ローディング中

Loading...

「BMAL1」というタンパク質は脂肪を溜め込む作用を持ち、時間帯によって量が増減します。ダイエット中は、BMAL1が増えている時間帯の食事にはとくに気をつけたいところです。BMAL1を覚えて、ぜひ肥満予防をしましょう。

BMAL1とは?

「体内時計」という言葉を聞いたことがありますか?正確には「概日リズム」といって、24時間で変動する生理的な現象のことを指します。動物、植物、菌類、藻類など、ほとんどの生物に存在している体のリズムです。

「BMAL1(ビーマルワン)」とは、体内時計を整えるタンパク質のこと。もう少し正確にいうと、体内の活動リズムが正しく機能するように調整する、タンパク質の一種です。どなたの体内にも存在しています。

では、体内時計を調整するBMAL1とダイエットに、どのような関わりがあるのでしょうか。BMAL1の働きはこれからで詳しくお伝えしていきますが、このタンパク質は「脂肪を蓄積する作用」を持っていて、しかも時間帯によって増えたり減ったりするんです。もし、BMAL1が増えている時間帯に、脂肪分をたくさん摂ってしまったら……?

今回は、BMAL1の働きと、その働きを上手く利用したダイエットに役立つ食事法を紹介します。不規則な生活をしている人や、最近太ってきた……と思っている人は、今から改善していきましょう。

BMAL1の働き

少し専門的な話になりますが、BMAL1は脂肪細胞内で脂肪酸やコレステロールの合成を促し、それらを脂肪細胞に多く溜め込もうとする働きがあります。また、その働きをおこなっている間、脂肪の分解作用を抑えてしまいます。

ようするに、体内に脂肪を溜め込む司令塔のような役割を担っているんです。実際、BMAL1は「肥満遺伝子」とも呼ばれています。

BMAL1の特徴は、体内に存在する量が24時間の中で変わることです。当然ですが、BMAL1が増える時間帯に脂肪分を摂れば、体内に蓄積されやすくなります。逆にBMAL1が減る時間帯であれば、脂肪分を摂っても体内に溜まりづらいんです。

以下に、BMAL1が増減する1日のリズムをまとめました。

BMAL1の1日のリズム

体内には、体内時計に関わる約20種類の「時計遺伝子」があるといわれます。これらは一般的に、「昼間に増えて夜間は減る」というリズムを持っています。でも、BMAL1はまったく真逆で、夜間に増えて昼間は減るんです。なぜかというと、BMAL1は、昼間に使ったエネルギーを夜間に補っておく、という役割を担っているからです。

BMAL1が最も少ない時間帯は、14〜15時頃。そこを境に少しずつ量が増えていって、22時にピークを迎え、その状態が深夜2時頃まで続きます。最も少ないときと、最も多いときで、量の差はなんと約20倍。つまり22〜2時の間に食事を摂ると、昼間よりも約20倍、脂肪がつきやすくなるということです。

「夜食は太る」、「こんな時間に食事なんて……」など、これまで散々いわれてきたこと、自分に言い聞かせてきたことですが、じつはちゃんとした理由があったんですね。

それならば、BMAL1の増減リズムを踏まえて、日々の食事に気をつけてみましょう。ちょっとした工夫でも太りづらくなり、肥満予防につながるはずです。

BMAL1を意識した食生活

20時までに食事を終える

食事を摂ると、通常、消化吸収されるまでに2時間ほどかかるといわれます。BMAL1は22時頃をメドに急増するため、少なくとも2時間前の20時に夕食を終えることがベストでしょう。

また、食後2時間は血糖値が上昇しており、その間に就寝すると糖質が脂肪に変わってしまいます。できれば、食後から2時間が経過するまで眠らないようにすると、より太りづらい生活スタイルが築けます。

自分が寝るであろう時間から逆算して、計画的に夕食を摂りましょう。

22時以降の食事は脂肪分を控える

20時までに夕食を済ませられればよいですが、仕事が忙しく、22時以降に食事を摂る日も出てくるはず。でも、BMAL1のことを気にして夕食を摂らないという選択はNGです。

