ローディング中

Loading...

日本有数のビジネス街・新橋には、美味しいタイ料理店がたくさん存在します。まるでカフェのような外見のお店から夜景と食事を同時に楽しめるお店、そして女子会やデートにピッタリなロマンチックなお店まで、今回は新橋のタイ料理店15選をご紹介します。

新橋でおいしいタイ料理が食べたい!

ビジネス街でもある新橋には、ランチはもちろんディナーまでしっかりおいしい飲食店がたくさん。多くのお店が毎日しのぎを削っています。今回は新橋で本場の味を楽しめるタイ料理店15選を集めてみました。個性的なお店ばかりで、どこから行こうか迷ってしまいそうです。

では、新橋のおすすめタイ料理店を早速ご紹介していきます。

1.オールドタイランド(Old Thailand)新橋店

赤地に黄色のネオンで書かれたお店の名前がよく映えている看板が目印です。入り口の左右に置かれた置物も雰囲気が出ていますね。
オシャレなカウンターやテーブル席で、バンコクの一流ホテルで経験を積んだタイ人シェフによる本格的なタイ料理を味わえます。

クイッティオ・トムヤム

本格的な味が楽しめる「クイッティオ・トムヤム(1,000円)」は、トムヤムスープを汁にしたヌードルメニューです。ピリ辛の風味がやみつきになりそうなおいしさです。このメニューが目当てでお店に通うファンも多いのだそうですよ。

タレー・パッポン・カリー

お店イチオシメニューの「タレー・パッポン・カリー(1,280円)」は、カレーで炒めたたっぷりのシーフードをふわふわの卵でとじたメニューです。シーフードの風味をしっかりと吸ったカレーがクセになるおいしさですよ。

店舗情報

住所:東京都港区新橋2-15-3 K-45 1F
TEL:03-6206-1532
営業時間:11:30~15:00、17:00~23:00
定休日:不定休
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13141190/
公式サイト:http://www.sscy.co.jp/oldthailand/

2.バンセーン(BANG SAEN)アロイチンチン 新橋店

お店の前まで行くと、白地に大きく「タイ料理」と書かれた看板が目に飛び込んできます。看板のすぐ隣に飾られている観葉植物もステキですね。
店内はカジュアルな雰囲気です。隠れ家的なお店なので、並ばずに入れることもあるのが嬉しいですね。

ガパオ・ラーカオ

タイの代表的なお料理である「ガパオ・ラーカオ(900円)」は定食でもいただくことができます。スパイシーで主張の強い味というイメージのあるタイ料理ですが、こちらのメニューは比較的あっさりしていて食べやすいです。

パットウンセン

「パットウンセン(980円)」は、タイ風の春雨炒めです。調味料の味が勝ちがちな炒め物ですが、こちらのメニューは野菜の甘みがしっかりといきています。味をカスタマイズしたい方はテーブルの上にある調味料で調節してくださいね。

店舗情報

住所:東京都港区西新橋1-6-6 川山ビル 1F
TEL:03-6268-8071
営業時間:11:30~14:30、17:30~23:00
定休日:土曜日・日曜日・祝日
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13153613/
公式サイト:http://www.bang-saen.com

3.サワディー 神田バル横丁店

「サワディー」は、昭和レトロな雰囲気溢れる「神田バル横丁」で本格的なタイ料理をいただけるお店です。
タイの国内高級ホテルでも経験がある一流シェフが作り出す本格タイ料理を、バルスタイルで気軽に味わうことができる貴重なお店です。

ガイパッキーマオ

お店イチオシのメニュー「ガイパッキーマオ(680円)」は、タイ風の鶏とバジルの炒め物です。鶏肉がびっくりするほど柔らかく仕上がっていて感動するほどのひと品だそうです。味付けもちょうどよくピリ辛でお箸が止まらなくなりそう。

トムヤンクン

タイ料理の定番中の定番のスープメニューといえば、大きな海老が入ったトムヤムクン!こちらのお店ではリーズナブルに、なんと680円でいただくことができます。酸味、辛味、甘味が複雑にミックスされた深い味をぜひお楽しみください。

店舗情報

住所:東京都千代田区鍛冶町1-6-7 神田バル横丁 1F
TEL:050-5589-6809
営業時間:11:30~14:00、17:00~23:30
定休日:日曜日、祝日
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13185989/

4.ソイ六本木(Soi Roppongi)

