ローディング中

Loading...

連載:絶対きれいになる!皮膚科医の「美肌レッスン」

皮膚科医の私がおすすめのセルフケアを紹介する本連載。今回の主役は「シトルリン」です。美容効果が高く、スイカから発見された成分としてもよく知られています。どんな効果があるのか、私自身の体験もふまえて詳しくお伝えします。

スイカに含まれるシトルリンとは

日本の夏を代表する果物といえば、スイカですね。よく冷やした真っ赤な果実を暑い日にほおばると、さわやかな甘みが口いっぱいに広がり、心も体もすっきりした気分になります。まだ自宅に縁側があった昭和の時代、家族みんなでワイワイと囲みながら縁側でスイカを食べる、そんな光景が夏によく見られました。

スイカやキュウリなど夏に旬を迎える果物・野菜には、古くから利尿作用があり、夏バテの予防にいいと伝えられてきました。水分の多い夏野菜をとると、体内の熱を吸収して尿と一緒に体外に排出し、体温を下げてくれると考えられてきたんです。また、夏は水分の摂りすぎでむくみやすい時期でもありますが、夏の果物・野菜は利尿作用でむくみを軽減する働きもあります。

その時期に採れるものは、その時期の体に必要なものを含んでいる、そんなふうに日本人は昔から解釈してきました。四季を持つ日本人らしい感性といえますね。

私も夏になると、スイカをよく食べるようにしています。もちろん「おいしいから」というのが一番ですが、いま述べたスイカの利尿作用とか、スイカに含まれるシトルリンという成分の健康・美容効果に期待しているからです。今回は、シトルリンの効果について詳しくご紹介しますね。

シトルリンの効果

シトルリンは昭和5年、日本でスイカから発見された成分です。そのため「シトルリン」という名称は、スイカの学名「Citrullus vulgaris」から取られています。もともと医薬品成分でしたが、2007年8月17日以降、非医薬品リストに追加されると、サプリメントなどで手軽に摂取できるようになりました。日本で発見された成分といわれると、なんとなく親近感を持ちますね。

では具体的に、シトルリンにはどのような効果があるのでしょうか。以下にまとめてみました。

美肌

シトルリンはアミノ酸の一種で、私たちがもともと持っている保湿成分「天然保湿因子(NMF)」を構成します。肌のツヤやハリは天然保湿因子(NMF)の量や効力に関わっているため、シトルリンを摂ると、肌の潤いを取り戻せるんです。

むくみ

先ほど「夏の果物とむくみ予防」についてお伝えしましたが、栄養面から見ると、シトルリンの効果が大きいのでしょう。というのも、シトルリンには血流を改善させる作用があって、体内に溜まった余計な水分を排出してくれるからです。また、むくみは肌のくすみやたるみの原因になりますから、むくみを取り除くことは美肌作りにおいても大切なんです。

ダイエット

血流の状態がよくなれば、自然と代謝アップにつながります。代謝が上がれば脂肪を溜め込みにくい体質に切り替わるので、ゆるやかなダイエット効果も期待できます。シトルリンは水分や脂質の代謝に関わる貴重な成分といえますね。

冷え性

シトルリンの一番よく知られる作用は、血管を拡張させること。血管が拡がれば血流がスムーズになるので、末端まで血液が行き渡り、冷え性の予防・改善につながります。夏は冷房などの影響で、意外と冷え性が多くなる時季。シトルリンが活躍してくれるかもしれませんよ。

疲労回復

疲労の主な原因は、アンモニアと乳酸が体内に溜まること。シトルリンは肝臓内でアンモニアを尿素に分解して、体の外に排出させる作用があります。そのため、疲労回復に役立つんです。実際、アメリカでは、シトルリンのサプリメントがアスリートに向けて販売されているんですよ。

肩こり

血流が悪化すると、こりや痛みの原因になります。肩こりもその代表的な例です。シトルリンは何度もお伝えしているとおり、血流をよくする働きがありますから、日頃から肩こりに悩んでいる人にぜひおすすめです。

