ローディング中

Loading...

「航空業界のオスカー賞」といわれる『ワールド・エアライン・アワード2016』がイギリスのコンサルティング・格付け会社スカイトラックス社より発表されました。今回は世界トップ10に選ばれたエアラインの機内食についてランキング形式でご紹介します。

機内食はまずい?

「Beef or Chicken?」

機内食といえばそんな言葉がすぐに頭に浮かぶほど、メニューにはどの空港会社も大差がない、というイメージがあるかもしれません。さらに実際に食べてみても味が薄かったり、ミールが冷たかったり、外資系エアラインだと何を食べているのかすらよく分からない!なんていう経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

旅行の醍醐味のひとつともいえる空の旅。せっかくの旅路ですから、最高のサービスのもと、おいしい機内食が食べたいですよね!

機内食がおいしい航空会社ランキングベスト10

今年も英国スカイトラックス社により2016年の世界の航空会社格付けが発表されました。

『ワールド・エアライン・アワード2016』は機内食や客室乗務員のサービスなど800以上もの項目で審査されます。航空会社に告知することなく覆面調査が行われるため、その信頼性の高さは世界的に認められ、経済誌などでも大きく取り上げられるほど。今回はそんな『ワールド・エアライン・アワード』を受賞した、栄えある航空会社トップ10をご紹介します。

今や機内食のおいしさを追求することはエアラインにとっても重要課題。高度1万メートルの空の上、最高のサービスのもと世界最高クラスの機内食を味わえるのはどのエアラインなのでしょうか。

10位 ルフトハンザ・ドイツ航空

ルフトハンザはドイツの航空会社で、ヨーロッパの中でも最大規模を誇っています。

フランクフルトを拠点に日本へは羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港へ就航していますよ。ドイツの気質なのか、定時運航率が高く信頼のおける航空会社です。

機内食

ドイツと言えば、やはりビール。ルフトハンザで旅をすれば、旅の始まりからドイツを感じられること間違いなし。

ピスルナータイプの「ヴァルシュタイナー」を飲みながら、旅の始まりに乾杯!
ドイツの航空会社ではあるものの、日本路線の場合は日本食を味わうことができます。

鶏そぼろとたまごの二色ごはん、スナップえんどうとニンジンの色合いが食欲をそそります。
もちろん洋食のチョイスもあります。パスタとソースがからみ合い、なんともおいしそうなメニュー。リンゴがたっぷり入ったケーキも食後の楽しみですね。ヨーロッパの航空会社でうれしいのは、付け合わせのチーズやスナック、お菓子がおいしいこと。

路線にもよりますが、スイスの有名なチョコレート「トブラローネ」が提供される便もあり、メインお食事はもちろんのこと、軽食やギャレー台に置いてあるお菓子も楽しみのひとつです。

ビジネスクラスの機内食

ビジネスクラスのお食事も覗いてみましょう。ビールはもちろんのこと、ワインがおいしいのもヨーロッパの航空会社の魅力です。
ルフトハンザ航空のビジネスクラスではトレンドに合わせ2ヶ月ごとにワインの銘柄がかわります。マルクス・デル・モネーゴ氏をはじめとしたワインの専門家が厳選し、機内では選び抜かれたワインのみが提供されます。

9位 カンタス航空

カンタス航空はオーストラリアのシドニーをベースとしたフラッグキャリアで、アフリカ、アメリカ、アジア、ヨーロッパ、オセアニアの14カ国に就航しています。

カンガルーの塗装がかわいらしく、留学やワーキングホリデーでオーストラリアへ行ったことがある方なら利用されたことがあるかと思います。

機内食

トレーレスの機内食が珍しい、カンタスのお食事。メインディッシュはチキンとお野菜のソテー、付け合わせはパン、デザートのアップルクランブルです。

副菜がついてないので量が少なく見えますが、実は機内食の量も以前よりも増量し、ひと品の量が多い満腹感が味わえる機内食になっているんですよ。

カンタス航空の機内食の魅力はなにより、3種類のチョイスがあること。また、オーストラリア出発便に関してはインターネットで事前予約をすれば4種類のチョイスから食事を選ぶことができます。
こちらは色合いが鮮やかなベジタリアンの特別食、ベジタリアンカレーです。機内食に特別力を入れ始めてから、近年カンタス航空の人気は上昇傾向にあります。

