ローディング中

Loading...

味だけでなく、見た目も楽しめるオランジェットというお菓子を知っていますか?チョコレートとオレンジの皮の相性が抜群のスイーツです。今回は、オランジェットとはなにか?そのレシピや通販で購入できる有名店のオランジェットなどをご紹介します。

オランジェットって知ってる?

みなさん、オランジェットとはなにかご存じでしょうか?初めてこの名前を聞く方も多いかもしれませんね。

オランジェットとは、レモンやオレンジなどの柑橘類の皮を砂糖で煮詰めて、チョコレートをかけたフランス発祥のスイーツです。マカロンに続く、フランスのお菓子として期待されてるようですよ。見た目がかわいらしいので、自分で食べるのはもちろん、友だちや恋人へのプレゼントとしてもおすすめです。

オランジェットは、大人の味

気になるオランジェットの味わいはというと、チョコレートの甘さと柑橘類の皮の苦みがマッチした大人のテイストです。ひと口食べると爽やかな柑橘類の香りが口いっぱいに広がります。

苦みが強いピールには、甘いチョコレートを。甘いピールにはビターチョコレートを合わせるのがよいですよ。皮やチョコレートの種類によってさまざまな味わいを体験することができます。

見た目も楽しめるスイーツ

オランジェットの形は、作り手によって違ってきます。果肉も一緒に味わえる輪切りタイプや皮だけのスティックタイプ、ピールを細かく切ってチョコレートでコーティングしたものなどいろいろな形が楽しめます。味だけでなく、見た目も楽しむことができるスイーツです。

また、皮の形だけでなく、チョコレートのかけ方にも個性があります。しっかりとチョコレートでコーティングするものもあれば、ピールの半分にだけチョコレートをかけて皮の鮮やかな色合いを見せているものも。チョコレートをかける量によって甘さを調節できるのもいいですよね。

基本のオランジェットレシピ

まずは、基本的なオランジェットの作り方をご紹介します。用意するのは以下の4種類。これだけ用意できれば、オランジェットを簡単に作ることができます。柑橘類の皮は、柚子やオレンジ、レモンなど柑橘類の皮だったらどれでも大丈夫です。

材料

・柑橘類の皮
・チョコレート
・水
・砂糖

作り方

まず、皮を輪切りや細切りなど好きな形にカットします。鍋に切った皮と砂糖、水を入れて、弱火でじっくりと煮詰めます。しっかりと煮詰まったら皮をザルにあけて、ひと晩乾かします。皮が乾いたら、溶かしたチョコレートをお好みでかけて、コーティング。あとは、冷蔵庫に入れてチョコレートを固めれば完成です。

手作りのよいところは、自分で甘さやチョコレートの量など自由に調節できるところです。
自分好みの味のオランジェットを作ってみてはいかがですか?

オランジェットのおすすめレシピ10選

みかんの果肉も食べられる

家にある材料だけで簡単に作れるオランジェットのレシピ。輪切りタイプなので、果肉も一緒に食べられます。

5ミリ幅で薄くスライスしたみかんを重ならないようにフライパンに入れ、水と砂糖を加えたら、弱火でじっくりと汁気がなくなるまで煮詰めます。汁気がなくなったら、電子レンジの天板に並べ500Wで加熱。焦げないように注意してください。

その後、ひと晩おいてみかんの皮をしっかりと乾かします。時間がないときは、オーブンで乾かしてもOK。乾かしたあとは、溶かしたチョコレートをお好みでかけてください。チョコレートが固まるまで、冷蔵庫で冷やせば完成です。

市販のオレンジピールで

市販のオレンジピールを使った簡単なオランジェットの作り方です。

好みのチョコレートを細かく刻んで湯せんで溶かします。そのあと、表面が乾いたオレンジピールをチョコレートでコーティングします。手早くこなすのがポイントです。クッキングシートの上にきれいに並べてしっかりと固まれば完成です。

オレンジピールは、市販のものを利用するので、湯せんさえ上手くいけば簡単に作ることができます。さっぱりとした味わいのオランジェットです。

甘夏のオランジェット

甘夏を使ったほろ苦いオランジェットのレシピ。竹串を使ってチョコをコーティングするので、手が汚れにくいのもうれしいポイントです。

細長くカットした甘夏のオレンジピールを用意します。オレンジピールに竹串をさして、コップなどに立てかけておきます。好みの板チョコをテンパリングして、オレンジピールにかけていきます。多くついてしまったチョコレートは、落とすようにしてください。

チョコレートを付けたら、オアシスに竹串を刺して冷蔵庫で固めます。チョコレートがくっつき合わないように間隔をあけて指していくのがポイント。しっかりとチョコレートが固まったら、竹串をスルッと抜いて完成です。

はっさくピールでジューシーに

皮が厚いはっさくを使ったピールを使うので、ジューシーな食感に。お酒にもよく合いますよ。

アクと苦みを十分に抜いた八朔の皮を細く切り分けます。皮と砂糖を鍋に加えて、焦げないように気を付けながら、中火でじっくりと煮ます。砂糖は一気に入れるのではなく、3回に分けて入れるのがミソ。

