ローディング中

Loading...

夏祭りの定番スイーツりんご飴。夜店で見かけるとついつい買ってしまうという方も多いのでは?今回は、お家で簡単に夜店の味を再現できるりんご飴の作り方をご紹介。作り方を参考にして、家族みんなで甘いりんご飴を楽しんでくださいね!

夏の風物詩「りんご飴」の作り方

花火大会やお祭りに行くと必ずといっていいほどあるのがりんご飴の夜店。カリッとした飴とジューシーなりんごがとってもおいしいですよね。毎年夏になると必ず食べているという人も多いのではないでしょうか?

そんなりんご飴が家でも作ることができるって知っていましたか?今回は、家でも作れるりんご飴の作り方についてご紹介していきます。

りんご飴の作り方は簡単?

りんご飴ってりんごにカラメルをかけただけでしょ?と思っている方もいるかもしれませんが、実はそれだけではないんです。

どんな作り方なのかはのちほど説明しますが、作り方はとっても簡単!初めてお菓子作りをするという方でも比較的ラクに作ることができます。お子さんと一緒に作って楽しむというのもおすすめですよ!

それでは、さっそくりんご飴の作り方について見ていきましょう。

りんご飴に向いている品種

普段私たちがよく食べているりんごの品種といえば「ふじ」や「つがる」ですが、りんご飴を作るのに向いているのは、「姫りんご」という品種です。

「姫りんご」は、一般的なりんごよりもサイズが小さく、その大きさは2~3cmほど。一般的なスーパーではなかなかお見かけすることができないので、お取り寄せをしないと手に入らないそうです。

「姫りんご」が手に入らないという方におすすめなのが「紅玉(こうぎょく)」という品種。「姫りんご」に比べるとサイズは大きいですが、酸味が強く甘い飴によくあいます。

りんご飴は、甘い飴をコーティングするので、酸っぱさがある固いりんごを選ぶといいようです。スーパーの定員さんにどれが酸っぱいりんごなのか聞いてみるといいかもしれませんね。

基本的なりんご飴の作り方

それでは、りんご飴の基本的な作り方をご紹介します。とっても簡単に、夜店で売られているような甘いりんご飴を作ることができますよ!ぜひ、家族みんなで作ってみてください。

材料

・りんご
・砂糖
・食紅
・水

必要な調理器具

・鍋
・割りばし(りんご飴の持ち手)

作り方

鍋に砂糖と水、少量の食紅を入れて煮詰め、カラメルを作っていきます。このとき煮詰めすぎないのが重要なポイントです。取り出すのが早いと固まりませんし、煮詰めすぎるとおいしくありません。丁度いい固さになったら割りばしを刺したりんごに絡ませていきましょう。カラメルでコーティングしたりんごは、割りばしが上になるようにおいて冷まします。カラメルがしっかりと固まれば完成です!
動画で詳しくチェック!

りんご飴作りのコツ

食紅を入れると鮮やかな赤みに

食紅を入れることで、夜店で売られているような真っ赤なりんご飴になります。食紅を入れても入れなくても味は変わらないので、家に食紅が無いという人は入れなくても問題ありません。

食紅以外にも「かき氷シロップ(いちご味)」を入れて色をつけるという方法もあります。その際は、かき氷シロップと砂糖を1対2の割合で入れて煮詰めてください。あとの手順は食紅を入れるときと同じですよ!甘くておいしいりんご飴が完成します。

飴を溶かすときは煮詰めすぎない

飴を溶かすときは、煮詰めすぎないようにするのがポイント。150℃~165℃の範囲で軽く煮詰まってきたら完成です。鍋から離れると焦げてしまうということもあるので、完成するまでは、離れないようにしましょう。弱火でじっくりと溶かしてくださいね。

温度計を見ながら煮詰めると失敗が少ないようなので、不安な人は温度計を使って煮詰めるといいかもしれません。

水飴を入れるときは比率に注意

りんご飴に水あめを入れるときは水あめ:砂糖=1:10の割合で割合で入れます。砂糖が完全に溶けたあとに水飴を加えて煮詰まるまで待ちます。このときに木べらなどでかき混ぜないのがポイントです。かき混ぜてしまうと、ザラザラした舌触りの飴になってしまうそうなのでご注意を!

