ローディング中

Loading...

夏のランチの定番、そうめん。のどごしが良くおいしいですが、飽きてしまいがちですよね。最近SNSで「塩そうめん」が話題になっているのをご存知ですか?さっぱりとした味わいの塩そうめんの作り方からアレンジまで、詳しくご紹介します!

夏といえばやっぱりそうめん!

夏になると、なにが食べたくなりますか?スイカやかき氷など夏の定番の食べ物はいろいろありますが、「そうめんが好き!」という方もきっと多いはず。茹でて冷やすだけなので、作るのも簡単ですよね。でも、作る頻度が高いと、飽きてしまいがち。今回は、そうめんの新しい食べ方「塩そうめん」についてご紹介します!

SNSで「塩そうめん」が流行中!

「塩そうめん」とは塩味のスープで食べる新感覚のそうめんです。キンキンに冷やして食べてもよし、温めてラーメン感覚で食べてもよし。暑い時期にぴったりなさっぱりとした食べ方なんですよ。

ツイッターやInstagramなどのSNSを中心に、一気に人気が広まった「塩そうめん」。食欲がなくても、ツルツルと食べやすいのも人気の秘密なんですよ。まずは作り方からチェックしてみましょう!

基本の塩そうめんの作り方

材料

・味覇(ウェイパー)※ないときは鶏ガラスープ
・そうめん
・ごま油
・ブラックペッパー
・ゆずこしょう(お好みで)
・ゆで卵、ねぎなど、お好みのトッピング

作り方

1. 味覇(ウェイパー)を使ってスープを作ります。麺で味が薄まるので少し濃い目に作るとよいでしょう。ごま油やブラックペッパーで味付けすると、満足度の高い味わいに。スープを作ったら冷蔵庫で冷やしておきましょう。
2. そうめんを茹でます。お好みの固さに茹でたら冷水でよく冷やしましょう。少し柔らかめに茹でておくと、冷水で冷やしたときに麺がしまるのでちょうどいい固さになりますよ。
3. 器にそうめんを盛り付け、スープをかけます。お好みのトッピングをのせて完成です。ゆで卵やねぎ以外にも、チャーシュー、ワカメ、レモンなどもおすすめです。お好みでゆずこしょうをかけると、爽やかな香りを楽しめますよ。好きなものをのせて自分だけの「塩そうめん」を作りましょう。

塩そうめんのおすすめアレンジ

塩そうめんは、調理法やトッピングをアレンジができるのも魅力のひとつ。おすすめのアレンジを厳選してご紹介します!

1. ピリ辛で食欲アップ

まず基本の塩そうめんを作ります。その上にゆでた鶏肉やきくらげを乗せ、山盛りの水菜、白髪ねぎを乗せましょう。最後にラー油をかけたら完成です。

ラー油で仕上げた野菜たっぷりの塩そうめんです。ピリ辛な風味が食欲をそそりますね。野菜や鶏肉で、栄養をたっぷり摂れるそうめんです。

2. ゆずが香るチャンプルー

砂肝を薄く切り、サッとゆでます。そうめんをゆで、冷水でしめたらごま油を絡めます。ニンニクとごま油を火にかけたら、砂肝、野菜、そうめんの順で炒めていき、ユズ塩と醤油、塩こしょうで味を整えてできあがりです。

塩そうめんも野菜や砂肝といっしょに炒めるチャンプルーです。砂肝のこりこりとした食感がやみつきになりそうです。ゆずがきいているので、暑い日でもさっぱり食べられますよ。

3. よく冷やしてつけ麺に

味覇(ウェイパー)と塩で濃い目のつけダレを作ります。できあがったら冷蔵庫でよく冷やしておきましょう。そうめんを茹でてお皿に盛りつけ、キムチを添えたらできあがりです。つけダレにつけて食べましょう。

こちらはつけ麺タイプの塩そうめん。お好みで海苔やゴマ、ネギなどの薬味を入れてくださいね。つけダレは、ぜひ食べる直前に冷蔵庫から出しましょう。よく冷えた塩そうめんが、暑さでほてった体をクールダウンしてくれそうですね。

4.オリーブオイルを使ってパスタ風に

トマトはオリーブオイルとニンニクで炒めておきます。そうめんをゆでたらオリーブオイルと塩を絡め、トマト、オイルサーディンと一緒に盛り付けたらできあがりです。

オリーブオイルを使えばそうめんもパスタに大変身!極細パスタ「カッペリーニ」がなくても、おいしい冷製パスタがおうちで味わえますよ。ガラスの器に盛ると涼しげですね。

5.とろ~り半熟たまごを絡めて

まず基本の塩そうめんを作ります。切ったトマト、ゆでたアスパラ、オクラ、海苔をトッピングし、最後に氷と半熟卵を乗せたらできあがりです。

まるで冷やし中華のように色鮮やかな塩そうめんの完成!スープを少な目にして、半熟卵をのせるのがおいしさのポイント。とろりとした黄身が麺に絡んで濃厚な味わいになりますよ!

