ローディング中

Loading...

夏祭りの定番スイーツりんご飴。夜店で見かけるとついつい買ってしまうという方も多いのでは?今回は、お家で簡単に夜店の味を再現できるりんご飴の作り方をご紹介。作り方を参考にして、家族みんなで甘いりんご飴を楽しんでくださいね!

夏の風物詩「りんご飴」の作り方

花火大会やお祭りに行くと必ずといっていいほどあるのがりんご飴の夜店。カリッとした飴とジューシーなりんごがとってもおいしいですよね。毎年夏になると必ず食べているという人も多いのではないでしょうか?

そんなりんご飴が家でも作ることができるって知っていましたか?今回は、家でも作れるりんご飴の作り方についてご紹介していきます。

りんご飴の作り方は簡単?

りんご飴ってりんごにカラメルをかけただけでしょ?と思っている方もいるかもしれませんが、実はそれだけではないんです。

どんな作り方なのかはのちほど説明しますが、作り方はとっても簡単!初めてお菓子作りをするという方でも比較的ラクに作ることができます。お子さんと一緒に作って楽しむというのもおすすめですよ!

それでは、さっそくりんご飴の作り方について見ていきましょう。

りんご飴に向いている品種

普段私たちがよく食べているりんごの品種といえば「ふじ」や「つがる」ですが、りんご飴を作るのに向いているのは、「姫りんご」という品種です。

「姫りんご」は、一般的なりんごよりもサイズが小さく、その大きさは2~3cmほど。一般的なスーパーではなかなかお見かけすることができないので、お取り寄せをしないと手に入らないそうです。

「姫りんご」が手に入らないという方におすすめなのが「紅玉(こうぎょく)」という品種。「姫りんご」に比べるとサイズは大きいですが、酸味が強く甘い飴によくあいます。

りんご飴は、甘い飴をコーティングするので、酸っぱさがある固いりんごを選ぶといいようです。スーパーの定員さんにどれが酸っぱいりんごなのか聞いてみるといいかもしれませんね。

基本的なりんご飴の作り方

それでは、りんご飴の基本的な作り方をご紹介します。とっても簡単に、夜店で売られているような甘いりんご飴を作ることができますよ!ぜひ、家族みんなで作ってみてください。

材料

・りんご
・砂糖
・食紅
・水

必要な調理器具

・鍋
・割りばし(りんご飴の持ち手)

作り方

鍋に砂糖と水、少量の食紅を入れて煮詰め、カラメルを作っていきます。このとき煮詰めすぎないのが重要なポイントです。取り出すのが早いと固まりませんし、煮詰めすぎるとおいしくありません。丁度いい固さになったら割りばしを刺したりんごに絡ませていきましょう。カラメルでコーティングしたりんごは、割りばしが上になるようにおいて冷まします。カラメルがしっかりと固まれば完成です!
動画で詳しくチェック!

りんご飴作りのコツ

食紅を入れると鮮やかな赤みに

食紅を入れることで、夜店で売られているような真っ赤なりんご飴になります。食紅を入れても入れなくても味は変わらないので、家に食紅が無いという人は入れなくても問題ありません。

食紅以外にも「かき氷シロップ(いちご味)」を入れて色をつけるという方法もあります。その際は、かき氷シロップと砂糖を1対2の割合で入れて煮詰めてください。あとの手順は食紅を入れるときと同じですよ!甘くておいしいりんご飴が完成します。

飴を溶かすときは煮詰めすぎない

飴を溶かすときは、煮詰めすぎないようにするのがポイント。150℃~165℃の範囲で軽く煮詰まってきたら完成です。鍋から離れると焦げてしまうということもあるので、完成するまでは、離れないようにしましょう。弱火でじっくりと溶かしてくださいね。

温度計を見ながら煮詰めると失敗が少ないようなので、不安な人は温度計を使って煮詰めるといいかもしれません。

水飴を入れるときは比率に注意

りんご飴に水あめを入れるときは水あめ:砂糖=1:10の割合で割合で入れます。砂糖が完全に溶けたあとに水飴を加えて煮詰まるまで待ちます。このときに木べらなどでかき混ぜないのがポイントです。かき混ぜてしまうと、ザラザラした舌触りの飴になってしまうそうなのでご注意を!