おいしいりんご飴の見分け方

自分が作ったりんご飴を友人や家族にプレゼントするという方もいるかと思います。そんなときに覚えていてほしいのがおいしいりんご飴の見分け方。

おいしいりんご飴は、
・飴の表面が気泡でぶつぶつしている
・りんごの皮が見える
・りんごに刺している串に果汁が滴っている
の3点を満たしているものだと言われています。

この条件を覚えておけば夜店で購入するときもおいしいりんご飴をゲットることができますよ!

りんご飴を食べて夏を感じよう!

いかがでしたか?

おいしいりんご飴の見極め方は、夜店でりんご飴を選ぶときにも使えるので、覚えておいて損はないですよ!気泡があって、表面が透けて、果汁がたれてきているものを選んでくださいね。

家でりんご飴を作ったら、夜店のものと比較してみるのもいいかもしれません。りんご飴の作り方を覚えておけば、ぶどうやいちごといったほかのフルーツ飴にも応用することができますよ。夏の風物詩のりんご飴をぜひ、ご家庭で楽しんでくださいね♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ 韓国料理

韓国料理の定番、ビビンバを自宅で作った場合、献立は何にしますか?ビビンバ1皿だけでは、物足りませんよね。今回は、ビビンバに合う献立、スープに副菜、魚料理、揚げ物などおすすめレシピを厳選15品ご紹介します。ぜひ…

レシピ まとめ

あんかけ焼きそばは具をたっぷりと入れることができ、栄養バランスも整えやすいのがうれしいですね。ご自宅でも簡単に作ることができ、アレンジもしやすいです。今回は、海鮮系や肉系、アレンジ系など人気のレシピ15選ご紹…

ドリア レシピ まとめ

子供から大人まで人気のドリア。どんな付け合わせを加えると、バランスのいい献立になるでしょうか。今回は、サラダやスープ、魚料理など、主菜から副菜までレシピ付きでまとめてご紹介します。ひと品足りないな、と思ったら…

レシピ パスタ スープ まとめ

体にいいことでも知られる梅干し。そのまま食べてもおいしいのですが、毎日のお料理に取り入れれば酸味が苦手な方にもおいしく食べていただけます。ご飯やパスタ、スープにまで梅干しを使うことでひと味違った梅干しを堪能で…

クレープ レシピ まとめ

クレープの具は何が好きですか?生クリームとフルーツの甘い組み合わせでしょうか?クレープに合う具は甘いものだけじゃありません!中の具によって食事代わりにだってなるクレープ。シンプルなものから変わりダネまで、おす…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ おつまみ まとめ ワイン

仕事から疲れて帰ってきたらお疲れ様の一杯♪そんな時にぱぱっと作れる、ビールやワインにぴったりなおつまみのレシピをご紹介します。どれもとっても簡単なので、ぜひ試してみて下さいね♪ホームパーティーやお家デートにも…

レシピ まとめ パン おつまみ

余ったパンは冷凍庫に入れれば保存がききますよね。そして、保存が利くからといつまでも冷凍庫に入ったままになっていませんか?そんなパンを冷凍庫から出して、お酒のお供にアレンジしちゃいましょう☆お気に入りにレシピが…

お弁当 レシピ まとめ ハンバーグ

一見ドーナツ?と思いきや実はハンバーグ♪というドーナツハンバーグを作っている方々がおられましたよ!かわいいしお弁当に入れるのにもぴったり。そんな愛らしいドーナツハンバーグのレシピを今日はご紹介して行きますね。

マヨネーズ レシピ まとめ

今、オイスターソースとマヨネーズを合わせた「オイマヨソース」が大人気なんです。2つの調味料を合わせることで、どんな料理にでも合う万能ソースに変身しちゃいます♪今回は、そんなオイマヨを使った人気レシピを紹介しま…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

コンパクトホットプレートで有名な「BRUNO(ブルーノ)」シリーズに、「グリルポット」が登場していることをご存知ですか?1台で「煮る・焼く・蒸す・揚げる」の4役をこなす電気鍋なんですよ!使用感やお手入れの様子…

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

京都 カフェ

京都にある「エレファントファクトリーコーヒー」はまさにコーヒーが主役の男のカフェ。店長がこだわったコーヒーと店内をゆっくりと堪能してみませんか?店名は村上春樹の『象工場のハッピーエンド』に由来しています。

日本でもコンビニなどでおなじみの「レッドブル」ですが、レッドブルに関する驚くべき研究結果が発表されました。これはイギリスでの結果ですので、また日本とはケースが違うとは思うのですが、参考までに読んでみてください…

kkk_ooo

食べることが好きな20代。甘いスイーツが大好きです。 趣味は映画...