夕食を抜いてしまうと、朝食までに大きな時間が空きます。空腹時に食事(特に炭水化物)を摂ると、食後血糖値が急上昇し、インスリンというホルモンが大量に分泌されて、脂肪を蓄えようと働きます。肥満の大きな原因になるんです。

ですから、食事が22時以降になりそうな場合、摂らないという選択は取らず、BMAL1の性質を考えて、低脂肪の献立を心がけましょう。ごはん系よりも、サラダや軽めのものをおすすめします。

おわりに

BMAL1の増減リズムを踏まえると、昼夜逆転の生活はもしかしたら太りづらいのではないか、とも思えますね。でも実際には、BMAL1は体内時計と関係するタンパク質ですから、昼夜逆転の生活で体内リズムが崩れると昼間を夜間と勘違いして、結局、昼間に量が増えてしまうようです。

BMAL1は朝日を浴びると減ります。当たり前のことですが、太りづらい生活も、健康的な生活も、まずは規則正しい食事と生活リズムから始まります。本来の体内リズムを大切にしながら、BMAL1と上手く付き合う工夫が大切です。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ チャーハン スープ まとめ

ピリッとした辛味がくせになる高菜漬けを使った簡単でおいしいレシピをご紹介します。チャーハン・パスタ・炒め物など、おうちごはんのアレンジメニューを作ってみてくださいね。高菜漬けの作り方も紹介するので生の高菜が手…

焼きそば レシピ まとめ

手軽にできておいしい焼きそば。一品でもお腹を満たしてくれますが、相性のいい付け合わせがあればより満足感が増します。今回は、スープやおかず、そして主食まで、焼きそばの付け合わせをレシピ付きで一挙ご紹介します!

いちご

いまSNSを賑わせている話題のねとめしと言えば「いちごウイスキー」。そのおいしさは思わず悲鳴が出るほどとも言われており、ロックはもちろん、カクテルやソーダ割にしてもおいしいそうです。今日は気になる作り方やアレ…

レシピ まとめ

万能ソースがあれば、アレンジがきいて「ごちそう」を演出できますよね。今回は、甘酢あんかけの基本の作り方から、活用レシピまで紹介します。お魚にも、お肉にも合い、たんぱくな素材にパンチを与えてくれるので、いつもの…

たまご まとめ

一見簡単そうな錦糸卵ですが、慣れていないとなかなか上手には作れません…。そこで今回は、たまごのスペシャリスト・たまごソムリエが失敗しない錦糸卵の作り方を伝授!色鮮やかな錦糸卵を使ってお弁当をかわ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

まとめ

髪の毛は女性の命とも言うように、お手入れはしっかりしておきたいですよね。食事は身体の健康だけでなく、髪の毛にも影響を与えます。そこで今回は、髪の毛に良い食べ物を紹介します。いつまでもツヤツヤで美しい髪の毛を保…

まとめ アボカド

お肌のケアをするために高価な乳液や化粧水を買っている方も多いかと思いますが、実は身近な食材に高い美容効果のあるものがあるのをご存知でしょうか?ここでは、塗るだけで効果のある身近な食材を厳選して7つご紹介します!

まとめ

気付けば冷蔵庫の中がばらばら…あの食材どこに行ったかな?これ、いつ買ったものだろう…そんな経験はありませんか?そういう時におすすめの、収納のアイデアをご紹介します。冷蔵庫の整理整頓…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

レシピ まとめ

人気フードコーディネーター北嶋佳奈さんのお料理は身近な食材と調味料で、できるだけ簡単にできるだけヘルシーにというコンセプトで作られています。今回はレシピサイト「Nadia」にある北嶋佳奈さんのレシピをまとめて…

プリン スイーツ

ローソンの40周年記念商品として「和三盆のプリン」が販売されました。北海道でとられた牛乳と、濃厚なコクのある「きよら卵」で作り上げたこのプリンは見た目は素朴ですが、一口食べるとその実力に驚くそうです。

tep

美容と健康情報に詳しい三十路男性。 書くこと、大好きです。