ローディング中

Loading...

いろいろなお料理に大活躍のチーズ。チーズ料理には目がないという方も多いのでは。牛乳から作られるチーズは、栄養豊富で女性にうれしい効果がたくさん詰まっているんですよ!チーズの栄養や健康・美容効果を知って、もっとチーズを楽しみましょう。

実は栄養豊富なチーズ

とろーり溶けたピザやグラタン、チーズフォンデュなどのお料理に、ワインのおともに、チーズケーキやティラミスなどのスイーツに……と大活躍のチーズ。最近では、いろいろな種類のチーズをお店やスーパーで気軽に楽しめるようになりましたね。お好きな方もきっと多いはず。おいしいし、お料理にも欠かせない食材ですが、カロリーが高そう……と敬遠してしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなチーズですが、実は栄養がとっても豊富なのを知っていますか?

今回は、チーズの栄養や効能についてまとめました。チーズの本当の姿を知って、もっとおいしく健康的に楽しみましょう!

チーズの栄養

チーズは牛乳のたんぱく質を固めて、水分をぎゅっと絞って作られます。1リットルの牛乳から約100gのチーズができます。そのため、牛乳の約10倍の栄養が詰まっていると言われています。
ではさっそく、チーズの原料となる牛乳と比べながら、チーズの栄養を見ていきましょう。

カルシウム

・チーズ:100gあたり630mg
・牛乳:100gあたり110mg

チーズには、牛乳の6倍近いカルシウムが含まれているとわかりました!良質なタンパク質も豊富に含まれているので、消化吸収がよいのが特徴です。

たんぱく質

・チーズ:100gあたり22.7g
・牛乳:100gあたり3.3g

タンパク質も、チーズの方が多く含まれているとわかります。たんぱく質は数種類のアミノ酸のまとまりです。チーズのたんぱく質は、体の中で作ることのできない必須アミノ酸を豊富に含んでいるため、良質なたんぱく質と言われています。

脂質

・チーズ:100gあたり26.0g
・牛乳:100gあたり3.8g

チーズの脂質は、チーズの種類によっても差がありますが、エネルギーに変わりやすい中鎖脂肪酸を多く含んでいます。ダイエット中の方で脂質が気になる方には、カッテージチーズなどの脂質の低いチーズもあります。

ビタミン類

ビタミン類も、牛乳に比べて多く含まれていますね。緑黄色野菜に多く含まれるビタミンAは、チーズにも豊富。目やのどの粘膜を丈夫にする働きがあるので、風邪をひきやすい方は積極的に取り入れたいですね。

ビタミンA
 ・チーズ:100gあたり260μg
 ・牛乳:100gあたり38μg

ビタミンB群には、疲労回復の働きがあるだけでなく、脂肪を燃焼させる効果があるのです!ダイエットのためにも、毎日の食事に取り入れましょう。

ビタミンB2
 ・チーズ:100gあたり0.38mg
 ・牛乳:100gあたり0.15mg

チーズの効果と効能

抗酸化作用

チーズに含まれるビタミンAには抗酸化作用があります。体の老化などを予防するので、美容と健康に気遣う方におすすめです。さらに、乳酸菌も含まれていて、コレステロールを下げ、免疫力を高める効果があります。

他方で塩分を多く含んでますが、塩分の排泄を促すカリウムも豊富に含んでいます。血圧を下げる効果をもつペプチドと呼ばれる成分も含まれています。

美容効果

ビタミンB2には、炭水化物、たんぱく質、脂質をエネルギーに変える、つまり「代謝」を助けるはたらきによって、脂肪を燃焼させる効果があります。皮膚や髪、爪など、細胞の再生にもはたらくので肌荒れやにきび予防にもつながるんですよ。

ビタミンAには、皮膚を健康に保つ役割があり、肌の乾燥を防いだり、肌の調子を整えたりします。抗酸化作用もあり、シミやそばかす、シワの原因となる活性酸素を除去してくれる作用があります。

さらに、チーズには腸内環境を整えるはたらきもあるって知ってましたか?チーズに含まれる 乳酸菌が腸内環境を整えるため、便秘などが改善されることによる美肌効果も期待できます。

