ローディング中

Loading...

「ウインナー」と「ソーセージ」の明確な違いを聞かれたら、あなたは答えられますか?色?食感?味?果たして何がどう違うのでしょうか。今回は知っているようで知らない、ウインナーとソーセージの違いや由来に至るまで、徹底的に追求します!

ウインナーとソーセージは違うもの……?

突然ですが、みなさんはウインナーとソーセージ、フランクフルトの中でどれが1番好きですか?パリッとした歯切れのいい食感と溢れだす肉汁は、どれも最高です。

でもちょっと待ってください。ウインナーとソーセージ、フランクフルトってどこをどう見ても見た目も色もそっくりだし、それに味もほとんど同じだし、何が違うんだろう、と感じたことがあるはず。と言うかむしろ、違いなんてあるのでしょうか………。

スーパーの売場に行けば、数えきれないくらいの種類が販売されていて「どれも同じなんじゃないの」なんて思っていやしませんか?どうやら、ウインナーとソーセージには違いがあるとかないとか。

というわけで今回は、多くの方が抱いているであろう疑問のひとつ「ウインナーとソーセージの違い」にスポットを当てて、解明してみようと思います。

もし誰かに違いを聞かれたとしても、これを読み終わる頃には返答に困ることなくドヤ顔で答えられるようになるはず。

ソーセージが本家本元だった!

ウインナーは、塩漬けにした豚肉と牛肉をひき肉にして練り合わせ、香辛料を加えて羊の腸に詰めて燻製、ボイルしたソーセージのことを指します。オーストリアのウイーン発祥のソーセージです。ちなみに、ウインナーの正式名称は「ウィンナーソーセージ」。

ようするに、ウインナーはソーセージというカテゴリーの中のひとつであるということ。お分かりになりましたでしょうか?私たちがまったくの別物だと思っていたウインナーは実は、ソーセージの1種だったというわけなんです。

製品の太さで呼び名が変わる!

ウインナーにもたくさん種類がありますが、製品そのももの太さによって呼び名が変わるんですよ。ちなみに以前は、何の腸に詰めるかで呼び方が違ったんだそうです。それでは、その基準となる太さを見ていきましょう。

ウインナーの基準

ケーシングというソーセージの表皮部分には動物の腸や人工(コラーゲン、プラスチックなど)、羊の腸が使われていて、太さが20ミリ未満のもの。

フランクフルトの基準

ケーシングに豚の腸が使われていて、太さが20ミリ~36ミリのもの。

ボロニアソーセージの基準

ケーシングに牛の腸が使われており、太さが36ミリ以上のもの。
このように、ウインナーには羊の腸、フランクフルトには豚の腸、ボロニアソーセージには牛の腸、というように使われる腸が異なります。また、ミリ単位の太さの違いににって呼び方が大きく変わるんです。私たちがお祭りの出店やコンビニでよく食べるフランクフルトには、こういった基準が設けられていたんですね。

そもそもソーセージってなに?

そもそもウインナーやフランクフルトをくくっているソーセージって、一体何なんでしょうか。そして、いつ頃から日本にやってきて、広く食べられるようになったのでしょう。気になるその真相に迫ります。

ソーセージの由来

それでは、おおもととなるソーセージの由来を紐解いていきましょう。

そもそもソーセージとは、塩漬けした牛肉、豚肉、羊の腸などをひき肉状にし、香辛料を加え味付けし魚肉を詰めて乾燥したあと、お湯で茹でたり燻製するなどした保存食品のことを言います。

ちなみにドイツにおいては、生のひき肉を詰めたままパンに塗って食べたりする習慣があるんだそうです。

ソーセージの語源については諸説あります。中でも、ラテン語で“塩漬けされた”を意味するsalsusという語源が有力なようです。

日本に入ってきたのはいつ?

日本にいつ入ってきたかということについては、さまざまな情報が飛び交っています。ソーセージのルーツはその昔、第1次世界大戦までさかのぼります。

一説によると第1次世界大戦のときに千葉市に新設された農商務省畜産試験場の求めに応じて、敵の将兵たちがおとりとして収容所に連れて来られたのだそう。捕らえられたドイツの将兵カール・ヤーンら5名のソーセージ職人たちがその場で、ソーセージを実際に作って見せたんだそう。そのときの技術がいつしか日本全国に伝わり、”ソーセージ”として世の中に浸透していったんだと言います。

赤いウインナーも魚肉ソーセージも日本発!