オシャレな空間で本格的なタイ料理を楽しみたいときは「ソイ六本木」へどうぞ。女性ひとりでも入りやすいお店です。
六本木の閑静なエリアにあるお店は、店内にもオシャレな空間が広がっています。大好きな人と一緒にタイ料理を楽しみたくなる場所です。

カオ・ガパオ・ガイ

こちらのお店イチオシメニューはガパオの野菜包み、「カオ・ガパオ・ガイ(1,180円)」です。「カオ・ガパオ・ガイ」は鶏肉を使用したメニューですが、豚肉を使用した「カオ・ガパオ・ムー」もセレクトすることができます。

トード・マン・クン

リピーター続出の「トード・マン・クン(1個330円)」は、ぷりぷりの食感がたまらない海老のすり身を揚げたメニューです。おかずとしてはもちろん、お酒のお供としても最適。ビールを頼んだらこちらもおつまみにいかがですか?

店舗情報

住所:東京都港区六本木3-3-6
TEL:050-5872-8507
営業時間:[月~金]11:30~15:00、18:00~23:30 [土]18:00~23:30
定休日:日曜日・祝日
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13162289/

5.アジアンタワン(ASIAN TAWAN)168 カレッタ汐留店

汐留駅から徒歩1分、新橋駅からは徒歩5分という好アクセスな場所にあるカレッタ汐留に入っているタイ料理店です。
テーブルはワインのような深い赤で統一されていて、高級なイメージですね。黒い椅子とのコントラストも美しいです。

ガパオライス

絶品との呼び声が高い「ガパオライス」はMサイズなら990円、Lサイズなら1,200円です。ひき肉とバジル炒めをご飯の上に乗ったとろとろの目玉焼きと一緒にいただくと、辛さと卵のまろやかさがお口いっぱいに広がりますよ。

たらばパッポンカリー

こちらのお店では、北海道から直送の新鮮なシーフードを使った創作タイ料理が楽しめます。「たらばパッポンカリー」もそのメニューの中のひとつです。Mサイズなら1,700円、Lサイズなら2,500円でいただくことができます。

店舗情報

住所:東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留 B2F
TEL:050-5589-3886
営業時間:[月〜土]11:00〜14:00、15:00〜23:00 [日祝]11:00〜22:00
定休日:無休
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13183980/
公式サイト:http://www.caretta.jp/shop/shops/b2f-asiantawan168.html

6.ジャスミン タイ 八重洲店

アンティークの木彫りで空間全体が構成された、タイのトラディショナルスタイルで作り上げられたお店です。
店内にある家具、照明、調度品などのインテリアは、すべてタイのチェンマイで制作したものだそうですよ。店内ではタイ人のスタッフさんがおもてなししてくれます。

グリーンカレー

鮮やかな緑色が目をひく「グリーンカレー」は、鶏肉なら1,200円、牛肉なら1,500円でいただくことができます。いわゆるガツンと辛いメニューではなくマイルドで食べやすい味なので、辛いものが苦手な方でもおいしくいただくことができますよ。

生春巻

タイ料理の定番中の定番である生春巻は、950円です。ぷりぷりとした海老とたっぷりの野菜が柔らかなライスペーパーに包まれていて、色鮮やかな外見もオシャレですね。ナッツが振られたスイートチリの甘みとともにおいしくいただけますよ。

店舗情報

住所:東京都中央区八重洲1-4-16 東京建物八重洲ビル B1F
TEL:050-5590-7005
営業時間:11:00~15:00、17:00~23:00
定休日:日曜・祝日・年末年始
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13134178/
公式サイト:http://www.jasmine-thai.co.jp

7.アフーネ(afuune)

東銀座駅から徒歩1分の、アクセスに便利な場所にあるタイ料理店です。本場のアジアン料理から創作アジアン料理までカジュアルに楽しめますよ。
落ち着いた雰囲気の店内は異国ムードたっぷり。おひとりさまの女性のお客さんもたくさん見受けられます。

国産牛テンダーロインハーブグリル

レモングラス、バイマックル、ローズマリーでマリネした、テンダーロインをローストしたひと品です。薫り高いスパイスが牛肉とよく合いますよ。サンバルソースで食べてくださいね。100gなら1,280円、たっぷり200gなら2,380円です。