皮がすき通ってきたら、ザルにあげて冷まします。皮が冷めたら、グラニュー糖をかけて、溶かしたチョコレートをつけていきます。チョコレートを付けた部分にココアパウダーを振りかければ、できあがりです。

トッピングも楽しんで

ホワイトチョコレートやピスタチオなど、お好みのトッピングを楽しむのもおすすめ。自分好みのオリジナルオランジェットを作ってみてくだいね。

きれいに洗ったオレンジとの皮を5mm幅で薄く輪切りに切り分けます。グラニュー糖や檸檬汁、リキュールを加えて煮詰め、オレンジのコンフィを作ります。オレンジのコンフィができたら、オーブンで乾燥させます。裏表をひっくり返しながら乾かすとうまくいきますよ。

あらかた乾いたらオーブンから取り出して、室温で一晩しっかりと乾燥。あとは、湯煎したチョコレートでコーティングして完成です。

洗い物なしで簡単にできる

お菓子作りはしたいけど、洗い物はめんどくさいという方に試してほしいレシピがこちら。

しっかりと閉じられる袋にビターチョコレートを砕きながらいれ、口をしっかりと閉じます。口を閉じたら、600Wの電子レンジで加熱してドロドロに溶かします。焦げないように様子を見ながら少しずつ加熱してください。

溶けたら、袋に市販のオレンジピールを加えて全体をよく混ぜ合わせます。袋をもむようにして混ぜ合わせるとうまく混ざります。あとは、パットにのせて冷蔵庫で冷やせば完成です。

洗いものをひとつも出すことなく、簡単にオランジェットを作ることができます。

金箔をのせた豪華なオランジェット

友だちや恋人にプレゼントしたいときはこれ!金箔をのせた豪華なオランジェットで、ちょっぴり贅沢な気分を味わえます。

細切りにした夏みかんの皮の表面を少しだけ削って苦みを取り除きます。砂糖と先ほどの皮を鍋に加えて弱火にかけます。水分がなくなって透きとおってきたら、アルミホイルの上において一晩しっかりと乾燥させます。

翌日、溶かしたチョコレートと細かく刻んで乾燥させた生姜をパラパラっとかけて固まるまで常温で冷まします。あとはお好みで金箔をかければ完成です。自宅で手軽に金箔がのった豪華なスイーツが作れます。

洋酒を加えて大人の味わいに

薄く切った文旦(みかんの種類)の皮と水を鍋に加えて、3~4回ゆでこぼします。皮が透き通ってきたら、水をひたひたになるぐらいまでいれて沸騰させます。沸騰したら、皮と同等の量の砂糖を加えて煮立たせ、取り出します。

裏表が触ってもべたつかないぐらいまで天日干しで乾燥させて、砂糖をまんべんなくまぶせば、オレンジピールの部分は完成。あとは、洋酒や牛乳を加えたチョコレートでまんべんなくコーティングすればOKです。洋酒を加えることで、さらに大人の味わいのスイーツになります。普段は捨てているような皮がおいしいお菓子に大変身ですね。

レモンの酸味があとを引くおいしさ

オランジェットはレモンでも作れます。オレンジよりも安く手に入るのでうれしいですよね。

スポンジできれいに洗ったレモンを鍋に入れて沸騰させたら、冷水に入れて冷やします。
レモンは8mmほどの輪切りにして、砂糖と一緒に鍋に入れて透明になるまで煮立たせます。レモンは、果肉がやぶれやすいので厚めに切るのがポイント。甘いのが好きな人は、砂糖の量を多めにいれるようにしてください。

透明になって冷めたら、種を取って乾燥させます。2日ほど放置してキラキラになってきたら、テンパリングしたチョコレートをお好みでかけて完成です。

オランジェットクッキー

オランジェットをクッキーと融合させたアレンジレシピです。ビターチョコレートを使っているので、甘いものが苦手な方でも食べやすいです。

溶かしたチョコレートにマーマレードを加えたフィリングをクッキーで挟みます。マーマレードは、ゼリーの部分が少ないものを使うのがおすすめ。チョコが固まるまで室温で放置してください。チョコレートが固まったら、チョコレートでコーティングします。マーマレードとピスタチオを飾れば完成です。

ビターチョコレートとマーマレードの相性がとってもいいスイーツ。贈りものにもおすすめの大人クッキーです。

通販におすすめ!有名店のオランジェット

ピエールエルメ

独創性あふれるスイーツを作ることから、“スイーツ界のピカソ”と言われている「ピエール・エルメ(PIERRE HERME)」のオランジェットは、オレンジコンフィをビターなチョコレートでコーティングした大人の味。パリッとしたチョコレートとモチモチっとしたオレンジの食感が味わえるスティックタイプです。

厚めのオレンジピールを使っているので、少し食べただけでも満足感が味わえます。深い味わいのチョコレートと甘さのなかにもわずかに苦みが残るオレンジの相性が抜群。ひと口食べれば、口のなかにさわやかなオレンジの香りが広がります。