その他

チーズに含まれるカルシウムには骨を丈夫にする作用があり、ビタミンB2には疲労回復効果があります。疲れがたまっている方にもおすすめです。1日の終わりのリラックスタイムに、のんびりチーズを味わうのもおすすめですよ。

効果的な食べ方

チーズで補えない栄養素と一緒に食べるのがおすすめです。ビタミンCやビタミンD、食物繊維、鉄分などの栄養素を補うために、野菜や果物、海藻類といっしょに摂るようにしましょう。チーズはβカロテンの吸収率をアップしてくれるので、βカロテンを多く含んでいる緑黄色野菜との組み合わせもおすすめです。

また、カルシウムの吸収をアップさせるためには、たんぱく質やビタミンDを含む食べ物と組み合わせることがおすすめです。たんぱく質はお肉やお魚、大豆製品などに、ビタミンDはきのこ類などに多く含まれています。チーズをのせたきのこチキングラタンやきのこのチーズオムレツなどチーズとたんぱく質、ビタミンDを組み合わせて、効率よくカルシウムを摂りましょう。

牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなるという方も、チーズならその心配もありませんので安心して食べることができますよ。

まとめ

チーズには牛乳の栄養がぎゅっと詰まっていますので、少量でしっかり栄養を摂ることができます。もちろん食べ過ぎは禁物ですが、カロリーが気になって敬遠していた方も、毎日の食事にチーズを少しずつ取り入れてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

和菓子 羊羹

井村屋の「えいようかん」は、災難時の非常食やアウトドアにもぴったりでカロリー補給が手軽にできるようかんです。見た目はオーソドックスなパッケージですが、実はあらゆるところに工夫がこらされ、災害用の保存食として意…

おつまみ チーズ グラタン

「あともうひと品」が欲しい時にも、さっとおつまみを作りたい時にも使えるスピードレシピ!電子レンジとグリルを活用して、手早くトロトロ柔らかな茄子に仕上げます。和風のチーズ味は、どんなお酒との相性も◎!味付けも簡…

レシピ

秋になると食べたくなる柿。実は、ミカンよりもビタミンCが豊富だとご存知でしたか?二日酔いを予防したり、便秘改善による美肌に期待が持てたりと、すぐれた食材なんですよ。そんな柿のインナービューティーパワーと簡単お…

ハンバーガー チーズフォンデュ チーズ

ロッテリアから「チーズフォンデュ仕立ての肉がっつり絶品チーズバーガー」が新登場!こちらの商品、肉の日を記念して作られた3日間だけの限定発売なんです。贅沢なくらいたっぷりとチーズをはさんだこのユニークなハンバー…

レシピ まとめ チーズ 調味料

今回は、土曜日の人気番組「王様のブランチ」で放送されたカルディのおすすめ食品ベスト5をご紹介します。定番人気の商品からちょっと珍しい商品まで、意外な結果に驚愕するかも!?人気料理研究家ヤミーさん考案レシピも必…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

お家で料理するのも外食するのも大好きというあなたにこそ見てほしい食の現実を映したフードドキュメンタリー映画があります。あなたの食に対する情熱を少し、食を見つめ直すことに使ってみませんか?

居酒屋 まとめ

居酒屋でも健康や美容にいいものを積極的に選んでみませんか?知っているか知っていないかでは大違い!?迷ったらぜひチョイスしたいようなメニューをまとめました。参考にしてみてください♪

バター まとめ

最近は深刻なバター不足...スーパーの棚からバターがなくなったなんて話も耳にしますが、じゃあバターの代用品になる食品ってないのでしょうか?ということで、今回はバター代わりの食材についてお話したいと思います。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

2015年ヒットの予感!「ライスミルク」を皆さんご存知でしょうか?ライスミルクとは、その名の通り、お米から作った牛乳です。牛乳、豆乳に続き、第三のミルクと言われるヘルシーな植物性ミルクなんです。

恵比寿 女子会 居酒屋

恵比寿の裏路地にひっそりたたずむ名店「裏恵比寿 自然生村」は自然薯山芋創作料理屋です。ねばねば弾力たっぷりの自然薯を楽しめると女性にも大人気だそうでやみつきになる食感だとか♪

lanne_mm

管理栄養士*フードコーディネーター * 食の大切さや楽しさを伝えた...

http://instagram.com/lanne_mami