ローディング中

Loading...

連載:日本の食、再発見!あなたの知らない全国”珍”野菜巡り

濃い赤紫色が目にも鮮やかなビーツ。名前を聞いたり、見かけたり、また一度は食べたことのある人もいるかもしれませんね。とても甘い野菜で、料理を華やかにしてくれます。飲む血液と呼ばれるビーツは栄養豊富!夏にぴったりのスイーツレシピもご紹介します!

飲む血液と呼ばれるビーツ(ビート)

ちょっと珍しい野菜の魅力や食べ方を紹介する連載企画。今回は、ビーツ(ビート)を取り上げます。最近では、よく知られるようになった野菜。すでに食べたことがある、という方もいるかもしれませんね。濃い赤紫色が鮮やかで、お料理をゴージャスに見せてくれる華やかな野菜です。飲む血液とも呼ばれる栄養豊富なビーツは、美容にも嬉しい効果が沢山あります!夏に嬉しい、ビーツを使ったひんやり冷たい簡単スイーツレシピもご紹介します。

ビーツとは

ビーツには、赤いビーツと黄色いゴールデンビーツがあります。地中海沿岸が原産とされるヨーロッパの野菜でアカザ科フダンソウ属の根菜です。

アメリカではテーブルビートやビート、イギリスではビートルート、フランスではベトラーブやベートラブと呼ばれるなど、各国で少しずつ名称が異なり、品種によって形も少し異なります。和名は火焔菜(カエンサイ)と呼ばれ、日本へは江戸時代初期頃に持ち込まれた野菜といわれています。
ビーツを使った有名なお料理に、ロシアの赤いシチュー、”ボルシチ”があります。スープに深い赤色が滲み出て、寒い地域で重宝される煮込みスープです。ボルシチは、ブイヤベース、トムヤムクン、フカヒレスープと並び、なんと世界三大スープの一つに数えられています。

また、ビーツは野菜のなかでも糖分が多いので、甜菜などの砂糖の代わりに利用されることもあり、非常に重宝されています。

ビーツの形

ごつく丸い形をした根ときれいな赤い茎をつけます。根を主に食用とし、茎も食べることができますが、大きく成長した茎はエグみが強いので、食べずに捨ててしまうケースもあります。今回購入したビーツは、茎をカットした状態で販売されていました。
また、一言でビーツといっても、品種によって断面に赤と白の渦巻模様があるアーリーワンダーというものから、全体が赤紫色に染まるレッドエースと呼ばれるものまで様々あります。手に取るビーツによって断面が異なれば、毎回使う楽しみが生まれますね。

旬の時期

露地栽培で育てられるビーツの旬は、初夏の6月〜7月と晩秋の11月〜12月になります。夏はサラダなどにして、冬は温かい煮込み料理にして活用することができますよ。

ビーツの栄養効果

むくみ改善(脱塩効果)

カリウムを豊富に含む赤ビーツは、塩分を体外に排出する効果が期待できます。塩分を体外に排出させることで、体のむくみが改善されます。また、イギリスでは、高血圧を予防する野菜として注目されているそうですよ。

美肌効果

美肌作りに欠かせないビタミンB群(葉酸も含有)、ビタミンC、食物繊維も含まれています。ビタミンB群は、体内でエネルギーの供給や老廃物の代謝に関わる栄養素です。体内の循環をよくすることで、体内のデトックスが促され、美肌効果が期待できます。

血流を良くする効果

ビーツには、NO(エヌオー)と呼ばれる一酸化窒素が豊富に含まれており、血流の循環を良くする効果があります。血流が良くなれば、体の隅々まで栄養と酸素が行き渡るので、疲労回復効果が期待できます。また、普段冷えや肩こりなどで悩んでいる人にもおすすめの野菜といえます。

腸内環境を整える

ビーツには天然のオリゴ糖も含まれており、食物繊維との相乗効果で、腸内環境を整えてくれます。腸内環境をきれいにする善玉菌は、食物繊維とオリゴ糖を餌にして働くといわれており、コレステロールの抑制、老廃物を体外に排出する作用があります。

肝臓の機能向上

ビーツに含まれるベタインという成分が肝臓の機能を高め、さらに肝臓に脂肪をつきにくくする働きがあります。肝硬変や脂肪肝の予防も期待できるといわれています。

食べ方のご紹介

生の状態だと少し土臭い匂いがしますが、下ごしらえをして柔らかくすると、甘みが増します。調理の手順を間違えると、野菜のおいしい旨みが抜けてしまいます。以下で紹介する野菜の下ごしらえをぜひチェックしてくださいね。

下ごしらえ

葉がついている場合は、葉の部分を切り落とします。根の部分は皮をむかずにそのまま下茹でするか、アルミホイルに包んでオーブンで加熱します。必ずそのままの状態で下ごしらえをすることがポイント。皮を剥いてしまうと下茹でした際に、赤い色素がお湯に広がり真っ赤に染まってしまいます。野菜の旨みが損なわれるだけでなく、お鍋も汚れてしまうので、皮はむかずに下ごしらえをしましょう。
下ごしらえ後の柔らかくなったビーツは、非常に甘いです。野菜の中でも糖分を多く含みます。柔らかくしたビーツを食べてみると、食感は、大根のシャキシャキ感とお芋のホクホク感のちょうど中間くらい。口当たりは柔らかいです。

