ローディング中

Loading...

夏祭りの定番スイーツりんご飴。夜店で見かけるとついつい買ってしまうという方も多いのでは?今回は、お家で簡単に夜店の味を再現できるりんご飴の作り方をご紹介。作り方を参考にして、家族みんなで甘いりんご飴を楽しんでくださいね!

夏の風物詩「りんご飴」の作り方

花火大会やお祭りに行くと必ずといっていいほどあるのがりんご飴の夜店。カリッとした飴とジューシーなりんごがとってもおいしいですよね。毎年夏になると必ず食べているという人も多いのではないでしょうか?

そんなりんご飴が家でも作ることができるって知っていましたか?今回は、家でも作れるりんご飴の作り方についてご紹介していきます。

りんご飴の作り方は簡単?

りんご飴ってりんごにカラメルをかけただけでしょ?と思っている方もいるかもしれませんが、実はそれだけではないんです。

どんな作り方なのかはのちほど説明しますが、作り方はとっても簡単!初めてお菓子作りをするという方でも比較的ラクに作ることができます。お子さんと一緒に作って楽しむというのもおすすめですよ!

それでは、さっそくりんご飴の作り方について見ていきましょう。

りんご飴に向いている品種

普段私たちがよく食べているりんごの品種といえば「ふじ」や「つがる」ですが、りんご飴を作るのに向いているのは、「姫りんご」という品種です。

「姫りんご」は、一般的なりんごよりもサイズが小さく、その大きさは2~3cmほど。一般的なスーパーではなかなかお見かけすることができないので、お取り寄せをしないと手に入らないそうです。

「姫りんご」が手に入らないという方におすすめなのが「紅玉(こうぎょく)」という品種。「姫りんご」に比べるとサイズは大きいですが、酸味が強く甘い飴によくあいます。

りんご飴は、甘い飴をコーティングするので、酸っぱさがある固いりんごを選ぶといいようです。スーパーの定員さんにどれが酸っぱいりんごなのか聞いてみるといいかもしれませんね。

基本的なりんご飴の作り方

それでは、りんご飴の基本的な作り方をご紹介します。とっても簡単に、夜店で売られているような甘いりんご飴を作ることができますよ!ぜひ、家族みんなで作ってみてください。

材料

・りんご
・砂糖
・食紅
・水

必要な調理器具

・鍋
・割りばし(りんご飴の持ち手)

作り方

鍋に砂糖と水、少量の食紅を入れて煮詰め、カラメルを作っていきます。このとき煮詰めすぎないのが重要なポイントです。取り出すのが早いと固まりませんし、煮詰めすぎるとおいしくありません。丁度いい固さになったら割りばしを刺したりんごに絡ませていきましょう。カラメルでコーティングしたりんごは、割りばしが上になるようにおいて冷まします。カラメルがしっかりと固まれば完成です!
動画で詳しくチェック!

りんご飴作りのコツ

食紅を入れると鮮やかな赤みに

食紅を入れることで、夜店で売られているような真っ赤なりんご飴になります。食紅を入れても入れなくても味は変わらないので、家に食紅が無いという人は入れなくても問題ありません。

食紅以外にも「かき氷シロップ(いちご味)」を入れて色をつけるという方法もあります。その際は、かき氷シロップと砂糖を1対2の割合で入れて煮詰めてください。あとの手順は食紅を入れるときと同じですよ!甘くておいしいりんご飴が完成します。

飴を溶かすときは煮詰めすぎない

飴を溶かすときは、煮詰めすぎないようにするのがポイント。150℃~165℃の範囲で軽く煮詰まってきたら完成です。鍋から離れると焦げてしまうということもあるので、完成するまでは、離れないようにしましょう。弱火でじっくりと溶かしてくださいね。

温度計を見ながら煮詰めると失敗が少ないようなので、不安な人は温度計を使って煮詰めるといいかもしれません。

水飴を入れるときは比率に注意

りんご飴に水あめを入れるときは水あめ:砂糖=1:10の割合で割合で入れます。砂糖が完全に溶けたあとに水飴を加えて煮詰まるまで待ちます。このときに木べらなどでかき混ぜないのがポイントです。かき混ぜてしまうと、ザラザラした舌触りの飴になってしまうそうなのでご注意を!