タパス(Tapas)5種盛り

トムヤム半熟玉子、テンペのダブダブソース、海老トースト、ピクルス、スライスハーブチキンが1枚のお皿にキレイに盛られたメニューです。1,580円でいただけますよ。この中から3種が選べる「タパス3種盛り」は980円です。

店舗情報

住所:東京都中央区銀座4-10-3 セントラルビル B1F
TEL:050-5869-3726
営業時間:[月~木]18:00~2:00 [金]18:00~4:00 [土]18:00~23:00
定休日:日・祝
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13035617/
公式サイト:http://www.ginza-isomura.co.jp/afuune/

8.バンコクキッチン(Bangkok Kitchen)有楽町店

有楽町駅から徒歩3分の場所にある「バンコクキッチン」は、洗練された上質なレストランや上品なカフェを思わせる外観です。
家族や仲のいいお友達とのんびり食事をしたり、ちょっと上質な女子会や飲み会を楽しむのにもぴったりなお店ですよ。

カオソイガイ

「カオソイガイ(1,250円)」は、鶏肉と揚げ麺がたっぷりと入ったタイ・チェンマイ風のカレーヌードルメニューです。パリパリとした食感のラーメンとマイルドなカレースープのコラボレーションがヤミツキになりそうです。

ランチブッフェ

平日は1人1,450円、土曜・日曜・祝日は1人1,800円で楽しめるタイ料理のランチブッフェです。ガパオライスやグリーンカレーなどの定番メニューから日替わりメニュー、そしてデザートまでお好きなものをたっぷりと堪能できます。

店舗情報

住所:東京都中央区銀座3-2-15 ギンザ・グラッセ8階
TEL:050-5868-2477
営業時間:[月~金]11:30~15:00、17:30~23:15 [土・日・祝]11:30~16:00、17:00~22:30
定休日:年始
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13050446/
公式サイト:http://www.bangkok-kitchen.com/index.shtml

9.タイキッチン クアンポアン

一見するとオシャレなカフェのような印象のタイ料理店です。向かい合った象のイラストもかわいらしいですね。
カラフルなタイルが目を引く店内です。ただのお水でなくレモンウォーターが置いてあるのも嬉しいポイントですね。

グリーンカレー

グリーンカレーはライスとミニサラダがついて800円です。サラサラとしたスープのカレーには鶏肉、皮むきナス、タケノコ、ピーマンが入っています。適度にピリリとした辛味がたまりません。テイクアウトなら600円でいただくことができます。

カオソイ

ココナッツカレースープのヌードルメニューである「カオソイ(850円)」は、甘さが特徴のひと品です。辛いものが苦手な方でもおいしくいただけそうですね。少し辛味をプラスしたい時は、テーブルの上の調味料でカスタマイズしてください。

店舗情報

住所:東京都千代田区内神田1-16-2
TEL:050-5590-1233
営業時間:[月~金]11:30〜15:00、17:00〜23:00 [土]11:30〜15:00、17:00〜22:00
定休日:日、祝日
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13189256/

10.東銀座のタイランド食堂 ソイナナ

東銀座にいながら、本場のタイの味を気軽に楽しむことができる「ソイナナ」。小さく飾られたネオンの文字もかわいらしいです。
お料理を作っているのは本場・タイ人のシェフの方々。テーブル席から見えるキッチンに期待も膨らみそうですね。

パッ・キー・マオ

「パッ・キー・マオ(680円)」は、辛口の太麺焼きビーフンです。「マオ」というのはタイ語で酔っ払いのことで、このお料理の名前の由来は「酔っ払いでも辛くて酔いが覚めるから」や「酔って料理したらこんな辛さになったから」などと言われているそうです。

トムヤムクン

言わずと知れた世界3大スープのひとつ、海老のスパイシー&サワースープ「トムヤムクン」。こちらのお店ではなんと680円でいただけるというコストパフォーマンスのよさです。海老は剝き身なので、手が汚れないのも嬉しいですね。

店舗情報

住所:東京都中央区銀座4-14-1 清水ビル 1F
TEL:050-5570-0726
営業時間:11:30~14:30、17:30~23:00
定休日:日・祝
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13168410/
公式サイト:http://www.thai-soi7.com

11.マンゴツリー東京

ブルーの光の中にぼんやりと浮かび上がる店名の妖艶さがたまりません。異世界に誘われそうな雰囲気ですね。
店内に一歩足を踏み入れると、そこには東京の夜景を一望できる美しい空間が広がっています。ビジネスにも、プライベートにも利用したいお店です。

