ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

手頃でうれしい旬のオクラ。でも、オクラの食べ方がワンパターンになってませんか?そこで新提案、オクラを焼いていつもとちょっと違う表情に!オクラを簡単かつおいしく食べるレシピを紹介します。下ごしらえがあっという間に済む裏技もお見逃しなく!

オクラの食べ方、マンネリになってない?

夏野菜の中でも手頃で手軽なオクラ。
刻んでお豆腐やそうめん、サラダに加えるだけで栄養が簡単に取れて便利ですよね。

でも、刻みオクラは食感が強く、味に変化が出しづらいのであまり続けると「飽きてきた……」となってしまいますよね。

今回は、そんなオクラの新しい食べ方のススメ。
オクラの粘りを控えめにする調理法なので、オクラの粘りが苦手な方にも食べやすいですよ!

『オクラの生姜焼き』の作り方

材料(2〜3人分)

オクラ 1パック(8〜10本)
ごま油 小さじ2
A 醤油 大さじ1
A 酒 大さじ1
A みりん 大さじ1
A すりおろし生姜 5g程度
鰹節 お好みで

作り方

①オクラはネットごと流水でこすり洗いする。
ネットとオクラがこすれることで、オクラの表面のうぶ毛がとれ口当たりが良くなります。手間がかからずあっという間にできるので、ぜひ覚えておいてくださいね。
②水気を切り、縦半分に切る。
③フライパンにごま油を熱し、オクラの断面を下にして中火でこんがり焼く。
断面を先に加熱することで、粘りが取れ食べやすくなります。
粘りが好きな場合は外側から先に焼いても、もちろん良いです。
④Aをフライパンに注ぎ、全体に照りが出るまでさっと煮詰める。
香ばしく、照りが出てきたら完成です。

温かいうちに召し上がれ!

出来立てを器に盛りつけたら、全体に鰹節をまぶすとより香りが良くなります。
生姜がオクラの青臭さを解消してくれて、とても食べやすいです。

甘辛いタレがからまったオクラはサクサクと食感がよく、粘りも少なめで食べやすい一品。

特別な材料は何も必要ありません。
ささっと作れて重たくないので、疲れた日も簡単に作れますよ。

冷めても美味しいので、お弁当に、常備菜にぜひどうぞ。

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

そうめん 〆ご飯 おつまみ

夏といえばそうめんですが、同じ味だと飽きてしまいますよね。そこで今回は、鯛あらを使った今までにないそうめんのレシピをご紹介します。鯛の上品な味がしみでたスープは、冷やしても温めても◎。呑んだあとの〆にもぴった…

レモン 〆ご飯

暑さでぐったりしちゃう日は、冷たいものが欲しくなりますね。汁物は余計に熱くなってしまうので、この時期は避けたいもの。でも水分不足に気をつけたい……そんな時にオススメな、爽やかな冷製スープのレシピをご紹介します…

あさり スープ ラーメン 冷やし中華 おつまみ 〆ご飯

夏は冷たい麺が食べたくなりますね。〆には冷やしラーメンが最高!普通のスープもいいけれど、あさりの旨味たっぷりのお手製スープはいかがでしょう?今回は、「あさりの冷やしラーメン」のレシピをご紹介。ゼラチンで煮凝り…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ フレンチトースト チーズケーキ レモン アレンジレシピ まとめ

食べたらまるでチーズケーキのようなフレンチトーストがあります。いつものフレンチトーストにちょっと一味加えたら食感、味ともにチーズケーキのように仕上げることができますよ!休日の朝ごはんに♡おやつタイムに楽しめる…

レシピ まとめ

安くておいしい便利な食材「ひき肉」、ハンバーグやミートボールが定番ですよね。でも実は「ひき肉」を使ったおいしいレシピってたくさんあるんです!そこで今回は簡単に作ることのできる「ひき肉」レシピをご紹介します♡

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

レシピ まとめ キャベツ

春キャベツのおいしい季節です。香ばしいアンチョビと合わせると一段とおいしさが引き立つようですよ。アンチョビと言うとちょっと高価にも思えますが、最近は100円ショップでも扱いがあるようです。手軽においしく旬のも…

レシピ フルーツ お菓子

新感覚の「セミドライフルーツ」とは少しだけ乾燥させたフルーツのこと。ドライフルーツのように中まで乾燥させていないので半干し状態。なので甘みや旨味が凝縮されていてフルーツの酸味や風味がそのまま楽しめるんです!さ…

前田未希

料理家 フードコーディネーター レシピライター 料理教室講師 st...

http://studio-racconto.com/

ページTOPに戻る