おいしいりんご飴の見分け方

自分が作ったりんご飴を友人や家族にプレゼントするという方もいるかと思います。そんなときに覚えていてほしいのがおいしいりんご飴の見分け方。

おいしいりんご飴は、
・飴の表面が気泡でぶつぶつしている
・りんごの皮が見える
・りんごに刺している串に果汁が滴っている
の3点を満たしているものだと言われています。

この条件を覚えておけば夜店で購入するときもおいしいりんご飴をゲットることができますよ!

りんご飴を食べて夏を感じよう!

いかがでしたか?

おいしいりんご飴の見極め方は、夜店でりんご飴を選ぶときにも使えるので、覚えておいて損はないですよ!気泡があって、表面が透けて、果汁がたれてきているものを選んでくださいね。

家でりんご飴を作ったら、夜店のものと比較してみるのもいいかもしれません。りんご飴の作り方を覚えておけば、ぶどうやいちごといったほかのフルーツ飴にも応用することができますよ。夏の風物詩のりんご飴をぜひ、ご家庭で楽しんでくださいね♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

ホットプレートで作る、人気のレシピをご紹介します。ご飯メニューだけではなく、おつまみやデザートレシピも!パーティーのときだけではなく、忙しいときに使える簡単&時短レシピもあります。これを読めばホットプレートを…

宇都宮 ランチ カフェ まとめ

栃木県の中心地・宇都宮には、おいしいランチが食べられるお店がたくさんあります。ここでは数多くのお店の中から宇都宮でおすすめの人気ランチ店をご紹介!おしゃれなカフェランチから個室でゆっくりくつろげるランチまで、…

じゃがいも バター まとめ

電子レンジやオーブンを使って簡単に作れるベイクドポテト。皮は「パリッ」中は「ホクホク」で、おいしい食感が楽しめますよね。今回は、ベイクドポテトの基本の作り方からアレンジレシピまで紹介します。軽食やおかずにぜひ…

レシピ

定番人気のおかず筑前煮。ご家庭それぞれに具材や味付けがありますよね。今回は筑前煮の基本レシピからアレンジレシピまでを総まとめ!ひと工夫でおいしくなるコツ、忙しい方必見の時短レシピなども実践編を交えてご紹介しま…

パン レシピ

最近インスタなどで話題になっている「アイスパン」をご存知でしょうか。名前からはいろいろなビジュアルを想像すると思いますが、アイスパンとはソフトクリームの形をしたパンなんです。今回はそんなかわいいアイスパンの作…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ おつまみ まとめ ワイン

仕事から疲れて帰ってきたらお疲れ様の一杯♪そんな時にぱぱっと作れる、ビールやワインにぴったりなおつまみのレシピをご紹介します。どれもとっても簡単なので、ぜひ試してみて下さいね♪ホームパーティーやお家デートにも…

レシピ まとめ パン おつまみ

余ったパンは冷凍庫に入れれば保存がききますよね。そして、保存が利くからといつまでも冷凍庫に入ったままになっていませんか?そんなパンを冷凍庫から出して、お酒のお供にアレンジしちゃいましょう☆お気に入りにレシピが…

お弁当 レシピ まとめ ハンバーグ

一見ドーナツ?と思いきや実はハンバーグ♪というドーナツハンバーグを作っている方々がおられましたよ!かわいいしお弁当に入れるのにもぴったり。そんな愛らしいドーナツハンバーグのレシピを今日はご紹介して行きますね。

マヨネーズ レシピ まとめ

今、オイスターソースとマヨネーズを合わせた「オイマヨソース」が大人気なんです。2つの調味料を合わせることで、どんな料理にでも合う万能ソースに変身しちゃいます♪今回は、そんなオイマヨを使った人気レシピを紹介しま…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

カフェ おしゃれ コーヒー

都会のおしゃれなカフェも素敵ですが、外で焚火を見ながらリラックスする「焚火カフェ」もなかなか素敵だそうです。焚木で定番のマシュマロを溶かしたり、お酒を片手にしっぽりとするのもまた一つの楽しみ方なんだとか!

うどん レシピ まとめ

つるとんたんの人気おうどんを自宅で再現する人が増えています。特に人気なのは明太クリーム系!あの味をなんとしても自宅で再現したい!…そんなフロンティアスピリットたちのレシピ、ご覧下さい☆

kkk_ooo

食べることが好きな20代。甘いスイーツが大好きです。 趣味は映画...

ページTOPに戻る