シーフードプラッター

氷の器に盛られてくる「シーフードプラッター(3,300円)」は、見た目もおしゃれで贅沢な気分になれそう。ボタン海老、ホタテ、アオリイカ、パーナ貝、あかにし貝などのシーフードをさっぱりとしたタイライムと唐辛子のきいたガーリックソースでいただきましょう。

ランチブッフェ

ランチブッフェは1人2,700円(6歳未満は無料、6〜12歳のお子様は1,550円、65歳以上の方は2,100円)という驚きのコストパフォーマンスでブッフェを楽しむことができます。予約ができないので早めの来店をおすすめします。

店舗情報

住所:東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング 35F
TEL:050-5868-1321
営業時間:11:00~15:30、17:00~23:00
定休日:無休
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13004078/
公式サイト:http://mangotree.jp

12.モンスーンカフェ(Monsoon Cafe)G-Zone 銀座

駅からも近い寛ぎのオリエンタルリゾートレストランです。幻想的な雰囲気に、思わずふらりと立ち寄りたくなりそう。
メインダイニングは広々として開放感のある空間です。ゆったりと食事を楽しむことができそうですね。

海鮮焼きビーフン「パッタイ」

半透明な平打ちビーフンの「パッタイ(1,100円)」には、いか、海老、厚揚げ、にら、もやし、玉子、ナッツ、パクチーが入っています。甘めの味付けですが、レモンとパクチーでサッパリといただけますよ。海老のぷりぷり感もたまりません。

四川風よだれ鶏 ピリ辛胡麻ソース

「四川風よだれ鶏 ピリ辛胡麻ソース(650円)」は、甘めの麻婆のようなソースが蒸し鶏の上にかかっているメニューです。メニューの名前に四川風とついていますが味は辛くないので、お子様でもおいしくいただくことができますよ。

店舗情報

住所:東京都中央区銀座1-2-3
TEL:050-5589-2188
営業時間:11:30~25:00
定休日:無休
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13004871/

13.タイ料理 あろいなたべた(aroyna tabeta)

アメリカン風のカフェを思わせる外観のタイ料理店です。タイ・プーケットの本格タイ屋台料理をいただくことができます。
店内は韓国居酒屋のようなポップな雰囲気です。テーブルも椅子もステンレス製で、全体的にキラキラしています。

パックプン・ファイデーン

女性のファンが多いメニュー「パックプン・ファイデーン(630円)」は、空芯菜をタイ風に炒めたひと品です。「ファイデーン」がタイ語で赤い炎という意味。その名の通り強火で炒める、唐辛子のパンチが効いたメニューです。

カオマンガイ

タイの屋台料理を代表するメニューです。お野菜とスープでじっくり煮込んだ鶏は柔らかく、まろやかな味わいです。ご飯も鶏ガラスープで炊き上げられているそうですよ。スープがついて630円でいただくことができます。

店舗情報

住所:東京都千代田区内神田3-8-7 2F
TEL:050-5570-6018
営業時間:11:00~23:00
定休日:無休
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13172383/
公式サイト:http://www.tabeta.com

14.サワディー (SAWADEE)

大きな看板と飾られた4本のグリーンが目をひくタイ料理店です。入り口の前に飾られた人形もタイらしいですね。
店内はこぢんまりとした空間ですが、明るく清潔、そしてエキゾチックな雰囲気にあふれています。

タイカレーセット

レッドカレーorグリーンカレー、ジャスミンライス、サラダ、ドリンクで980円というリーズナブルなセットです。グリーンカレーはさらりとした口当たり。具は大ぶりに切られたナスやチキンなどがゴロゴロと入っています。

カオマンガイ

鶏だしで炊き込まれたライスには、それ自体にうっすらとチキンの旨味と香りが感じられます。細長いインディカ米には生姜がほど良くブレンドされ、爽やかな味わいです。チキンには香草タレをかけて食べてくださいね。920円でいただけます。

店舗情報

住所:東京都千代田区麹町1-6-6 プルミエ麹町ビル 1F
TEL:050-5590-2106
営業時間:11:00~23:00
定休日:無休
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130803/13140840/

15.タイ料理 エムエム

白地に可愛らしい文字で「エムエム」と書かれた看板が目印です。お店の前に掲げられたタイの国旗も爽やかですね。
店内は白とベージュが貴重になった落ち着いた空間です。ちょっとした女子会や気軽な飲み会にも利用したいお店です。

