ローディング中

Loading...

連載:写真のプロが考えた! 「いいね」が集まる写真のひみつ

Instagram(インスタグラム)のフード写真を上手に撮るノウハウを紹介しているこの連載。今回は撮り方のちょっと先の話、どうすれば食べ物の写真がおしゃれになるか、加工の仕方をご紹介。きっとあなたも「いいね!」をたくさん押してもらえるはず。

Instagramに投稿するのは加工をしてから

Instagramを見ていると、本当にいろいろな人が写真を投稿しています。そして、たくさんの「いいね!」をもらっていますね。あなたも素敵な写真を見かけるたびに、「いいね!」を押しているんじゃありませんか?

あなたがふだん撮っている写真とあなたに「いいね!」を押させた写真、いったいどこに違いがあるのでしょう。それを理解できるようになれば、きっとあなたもおしゃれな写真を撮れるようになるはずです。

もちろん簡単ではありませんが、そのためのテクニックには、手軽にできるものがいくつもあります。中でもすぐに実践できそうなのが、よりおいしそうに、おしゃれに見えるよう写真を加工する方法。これを知っているかどうかで、あなたの写真のクオリティは格段に上がると断言できます。

というわけで、今回はおしゃれな写真を撮るコツをまとめつつ、そうして撮った写真をどうすればより素敵な作品に仕上がることができるのか、その加工法をお教えしたいと思います。ちょっと覚えればすぐに試せるものばかりなので、ぜひ覚えてくださいね。

まずはおしゃれな写真を撮るコツ

撮影するのは午前中。自然光を利用する

某サイトで行われたアンケートによると、フード写真で人気の高いインスタグラマーの多くが、朝6時から12時の間に撮影を行っていました。これは、そう答えたほとんどの人が、自然光を使って写真を撮っているため。

なぜかというと、自然光はとても明るく、色が自然で、かつやわらかな光だからです。

特に、色がついていない午前中の光は、写真を撮る上でとても扱いやすい光です。この光を料理などの後ろからやや斜めの逆光で当たるよう被写体を配置して撮影すると、生々しい影のない、明るくて雰囲気のある写真を撮れる可能性が高くなるでしょう。

被写体の色を意識する

写真の色味はとても大事な要素です。食材の色がくすんでいたらおいしそうには見えませんし、その逆に彩度が強すぎても不自然になります。基本的には、食材の自然な色をそのまま表現すると、人目を引く魅力的な写真に近づけることができるでしょう。

また、色の相性を考えながら、画の中にどんなものを入れるか考えることも大切。ワントーンに偏らないよう、赤、黄色、緑などを上手く配色するよう意識してください。カラフルならいいというわけではなりませんが、色の多い写真がひと目にとまりやすいのは確かです。

色味については、下の記事で取り上げたmiku_colorsさんが上手なので、ぜひ参考にしてください。

ちょっとひねった構図を考える

シンプルゆえの魅力というのもありますが、ユニークだと思うものに強く引かれるのが人間です。ですから、構図を決めるときは、画の中にちょっとした変化を加えるよう意識しましょう。

たとえば、メインの被写体を真ん中には配置せず、ちょっとズラして置いてみる。斜めに傾けるのもよいでしょう。画の中に動きを出すためランチョンマットを入れ、しわを寄らせるというのもInstagramではよく見かけるテクニック。また、被写体の一部を切る、つまり画の外へ置く見せ方もおすすめです。

カメラの位置は、料理の真上か、斜め45度がいいでしょう。特に真上、真俯瞰から撮った写真はいかにもインスタグラムらしい作品になりやすいので、ぜひ試してみてください。その際、気をつけてほしいのは、画の中にバランスよく被写体を配置すること。

一部を空けるにしても、全体のバランスを意識する。無駄にスペースが空いているだけの構図にならないよう、気をつけてください。

また、高さのあるものを撮るときは、真横からというのもいいでしょう。どこから撮れば被写体の特徴がよりしっかりと伝わるかを考えれば、カメラの位置や構図は自ずと決まってくるはずです。