筋肉増強

シトルリンは「成長ホルモン」の分泌を促すといわれます。成長ホルモンは筋肉や骨を作る働きを担っているので、筋肉組織を増やす作用が期待できます。

シトルリンの1日の摂取目安量

シトルリンの1日の摂取量の目安は、800mg程度といわれています。摂れば摂るほど効果が高まるわけではありませんので、スイカやキュウリ、ゴーヤなどから効率よく摂るようにしましょう。また、シトルリンは皮に多く含まれているので、もしスイカから摂取したい場合、果実に加えて皮の部分も漬物にして食べるといいですね。私もよく試していますよ。

注意したいこと

高血圧の人がシトルリンを摂ると、血管の拡張作用で血流が増えて怪我時に出血が止まらなくなる、といった可能性があります。また、子どもの高シトルリン血症では、シトルリンの摂取が禁忌です。副作用が出るかもしれませんので、必ず摂取を避けてください。

私も美肌&ダイエットに活用!

私は体質的に若い頃からむくみやすくて、特に生理前や生理中、むくみがひどくなります。そのため日頃から「水分摂取と利尿のバランス」を心がけていて、利尿によいといわれている食材をよく食べるようにしています。

夏であれば、その代表的な存在がスイカです。スイカで利尿を促せば、むくみの予防につながるだけでなく、尿から老廃物が排出されて肌をよい状態にキープできます。私にとって、夏場のむくみ取りや美肌作りに、スイカは必要不可欠なんです。おいしく食べて健康・美容に役立てば、そんな嬉しいことはありませんね。

夏をヘルシーに満喫するためにも、ちょっと例年よりも意識して多めに、スイカを食べる習慣を心がけてみてくださいね。
次回は、抗酸化力ばつぐん!夏野菜の王様「トマト」についてご紹介します!

《絶対きれいになる!皮膚科医の「美肌レッスン」》の記事一覧

甘酒

皮膚科医の私がおすすめのセルフケアを紹介する本連載。今回の主役は「甘酒」です。美容効果ばつぐんで、特に便秘の改善には薬並みの作用が期待できる伝統食。効果から作り方、飲み方まで詳しくお伝えしますので、甘酒のすご…

まとめ トマト

皮膚科医の私がおすすめのセルフケアを紹介する本連載。今回の主役は「トマト」です。美白&日焼け防止作用が強力で、ダイエット、疲労回復にも役立つすぐれもの。私の体験、効能、効果的な食べ方など、詳しくお伝えします。

まとめ

皮膚科医の私がおすすめのセルフケアを紹介する本連載。今回の主役は「米のとぎ汁洗顔」です。効果、やり方に加えて、ちょっとした注意点やその他の活用法も併せてご紹介します。肌のターンオーバーを正しく整え、肌に潤いを…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

代表的な食品添加物、着色料。実は様々な種類があり、特徴や危険性が異なります。正しい知識を身に付けて、賢く活用しましょう。

ピザ パン まとめ

世界には、何でこんなことをしようと思ったんだろう…と思ってしまうようなことが沢山あります。でも、そんなしょうもないことでも、世界一なら認定してくれるのがギネスこと『guinnessworldrecords』!…

まとめ

毎日食べるお米ですから、なるべく美味しい炊き方で食べたいですよね。とは言えあまり手のかかる方法だと、日々おこなうには現実的ではありません。今回は簡単にできて、しかもぐっと炊きあがりが変わる方法をご紹介。今夜か…

まとめ

入浴剤に飽きたらこんなものを入れてみてはいかがでしょうか?冬のお風呂に入れたいおすすめの食材を紹介します。保湿効果や美肌効果もあり、冬の乾燥肌にもぴったり!お家にあるもので簡単にできるのも嬉しい♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

なんと、ビールとアイスの組み合わせが意外とあうとのこと!暖かい季節になると昼からビールが飲みたくなっちゃいますよね♪そんなときにバニラアイスクリームを添えて食べてみてください♪新たな組み合わせのおいしさを発見…

『マツコの知らない世界』で「マツコの知らないセブンイレブンの世界」という内容が放送されたあと、年間売り上げ約4兆円を誇るNo.1コンビニ「セブンイレブン」のなかで、売上げが3倍になった商品もあるそうです!では…

寺澤地子

蒲郡皮フ科院長。愛知県医科大学卒業後、愛知医科大学付属病院、名古屋...

http://gamagori-sc.byoinnavi.jp/pc/

ページTOPに戻る