ビジネスクラスの機内食

バッファローチーズとドライトマトの前菜から、メインは鴨のグリルと、レストランさながらのお食事です。ビジネスクラスの食事はどこの航空会社でも大抵コース仕立てで、メインディッシュは作られてから温かいお皿に盛りつけられ、提供されます。
こちらのお食事は、餃子の香ばしい焼きめと、赤い辛味ソース、青いネギの三色がとても食欲をそそります。オーストラリアの航空会社なのに餃子を頂けるなんて驚きですよね。モダンオーストラリア料理の第一人者、ニール・ペリー氏がビジネスクラスの食事を手がけているため、モダンで斬新なメニューを楽しむことができるのです。

メニューは路線や期間によって異なるので、どんなお食事が出てくるのか楽しみになりますね。

8位 エバー航空

エバー航空は台湾をベースとした航空会社で、世界40カ国、日本へは羽田空港、成田空港、関西国際空港、新千歳空港へ就航しています。

エバー航空の、キティーちゃんの塗装がされた飛行機を見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。日本路線では日本人CAも多く乗務しているため、日本語でも通じるのがうれしいポイントですね。

機内食

チキンフライドライスとヨーグルト、フルーツ、パンの機内食です。
鶏の照り焼きがのせられた、野菜ビーフン。旅のはじまりから美食大国・台湾の食文化に触れられるひと品。
こちらは洋食メニューのチキンのトマトソース煮とサフランラスです。エバー航空では中華・洋食・日本食などさまざまなジャンルのお食事が提供されますが、日本人と味の感覚が近いためか、日本人でも安心して食べられる味付けが多いようです。

ハローキティーミール

「ハローキティージェット」は、機内食までハローキティー仕様というのが女性の心をくすぐります。写真は事前に予約をすると提供される、お子さま用の機内食です。
もちろん大人のお食事も、ハローキティー仕様です。おしぼりが「キキララちゃん」だったり、カトラリーもかわいらしく、楽しくお食事を味わえそうです。

「ハローキティジェット」ではない普通の塗装の飛行機で運航される場合もあるので、「ハローキティージェット」に乗りたい方は事前に調べてからチケットをご購入されることをオススメします。

7位 トルコ航空

イスタンブールを拠点としたトルコ航空は、世界243都市を結ぶ航空会社です。

日本へも成田空港へ直行便が就航しており、トルコへ行かれたことがある方は利用されたことがあるかと思います。フルキャリアで機内設備も充実しているのに、運賃が比較的安いところも評価されています。

機内食

一昨年2014年度には、「世界で1番機内食がおいしいエアライン」に選ばれたことがあるという、実力あるトルコ航空のお食事。お皿の形も、白と黒で統一された見た目も洗練されています。

トルコではイスラム教が一般的なため、すべての機内食において「ハラール食(イスラム教の教えに沿った、食べることが許された食材で作られた食事)」が提供されます。豚肉が避けられているのが特徴的です。

キッシュとスクランブルエッグ、マッシュルームのソテーに赤いドライトマトのアクセントが効いています。
大阪ーイスタンブール路線で提供された機内食です。野菜のソテーとキッシュ、副菜に盛りつけがかわいらしい煮物とサラダが用意され、デザートには抹茶味のケーキまで楽しめます。日本発の便には日本食が提供されるのがうれしいところですね。

