ローディング中

Loading...

おいしい卵料理を挙げればきりがないほど、子供から大人まで幅広い世代に人気な食材「卵」。でも、食べ過ぎると体に悪いのでは?そんな疑問にお答えします!オムライスや卵焼き、スクランブルエッグなど……卵好きの方は良く見ておいてくださいね。

卵の食べ過ぎは体に悪い?

「卵はコレステロールの塊だから、食べ過ぎは体によくない」
そんな風に言われているのを耳にしたことはありませんか?私も小さな頃から言われ続けて、もっと食べたいな……と思いつつ我慢していました。けれど、大人になってそうではないと知り、安心して好きなだけ卵を食べています(といっても、2〜3個が限界ですけどね)。

確かに卵にはコレステロールが多く含まれていますが、なぜ昔はそこまで体によくないと言われていたのか。それは、100年以上前に行われた動物実験の結果によるものです。草食動物のうさぎに卵を与えたところコレステロール値が急上昇したため、「卵は体内のコレステロール値を上げるものだからよくない」という考えが広まったのです。

そもそも、草食動物に食べ慣れていない卵を与え、その結果を人間に応用すること自体がおかしいのではないか、今ではそんな風に言われています。今回は、1日分の卵の適正な摂取量や、卵のうれしい美容、健康効果についてお教えします!

食べ過ぎても病気にはならない

卵にはタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルがバランス良く含まれていて「完全栄養食」とも言われています。その中の脂質としてコレステロールが含まれています。しかし、一方で悪玉コレステロールを排出し、善玉コレステロールを増やす「レシチン」も含まれているので、逆に体に良い働きが期待できますよ。

そこで気になるのはカロリーではないでしょうか。

可食部100gあたり151kcal
Lサイズ1玉(64g)可食部56g 85kcal


うーん、正直高すぎもなく、低すぎもないようです。 

今度は食べ方を考えてみましょう。ゆで卵として食べる分にはそれほどカロリーは高くないですが、マヨネーズを添えたり、オムレツにデミグラスソースやベーコンを添えたりと、卵料理は一緒に使っている食材に高カロリーなものが多いとも言えます。卵と一緒に口にするものに気をつけるといいかもしれませんね。

しかしカロリーは低くはない

一時期「卵ダイエット」というものが流行りました。栄養がバランス良く含まれている卵だけをひたすら食べるものです。いくら卵が完全栄養食といっても、これは人間にとってバランスが悪い食事です。それに、カロリーも低いわけではないので、卵をたくさん食べればカロリーの過剰摂取になってしまいます。

1日に何個食べたらいいの?

では、実際には1日に何個食べるのがいいのでしょうか。日本卵業協会によると、「卵は1日2個」がおすすめのようです。もし卵が大好きで2個以上食べたい!という方は、野菜や果物など、卵以外の食品もたくさん摂ることを勧めています。私も卵が大好き(特にオムレツが好き!)なので、野菜や果物など、いろんな食材をとるように心がけています。

卵の効果

記憶力向上

卵に含まれる「コリン」は、体内で神経伝達物質である「アセチルコリン」に変わり、脳の働きを活性化します。そのため、記憶力が向上したり、ボケや認知症予防にも効果があるとされています。

また、卵に含まれる豊富なビタミンB12やレシチンは、アルツハイマー病に見られる脳の萎縮をある程度防ぐ働きがあるということがわかっています。しかし、これらもテスト前に大量に食べるなどしても効果はありません。日頃から適度な量を食べる習慣をつけるといいですね。

美容効果

卵には、肌の組織の生成に必要な「必須アミノ酸」がバランス良く含まれています。この良質なタンパク質と脂質、そして美肌に欠かせないビタミンB2、女性の健康に積極的に摂りたい葉酸など、キレイになるための「これは!」という成分を、卵は網羅しているんですよ。お肌だけではなく、健康な爪や、痛んだ髪の補修にも効果があります。

