいに広がり、濃厚な味。ミルクの鮮度を活かしつつバニラの香りが漂う上品なアイス。バニラビーンズシードもしっかり入っており、上質感があります。濃厚でありながら後味はさっぱり。価格とのバランスから言っても、満足度の高いバニラアイスです。

3位:バニラモナカジャンボ

http://macaro-ni.jp/32542

参考価格:140円(税込)/ 257kcal

さあ、いよいよベスト3へ。

第3位は、森永製菓の「バニラモナカジャンボ」です。スーパーやコンビニでよく見るのは、板チョコが挟まれた「チョコモナカジャンボ」の方かもしれません。しかし、バニラモナカにもぜひ注目を!

まず特筆すべきはモナカの皮。サックサクな食感でアイスのやわらかさとの対比が心地よいです。内側がチョコレートでコーティングされており、甘すぎずクリーミーなバニラアイスに良いアクセントを与えてくれます。モナカ好きなら試してみるべし。

2位:金のバニラアイス

http://macaro-ni.jp/32542

参考価格:267円(税込)/ 265kcal

第2位は、セブン-イレブンのセブンゴールドシリーズ「金のバニラアイス」。品質の高さにお墨付きの金のシリーズは、新商品が発売されるたびに期待を寄せて購入してしまいますよね。

バニラアイスも堂々の2位にランクイン。バニラとミルクの両方の味をバランスよくまとめたコク深い味わい。濃厚な風味がふわっと広がり、贅沢感があります。原材料へのこだわりが味にきちんと表れている感じ。価格は少々高めですが、ご褒美アイスにぴったりです。

1位:ハーゲンダッツ バニラ

http://macaro-ni.jp/32542

参考価格:284円(税込)/ 244kcal

そして、第1位に輝いたのは、安定のハーゲンダッツ「バニラ」です!

乳脂肪分15%とたっぷりのクリームが使用され、卵のコクも感じられます。クリーミーで芳醇な香りが漂う、完成されたバニラアイス。ハーゲンダッツならではの技を感じさせる一品です。豊かな余韻を残しつつも、後味はすっきり。きっと誰もを満足させてくれる過不足のない仕上がりと言えるでしょう。

番外編:わたしの推しバニラはこれ!

ここまで一挙にランキング結果を紹介しましたが、味や価格、原材料などを総合評価するなかで「これがおいしい」「私はこっちが好き」と意見が分かれる場面も。ということで、ここからは編集部の個人的な“いちおしバニラアイス”を紹介します。あくまで個人的見解ですのであしからず。

1. レディーボーデン バニラ

「レディーボーデン」こそ、“深さ”と“さっぱり”が融合したようなアイスクリームです!ねっとりと舌に絡みつくような口当たりでありながら、後味がしつこく残ることもなく、すっきりと食べきることができます。「濃厚なアイスが食べたいけど、しつこいのはやだなぁ……」と思っているそこのあなた!「レディーボーデン」なら、条件にビシッとあった期待以上のパフォーマンスを魅せてくれること間違いなしです。頑張った日のご褒美は、これで決まり♩〈森山〉

2. 牧場しぼり 濃厚バニラ

濃厚なバニラアイスが食べたくなった時に俄然おすすめなのが「牧場しぼり 濃厚バニラ」。バニラビーンズが入っている時点で、テンションが上がります!そしてアイスのお味が、とにかく新鮮&濃厚。人工的な甘さではなく、自然素材の味がして、スーパーでプチプライスで買えるアイスとは思えないくらい。サイズは小さめですが、1個食べるととても満足感があります。後を引きずるような甘さじゃないので、食後のデザートやおやつにどうですか?〈清水〉

3. 金のバニラアイス

セブンイレブンの期待を裏切らない「金の〜」シリーズ。ひと口食べた瞬間、濃厚で上品な甘さにビビッときました!こちらの「金のバニラアイス」は、しつこくないほどよい甘さで、バニラの風味もよく感じられますよ。香り高いエスプレッソをかけてアフォガードで食べると、よりアイスの甘さが際立ちます。コンビニでお手軽に買えるので、すぐにプチリッチな気分が味わえるアイスとして重宝できそうです。〈夏野〉

4. 八ヶ岳牛乳王国バニラ

こだわりの洋菓子スイーツ店シャトレーゼの「八ヶ岳牛乳王国バニラ」が私の一押しです。一口食べると、牛乳本来の風味やコクを感じながらもさっぱりとした味。一瞬で緑の高原が目の前に広がっていくような爽やかさを体感しました。「牛乳王国」というネーミングの期待通り、ミルクのコクは健在です!アイスが好きなら、朝一番の目覚めのアイスとしてもおすすめですよ。店舗によって商品がない場合もあるようですが、シャトレーゼでしか味わえない特別な味があります。〈大河内〉