ビジネスクラスのお食事

トルコ航空のビジネスクラスで特徴的なのが、欧米で高級レストランやホテルを経営している「ドコ(DO&CO)社」が機内食制作に全面的に関わっているところです。

機内では「フライング・シェフ」と呼ばれるドコ社のシェフが同乗し、客室乗務員と共にサービスします。上空にいるのにシェフがサーブしてくれるとはなんとも斬新ですよね。レストランにいるような感覚を味わえます。
手前はフムスをはじめとした前菜、奥にはマッシュルームのスープとパンが添えられ、まるでアート作品のようなお食事。ぜひ一度食べてみたいですね。

6位 エティハド航空

エティハド航空はアラブ首長国連邦の国営会社で、アブダビを拠点としている航空会社です。

航空会社の歴史としてはまだ短いながらも、質の高いサービスや最新鋭の飛行機などで多くの賞を受賞するほどの実力があり、日本へは成田空港、中部国際空港へ就航しています。

機内食

グリルチキンに付け合わせのニンジン、マッシュポテトの組み合わせがとてもおいしそうですね。

エティハド航空もトルコ航空同様、すべての機内食がイスラム教の「ハラール食」なので豚肉が使用されません。中東系航空会社ならではのアラブ料理がたのしめます。

ファーストクラスの機内食

エティハド航空で最も注目すべきなのは、スカイトラックス社より「世界で最も素晴らしいファーストクラスがある航空会社」として評価された点です。

ファーストクラスの機内食はファインダイニング、シェフによって調理された料理は上空にいることを忘れさせます。
朝食もシェフにお好みを伝えるカスタムメイド。ポーチドエッグがふたつに、ほうれん草、スモークサーモン、カリカリのビーフベーコン、オランデーズソースがかかっています。

世界で一番のファーストクラス、いつか体験してみたいですね。

5位 全日本空輸

国内線のイメージが強いですが、近年では国際線路線の拡大に力を入れています。日本の航空会社で唯一、世界最高評価『5スター』を獲得している航空会社でもあります。

日本の航空会社なので、機内誌などもすべて日本語で書かれていて、何か分からないことがあっても客室乗務員と日本語でコミュニケーションがとれるため、安心して旅行ができます。

機内食

ANAでは毎年「機内食総選挙」が行われ、上位にランクインした食事をリニューアルして日本発の機内食として提供するなど、旅客の意見を機内食に大きく反映させているところがポイントです。

日本人の口にあった味付けの食事は、旅行帰りに日本食が恋しくなった時には身にしみるおいしさですよね。
こちらはコロッケがのったカレーライスです。海外のスパイス抜群の料理に疲れた胃にも優しいまろやかな口当たりで、安心感が得られそうです。付け合わせの蕎麦に、ワサビと海苔など薬味が付いている細やかさが日本らしいひと品。
こちらは唐揚げと煮物のお弁当に、ハム、マカロニサラダ、茶蕎麦が用意されています。ANAでは日本だけでなく、外地発の便においても、すべての機内食に日本食と洋食の2種類が用意されているため、日本食が好きな方には心強いです。

ビジネスクラスのお食事

ANAのビジネスクラスでは、世界中で活躍するシェフとANAのシェフが共同プロデュースした食事が提供されます。先付けや、前菜、煮物などなんとも彩りが綺麗な和食です。
また「一風堂」とコラボレーションした「空の上のトンコツ『そらとん』」も軽食として用意されています。飛行機の中で「一風堂」のラーメンが食べられるなんて、日本の航空会社ならではですね。

4位 キャセイパシフィック航空

香港を本拠地に展開されるキャセイバシフィックは、今までに「世界で最も良い航空会社」として4回も受賞経験がある実績のある航空会社です。海外の経済紙などでも評価が高く、キャセイパシフィックもまた、世界最高評価『5スター』を獲得している航空会社です。