おいしいりんご飴の見分け方

自分が作ったりんご飴を友人や家族にプレゼントするという方もいるかと思います。そんなときに覚えていてほしいのがおいしいりんご飴の見分け方。

おいしいりんご飴は、
・飴の表面が気泡でぶつぶつしている
・りんごの皮が見える
・りんごに刺している串に果汁が滴っている
の3点を満たしているものだと言われています。

この条件を覚えておけば夜店で購入するときもおいしいりんご飴をゲットることができますよ!

りんご飴を食べて夏を感じよう!

いかがでしたか?

おいしいりんご飴の見極め方は、夜店でりんご飴を選ぶときにも使えるので、覚えておいて損はないですよ!気泡があって、表面が透けて、果汁がたれてきているものを選んでくださいね。

家でりんご飴を作ったら、夜店のものと比較してみるのもいいかもしれません。りんご飴の作り方を覚えておけば、ぶどうやいちごといったほかのフルーツ飴にも応用することができますよ。夏の風物詩のりんご飴をぜひ、ご家庭で楽しんでくださいね♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

おかひじきは栄養満点で、アレンジが沢山きく万能の野菜です。今回はそんなおかひじきについて下処理から食べ方まで、そして人気のレシピをサラダなどジャンル別にたっぷりと紹介したいと思います。ぱぱっと作れるものが多い…

レシピ

ローレルとローリエ……レシピを見ると似た使い方をしていて、あれ?同じもの?と疑問に思ったことありませんか?さらにいうと、月桂樹は違うもの?今回はローレルとローリエ、そして月桂樹につ…

レシピ スイーツ ケーキ ホットケーキ まとめ

炊飯器とホットケーキミックスで簡単ケーキを作ってみませんか?材料を入れて炊飯スイッチを押すだけでOK。仕上がりはしっとり、ふわふわで失敗なしですよ!今回は、定番のバナナやチョコなどのフレーバーケーキのレシピを…

バター レシピ

「新じゃが味噌バターコーン炒め」のレシピをご紹介します!ホクホクの新じゃが、味噌、バター、コーン……材料見ただけでもおいしくないわけがありませんよね!さらに鶏もも肉とアスパラを加え…

シナモン タルト

手のひらサイズの小さなチーズタルト「PABLO mini(パブロミニ)」に、〝シナップル”が新登場。チーズタルトの優しい酸味とシナモンのふんわりとした香り、食感のよいリンゴの組み合わせが爽やかな味…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ おつまみ まとめ ワイン

仕事から疲れて帰ってきたらお疲れ様の一杯♪そんな時にぱぱっと作れる、ビールやワインにぴったりなおつまみのレシピをご紹介します。どれもとっても簡単なので、ぜひ試してみて下さいね♪ホームパーティーやお家デートにも…

レシピ まとめ パン おつまみ

余ったパンは冷凍庫に入れれば保存がききますよね。そして、保存が利くからといつまでも冷凍庫に入ったままになっていませんか?そんなパンを冷凍庫から出して、お酒のお供にアレンジしちゃいましょう☆お気に入りにレシピが…

お弁当 レシピ まとめ ハンバーグ

一見ドーナツ?と思いきや実はハンバーグ♪というドーナツハンバーグを作っている方々がおられましたよ!かわいいしお弁当に入れるのにもぴったり。そんな愛らしいドーナツハンバーグのレシピを今日はご紹介して行きますね。

マヨネーズ レシピ まとめ

今、オイスターソースとマヨネーズを合わせた「オイマヨソース」が大人気なんです。2つの調味料を合わせることで、どんな料理にでも合う万能ソースに変身しちゃいます♪今回は、そんなオイマヨを使った人気レシピを紹介しま…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

ほうれん草

「ほうれん草」には、実はダイエットの効率を高めてくれるらしい成分が含まれているんです。それは、ほうれん草から抽出される「チラコイド」。世界中で大流行しています。そんな「チラコイド」がついに日本にも上陸!

回転寿司

回転寿司でマグロだと思って食べているそのネタ、マグロじゃありません。アカマンボウといって、深海500mの区域に生息している深海魚なんです。代用魚はマグロだけにととまらず、じつはタイもサーモンもほかの魚に化けて…

kkk_ooo

食べることが好きな20代。甘いスイーツが大好きです。 趣味は映画...