ローディング中

Loading...

ついマンネリになりがちのおにぎり…ですが、「スイスチャード」という野菜を使っておにぎりを巻けば、一気におしゃれなおにぎりに変身。お弁当作りの強い味方になってくれます。スイスチャードってどんな野菜?おにぎりはどう作ればいいのかなど紹介します!

Instagramではいろいろなおにぎりが話題に

Instagramでは、彩り豊かな美しいフォトジェニックなお料理の写真を投稿している方が多いですよね? おにぎりもしかりで、今はすっかり有名になった「おにぎらず」、さらに具が増えてパワーアップした「わんぱくおにぎらず」や、おにぎりに目や鼻がついてキュートな「顔おにぎり」など、たくさんのおにぎりが話題になってきました。
そして今、人気急上昇中なのが「スイスチャードおにぎり」というものなんです。

スイスチャードおにぎりが今大人気!

スイスチャード(フダンソウ)は、茎の色が美しく、目を引く鮮やかさを持つ野菜です。そのスイスチャードをゆでて、おにぎりに巻くだけで、こんなにおしゃれになっちゃうんですね。茎の色は、オレンジや赤、濃いピンクなど種類もあって、見ているだけでも楽しいですね。これは人気が出るのも納得という感じでしょうか?

スイスチャードとは?

スイスチャードは、ほうれん草とおなじく「アカザ科」の野菜で、気候に左右されず1年中作れることから、和名で「不断草(フダンソウ)」とも呼ばれています。味もほうれん草とよく似ているのだとか。

色の美しさもさることながら、栄養素も豊富で、ポリフェノールの1種「ベタライン色素」が含まれています。この色素は活性酸素を除去する作用が期待できます。つまり抗酸化力が強く、アンチエイジング効果のある野菜ともいえるんですね。

活性酸素は、肌のシミ・しわの原因にもなりますので、それを取り除く効果が期待されるスイスチャードは、まさに女性の味方の食材になってくれそうです。

ふきの葉寿司との違い

似たお料理としては「ふきの葉寿司」があげられますが、違いがいくつかあります。稲荷寿司の油揚げの部分を、ふきの葉に変えて作りますので、寿司飯をゆでたふきの葉で包みます。ふきの葉は茎の部分が硬くて食べづらいので、包むときに茎をそぐことが多いですし、アクが強いので、ゆでた後に何度も冷水で洗い流さないといけませんが、スイスチャードはその手間はいりません。もっと手軽に調理できちゃうんです。

スイスチャードおにぎりの作り方

スイスチャードはお湯でゆで、スイスチャードの葉から出ている茎の部分を細かく刻んで、炊いたご飯に入れて塩で味をつけ、おにぎりを作ります。スイスチャードの葉を広げておにぎりを包めばできあがりです。おにぎりの具は、ほかの食材をプラスしてもおいしそうですね。カラフルな茎の色が食欲をそそります。

キュートで鮮やかなスイスチャードおにぎり

加熱しても、茎のきれいな色がそのまま残るスイスチャードおにぎりは、もちろんお弁当にもぴったりです!みなさんがどんな風なスイスチャードおにぎりを作っているか、見ていきましょう。

オイルおにぎりでもおいしい

おにぎりは、茎を細かくカットしたもの、しらす、白ごま、ごま油をご飯に入れて混ぜ合わせます。塩で味をととのえてから、丸くにぎってゆでたスイスチャードで包みましょう。スイスチャードの葉の裏側が表になるように包めば、茎の部分がよりきれいに見えますよ。ごま油が入っているおかげで冷めてもおいしいです。

上からお花を散らそう

お漬け物を花の形などで型抜きし、スイスチャードおにぎりの上にトッピングしても、いっそう見ばえがよくなってGOODです。こちらは、たくあんとしば漬けを使用していますが、そのほかの食材、ハムやチーズなどを使ってもいいかもしれませんね。横に添えられたラディッシュも、手まり模様に細工されていてすてきです。

中のご飯も色をつけて

ご飯にふりかけをふって、スイスチャードで巻きましょう。おにぎりだけ食べても、スイスチャードを巻いてもどちらでもおいしいし、お弁当で入れてもパッと目を引きますね。パーティーやおもてなしなど、華やかな場所に出すのにも、ぴったりのおにぎりに仕上がりますよ。

顔おにぎりと夢のコラボ

おにぎりは三角形ににぎって、スイスチャードを折り込んで下半分に巻きます。白い部分にごまや海苔、ぶぶあられで顔をつければ、なんとも微笑ましい顔おにぎりのスイスチャード巻きのできあがりです。上にアスパラガスの生ハム巻きをのせているのも愛らしいですね。お嬢さんに作ったお弁当だそうですが、お母さんの愛情がいっぱい詰まっています。