小学校の運動会のお弁当によく入っていた赤色のウインナーは、食べたこともある人が多いのではないでしょうか。切り込みを入れたビジュアルがタコに似ていることから、”たこさんウインナー”と称される定番おかずのひとつです。
実は赤ウインナーは、日本が発祥なんですよ。昔は材料にいい素材を使えなかったため、発色の悪さをカモフラージュしようと表面に赤く色を付けたことから、赤ウインナーが生まれたのだそう。

子どもからお年寄りまで幅広い世代に人気の魚肉ソーセージもまた、起源は日本。外国からの食文化が広がり始めた大正時代に魚肉の保存性向上を狙い、日本各地の水産試験場で試作しことがきっかけで普及したと言われています。

また、昭和30年代たまご1個が10円、コロッケ1個が5円で販売されているなか、魚肉ソーセージは1本130gで30円と、とても高価格で売られていたのだそう。当時は1本を家族みんなで分け合うほどの、ごちそう品だったようです。

まとめ

疑問は解けましたか?分かるようで分からない、ウインナーとソーセージの違いをご紹介しました。日ごろ何気なく食べているウインナーは実は、ソーセージの1種だったということが分かりました。

また、ウインナーやフランクフルトなどの違いは実は太さにあったということに、驚いた方が多いのではないでしょうか。スーパーでウインナーを見かけたときや、お祭りやコンビニでフランクフルトを買うとき、友達に違いを聞かれたら自慢気に説明しちゃいましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ本に書いてある「しそ」を買いに行ったとき、「大葉」なら売っているのに……なんて経験はありませんか?そもそも、大葉としそって違うものなのでしょうか?この疑問、一気に解決しましょう!じつは意外な答えがありま…

ピザ イタリアン

「ピザ」と「ピッツァ」、呼び方が違うだけで味や食べ方は変わらないと思っていませんか?実は、全くの別物なんですよ。食べるときのマナーにも関わってくる意外な違い、チェックしておかないと恥をかいちゃうかも!? 詳し…

レシピ

日本を代表する調味料の味噌、中でも赤味噌と白味噌の違いはご存知ですか?今回は赤味噌をはじめ、味噌の種類やその違いをご紹介。また、赤味噌を使ったおいしいおすすめレシピも併せてお伝えします。ぜひ日々の料理にお役立…

レシピ 和食 まとめ

カレーの付け合わせとしておなじみの福神漬け。名前の由来ってご存じですか?カレーの必需品なのに、そもそも材料は何だったかな?という方、お家での作り方や手軽なアレンジレシピをお伝えしますので、ぜひ試してみてくださ…

カクテル

爽やかな飲み口で人気のカクテル、ジンバック。でも、ジンバックの作り方や名前の由来って意外と知らない人も多いかもしれません。今回は、ジンバックの作り方や由来について詳しく調べてみました。バーで注文するとき、ちょ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ピザ パン まとめ

世界には、何でこんなことをしようと思ったんだろう…と思ってしまうようなことが沢山あります。でも、そんなしょうもないことでも、世界一なら認定してくれるのがギネスこと『guinnessworldrecords』!…

ワイン 居酒屋 まとめ バー

キリスト教の祖「イエス・キリスト」は、最後の晩餐の席において、ワインとパンを自分の血と肉に例えて弟子達に与えたとされています。神が与えたものだからいくら飲んでも大丈夫!とは言いませんが、歴史上のワイン好きは人…

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

東京

10月2日に木場公園にて開催される「東京ビーガングルメ祭り」。日本全国のおしゃれでグルメなベジタリアン・オーガニックフードが集まる祭典です。まずはお祭りの前に、行きたいオーガニックカフェやマクロビレストランを…

スイーツ まとめ

おやつでやせる?そんな夢のような「グミダイエット」。よく噛む効果で脂肪を分解・燃焼させたり、コラーゲンたっぷりなので美肌作用まで期待できるという仕組みです。そんなグミダイエットの効果、具体的なやり方、注意点を…

yuitoss

美容に関する記事を書くことが好きです。

ページTOPに戻る