ローディング中

Loading...

食用菊をご存知ですか?お刺身のつまに添えられているお花といえば見たことがある方も多いのでは。この食用菊、栄養にすぐれ特にアンチエイジングの点から注目を浴びている食材なんです。食用菊に含まれている栄養素や効能などを詳しくご紹介。

食用菊とは?

食用菊とは、菊の一種で食用に品種改良されたものを指します。苦みを少なくし、食べる部分である花びらを大きくさせた品種です。中国では古来より延命長寿をもたらす、縁起のよい花として重用されてきました。漢方薬として使われていたりお酒にして飲まれたりと、今でも多くの人に親しまれている食材です。

日本には、すでに奈良時代に中国から食用菊の品種が伝えられています。食用として一般的になったのは江戸時代とされ、江戸時代の代表的な歌人である松尾芭蕉は菊を好んで食べていたそうですよ。

食用菊の食べ方としては、茹でて和え物にしたり、天ぷらやお吸い物に用いられます。そのほか、菊の解毒・殺菌作用を利用して、お刺身のつまに添えられるのが最もポピュラーです。

食用菊の種類と効能

延命楽

明るい紫色が目を引く延命楽(えんめいらく)は八重咲きの中輪種です。花びらが大きく、食べるとシャキシャキの食感と、かぐわしい香りが特徴的。産地である山形では延命楽を「もってのほか」「もって菊」などと呼んでいます。もってのほかおいしい、食べるなんてもってのほかといった意味から、このように呼ばれているそうですよ。

同じく延命楽の産地である新潟では、垣根の元に植えられていた由来に基づき「かきのもと」とも呼ばれています。地域によって異なる呼び名があるなんて、昔から愛されてきた食材なのでしょうね。延命楽の収穫時期は、9月下旬から11月上旬ごろ。秋が深まるころが旬となります。

阿房宮

阿房宮(あぼうきゅう)は、青森県八戸の特産品です。延命楽より少し小ぶりの品種で、黄色が目に鮮やか。苦みが少なく、やわらかな歯ごたえと、甘みが特徴の食用菊です。

収穫時期は、霜が降りる直前の10月下旬から11月上旬という短い期間におこなわれます。旬の期間が短いため、一年中阿房宮を食べられるように、花びらを蒸してから干しあげた「干し菊」が作られました。干し菊はお湯でさっと湯がいて、お味噌汁や酢の物に使います。乾燥させて保存をしておけば、いつでも菊の風味を味わえます。

アンチエイジングにも効果

次に食用菊に含まれる栄養素をみてみましょう。食用菊には、ビタミンやミネラルの含有量が豊富。その中でも特に、代謝アップに効果的な、ビタミンB群やβカロチン・ビタミンCなどの抗酸化作用の高い栄養素が多く含まれ、アンチエイジングにも効果が期待できることがわかっています。

そのほか最近では、グルタチオンの産生を高めることが分かってきました。グルタチオンとは細胞にある物質で、解毒作用のほかメラニンの生成を抑える効果があるため、白くて美しいお肌へをサポートしてくれます。

女性にうれしい効能がたっぷりの食用菊の栄養素をしっかり摂取するなら、おひたしや酢の物がおすすめです。軽く茹でる調理方は、素材のかさが減り、食用菊がたくさん食べられます。また、お茶としていただくと、水に溶けだした栄養素までまるごと摂取できます。

漢方薬としての食用菊の効能

中国では2000年以上も前から薬用に菊を栽培していたそうです。生薬「菊花」として、漢方薬に含まれていたり、お茶やお酒・薬膳料理としても活用されていますよ。菊花の効能は、目の疲れ・解毒・消炎・頭痛など。菊花を使った代表的な漢方薬に杞菊地黄丸がありますが、疲れ目や目の充血・むくみなどで処方されます。

もっと手軽に菊花の効能を取り入れるには、菊花茶がおすすめ。中国や台湾でよく飲まれているお茶で、お湯を注ぐと菊の花が開いていきます。その様子はとても美しく、リラックス効果のある、よい香り。

食用菊を使った栄養レシピ3選

特に女性が必要とする栄養素が豊富な食用菊。手軽に日常のお食事の中で、食用菊を食べられる、簡単レシピをご紹介します。健康に役立つことはもちろん、食卓がぐっと華やぎます。

