ローディング中

Loading...

寒い冬になると、つい食べたくなる「おしるこ」や「ぜんざい」。でもよくよく考えてみると、どこがどう違うのか分からない、という人も多いのではないでしょうか?身近な食べ物の違いや語源を知ることで、もっと愛着を持てるかもしれませんよ。

「おしるこ」と「ぜんざい」は違うもの?

寒い冬になったら食べたくなる「おしるこ」や「ぜんざい」。ほんわか漂う湯気の中、お餅がすこし顔を出していて、それをふうふうさましながら食べるなんて……最高ですよね!

でも意外と、その違いについてははっきり分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は両者の違いや語源について知って、ちょっとだけ日本の伝統料理について詳しくなっちゃいましょう。

「おしるこ」と「ぜんざい」の違い

基本的には、「おしるこ」は汁あり、「ぜんざい」は汁なし、という分け方がされています。しかし、もっと細かく見ていくと、関東と関西ではその意味合いが違ってくるようです。

「おしるこ」とは?

水分の多いこしあんやつぶあんなどで作った「小豆汁」に餅や白玉団子などを入れた料理を「汁粉(しるこ)」と呼びます。しかし、大阪ではこしあんで作った汁粉を「こしあんのぜんざい」と呼ぶ人もいるそうです。なかなかややこしいですね。

「おしるこ」は江戸時代からあったようです。当初は甘いものではなく、塩味で調味されていて、お酒のつまみとして出されていたんだそう。現在のように甘い料理ではなかったようですね。

「ぜんざい」とは?

ぜんざいとは、主に小豆を砂糖で甘く煮て、餅や白玉団子、栗の甘露煮などを入れた料理です。基本的に、小豆の粒がないものはぜんざいとはいわないようです。

つまり、おしることぜんざいの違いとは、あんこを水で溶いて汁を作るのか、水に小豆と砂糖を入れて煮て汁を作るのか、という区別の仕方が基本になっているのです。おしるこの場合は、小豆を加工したあんありきであり、ぜんざいは小豆から煮るので粒があるのですね。

見た目が似ていても、作る工程で若干の違いがあり、それによって「おしるこ」と呼ぶか、「ぜんざい」と呼ぶかが決まるようです。

東西の違いとは?

関東と関西では、「おしるこ」と「ぜんざい」の区別にまた別の違いがあるようです。

まず、関東では小豆あんの汁物全般を汁粉(しるこ)と呼びます。その中でも粒ありのものを田舎汁粉、粒なしのものを御前汁粉(ごぜんじるこ)と区別します。

関西では、粒なしのものを汁粉、粒ありのものをぜんざいと呼びます。関東でぜんざいといえば、餅などにあんを添えたものを指しますが、関西ではこれを亀山や金時などと呼ぶのだそうですよ。

「おしるこ」と「ぜんざい」の語源

「おしるこ」の語源

そもそもおしるこは、小豆あんを水でのばして砂糖を加えて煮て、その中に餅や団子を加えた料理です。特にこしあんを使う場合には、さらしあんを使ったようです。さらしあんとは、生のこしあんを加熱乾燥させて粉末状にしたものです。その“粉のあん”を使ったことから「汁粉」と呼ばれるようになったようです。

「ぜんざい」の語源

ぜんざいの語源には2つの説があります。

まず、ひとつめは「善哉(ぜんざい)」説。これは仏教用語である「善哉」を由来とする説です。「善哉」は「よきかな」とも読み、元々「すばらしい」を意味する言葉です。これを食べた僧侶が、あまりのおいしさに「善哉」と叫んだことからそう呼ばれるようになった、という説です。

次は出雲神社の「神在餅」説。出雲神社の神事において振る舞われた「神在餅(じんざいもち)」を由来とする説です。「神在餅」の「じんざい」がなまって「ぜんざい」へと変化したと考えられています。

「ぜんざい」と「おしるこ」の作り方

さて、「ぜんざい」や「おしるこ」は具体的にはどのようにして作るのでしょうか。それぞれの基本的な作り方についたご紹介します。

「ぜんざい」の作り方

小豆をきれいに洗い、しばらく水につけておきます。沸騰したお湯で茹でてから、次に沸騰させないよう弱火でことこと煮込みます。小豆がやわらかくなったら、砂糖を何回かに分けて加えてください。

いったん完全に冷ましてから、塩を加えて味を引き締めます。この塩を加えるという工程があることで、より小豆の甘さが引き立ちますよ。

「おしるこ」の作り方

こしあんを伸ばしていってつくる、お手軽なおやつです。

こちらのメニューでは、白玉にさつまいもを混ぜることで味はもちろん色味にも変化をつけています。箸休めに塩昆布などを添えると、お膳が華やかになりますね。

身近な食べ物の違いを知ろう

いかがでしたか? 「おしるこ」も「ぜんざい」も昔から日本人が好んで食べてきた料理です。特に甘いもの好きな方にとっては、愛着がある料理でしょう。その料理のルーツを探ってみるのも、なかなか興味深いものです。

長い歴史の中で受け継がれてきた伝統を確認し、より深く料理を味わうことにはきっと大きな意味があると思います。「ごちそうさま」というときに、より深く感謝することができるのは、きっと素晴らしいことでしょう。

みなさんも、普段食べている料理のルーツなどを知りたくなったら、ぜひ調べてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

東京駅 和菓子 新橋 東京

新橋の新正堂が販売する「切腹最中」。ちょっとびっくりなネーミングながらもすごい人気の和菓子となっていて、いまや東京名物として東京駅や羽田空港などでも購入できるそうです。いま忠臣蔵ファンからも注目を浴びている切…

ジャム レシピ

コンフィチュールってどこかで見聞きした覚えがあるけど、具体的に何だかご存じですか?ジャムと何が違う?今回は、コンフィチュールの意味、ジャムとの違い、さらにレンジを使った保存レシピまで詳しくご紹介します。

かき氷 和菓子 ペースト

トラヤカフェ青山店にて、期間ごとに替わる3種類の「みぞれ」が登場。フォークで丁寧に削られた、がりがりとした独特の氷と、あん、フルーツの相性を楽しめます。また、「季節のあんペースト」もお目見え。上品な甘さでギフ…

スイーツ ドリンク おやつ まとめ

カラフルでポップでキュートなユニコーンフードが、いま世界中で大旋風を巻き起こしているんです!スイーツからドリンク、さらにはトーストまで、とどまるところを知らないユニコーンフードについて、今回はご紹介します。

レシピ 豚肉 おやつ おつまみ

新ねとめし「肉巻きみたらし団子」がおいしいとSNSが盛り上がっています!みたらし団子と豚バラ肉がまさかのドッキング……行きつく先は「おやつ」なのでしょうか「おかず」なのでしょうか?基本的な作り方からアレンジレ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ スイーツ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

京都 ランチ まとめ

京都の夏といえば、この時期にしか味わえない納涼床(川床)が思い浮かびますね。暑いといわれる京都の夏でも、川床なら涼しさを感じながら食事を楽しむことができるんですよ。そこで今回は、これからの季節におすすめの、川…

岡山 コーヒー

笠岡駅から徒歩2分ほどの線路沿いにあるお店が「辻珈琲」です。コーヒーはもちろん、いつもコーヒーのそばにあるスイーツもどちらもとても優しい味です。それだけではなくお店の方もメニューに負けないくらい優しい方です。

tumu

こんにちは。新人ライターのtumuです。日本の文化を知り、伝えてい...

ページTOPに戻る