下記のリンク記事で取り上げた@shewhoeatsさんは、構図についてかなり卓越しています。その作品を眺めるだけで、参考になるポイントがたくさん見つかるはず。

フード写真の加工のコツ

どうして写真を加工するのかといえば、その魅力を際立たせるためです。撮ったままで十分素敵な写真も、加工することでよりよい写真になる可能性があります。いえ、ほとんどの写真が、加工によって品質を上げることができると考えていいでしょう。

写真編集アプリやパソコンのソフトを使うと本当にいろいろなことができるのですが、まずは基本を覚えましょう。光、色、そして構図。この3つのポイントを調整するだけで、写真のクオリティは見違えるように高まります。

暗い写真を明るくする

演出としてロウキー、つまり暗く撮る場合もあるでしょうが、被写体の魅力というのは十分な光量があってはじめて伝わるものだと思ってください。ですから、撮った写真の被写体が暗く写っているなら、はっきりとディテールが見えるよう明るめに調整してください。
http://macaro-ni.jp/31075

暗い写真

http://macaro-ni.jp/31075

明るく調整した写真

わざとハイコントラストに撮ったという場合は、ハイライト(画の中で一番明るい部分)が適正な明るさ(白とびしていない明るさ。以下参照)になっているならほかは暗くてもいいということもあります。画全体を見て、心地よい明るさとなるよういじりましょう。
その際気をつけてほしいのは、白とび黒つぶれ。白とびとは、明るくしすぎて画像の一部が真っ白になってしまうこと。黒つぶれはその逆、暗くしすぎて真っ黒になった状態です。どちらも画のデータが失われてしまっている状態で、その状態で保存すると、以降どう画像をいじってもその部分は白くとび、黒くつぶれたままとなってしまうので、注意してください。

色味を調節する

被写体、つまり食材の色味は重要です。これがくすんでいたり薄かったりするとおいしそうに見えませんし、これは私感ですが、まずそうに見える料理写真はどのように撮ろうがおしゃれではありません。

撮った写真を写真編集アプリで調整したことがある人は多いと思いますが、アンティークな風合いを出すようなフィルターは料理写真には使わないほうがよいでしょうね。それは、せっかくの写真の魅力をむしろ損なわせる加工です。

フィルターを使うなら、写真の色がはっきりと表れるような、コントラストと彩度を高めてくれるもののほうが使いやすいでしょう。注意してスライダーを動かしながら、自分好みな色合いを探してみてください。

トリミングと傾きで構図を再構成

写真のどこを使うか、また、どんな角度で使うかも、写真編集アプリなどで調整できます。

トリミングとは、写真を切って一部を使うこと。傾きはわかりますね。画像を時計回りか反時計回りに動かして、被写体などの水平を取り直す加工です。

たとえば画の中に余計なスペースが空いてしまったときや、微妙に傾いている被写体があったとき、これらの加工をすることで画としての完成度が高まります。
http://macaro-ni.jp/31075

撮影後未加工の写真

http://macaro-ni.jp/31075

トリミングし、傾きを調節した写真

基本的には、画全体にものがバランスよくちらばっている状態がよいですが、多少撮影や加工に慣れたら、ぜひ余白を生かした画づくりにチャレンジしてください。料理をあえて上や下、左右にずらして置くことで反対側に余白をつくると、写真が洗練された雰囲気になります。

無料アプリを使ってもっとおしゃれに

フード写真の加工に役立つおすすめアプリをご紹介します。あなたの写真のクオリティを高めるための大きな武器となるはず。

1. LINE Camera

http://macaro-ni.jp/31075

ダウンロードは無料。App内課金が有ります

Lineが提供している写真編集アプリです。

フィルターもスタンプも豊富で、写真で遊ぶにはこれ以上ないアプリなんですが、フード写真の加工という面から見ると、「デリシャス」「スウィーツ」「深夜食堂」「キッチン」の4つのフィルターがとても優秀。食材のシズル感をだしたいときも、スイーツをかわいく見せたいときも、このアプリだけで十分な加工ができますよ。