1. 食用菊の和え物

彩が豊かな食用菊は、和え物にすると、その色がより濃く引き立ちます。ガラス容器など、うつわにもこだわれば食卓全体を明るい雰囲気に飾れます。緑のお野菜やビタミンカラーのフルーツなどとの組み合わせも、相性ばっちりです。

2. 食用菊の天ぷら

食用菊の香りと風味がもっともわかる食べ方が天ぷらです。みためのかわいらしさだけでなく、サクサクの食感も、もちろんおすすめ。衣にマヨネーズを少し加えることでより食感のよい仕上がりになります。

3. 食用菊と蜂蜜のフルーツヨーグルト

菊の花びらをヨーグルトソースにするアイディアが素敵なこちらのレシピ。蜂蜜やヨーグルトとアンチエイジング効果の高い食用菊を合わせると、女性にうれしいヘルシースイーツができあがりました。菊のシャキシャキした食感も楽しめますよ。

おわりに

食用菊の魅力をお伝えしました。ただの飾りではなく、栄養もたっぷりでアンチエイジングも期待大の女性にはうれしすぎる食材ということがお分かりいただけましたか?秋には見た目も色鮮やかでかわいい食用菊を食卓にのせてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

お料理の下ごしらえの際、人参の皮って気になりませんか?なんとなくピーラーで皮をむいていても、実はむかずに食べても大丈夫なんです!今回は、人参の皮について解説します。皮ごと食べるレシピも併せてご紹介しますよ。

かぼちゃ レシピ

皮が固いかぼちゃは切るのが大変なイメージがありませんか?かぼちゃはレンジを使えば、安全に簡単に切ることができます。固いかぼちゃを上手に切るためのレンジの使い方をご紹介します。加熱することで、調理時間の短縮にな…

レシピ パスタ

フライパンを使わずに電子レンジだけで作れる「焼かないカルボナーラ焼きそば」のレシピをご紹介します!とろ〜り卵の食感がたまりません。フライパンで焼かないのにこんなにおいしくできるなんて、驚くこと間違いなしです♩

天ぷら 和食 レシピ まとめ

サクッと軽く食べられてうれしい天ぷら。定番の具材はもちろんですが、これまで揚げたことのない具材で、新鮮な天ぷらを楽しんでみませんか?ユニークな野菜系、主役級のお肉・お魚系、スイーツ系までご紹介します!

ハンバーグ スープ レシピ まとめ

子供から大人まで大好きなハンバーグには、どんなスープをつけ合わせていますか?ハンバーグとスープでバランスのよい献立は?今回は定番スープから意外な材料を使ったスープまで、ハンバーグと合わせて食べたいスープをレシ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ドリンク お茶 まとめ

もうすぐ本格的に花粉の季節がやってきますね〜。花粉症の人にとってはとっても辛い時期。そうじゃない人ももしかしたらいきなり花粉症になるなんてこともあるかもしれませんよ!今回は、花粉症を内面から予防できるお茶を3…

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなりますよね。そこで今回は知っておくと便利なキッチンライフハックを22選ご紹介します。野菜や果物のおいしさをキープして、新鮮な状態を長持ちさせる方法が知りたい方は必見ですよ。ぜ…

まとめ

気付けば冷蔵庫の中がばらばら…あの食材どこに行ったかな?これ、いつ買ったものだろう…そんな経験はありませんか?そういう時におすすめの、収納のアイデアをご紹介します。冷蔵庫の整理整頓…

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

バー

洋酒の楽しみ方を提案する「アサヒ・ブラウンスピリッツ・セミナー2017」の第2回。「ウッドフォードリザーブ」をテーマとした今回も、お酒の魅力について新たな気づきをくれるものばかりでした!知らなきゃ損なその内容…

和菓子 レシピ スイーツ お菓子

「すあま」って知っていますか?すあまは、かまぼこのような見た目のローカル和菓子。関西圏に住んでいる方にとってはあまりなじみのない商品です。今回は、そんな謎の和菓子「すあま」についてご紹介。自宅で簡単に作れるレ…

スウェーデン ミートボール

スウェーデン料理といえばミートボールを想像する方も多いはず。クリーミーなソースでじっくり煮込んだミートボールは毎日の食卓やクリスマスのディナーにも欠かせない定番料理です。今回は、スウェーデン風ミートボールの基…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...