ビターチョコレートなので、女性のプレゼントはもちろん、男性へのプレゼントとしてもおすすめ。普段甘いものが苦手な方でも食べやすいチョコレートです。

エコールクリオロ

「エコールクリオロ(ecolecriollo)」のオランジェットは、オランジェットの発祥地、フランス出身のサントス・アントワーヌ氏が手がける本格的な味わいが特徴です。さわやかなオレンジピールと苦みのあるブラックチョコレートがひと口食べたらやみつきになります。

毎年バレンタインに旦那さんに買ってあげているという女性もいるほど、「エコールクリオロ」では人気の商品になっています。毎日でも食べたくなるおいしさです。

スティックタイプなので、お客さんが来たときのお茶うけとしても最適。グラスに入れて出せば見た目も美しいです。また、オレンジの酸味がよく効いているので、お茶やコーヒーだけでなく、お酒のおつまみとしても使えます。ブランデーなどのお酒との相性もよいですよ。

レオニダス

http://macaro-ni.jp/31128

出典:www.amazon.co.jp

レオニダスオランジェットプチギフト

¥2320

Amazonで購入
「レオニダス(Leonidas)」は、ベルギーを拠点にしているチョコレートブランドです。ベルギー王室からも愛されるその味は、ベルギー国民から絶大な支持を受けています。創業から100年以上経った現在もベルギー国民の心を掴んで離しません。

そんな、「レオニダス」のオランジェットは、オレンジピールをビターチョコレートで包んだ『ピールショコラアソート』。数あるレオニダスのチョコレートのなかでも年間を通じて1番売れている看板商品です。

さわやかで香り高いオレンジピールとビターなチョコレートは、段ボール単位で食べたいという人もいるほどのおいしさ。次ぐから次へと口に運んでしまいたくなってしまいます。80gで1,296円とお値段もお手頃なので、ちょっとしたお土産にもおすすめです。

オランジットで優雅な大人のひとときを

いかがでしたか?

甘さやチョコレートの量を自分好みに調節したいという方は、ぜひレシピを参考に作ってみてください。お菓子作り初心者の方には、市販のオレンジピールを使った簡単なレシピがおすすめです。本格的な作り方になればなるほど、自分好みの味に調節することができますよ。

オランジェットは、甘さ控えめのお酒にも合うスイーツなので、自分へのごほうびスイーツとしてはもちろん、普段あまり甘いものを食べない方やお酒が好きな方にプレゼントとして買って行くのもおすすめです。

オランジェットを食べて優雅な大人の時間を過ごしてみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ チョコレート フランス ベルギー

人気番組『マツコの知らない世界』で、楠田枝里子さんが登場し、この冬おすすめのチョコレートを紹介してくれました。フランスの新星ショコラティエや、フランスでも認められている日本人ショコラティエのチョコレートも♩バ…

レシピ 大根

ゆずの香りが食欲をそそる、「ゆず味噌ふろふき大根」のレシピをご紹介します。お出汁がじゅわっと大根から染み出してくるので、温かい日にはぴったりです♩ゆず味噌は自宅で簡単に作れる上においしいので、おすすめですよ!

ホテル スイーツ いちご

ストリングスホテル名古屋では期間限定「ストロベリーアフタヌーンティー」を開催♩人気のティースタンドスタイルと、WA(和)のお重スタイルで2種のアフタヌーンティーを楽しむことができます。ひと足先に春のお花見気分…

まとめ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、卵黄を劇的においしくする漬けワザをご紹介!漬けるだけでいいので手間なしカンタン!料理が苦手なあなたや面倒くさがりなあなたでも、あっという間に作れちゃいますよ!

スイーツ チーズケーキ 北海道

もうすぐやってくる節分に合わせてルタオから「節分スイーツBOX」が新発売されます。定番のチーズケーキから、鬼の表情が印象的なスイーツまで入った今回のスイーツBOX。家族みんなで食べれば幸福を家に呼び込むこと間…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

通常、21時以降の食事は太るから…と避ける方が多いと思うんですが、人気ブロガー「おおたわ歩美」さんのレシピなら、そんな心配も無用です♡働く女子のための、簡単で美味しいレシピ考案してくださっている…

レシピ まとめ スープ

スープジャーとは、本来スープやシチューを保温して持ち歩けるというグッズなのですが、これに材料を入れるだけで調理もしてくれる♪ということで最近話題なんだそうです。そんな夢のようなグッズがあったのか!ということで…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

お菓子 おやつ

キュートなパッケージと弾力のある食感にクセになるドイツのグミ「HARIBO(ハリボー)」。今回は、本場ドイツで買って食べてきたなかから、個人的なベスト5をランキング形式でご紹介

チョコレートケーキ レシピ チョコレート スイーツ ケーキ

チョコ好きさん、ワイン好きさん必見!今回ご紹介するのは赤ワインを使った濃厚なケーキのレシピです。ケーキにはそれぞれの素材にあった洋酒を使うことが多いのですが、赤ワインはめずらしいので必見!ぜひ試してみてくだ…

kkk_ooo

食べることが好きな20代。甘いスイーツが大好きです。 趣味は映画...