ローディング中

Loading...

連載:おとなの食育 〜手作り保存食のすすめ〜

料理をするのも億劫な暑い季節におすすめしたいマリネの作り方を紹介します。漬け込むことで食材を上手に保存する工夫「マリネ」。魚だけでなく肉や野菜、フルーツもおすすめ。さらに、しょうがの力をプラスした夏にぴったりのお手軽レシピです。

夏におすすめ、しょうがの保存食

毎日の食卓を豊かにするための古くからの“知恵”をご紹介するこの連載。
前回は、暑い季節こそ注意したい“冷え”に有効な、しょうがで作る「自家製ジンジャーシロップ」の作り方をお伝えしました。

しょうがは夏の暑い時期にこそおすすめの食材。でも、みなさまから「しょうがを買ったはいいけどなかなか使い切れない」「ほかにもなにか手軽に使う方法はありませんか?」そんなお声をいただくことがあります。

そこで今回はしょうがを使った保存食をもうひとつご紹介します。
だんだん食欲が減り、外と室内の温度差がつらいなど、意外とトラブルの多い夏。暑いとキッチンに立つのも億劫になりますが、そんなときにおすすめしたい「フルーツのジンジャーマリネ」を作ります。
▼ 前回の記事はこちら

フランス生まれの「マリネ」とは?

保存食づくりにはいくつかの方法やポイントがあります。日持ちさせるためのおもなポイントは、乾燥させる、塩漬けにする、砂糖漬け、酢漬け、油でコーティングするなど。
ジンジャーシロップはお砂糖を使った保存方法ですが、今回ご紹介する「フルーツのマリネ」は、お酢やレモン汁を使った酢漬けに近い方法です。
マリネとはフランス語で「漬ける」という意味。フランス料理の調理方法のひとつで、マリナードといって素材を漬け汁に漬け込む調理方法を指します。
マリネにすれば、生の素材をそのまま保管するのに比べて保存性が高まり、またなにより"漬ける"ことで素材に味が染み込み、ぐっとおいしくなります。まさに一石二鳥の調理方法です。

今回は、シンプルにレモン汁とお砂糖(はちみつ)を使った「マリネ」液に、しょうがを効かせてピリリと夏らしいデザートに仕上げます。夏のフルーツを使ったシンプルな保存食です。

フルーツのジンジャーマリネの作り方

材料(自宅で作りやすい量)

・お好みのフルーツ(この時期はパイナップルがおすすめ!)

マリネ液
・すりおろししょうが 小さじ1(辛みが苦手な方は小さじ1/2など量を調整してください)
・はちみつ 大さじ2
・レモン汁 大さじ1
・水 50ml

手順

1. お好みのフルーツはひと口大にカットする。
2. 鍋にマリネ液を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら火をとめてそのまま粗熱をとる。
3. ボウルに1と2を加えてよく混ぜ、1時間以上冷蔵庫でマリネする。

*1時間マリネしたら食べられますが、1晩しっかり漬けるのもおすすめ。
*保存は必ず冷蔵庫で保存し、だいたい3日以内で食べきりましょう。
フルーツの甘みのなかにしょうががピリリと効いた、飽きのこない味わいです。パイナップルのほかメロンもすりおろししょうがとの相性がよいのでおすすめ。バナナやオレンジなどでもぜひ作ってみてください。

3日くらいなら保存もきくので、ちょっと食べたいときにあると便利ですよ。

野菜、魚、肉。素材はなんでもOK

「マリネ」に使う素材は今回のようなフルーツだけではなく、野菜や魚、お肉などもおすすめです。
お刺身なら、たまねぎやハーブなどと一緒に、オリーブオイルとレモン果汁で漬け込めば
洋風にアレンジできます。
また、ごま油にレモン果汁、しょうゆ、ごまなどを加えたマリネ液に漬けこめば和風の味わいも楽しめます。

生野菜ならもっとシンプルに楽しめます。プチトマトをお酢で漬けたり、千切りにしたにんじんをビネガーとオリーブオイルで漬けたりするマリネは手軽に作れて、野菜をたっぷり食べられるのでおすすめです。

30分でできる、お刺身マリネ

新鮮な魚やお刺身が手に入ったらぜひマリネしてみて。
冷蔵庫で30分〜1時間くらい漬けておくと、簡単なシンプルマリネが楽しめます。

材料

・お刺身 適量

マリネ液
・オリーブオイル 大さじ5
・ホワイトバルサミコ酢(白ワインビネガーでも) 大さじ3
・玉ねぎ  1/4個
・パセリ(みじん切り)大さじ1くらい量はお好みで
・にんにく(みじん切り)1かけ