ご飯をチラ見せで

おにぎりは、ショウガとごま、ごま油、しらす、茎部分をカットしたものを入れましょう。スイスチャードで全部包むのではなく、上の部分だけ包むようにしても、また雰囲気が変わっていいですね。間にスライスしたレモンをはさんで、いろどりもアップです。

美しいスイスチャードでおにぎりを作ろう

最初のほうで、スイスチャードは栄養豊富という話をしましたが、カルシウム、ミネラル、ビタミンAやB1を含んでいるので、実に栄養バランスにすぐれた野菜なんですね。ほうれん草に似た味ということで、料理にも使いやすいです。おひたしや白和えで食べる方も多いようですよ。

栄養価も高く、簡単におにぎりをおしゃれにグレードアップできる「スイスチャード」をあなたもぜひ活用してみてください。

こちらの記事もどうぞ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ ハンバーグ まとめ

とってもおいしい煮込みハンバーグ。自宅で作るとき、どんな献立にすればいいか、迷うことはありませんか?もうひと品つけたしたい、栄養バランスが気になる……そんな方に、煮込みハンバーグに合うスープや副菜をレシピ付き…

とうもろこし おつまみ 唐揚げ レシピ まとめ

夏が旬のとうもろこし。茹でたり焼いたりして食べるのが一般的ですが、唐揚げにするとビールが進む絶品おつまみに大変身します!そんなとうもろこしの唐揚げを実際に作って食べてみました!詳しい作り方やアレンジレシピもご…

ナス

ナスに油を吸わせすぎないコツをご紹介します!ひと手間加えるだけで、ギトギト油まみれを回避できるんですよ。旬のナスをもっとおいしくヘルシーに食べてみませんか?実際に炒めた様子と合わせて、ポイントをご紹介します!

筑波乳業が、ナッツの日(7月22日)を記念して、「濃いアーモンドミルク」を使った料理やスイーツが楽しめる『ナッツで夏美人グルメフェア』を東京・神奈川・大阪・茨城の飲食店17店舗で開催!人気のドリンクを使った料…

餃子 宇都宮 まとめ

餃子の街・宇都宮には、なんと200軒以上も餃子のお店があります!地元でも人気のおすすめ餃子店12選とお店イチオシメニューも一緒にご紹介。宇都宮で餃子を食べるならぜひ立ち寄ってみたくなるお店が満載です。気になる…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ 和食 まとめ

いつもの味噌汁に飽きたときはちょっと工夫したアレンジ味噌汁を作ってみませんか?中の具を少し変えれば簡単に違った気分が味わえます。家族もちょっと喜んでくれそうです♪

ふりかけ レシピ まとめ

冷蔵庫をあけたらおかずがない…。なんていうときにも使えるボリューム感と満足感のあるふりかけをストックしておけば、何かと役に立つはずです♪おかずがないときに便利な、作り置きできる手作りふりかけのレシピまとめまし…

レシピ まとめ スープ

スープジャーとは、本来スープやシチューを保温して持ち歩けるというグッズなのですが、これに材料を入れるだけで調理もしてくれる♪ということで最近話題なんだそうです。そんな夢のようなグッズがあったのか!ということで…

ケーキ スイーツ レシピ まとめ シフォンケーキ

フワフワのシフォンケーキを簡単に紙コップで作ってみましょう!かわいい紙コップを使えばそのままギフトやプレゼントにもできそうです!味もラッピングもアレンジ次第でどんどん広がりそうですね♪さっそく作り方を紹介しま…

レシピ まとめ

ホームパーティーのメニューって、何を作ったら良いのかと、意外と悩む方が多いんだそうです。そこで、ここではそんなホームパーティーにおすすめのレシピの中でも、梅雨の時期に最適なレシピをいくつかまとめてみました!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

レシピ 唐揚げ 鶏肉 まとめ

鶏の手羽元を使った、「チューリップ唐揚げ」をご存じですか?骨つきでも食べやすく、きれいに盛りつけられると話題になっているんです。今回は、そんなチューリップ唐揚げのレシピや、味つけのアイデアをご紹介!パーティー…

表参道 カフェ レストラン

お肉不使用のビーガン料理。最近流行っているので、食べに行ってみたところ、ちょっと味気なかったり、物足りない感じを覚えたりしませんか?「エイタブリッシュ」は、そんな概念を覆す「おいしいビーガン」を実現したお店で…

noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われま...

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/1964/

ページTOPに戻る