真似したい!アレンジそうめん

塩そうめんもおいしいですが、そうめんのアレンジ方法はまだまだあるんですよ!そうめんをおいしく食べられるアレンジをご紹介します。

1. そうめんチヂミ

ゆでたそうめんを細かく切り、具材と調味料、水を入れて混ぜます。ごま油を引いたフライパンで両面こんがりと焼いたら、溶き卵をフチから回しかけます。火が通ったら完成です。カリッとおいしいそうめんチヂミは、ランチはもちろん、おやつにもぴったり!
▼こちらのmacaroni記事もどうぞ

2. そうめんピザ

そうめんが余ったらぜひ試して欲しいのが「そうめんピザ」。外はカリカリ、中はモチモチ。チーズの風味がおいしい新食感のピザです。トッピングを変えてもおいしいですよ。ゆでたそうめんにチーズを絡めてスキレットで焼きます。しらす、ピーマン、海苔をのせて、ふたをして焼いたらできあがりです。
▼こちらのmacaroni記事もどうぞ

3.豆乳そうめん

豆乳、麺つゆ、練りゴマでつけダレを作ります。ゆでたオクラをつけダレにトッピングし、冷やしておきましょう。ゆでたそうめんを盛り付ければ完成です。つけダレにつけていただきます。

豆乳と練りゴマのコクがおいしい豆乳そうめんは、低カロリーなのに濃厚でマイルドな味わい。いつものつゆに飽きたらぜひ試してみたいひと品ですね。
▼こちらのmacaroni記事もどうぞ

暑い夏をそうめんで乗り切ろう!

暑くて食欲も下がり気味な夏。ツルッと食べられる冷たいそうめんは、食欲がないときの強い味方。消化もよいので、体の負担になりにくいのもうれしいですね。

塩そうめんは、トッピングで野菜をたくさん摂れるので、野菜不足の解消や、夏バテ予防にも最適ですよ。塩そうめんや、そうめんのアレンジで暑い夏をおいしく乗り切りましょう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

2017年8月9日(水)、クリスピークリームドーナツの新作「サマー ミニ ボックス」が登場します!うきわや花火など、夏らしいモチーフが散りばめられたボックス。開けた瞬間、歓声とともに真夏気分に♩気になるお味は…

ゆで卵を、手軽に楽しくみじん切りにする方法をご紹介します!なんと包丁は不要。普段捨てているあるものを使えば、あっという間に細かいみじん切りが完成するんですよ!たまごサンドやタルタルソース、ミモザサラダにおすす…

ハンバーガー

2017年7月20日(木)ロッテリア「メガ盛やわらか焼肉バーガー」が発売されました!なんと、ふっくらジューシーな焼肉パティが7枚もサンドされているんですよ!肉好きにはたまらないスタミナ満点のひと品。実食レビュ…

コーヒー まとめ

今、大きな話題になってる金魚鉢ドリンクをご存知ですか?夏になると飲みたくなるサワー、サイダー、ソーダやコーヒーが金魚鉢に入って出てくるんですよ。そのボリュームにびっくりする人続出。今回は見てるだけでも涼しくな…

レシピ

定番人気のおかず筑前煮。ご家庭それぞれに具材や味付けがありますよね。今回は筑前煮の基本レシピからアレンジレシピまでを総まとめ!ひと工夫でおいしくなるコツ、忙しい方必見の時短レシピなども実践編を交えてご紹介しま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

パン レシピ まとめ

レシピブログで大人気の「いたるんるん」さんの美味しいパンのレシピをまとめました。写真を見ているだけで美味しそうでパンの良い匂いがしてきそう…そんなパンたちを8種類紹介しますね!

レシピ まとめ アレンジレシピ

牛乳を混ぜて飲むだけで美味しいキャンベルのクラムチャウダー缶ですが、アレンジをするともっと美味しくいただけるんです♡スープとして飲むだけじゃなく、食べるレシピもありますよ♪今日の夕飯などにぜひ、こちらのアレン…

レシピ チーズ まとめ アレンジレシピ

雪印メグミルクから販売されている「さけるチーズ」を使ったアレンジレシピを10選しました。そのまま食べてもクセになるほど美味しいと評判ですが、アレンジして食べるとまた違った楽しみ方ができます♡

まとめ

日本の夏は高温多湿。夏バテはこの高温多湿の中で体温を一定に保とうと必要以上に体力を使います。自律神経の不調、水分不足、おなかの調子が悪くなるのが主な症状ですがこれらの症状を予防する食材を積極的に摂取して夏バテ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

焼肉 新宿

東京都新宿区曙橋のあるアパートの一室にあるという「焼肉ヒロミヤ」。入り口が完全にただのアパートです…初見だったら絶対に入ろうと思わないでしょう。しかし、この隠れ家感と、想像以上の肉の美味しさが評判を呼び、知る…

レシピ ブロッコリー サラダ まとめ

緑黄色野菜で、栄養価も高いブロッコリー。カロリーはもちろん低いですが、サラダに使うとボリュームたっぷりでかさを増してくれるのもうれしいポイントですよね。今回は和風から洋風まで、たくさんのブロッコリーサラダのレ…

milkpop

栄養士、製菓衛生師資格持ちのフリーライター。「読み物として楽しい記...

ページTOPに戻る