機内食

香港の航空会社なので中華は絶品です。フライドヌードルに野菜の餡がかかりとてもおいしそう。朝食にはお粥も提供されますが、それもとてもおいしかったです。
もちろん洋食の用意もあり、チキンソテー・トマトソースに、ころんとしたニョッキがとてもおいしそう。

ファーストクラス

まるでホテルの朝食のようなこちらの食事は、キャセイパシフィックのファーストクラスの機内食です。足をゆったり伸ばしながら、窓から外の景色を眺めいただくシチュエーションは、よりいっそう食事を楽しませてくれそうです。

3位 シンガポール航空

シンガポールを本拠地とし、世界的に認められた高レベルのサービスを提供するシンガポール航空。

世界最高評価『5スター』を獲得している航空会社で機内では民族衣装を身にまとった客室乗務員がサービスをしてくれるので、機内からシンガポール気分が味わえます。

機内食

シンガポールの航空会社ですが、日本食がとてもおいしいと評判です。こちらのメインはチキンのクリームソースと煮物、付け合わせのお蕎麦、だし巻き、ひじきなど、見た目もとても鮮やかで食欲をそそります。
こちらも和食です。和食をオーダーしてハッシュドビーフとごはんと煮物が出てくるのも外資系エアラインでしかなかなか味わえません。シンガポール航空の日本食はお米もとてもやわらかくおいしいです。
こちらは洋食メニュー。温かいお食事としてグリル野菜、チキンのトマトソースがけ、そしてポテトが用意され、付け合わせの盛りつけも凝っています。

ビジネスクラス

世界の味を堪能できる「空の上のレストラン」をコンセプトに各国の料理を楽しむことができます。写真はシュウマイや海老餃子など「飲茶」ですが、路線によってメニューも多岐に渡るので、機内はまさにレストランさながらです。

2位 カタール航空

カタールの首都ドーハを拠点としていて、こちらも『5スター』の称号を得ており、世界でも最高評価を受けている航空会社です。

毎年航空会社のランキングでは必ず上位にランクインし、高品質のサービスを提供することで高い信頼を得ています。

機内食

カタール航空もまた中東系の航空会社のため、イスラム教「ハラール食」のお食事で、豚肉はつかわれません。一般的に長粒米を用いるアラブ料理が楽しめます。
トマト煮込みに付け合わせのお野菜という、ビビッドな色合いのひと品です。和食ではあまりない色づかいが、食欲に新たな刺激を与えてくれます。

ビジネスクラス

カタール航空は「ビジネスクラス部門」では今年栄えある世界1位の称号を獲得しました。

好きな時間に好きなものをメニューの中からオーダーすることができ、機内で自分の時間を大切にしたいビジネスマンにはピッタリの航空会社です。

1位 エミレーツ航空

アラブ首長国連邦、ドバイを拠点に世界中に路線網をもつ航空会社です。最新鋭の「エアバス380」の保有数が世界一で、機内のエンターテイメントシステムに力をいれています。

今回のスカイトラックス社の格付けでも「ワールド・エアライン・アワード」で1位を獲得、「機内エンターテイメントシステムが最も良い航空会社」としても1位に選ばれました。エコノミークラスでも無料のwi-fiを使うことができるのはとてもうれしいです。

機内食

エミレーツ航空もまた中東系航空会社なので、豚肉はいっさい使われません。また付け合わせに平たいパン「ホブズ」が提供されるのがいかにも中東系航空会社らしく、旅心をくすぐられます。
まっ赤なチキンカレーが食欲をそそります。

イスラム教のお食事である「ハラール食」は、イスラム教以外の国の航空会社では特別食という扱いになり、事前に手続きが必要となります。めんどうな手続きなしでハラール食を食べられるのは、中東系航空会社の機内食ならではと言えます。

ファーストクラス

ゴールドを基調とした豪華なキャビン。お食事はもちろんフルコースで提供され、時間も内容も自分で決めることができます。「ロイヤル・ドルトン」のボーン・チャイナの食器 、「ロバート・ウェルチ」のカトラリーで提供されるお食事は、機内のお食事をより一層楽しませてくれるでしょう。