免疫力向上

卵に含まれるアミノ酸は、美容だけではなく免疫力にも良い影響を及ぼします。体内に細菌やウイルスが入ったときに、体内の免疫細胞が応戦しますが、アミノ酸にはこの免疫細胞を助ける働きがあるのです。

また、免疫力を上げるには免疫細胞の一つである白血球を強くすることも重要です。この白血球の細胞壁は、「リン脂質レシチン」と「コレステロール」でできていて、卵はこれらを豊富に含む食品です。卵は免疫強化にとても優れた食品といえます。

バランスよく卵料理を楽しもう

いかがでしたか。あまりに身近すぎる食材のため、卵の驚くべき健康・美容効果に気づいていない人も多いのではないでしょうか。だからといって食べ過ぎるのは体にはよくありません。
穀類や野菜といった、そのほかの食材と一緒にバランス良く食べることで、体にいいだけではなく、何より”おいしく”食事を楽しめますよね。卵をおいしく味わいながら、丈夫で美しいボディ作りをめざしましょう♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

サムギョプサル レシピ 韓国料理

韓国料理の定番ともいえる「サムギョプサル」ですが、みなさんはどんな料理か説明できますか?サムギョプサルとは、韓国語でどういう意味なのか…。食べ方や気になるカロリーまで、まるっとご紹介したいと思います。…

とんかつ

とんかつを作るとき、どの肉の部位を使用していますか?そもそも、とんかつにおすすめの部位ってあるのでしょうか?ロースやヒレなどそれぞれの部位の特徴や、とんかつに仕上げたときのカロリーなどについて詳しくご紹介しま…

スーパーフードとも呼ばれるキヌアのおいしい食べ方が知りたい!そのままでもいいの?今回は、キヌアのおいしい食べ方を方法別で詳しく紹介。おすすめレシピもまとめました。キヌアを上手く取り入れて、ヘルシーな食生活を目…

サラダ レシピ まとめ

夏到来!おいしい夏野菜が色濃く実る季節ですが、そのサラダって結構マンネリになってしまいますよね。でも卵1つあれば、簡単に華やかなサラダができちゃいます。合わせやすい人気のマカロニやブロッコリーなど、今日から使…

豚肉 レシピ まとめ

豚肉+卵のレシピ、あなたはどのくらい思い浮かびますか?じつは、この組み合わせのレシピは無限にあるんです!今回は、卵とじをはじめ、中華風炒め、豚玉丼など人気のレシピを厳選してご紹介します。簡単に作れるものばかり…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

代表的な食品添加物、着色料。実は様々な種類があり、特徴や危険性が異なります。正しい知識を身に付けて、賢く活用しましょう。

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

おしゃれ まとめ

簡単でオシャレなキッチン収納方法をご紹介します。アパートなどキッチンが狭いと料理も収納も面倒くさく適当に投げ出してしまいがち……。でも、引き出しや壁面などにちょっとした工夫をするだけで、可愛く綺麗にキッチング…

おしゃれ カフェ レストラン 東京 まとめ

東京にはおしゃれなカフェがいっぱい!今回は雑誌の撮影などで使われるお店を中心に、SNS映えする店内やフォトジェニックでおいしい料理が食べられるカフェを厳選しました。これで行きたいお店が見つかるはずです!

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね。今回は特に朝、何を食べるといいかご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

まとめ レシピ レモン キムチ パクチー

カルディコーヒーファームから新発売のオリジナル商品「パクチー鍋の素」は、手軽にパクチー鍋を楽しめる洋風鍋の素です。パクチー鍋を食べてみたいけど、いちから自分で作るのはちょっとめんどう……そんな方にもぜひおすす…

まとめ

今年のバレンタインはどんなチョコレートをご用意されるご予定ですか?まだ何も決めていない方のために、2017年イチオシのバレンタインチョコを厳選してご紹介。この時期でないと購入できないレアチョコもありますので、…

cestalavie

食べるの大好き、新しいこと面白いこと大好き、ついでにネコも大好きの...

ページTOPに戻る