ローディング中

Loading...

だんだんと暑くなり、体がだるくなったり、食欲がなくなったりする方が多いのではないでしょうか。そこで今回は、夏バテ予防&回復にぴったりの料理「冬瓜のうま煮」をご紹介します。冷めてもおいしく、とっても食べやすいので、ぜひ作ってみてくださいね。

暑い季節に旬を迎える「冬瓜」

夏に旬を迎える「冬瓜」。
冬瓜は、白い果肉の部分を食べるイメージがありますが、じつは種やワタ、皮に至るまで、捨てるところがない食材と言われているんです!古くから中国では、種は美容クリームの原料に、皮はむくみ対策やダイエット食品として用いられてきました。

料理として使う場合、種とワタは加熱調理をし、皮は細切りにしてきんぴらなどにするとおいしくいただけますよ。そして果肉の部分は、やわらかく淡泊な味なので、生食も可能ではありますが、みなさんもご存じのとおり煮物やスープなどに入れるのがポピュラーです。

「冬瓜」という名前の由来

「冬瓜」という名前から、冬に旬を迎えると考えている方が多いと思います。しかし先ほども書いたとおり、冬瓜の旬は夏。詳しくいうと、6月頃〜9月頃です。それではなぜ、名前に“冬”という文字がついたのでしょうか。

じつは、冬瓜は貯蔵性が高く、夏に収穫したものが冬まで保存可能だということから、「冬瓜」という名前になったのです。夏が旬ではあるのものの、冬までもつということで、1年をとおして販売されているいることが多いようですね。

ここからは、そんな冬瓜を使った「おしゃレシピ」をご紹介します。

「冬瓜のうま煮」のレシピ

材料 2人分

・冬瓜 …… 1/4個(約450g)
・鶏ひき肉 …… 120g
・だし …… 500cc
・酒 …… 大さじ1
・薄口しょうゆ …… 大さじ3
・みりん …… 大さじ3
・しょうゆ …… 小さじ1

【水溶き片栗粉】
・片栗粉 …… 大さじ1と1/2
・水 …… 大さじ1と1/2

作り方

【下ごしらえ】
片栗粉と水を合わせ、水溶き片栗粉を作る。
http://macaro-ni.jp/31003

Photo by kanako tamura

1.冬瓜の皮をむき、種とワタを取り除いて、ひと口サイズに切る。それを約10分下茹でし、ザルにあげる。

2.お鍋にだし、酒を入れ、沸騰したら鶏ひき肉を加え、アクが出たら取り除く。
http://macaro-ni.jp/31003

Photo by kanako tamura

3.お鍋に「」を加え、薄口しょうゆ、みりんを加えて10分ほど煮る。

4.冬瓜に火がとおったら、しょうゆを加えてさっと混ぜ、火を止めて水溶き片栗粉を加えて混ぜ、再び1分ほど加熱して、できあがり。
http://macaro-ni.jp/31003

Photo by kanako tamura

お好みで、生姜のすりおろしを加えてもおいしいですよ!
白いワタの部分は、残し過ぎると煮たときに煮崩れしやすく、あまり食感が良くありませんので、煮物の際はきちんと取り除いてから調理することがポイントです。

冬瓜の効果・効能

夏バテ予防

冬瓜は、先ほどからお伝えいているとおり、夏に旬を迎える食材ですが、なんと、夏バテを予防する効果があります。

そもそも夏バテとは、暑い時期にたくさんの汗をかくことにより体内のカリウムが低下し、食欲不振や倦怠感などの症状があらわれることを指しますが、冬瓜には夏に不足しがちなカリウムがたくさん含まれています。
また、水分も豊富に含まれているので、脱水状態を免れることもでき、夏バテ対策として一石二鳥の役割を果たすのです。

予防だけでなく、夏バテしてしまった体を回復させる効果も期待できるので、暑くなってから元気が出ない……という方は、ぜひ冬瓜を食べてみてくださいね。

ダイエット効果

冬瓜に豊富に含まれているカリウムには、体内の余計な水分を排出する働きがあります。その作用により、むくみ解消へとつながります。また、冬瓜は全体の95%が水分で、とってもヘルシー!ダイエット食として、注目しておきたい食材なんですよ。

そのほか、サポニンという成分も豊富に含まれているのですが、これは余分な糖や脂肪を吸収・蓄積するのを抑える働きがあります。そちらの面でも、ダイエットに向いていると分かりますね。

冬瓜の保存方法

冬瓜は、種類によってかなり大きいものもありますよね。ご家族で暮らしている方ならいいですが、ひとり暮らし、ふたり暮らしの方などは、一度に食べきれないなんてこともあると思います。そんなとき、冬瓜はどのようにして保存すればいいのでしょうか?

冬瓜は、丸のままであれば、冷暗所に置いておけばOKです。それだけでも数ヶ月くらいもちます。カットしている場合は、やはり傷みやすいので、できるだけ早く使い切るか、冷凍保存しておきましょう。冷凍すれば、その環境にもよりますが、約1ヶ月は保存可能です。

冷凍した冬瓜の使い道は?