【番外編】日本航空

忘れてはならないのが、言わずと知れた日本のフラッグキャリア、日本航空です。今回のスカイトラックス社のアワードでは21位と結果はふるいませんでしたが、機内食だけでみれば4位のANAには負けず劣らずの高品質です。

機内食

彩り豊かな五目ごはんと煮物、スモークサーモンのサラダ、もちろんお蕎麦もついています。
海外からの帰国の途、日本食が食べられたらきっとおなかが喜ぶはずです。サラダが多いのも女性は嬉しいですね。

ビジネスクラス

お椀の朱色がきれいで、箸置きもとってもかわいらしいですね。ビジネスクラスの和食は先付け、前菜もきちんと提供されます。
洋食のメニューもとても色鮮やかで見ているだけでも楽しくなります。

「おいしい機内食と最高のサービス」で旅のスタートを!

いかがでしたでしょうか?「機内食はまずい」というのはもうとっくの昔の話で、今や各社が競って機内食の質を高めています。

機内食ひとつとっても、航空会社によってお食事の内容は実にさまざま。今回ご紹介したものはあくまでも一例で、国、路線、時期によって機内食の内容は変わり、旅客を飽きさせません。

この夏の旅行はぜひ、“おいしい機内食と最高のサービス”の組み合わせで旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。きっと旅行の楽しい思い出の1ページが増えるはずです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

回転寿司 まとめ 寿司

人気番組『マツコの知らない世界』で紹介された「回転寿司の世界」。今回は300軒以上の回転寿司を回ったシンガーソングライター石野奈津代さんが「リーズナブルな均一寿司」から「高級寿司」まで8店舗厳選。マツコさん絶…

まとめ チョコレート フランス ベルギー

人気番組『マツコの知らない世界』で、楠田枝里子さんが登場し、この冬おすすめのチョコレートを紹介してくれました。フランスの新星ショコラティエや、フランスでも認められている日本人ショコラティエのチョコレートも♩バ…

レシピ まとめ

レンジ、オーブン、フライパンで作れる、簡単でおいしい人気のなすレシピを集めてみました。ゴマやチーズ、トマトに豆板醤など和風にもイタリアンにも変身します。お弁当やもうひと品欲しい時に作りたくなること間違い無し!

インド料理 ピザ トマト レシピ まとめ 東京

インドカレーにつきものの「ナン」ですが、2017年は、ナンをピザにして楽しむのが流行しそうだとPinterestでも取り上げられました。東京でナンピザが味わえる四谷のお店や、ご家庭でのレシピ、通販情報をご紹介…

アボカド トースト ベーグル 食パン サラダ まとめ レシピ

Instagramでいま、「アボカドハート」が美しくてステキ!と話題になっています。アボカドをスライスして、ハート形に作るものなんですが、どのように作ればいいのでしょうか?基本の作り方やアレンジアイデアなどを…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

まとめ

お家で料理するのも外食するのも大好きというあなたにこそ見てほしい食の現実を映したフードドキュメンタリー映画があります。あなたの食に対する情熱を少し、食を見つめ直すことに使ってみませんか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

オーストラリア

いつかは土に変える食器たちを竹の繊維、お米の籾殻、コーンスターチ、ヤシの葉など天然由来の素材で作っているEcoSoulife(エコソウルライフ)がオーストラリアからやってきました!環境に考慮した商品を使いたい…

東京 フレンチトースト まとめ パン スイーツ 吉祥寺

吉祥寺と自由が丘、イオンモール幕張新都心に店を構える「ヨッコズフレンチトースト」スイーツとしても食事としてもフレンチトーストが大人気のお店なんだそうです。どんなお店でどのようなメニューが提供されているんでしょ…

Anrino

航空会社勤務。海外を飛び回りながら、世界各地のグルメを楽しんでいま...