手順

1. 魚には軽く塩をふって冷蔵庫に入れておき、水気が出たらしっかりペーパーでふき取ってバット(容器など)にいれる。
2. マリネ液をよくまぜたら、1とあわせ、ラップをして冷蔵庫で30分以上漬ける。

カルパッチョとの違い

「マリネ」と「カルパッチョ」、どちらもお刺身を使って作ることがありますが、両者の違いというとあいまいに思われる方もいるのでは?
カルパッチョはあくまでもお刺身などにオリーブオイルや塩、レモン果汁などソースをかけて楽しむことが多いですよね。
"漬ける"ことでレモンやハーブの味わいを楽しむマリネに対して、カルパッチョは、魚本来の味わいを楽しむサラダ感覚に近いと言えます。

身体にやさしいおやつを楽しもう

暑くてあまり料理をしたくない……この季節にはそんな日もありますが、なるべく上手に食材をマリネして保存しておくと、冷蔵庫から出してすぐ食べられますし、忙しいときや急な来客のときなどにも便利です。
アイスを食べすぎて身体を冷やすよりも、フルーツの自然な甘みが楽しめるお手製マリネ、おすすめですよ!

《おとなの食育 〜手作り保存食のすすめ〜》の記事一覧

レシピ

ご自宅で余りがちな小麦粉を使って生パスタを作ってみませんか?時間もあまりかからずに気軽に作れるだけでなく、なによりできたての生パスタは乾麺にはないモチモチ感が魅力!前回ご紹介した完熟トマトのソースにもぴったり…

トマト トマトソース レシピ

この時期、安く買えておいしい完熟トマト。でも、完熟トマトはちょっとした傷からカビが生えがちです。おいしいトマトを買ったら、ぜひ「基本のトマトソース」作りに挑戦してみましょう。フライパンひとつで作れる手軽さもう…

今回は塩とお酢の力を使って保存を高める「らっきょう漬け」の作り方をご紹介。酢には強い殺菌効果があり、さらに酸性度を高めることで微生物が活動しにくい状況を作ります。らっきょうは出回る時期が限られているので旬を逃…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ レシピ まとめ 豚肉

給料日前で家計がピンチ!そんなときの救世主「豚肉ともやし」の人気レシピをご紹介します。大根や卵などを使ったレシピなのでお財布に優しく、ボリュームたっぷり!。お子さまから大人まで喜ぶレシピなので、おかずに迷った…

レシピ まとめ

少し前から有名な炭水化物抜きの健康法。チャレンジしたい方は完璧を求めずに、気軽に始めてみてはいかがでしょうか。そんな方に炭水化物がなくても満足出来る美味しいレシピをご紹介♪

アレンジレシピ お弁当 まとめ たまご

「玉子焼き」はお弁当の人気者。。。しかし、最近なんだか慣れ合いになってきてはいないですか?そんな時はサッと一手間。ちょっとの工夫でいつもの玉子焼きがお洒落に変身☆そんな玉子焼きのレシピをご紹介します♪

レシピ まとめ スープ

スープジャーとは、本来スープやシチューを保温して持ち歩けるというグッズなのですが、これに材料を入れるだけで調理もしてくれる♪ということで最近話題なんだそうです。そんな夢のようなグッズがあったのか!ということで…

レシピ まとめ 炊き込みご飯

子どもから大人まで大好きなツナ缶。今回はツナ缶を使った炊き込みごはんの人気アイデアレシピをご紹介します。ツナ+αでとってもおいしい炊き込みごはんに仕上がるんですよ♩早速ご自宅にあるツナ缶で作ってみてくださいね…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

きのこ パスタ まとめ

香りと旨みがたっぷりのきのこは、種類も豊富で飽きのこない食材です。とくにパスタとの相性がよく、クリーム、和風、トマトと、どの味とも相性抜群!栄養満点で毎日食べたい「きのこ」を使った、おすすめのパスタレシピを2…

レシピ 中華 まとめ

中華料理の高級調味料「XO醬」。名前は知っているけれど、ご家庭では使ったことがないという方も多いのではないでしょうか!? そこで今回は、XO醬の使い方、XO醬を使った簡単レシピなど、すぐ使ってみたくなる情報を…

さとみひろこ

フードディレクター / 食育指導士。ランチタイムの1時間を使った料...

http://thinkabouteat.jp/

ページTOPに戻る