2. フードフォトグラファーPRO

http://macaro-ni.jp/31075

ダウンロードは無料。App内課金が有ります

料理を撮影・加工するために開発された専門アプリ。指先ひとつで誰でも手軽に素敵な料理写真をつくれます。

とにかく操作が簡単で、フィルターの種類もかなりのもの(計35種類)。写真に合ったフィルターをアプリが自動で選んでくれる「ランダムフィルターボタン」も優秀です。

3. フードフォトカメラ

http://macaro-ni.jp/31075

無料アプリ

「料理がおいしそうに見える写真を撮影するために開発されたカメラアプリ」とのうたい文句に引かれてダウンロードしてみたのですが、こちらもかなり使えます。

フィルターの数は35種類、写真に合ったフィルターをアプリが自動で選んでくれるランダム機能もあり、本当に直感的に写真の加工ができます。

また、タイマー撮影機能も便利で、三脚などを用意すれば、ひとりでレフ板を持ちながらでも撮影できますよ。

4. Food Pix

http://macaro-ni.jp/31075

無料アプリ

「フード専用カメラ」アプリ。こちらも使い方は簡単で、ほんの数回のタップで写真を自在に編集できます。

中でもブラー&フォーカス機能は優秀で、ワンタッチでピントの位置や幅を動かすことができ、とっても便利。ただ撮影するだけでは得られない効果でフード写真を演出できます。

5. フードフォトエディター

http://macaro-ni.jp/31075

無料アプリ

フード写真を加工するために必要な機能はすべてある。そういっていいと思います。フィルターの数は多くありませんが、明るさや彩度、コントラストなど、ひととおりの機能が使いやすい形で搭載されてますし、完全無料でAPP内課金もありません

ワンタッチで使える画像補正機能「トーンカーブ」も使いやすく、かなり使いやすい画像編集アプリだと思います。

おわりに

デジタルデータとして写真を撮ることが当たり前となった現在では、撮影と加工はワンセット。Instagramへ写真を投稿するときは、事前にしっかり加工して、クオリティを高めた画像をつくってからにしてください。

ほんのひと手間があなたの作品に「いいね!」を集め、フォロワーを増やします。めんどうがらず、ものづくりを楽しむように、自分の写真を素敵に仕上げてほしいと思います。

《写真のプロが考えた! 「いいね」が集まる写真のひみつ》の記事一覧

料理写真で多くのフォロワーを惹きつけているインスタグラマーをひとり取り上げ、撮影のポイントを考察している連載企画。今回は、見る人をほっこりさせるような写真が魅力的なcao_lifeさんの作品から、ごはんを素敵…

魅力的なフード写真を投稿しているインスタグラマーをひとり取り上げ、撮影のポイントを考察する連載企画。今回は、本職のパティシエ顔負けのスイーツ写真、彩り鮮やかな朝食写真で多くのフォロワーの支持を集めている@na…

フード写真で人気のインスタグラマーをひとり取り上げ、作品の魅力と撮影のポイントを考える連載企画。今回の題材は、秀でたスタイリングテクでさわやかな朝食写真をつくり、うつわの魅力を発信し続けている@necozal…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

ランニングやサイクリングなどの激しめの運動をする際には、炭水化物とタンパク質をバランス良く摂っておく必要があります。それは、空腹のままだと運動中のエネルギー循環や筋肉の回復をスムーズに行えなくなってしまうから…

まとめ

妊娠中や妊活中は生活、特に食べ物や飲み物には気を使うことと思います。そこでここでは、そんなときに気をつけたい食べ物、飲み物から、特に気をつけたいものを「5」つご紹介します!

調味料 まとめ

ごま油・オリーブオイル・アーモンドオイル・えごま油・こめ油の健康的な効能をまとめました。これらの油の効果を知って使い分けできていますか?料理にはもちろん、それぞれに嬉しい効果がいっぱい♪ぜひチェックしてみてく…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

韓国 ソウル スイーツ チュロス

ソウルに行くならぜひ立ち寄りたいお店「ストリートチュロス」。目の前でチュロスを揚げてくれて、アツアツを食べられる人気店です。チュロスにぴったりな、ソフトクリームやトッピングなどもありますよ。どんなメニューがあ…

虹色に輝く野菜をご存知でしょうか?トウモロコシの一種である「グラスジェムコーン」の粒は、一般的な黄色ではなく、なんと色とりどりの虹色をしているんです。その外見はまさに虹色の宝石のよう。日本でも手に入れることが…

uematutoshio

紙媒体のエディターとして、ライターとして、カメラマンとしてそれなり...