タイ風豆腐サラダ

「タイ風豆腐サラダ(690円)」はミントのさわやかな香りと刺激的な辛さが食欲を刺激するひと品です。辛さはありますが、お豆腐のまろやかさがそれを包んでくれるので辛いものが苦手な方でも食べられそう。女性のファンが多いメニューです。

コームーヤン

タイ料理の名脇役との言われるのがこちらの「コームーヤン(590円)」。実はこちら、ちょっと珍しい豚の喉肉なんです。コリコリとした歯ごたえが特徴で、噛めば噛むほど味が出てきますよ。ビールとの相性も抜群です。

店舗情報

住所:京都中央区新川1-3-7 ストークマンション新川102
TEL:050-5590-3925
営業時間:11:00~14:30、17:00~23:00
定休日:不定休
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130203/13191747/

明日は新橋でエスニックな気分!

新橋のタイ料理店15選はいかがだったでしょうか。

サクッと軽いランチを食べられそうなお店から夜景を眺めながら大切な人とゆっくりお料理を味わいたくなるお店まで、さまざまなタイ料理店が登場しましたね。しっかりとご飯としていただくもよし、お酒を嗜みながらつまむもよし。ぜひあなたのスタイルに合ったタイ料理店を見つけてみてくださいね!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

アボカド トースト ベーグル 食パン サラダ まとめ レシピ

Instagramでいま、「アボカドハート」が美しくてステキ!と話題になっています。アボカドをスライスして、ハート形に作るものなんですが、どのように作ればいいのでしょうか?基本の作り方やアレンジアイデアなどを…

ドイツ まとめ お土産 バウムクーヘン おしゃれ スイーツ

マーガレットの花をかたどった「マルガレーテンクーヘン」は、ドイツの伝統的レシピで作られている「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ」の絶品バウムクーヘンです。手土産や記念日のお祝いにも最適なひと品ですよ。その…

まとめ

インテリアやお料理、ファッションなどさまざまなテーマの素敵な写真をピンして楽しめるPinterestが、2017年に流行するであろうトレンドを発表しました。その中からフード&ドリンクに関するトレンドをピックア…

東京 まとめ おしゃれ メレンゲ

人気番組「嵐にしやがれ」で、この冬おすすめ!新感覚の鍋が食べられる都内の5店舗が取り上げられました。すだち鍋やシャンパン鍋、パクチー鍋にメレンゲ鍋、明太鍋などバラエティー豊か!どんなお店で食べられるかなど詳し…

缶詰 まとめ

人気バラエティ番組『ヒルナンデス』で、2017年ヒット間違いなしのレトルト&冷凍食品が発表されました!「こんなにおいしいの!?」と、レトルトや冷凍食品の概念を覆す名品ぞろいですよ。しっかりおさらいして、お店へ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

コーヒー カフェ まとめ おしゃれ

最近のコーヒーってこだわったお店が増えてどれも美味しいですよね?最早コーヒー初心者にはどれがいいのかわからない…そこで、テイクアウトのカップがかわいいお店を「5」つ紹介します!カップがオシャレな…

京都 カフェ スイーツ 和菓子 まとめ

京都といえば「和」。そして、「和」の中でも女性の方が特に好きなのは「和のスイーツ」ではないでしょうか♡そこで、京都に行った際に訪れたい、和のスイーツが楽しめる「和カフェ」を10選しました。

原宿 まとめ カフェ 東京

ソファのあるカフェってちょっとおうち気分になれるというかほっこりしますよね?そんなゆったりくつろげるソファシートのあるカフェを集めてみました。周辺に出かけられるときは参考にしてくださいね^^

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

レシピ オムライス

ヒルナンデス!でも紹介されていた「スティックオムライス」。とっても簡単で、失敗しないと大人気なんです♪見た目も可愛くて、ラッピングすれば手土産にもピッタリ♡老若男女問わず喜ばれる、そんな「スティックオムライス…

まとめ

飲む美容液ともいえる「インカインチオイル」南米原産の「グリーンナッツ」からとれる保湿効果やアンチエイジングにすぐれた女性には嬉しいオイルなのです。どのような効能があって、どういう風に使えばいいのか、などご紹介…

motte

都内に住む主婦です。3歳の娘と日々育児という名の格闘中です♡好きな...