5. ベン&ジェリーズ バニラ

しっかりバニラビーンズも入っているのにしつこさがなく、さっぱりと食べられるベン&ジェリーズのバニラ。ふだん甘いものを食べない辛党のわたしがバニラアイスに求めるのは、なるべくフラットで涼やかな甘さですが、このバニラアイスはまさに条件ぴったり。お酒を飲んだあと、ちょっと冷たいものが食べたい時におすすめ!嫌味のない爽やかな甘みと主張しすぎないバニラ度が気に入りました。〈宇宿〉

たかがバニラ、されどバニラ

全部で21種類、食べた食べた……一言で“バニラ”といっても、メーカーによって千差万別。本当に色々なバニラアイスがあることを実感しました。バニラ=とくにフレーバーのないアイス、などというイメージは大間違い。原材料が限られる分、ごまかしが利かない。それがバニラアイスなのです!

なかなかに奥深いバニラアイスの世界、お楽しみいただけたでしょうか?まだ暑い夏は続きます。あなたの幸せなアイスタイムにこの記事がお役に立てば幸いです。
(担当:宇宿、大河内、夏野、森山、清水)

《macaroni編集部厳選!マカロニセレクション》の記事一覧

スイーツ パン屋 まとめ

クリスマス目前のこの時期、食べたくなるスイーツといえばシュトーレンですよね!今回は、人気ブラッセリーから発売されているシュトーレンに注目。12個の絶品シュトーレンを編集部で食べ比べ、おいしかったものをランキン…

おやつ おつまみ まとめ

数ある商品の中でも不動の人気を誇るコンビニチキン。最近では、スパイスや衣にこだわった本格的なチキンが手軽に買えますよね。コンビニ7社を駆け回って集めた20種類のチキンを、ランキング形式でご紹介します!栄えある…

まとめ 食べ歩き

東京ディズニーシーの楽しみといえば、アトラクションときれいな景色…そしてグルメも見逃せません!ディズニーシーならではのフード(スナック&スイーツ)、しかもすべて500円以内のおすすめグルメ15点…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

天丼 浅草 まとめ

安いとは正直言えませんが、ちょっと贅沢したときにはおすすめの天丼店まとめました。

ランチ おやつ まとめ

食事の時間も予算も削ってアトラクションを楽しみたい! そんなアクティブ派のために気楽に食べられておいしいフード・ポイントをご紹介(๑╹ڡ╹๑)

チーズ レシピ おつまみ まとめ

皆さんのなかには、生粋のチーズ好きという人もいるのではないでしょうか?今回は、市販で売られている様々なチーズを「贅沢チーズ」に変える方法を紹介します。簡単でおいしいと話題のものばかりです♪

カフェ コーヒー おしゃれ アメリカ まとめ

スタバのような大型チェーンに負けず、こだわりの一杯で地元の人に愛され続けるアメリカのコーヒーショップを「9」つご紹介します!それらは全て味、雰囲気、サービス、その全てで愛されるお店ばかり。日本にもこんなお店が…

チョコレート スイーツ まとめ

バレンタイン間近!チョコやお菓子作りに、大人なチョコレートリキュールを使ってみてはいかがですか?お酒としてそのままプレゼントするのもアリ!カクテルにしてもカフェ感覚でコーヒーで割っても美味しいですよ♪今回は、…

ドリンク お菓子 まとめ

紅茶にお酒を少し入れるとおいしいですよね。今回ご紹介する『紅茶リキュール』には香りと味が溶け込んで、お湯で出すのとは一味違った風味を味わえるんです!フレーバーが凝縮しているので、お菓子にもピッタリですよ♫

お弁当 まとめ

今お弁当のアイデアがぎゅっとつまっているのがインスタグラム。その中でも特に「seiko_sato」さんのお弁当のアイデアが素晴らしかったので注目。一体どの様なアイデアにあふれているのでしょうか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

チョコレート

世界で人気のブランドの赤い帽子から、2016年9月6日より贅沢なめらかな味わいのクッキー「クッキア」が新発売されました。口に入れたときに広がる香ばしい香りと、絶妙な口どけのチョコレートが味わえるクッキーをぜひ…

台湾の屋台なら大抵のお店で食べられる「魯肉飯(ルーローファン)」。日本ではなかなか食べる機会がありませんが、実は家庭でも簡単に作れるんです。作り方に加え、おいしいお店もご紹介!この記事を読めば「魯肉飯」がちょ…

macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。毎回独自の視点でおいしい情...