長い間冷凍してしまうと、栄養価が悪くなってしまいそう……と思う方が多いかもしれませんが、それは大きな間違い!冬瓜に含まれているカリウムやビタミンCは、冷凍しても変質することはなく、生のままの栄養効果が期待できます

また、冷凍するときに使いやすい大きさにカットしておけば、とっても便利です。
細切りにしておけば、スープやお味噌汁に入れると丁度いいですし、ひと口大に切っておけば、煮物に使うこともできます。その都度必要な分だけを使えるので、大きな冬瓜を手に入れたときは、ぜひ冷凍保存しておきましょう。

スープや煮物には冷凍のまま、炒め物なら半解凍状態にすれば使うことができるので、調理もしやすいですよ。

冬瓜を食べるときの注意点

冬瓜には、体を冷やす作用があります。これは、夏バテ対策としてはいい効果となりますが、逆に冷え性の方や、妊娠中の方にとっては悪影響となってしまいます。なので、体の冷えを気にする方は、食べ過ぎに注意してくださいね。

そのような方は、冬瓜にしっかりと火をとおしたり、体を温める作用のある食べ物や調味料と一緒に摂取することをおすすめします。

冬瓜でおいしく夏バテ予防を

いかがでしたでしょうか。
今回は、冬瓜をおいしくいただくためのレシピ「冬瓜のうま煮」をご紹介しました。これからの季節に、冬瓜はぜひとも摂取しておきたい食材のひとつなので、スーパーで冬瓜を見かけたら、ぜひ今回のレシピを試してみてくださいね。

夏になるといつも元気が出なくなってしまうあなたへ、冬瓜料理、作ってみませんか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

ローレルとローリエ……レシピを見ると似た使い方をしていて、あれ?同じもの?と疑問に思ったことありませんか?さらにいうと、月桂樹は違うもの?今回はローレルとローリエ、そして月桂樹につ…

ステーキ チーズ 豚肉 レシピ

今回は、「新じゃがマッシュ肉巻きステーキ」のレシピをご紹介します。じゃがいもの中には、チーズが入っていて、間違いなしの相性が食欲をそそります……。オニオンソースをかけることで、さっ…

和菓子 まとめ

日本の蒸し菓子の「ういろう」は、甘さ控えめでもちもち。名古屋の銘菓として有名ですが、発祥は諸説あり歴史を感じさせます。今回は、ういろうの簡単な作り方を紹介します。混ぜるだけやレンジでできるレシピ、材料の代用も…

プリン マフィン レシピ

今、インスタグラムなどで話題になっている「プリンマフィン」をご存じでしょうか?プリンがあれば誰でも簡単にできちゃうお手軽なおやつなんです。今回はそんな「プリンマフィン」の作り方や、アレンジレシピを紹介いたしま…

レシピ

旬の新じゃがを使った「新じゃが丸ごとチキンカチャトラ」のレシピをご紹介します。濃厚な味わいの秘密は牛乳!トマトの酸味と絶妙にマッチして、後引く味わいですよ。新じゃがのホクホク食感、トロットロになるまで煮込んだ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

マヨネーズ レシピ まとめ

ケチャップとマヨネーズを混ぜて簡単に作れるオーロラソースを使ったレシピを10選しました。オーロラソースは、どんな食材とでも相性が良いんですよね♡上からかけるだけではなく、炒め物などもありますので見てみてくださ…

レシピ まとめ パテ

朝食がパン派の人にとっては、マンネリ脱却のチャンスです♪いつもお店に売っているジャムや甘いクリームで飽きていませんか?手作りパテなら、簡単だし甘い物は少ないので、いつもと違ったパンの味がたのしめますよ!

チーズケーキ 豆腐 スイーツ レシピ ケーキ まとめ

豆腐を使ってチーズケーキを作るレシピがじわじわ人気になっています♪さっぱりかと思いきや、クリーミーで濃厚なチーズケーキも作れるとか!試してみないともったいない☆お財布にもちょっと優しいチーズケーキレシピです☆

まとめ レシピ

雑誌でもおなじみの人気ブロガー・あ~るママさん。彼女が家族のために作ったお弁当は「可愛い」「美しい」と大人気♪あ~るママさんの作られたお弁当からおすすめのレシピをご紹介します。愛する家族のためにあなたもお弁当…

サンドイッチ レシピ スイーツ まとめ

「生クリームサンド」がテレビで紹介されて話題になっているようです。スイーツパン・おやつパンとして最適な濃厚クリームが味わえる生クリームサンドを食べてみたいですよね♪では自宅で手作りしてみましょう!レシピを紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

レシピ グラタン アレンジレシピ

意外と作業工程の多いグラタンを簡単に作る方法が知りたい、というあなたに朗報です。調理はフライパンで行うため、グラタン皿がなくてもOK。この方法は知っておいて損はなし!基本レシピに加え、アレンジレシピも載せてい…

まとめ アメリカ レシピ

2015年、話題になったキヌアに続いて、今年は「ワイルドライス」がヘルシーで栄養価も高い穀物として要チェックなんですよ。ライスという名前だけど実はライスじゃない!? その使い方や効能、おすすめのレシピなどもご…

田村佳奈子

フードスタイリスト・フードコーディネーター・フードアナリスト。 C...