ローディング中

Loading...

連載:キレイは中から。あなたに贈るインナービューティー

夏から秋にかけて旨味が増す、ナス。濃い紫色の皮部分には強力なアンチエイジング効果が、果肉部分にはむくみを防ぐカリウムなど、豊富な栄養素が含まれています。肌と体の疲れを感じたら、ナスを食べて紫外線ダメージや暑さによる疲労を吹き飛ばそう!

世界中で栽培されているさまざなナス!

世界中で栽培されているさまざなナス!

Photo by Ayako Kunishio

ナスはインド東部が原産の野菜で、中国から日本に伝わり奈良時代に広く栽培が始められたと言われています。ナスはもともと「奈須比(ナスビ)」と呼ばれていました。そのため関西地方では、「ナス」より「ナスビ」という呼び方が浸透しているんです。

ナスの形や大きさは地方によって異なり、さまざまな品種のナスが販売されています。

関東地方に多い手のひらサイズの「卵形ナス」、それから九州地方や東北地方に多い「長ナス」、京都の賀茂ナスをはじめとした「丸ナス」、大阪の夏の風物詩である「水ナス」、大ぶりで肉厚な「米ナス」、お漬物用として普及している「小ナス」などなど。今挙げただけでも、こんなにたくさんの種類があるんです。

さらに海外では紫色以外にも、白・緑・赤紫・紫と白のゼブラ柄など、バリエーションに富んだナスが栽培されているんですよ。

カラダにうれしいナスの栄養とは?

カラダにうれしいナスの栄養とは?

Photo by Ayako Kunishio

6月から9月にかけてが旬のナスは、およそ90%以上が水分と言われています。まだまだ厳しい暑さが残る8月終わりに、クールダウンにピッタリな食材と言えるでしょう。ナスのみずみずしさを存分に味わうには、浅漬けやぬか漬けなどシンプルな調理が1番です。

成分で言うと、濃い紫色の皮にはポリフェノールの一種である色素成分「アントシアニン」が豊富に含まれています。アントシアニンの最大の特徴は、強い抗酸化作用。体や肌の老化の原因となる、活性酸素の働きを食い止める効果があるんです。また、夏の強い紫外線でダメージを受けた肌へのアンチエイジング効果を見込める、すぐれた成分と言えます。

果肉には、コラーゲンづくりをサポートするビタミンCや、血のめぐりをよくしてくれるビタミンK、むくみを改善するカリウムなど多くの栄養素が含まれています。油でサッと炒めたり、お味噌汁の具材にするなどして、ぜひ毎日の食事に取り入れてみてくださいね。

美味しいナスの選び方と保存方法

美味しいナスの選び方と保存方法

Photo by Ayako Kunishio

ナスの選び方と保存方法を合わせて、下記でお教えします。ポイントさえ掴んでおけば、きっとおいしいナスにめぐり会えるはずです。ナスを選ぶとき、保存するときは下記の項目をチェックしておきましょう!

選び方

・皮の紫色にムラがないもの
・艶やかでハリがあり、傷がないもの
・ヘタがとがっているもの

保存方法

・必ずラップや新聞紙に包んで野菜室で保存
・冷風が直接当たらない場所に置く
(5℃以下になると、低温障害で品質が下がってしまうため)

ナスのアレンジレシピ3選

栄養価の高いナスを、よりおいしく食べられるアレンジレシピを以下でご紹介します。日頃の食事に1品付け加えるだけで、疲れた体を内側からケアできますよ。

1. 焼きナス

1. 焼きナス

Photo by Ayako Kunishio

材料(1人分)

・ナス 1本
・しょうが 1/2かけ
・細ねぎ 1/2本
・醤油 少々

作り方

1. ナスは洗ってからキッチンペーパーで水気をよく拭き取り、つま楊枝で数ヶ所穴をあけたら魚焼きグリルで焦げ目が付くまで焼きます。
2. ボウルに氷水をはり、焼けたナスを漬けて皮を剥いてください(ヘタは残す)。キッチンペーパーで包んで、余分な水気をやさしく拭き取ります。
3. 果肉に縦に切れ込みを入れましょう。切り込みが重ならないように、ずらしながら器に盛り付けてください。最後にすりおろしたしょうが、小口切にした細ネギをまぶし、しょうゆを回しかけて完成です。

ポイントをチェック

ポイントをチェック

Photo by Ayako Kunishio

ナスの皮にしっかり焼き色がつくまで火を通すと、皮を剥きやすくなります。熱々のうちに氷水に入れて、皮を処理しましょう。水分の多いナスは体を冷やしがちなので、体を温めるしょうがと一緒に食べると体の中からポカポカになりますよ。

2. ナスボードのプッタネスカ

2. ナスボードのプッタネスカ

Photo by Ayako Kunishio

材料

・ナス 1/2本
・ツナ 大さじ3
・ブラックオリーブ(輪切り) 少々
・トマトソース 大さじ2
(トマトケチャップでもOK)
・ピザ用チーズ 適宜
・イタリアンパセリ 適宜
・オリーブオイル 大さじ1

作り方

1. ナスは洗ってヘタを落とし5mm幅にスライスしたら、水に漬けて(約10分)アク抜きして下準備。そのあと、キッチンペーパーに包んで水気を拭き取ります。
2.フライパンにオリーブオイルをひき、ナスの両面にほどよい焼き色が付くまでグリルしましょう。
3. 天板にナスをのせてトマトソースを塗りましょう。次にツナ、細かく刻んだブラックオリーブ、ピザ用チーズをのせたら、トースターに入れて3~4分焼きます。最後にイタリアンパセリをトッピングしてできあがりです。

