ローディング中

Loading...

寒い冬になると、つい食べたくなる「おしるこ」や「ぜんざい」。でもよくよく考えてみると、どこがどう違うのか分からない、という人も多いのではないでしょうか?身近な食べ物の違いや語源を知ることで、もっと愛着を持てるかもしれませんよ。

「おしるこ」と「ぜんざい」は違うもの?

寒い冬になったら食べたくなる「おしるこ」や「ぜんざい」。ほんわか漂う湯気の中、お餅がすこし顔を出していて、それをふうふうさましながら食べるなんて……最高ですよね!

でも意外と、その違いについてははっきり分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は両者の違いや語源について知って、ちょっとだけ日本の伝統料理について詳しくなっちゃいましょう。

「おしるこ」と「ぜんざい」の違い

基本的には、「おしるこ」は汁あり、「ぜんざい」は汁なし、という分け方がされています。しかし、もっと細かく見ていくと、関東と関西ではその意味合いが違ってくるようです。

「おしるこ」とは?

水分の多いこしあんやつぶあんなどで作った「小豆汁」に餅や白玉団子などを入れた料理を「汁粉(しるこ)」と呼びます。しかし、大阪ではこしあんで作った汁粉を「こしあんのぜんざい」と呼ぶ人もいるそうです。なかなかややこしいですね。

「おしるこ」は江戸時代からあったようです。当初は甘いものではなく、塩味で調味されていて、お酒のつまみとして出されていたんだそう。現在のように甘い料理ではなかったようですね。

「ぜんざい」とは?

ぜんざいとは、主に小豆を砂糖で甘く煮て、餅や白玉団子、栗の甘露煮などを入れた料理です。基本的に、小豆の粒がないものはぜんざいとはいわないようです。

つまり、おしることぜんざいの違いとは、あんこを水で溶いて汁を作るのか、水に小豆と砂糖を入れて煮て汁を作るのか、という区別の仕方が基本になっているのです。おしるこの場合は、小豆を加工したあんありきであり、ぜんざいは小豆から煮るので粒があるのですね。

見た目が似ていても、作る工程で若干の違いがあり、それによって「おしるこ」と呼ぶか、「ぜんざい」と呼ぶかが決まるようです。

東西の違いとは?

関東と関西では、「おしるこ」と「ぜんざい」の区別にまた別の違いがあるようです。

まず、関東では小豆あんの汁物全般を汁粉(しるこ)と呼びます。その中でも粒ありのものを田舎汁粉、粒なしのものを御前汁粉(ごぜんじるこ)と区別します。

関西では、粒なしのものを汁粉、粒ありのものをぜんざいと呼びます。関東でぜんざいといえば、餅などにあんを添えたものを指しますが、関西ではこれを亀山や金時などと呼ぶのだそうですよ。

「おしるこ」と「ぜんざい」の語源

「おしるこ」の語源

そもそもおしるこは、小豆あんを水でのばして砂糖を加えて煮て、その中に餅や団子を加えた料理です。特にこしあんを使う場合には、さらしあんを使ったようです。さらしあんとは、生のこしあんを加熱乾燥させて粉末状にしたものです。その“粉のあん”を使ったことから「汁粉」と呼ばれるようになったようです。

「ぜんざい」の語源

ぜんざいの語源には2つの説があります。

まず、ひとつめは「善哉(ぜんざい)」説。これは仏教用語である「善哉」を由来とする説です。「善哉」は「よきかな」とも読み、元々「すばらしい」を意味する言葉です。これを食べた僧侶が、あまりのおいしさに「善哉」と叫んだことからそう呼ばれるようになった、という説です。

次は出雲神社の「神在餅」説。出雲神社の神事において振る舞われた「神在餅(じんざいもち)」を由来とする説です。「神在餅」の「じんざい」がなまって「ぜんざい」へと変化したと考えられています。

「ぜんざい」と「おしるこ」の作り方

さて、「ぜんざい」や「おしるこ」は具体的にはどのようにして作るのでしょうか。それぞれの基本的な作り方についたご紹介します。

「ぜんざい」の作り方

小豆をきれいに洗い、しばらく水につけておきます。沸騰したお湯で茹でてから、次に沸騰させないよう弱火でことこと煮込みます。小豆がやわらかくなったら、砂糖を何回かに分けて加えてください。

いったん完全に冷ましてから、塩を加えて味を引き締めます。この塩を加えるという工程があることで、より小豆の甘さが引き立ちますよ。

「おしるこ」の作り方

こしあんを伸ばしていってつくる、お手軽なおやつです。

こちらのメニューでは、白玉にさつまいもを混ぜることで味はもちろん色味にも変化をつけています。箸休めに塩昆布などを添えると、お膳が華やかになりますね。

身近な食べ物の違いを知ろう

いかがでしたか? 「おしるこ」も「ぜんざい」も昔から日本人が好んで食べてきた料理です。特に甘いもの好きな方にとっては、愛着がある料理でしょう。その料理のルーツを探ってみるのも、なかなか興味深いものです。

長い歴史の中で受け継がれてきた伝統を確認し、より深く料理を味わうことにはきっと大きな意味があると思います。「ごちそうさま」というときに、より深く感謝することができるのは、きっと素晴らしいことでしょう。

みなさんも、普段食べている料理のルーツなどを知りたくなったら、ぜひ調べてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

おやつ お菓子

いまや世界的な流行の発信源と言ってもいいインスタグラム。そんなインスタグラムで話題のおやつ「おやつキング」をご存じですか。なんでも「このおやつキング」、見た目だけではない人気の秘密があったのです。販売店舗や通…

おやつ ゼリー まとめ

気温が高くなるとひんやり冷たいスイーツをあれこれ試してみたくなりますね。なかでも、シュワシュワの泡が涼しげな炭酸ゼリーはとくにおすすめ♩難しそうに見えるけど、作り方はとっても簡単!おしゃれでおいしいレシピを1…

とんかつを食べる時にロースにするかヒレにするか迷うことはありませんか?そもそもロースとヒレの違いは何でしょう?やわらかいのはどっち?それぞれにあったお料理やカロリーの違いなど、ロースとヒレの違いについてご紹介…

そうめん

夏の定番麺料理、「そうめん」と「ひやむぎ」。食欲のない時でもスルスル〜と食べられます。でも、この2つの違いって、意外と知られていないような……。いったいどこに違いがあるのでしょうか…

和菓子 レシピ おやつ

インスタでのタグ投稿数は500件超え!? 「大地のおやつ」というお菓子屋さんから販売されている『よいこのあんこ』がおいしすぎると話題になっています。そこで今回は、よいこのあんこが人気の理由、おすすめのアレンジ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ スイーツ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

お茶

テレビ番組の罰ゲームでよく用いられる「センブリ茶」。これを飲んだ芸能人があまりの苦さに悶絶している姿をよく見ますよね。実はこのセンブリ茶、便秘解消効果や血行促進作用など女性にうれしい効能がたくさん含まれていた…

ドリンク ワイン

みなさんはポートワインをご存じですか?通常のワインよりも糖度が高くコクのあるお酒です。普通のワインは苦手だという方も飲みやすいのが人気の秘密なんですよ。今回はそんなポートワインの魅力や種類、おすすめの商品まで…

tumu

こんにちは。新人ライターのtumuです。 日本の文化を知り、伝えて...