ポイントをチェック

ポイントをチェック

Photo by Ayako Kunishio

「プッタネスカ」とは、海の幸(魚介類)と山の幸(オリーブやベーコンなど)の両方の具材が混ざっているものを指します。今回は、ツナ(海の幸)とオリーブ(山の幸)を使ったシンプルなレシピ。ナス単体では不足しがちなたんぱく質やカルシウムを、ツナやチーズで補えますよ。ナスボードでバランスの良いひと品に。

3. ナスとサンマの煮付け

3. ナスとサンマの煮付け

Photo by Ayako Kunishio

材料

・ナス 1本
・サンマ(水煮) 約150g
・酒 大さじ3
・濃口醤油 小さじ1
・しょうが ひとかけ
・ごま油 小さじ1
・輪切り唐辛子 少々

作り方

1. ナスは洗ってからキッチンペーパーに包んで、水気を拭き取ります。ヘタを落として、斜めに包丁を入れてカット。次に、しょうがをひとかけすりおろします。
2. 小さめの鍋にごま油をひき、ナスに焼き色がついたら残りの材料をすべて加え、中火で炒めます。
3. プツプツと湧いてきたら、落し蓋をして弱火で約10分煮込みましょう。

ポイントをチェック

ポイントをチェック

Photo by Ayako Kunishio

サンマの水煮缶を使って、手軽に本格的な和食メニューが完成!煮汁をしっかりと吸ったナスのトロリとした食感は、ごはんにもよく合います。生のサンマが手に入った場合は、内臓をとってよく洗ってからブツ切りにしましょう。良質なたんぱく質やDHAを補う青魚を加えると、食べ応えのある栄養満点のおかずに大変身。しょうがや唐辛子が、体の芯から温めてくれます。

夏の疲れはナスでパワーチャージ

いかがでしたでしょうか?身近な野菜「ナス」は。さまざまな品種を手軽に手に入れられるので、うれしいですよね。アレンジ次第でその食感は七変化するので、色々なジャンルのお料理、多種多様な調理でナスのおいしさを楽しみたいですね。

夏の疲れを感じた時こそ、ナスのパワーで肌や体をしっかり内側からケアしてあげましょう。

《キレイは中から。あなたに贈るインナービューティー》の記事一覧

レシピ まとめ

冬を代表する柑橘のひとつ「ゆず」。さわやかでどこか懐かしい香りのするゆず、大好きな人が多いはず。でもイマイチ使いこなせていない。。。という人が多いのでは?そこで今回は柚子の栄養ポイントとゆずを使った簡単レシピ…

みかん

冬のフルーツと言えばやっぱりみかん!みかんは美肌作りや風邪予防に欠かせないビタミンCや食物繊維など、栄養の宝庫。今回はみかんの栄養と、ホリデーシーズンに使える簡単レシピをご紹介。美容と健康のために、旬の果実の…

レシピ

小粒なアーモンドには美容と健康にうれしい、ビタミンEや食物繊維などの栄養素が豊富。良質なオイルは美肌づくりのサポートに欠かせません。今回はそんなアーモンドのインナービューティーポイントと、覚えておくと便利な簡…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ラーメン レシピ まとめ

チキンラーメンのアレンジレシピはCMなどでも紹介され、定番となりつつありますが、世の中にはまだまだ知らないアレンジレシピがたくさん!今回は、簡単にできるチキンラーメンの人気アレンジレシピをご紹介します。ご家庭…

マヨネーズ レシピ まとめ

ケチャップとマヨネーズを混ぜて簡単に作れる、オーロラソース。今回はそのオーロラソースを使ったレシピを10個、厳選しました。意外と色々な食材に合うオーロラソース。上からかけるだけではなく、炒め物などもありますの…

ヨーグルト まとめ

塩ヨーグルトとは塩とヨーグルトを混ぜ合わせた簡単にできちゃうもの。今これが注目を集めているのです☆美肌・ダイエット効果、免疫力アップにも良いのです☆ではこの「塩ヨーグルト」を使ったレシピはどの様なものがあるの…

レシピ サラダ まとめ

豆苗はエンドウのスプラウト(発芽新芽)です。袋をよく見て!ここから切ってね!という点線があるんです。その点線に沿って切った後お水につけておけばもう一度収穫ができるんですよ!一袋で二度オイシイ♡豆苗とレシピの紹…

レシピ おつまみ パスタ まとめ

「タプナード」は南仏・プロヴァンスのベースト食材。ソースとして様々な料理とも合うことから、じわじわと人気を集めているんです。オリーブやアンチョビなどの素材を使用しているため、ワインなどのアルコールとも相性抜群…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

麻布十番 チョコレート トリュフ

麻布十番の「モンロワール」は神戸発のチョコレートショップ。見た目の可愛らしさもさることながら、確かな味で子供へのプレゼントから大人の方への贈答用にも利用されているのです。店員さんのサービスの良さも、再びこのお…

サンドイッチ 東京 ランチ まとめ

今、東京で流行っている「極厚サンドイッチ」!女性だって思いっきり頬張って食べたいですよね?そこで今回は、ヘルシーな野菜たっぷりのサンドイッチや、スイーツ系のサンドイッチまで、東京で食べられるボリューミーなサン…

國塩亜矢子

【旬食美人学】主宰 「働く女性・頑張るママの元気とキレイを応援した...

http://syunsyokubijingaku.jimdo.com/

ページTOPに戻る