調理方法

スライスしてサラダにしたり、ピクルスにして食べるのもおすすめです。このビーツを細かく刻んでサラダのトッピングにすれば、赤紫の彩りが散らばり、色鮮やかなサラダになります。週末ゆったり過ごすブランチサラダにぴったりです。シャンパンなどに合わせたいゴージャスな演出に一役買いますよ。

また、ビーツを煮込めばホクホクとした食感になります。スープなどに入れて、ぜひホクホク食感も味わってください。料理によって食感が変わる楽しい野菜です。

ビーツを使ったジェラートレシピ

夏に最適なジェラートをご紹介します。ビーツを使えば、色がとてもきれいに出ますよ。ぜひ作ってみてください。

材料

ビーツ(赤いビーツ)…3/4個
牛乳…300ml
生クリーム…100ml
卵黄…3個
砂糖…75g

作り方

1. ビーツをレンジで温めます。
洗ったビーツをラップにくるんで、600wのレンジで5分温めます。
2. 卵黄と砂糖を混ぜます。
卵黄と砂糖をボールに入れます。
砂糖が溶けてなくなるまで、ホイッパーでしっかりと混ぜます。
3. 牛乳と生クリームを温めます。
鍋に牛乳と生クリームを入れて、ふつふつと沸いてくるまで温めます。
4. 下ごしらえしたビーツを撹拌します。
温めたビーツの皮を包丁でむいて、適当な大きさに切ります。ジューサーに入れ、牛乳と生クリームを合わせた液を少量加えて撹拌します。
5. 全ての材料を混ぜ合わせ、冷凍庫で冷やします。
卵黄と砂糖を混ぜ合わせたボールに、鍋に残った牛乳と生クリーム、撹拌したビーツを加えます。
ホイッパーで十分混ぜたら、ホーローバットなど金属の容器へ移します。予熱が取れたらラップをして、冷凍庫で冷やし固めます。
5. 3時間ほど経過したら、かき混ぜます。
3時間ほど経ったら冷凍庫から取り出します。するとシャーベット状に固まっています。
なめらかな食感にするため、スプーンを使って全体をかき混ぜます。再び冷凍庫で冷やします。その後30分置きに、取り出してかき混ぜる工程を2〜3回繰り返したら完成です!
ビーツの素材そのものの味が活きた野菜アイスは、おもてなしにもきっと喜ばれますよ。

また、ビーツは少量でもきちんと色が入るため、とてもきれいなアイスに仕上がります。逆に入れ過ぎると水分が多く出てしまい固まりづらくなるので、分量には気を付けてくださいね。

ビーツの入手方法

産地直送の青果店で販売しています。

こだわり野菜を取り扱う青果店、百貨店に入っているスーパーでは、一部産地直送コーナーなどで販売されています。ただし旬の時期が過ぎると、出荷されない可能性もあります。現状、いつでも手に入る野菜ではなさそうです。

プランターで家庭菜園もできます。

ビーツのおいしさにはまってしまったら、いつでも食べられるよう、ぜひ家庭菜園を行ってみませんか?ベランダに置けるプランターで育てることができます。土と石灰、肥料を用意すれば種を植えてから、1ヶ月〜1ヶ月半ほどで収穫できます。ビーツは初心者でも比較的簡単に栽培できるようですよ。

おわりに

ビーツには嬉しい栄養効果がたくさんあり、病気の予防としても役立てられる注目の野菜です。普通のスーパーではなかなか手に入りづらいですが、週末行っているファーマーズマーケットや、産地直送のネット販売なども利用してみてくださいね。

《日本の食、再発見!あなたの知らない全国”珍”野菜巡り》の記事一覧

口の中で独特の粘りと食感があるネバネバ食材。このネバネバには、ムチンという成分が含まれ、夏バテ防止に役立つんです。今回、珍しい野菜を中心に新顔野菜も取り上げ、効果・効能を一挙にご紹介します。今の体調から必要な…

レシピ

つくしのような見た目をしたアスパラソバージュを知っていますか?ヨーロッパで自生し、日本では主に空輸で取り寄せられる高級食材です。上品な甘みと食感がくせになって、止まらなくなるおいしさ!アスパラソバージュの食べ…

ピクルス レシピ

ピクルスの王様と呼ばれるガーキンを知っていますか?名前は知らなくても一度は口にしたことがあるかもしれません。お馴染みのハンバーガーに入っているピクルスといえば、想像できるのでは?生で食べた時の味わい、簡単なピ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ アレンジレシピ

人気モデルで、現役Jリーガーである稲本選手の奥様でもある田中美保さんは料理上手でも有名です。そんな田中美保さんの料理をまとめてみました♪スポーツ選手の旦那様を支える彼女の料理は、とても参考になりますね♡

レシピ まとめ

ホイル焼きというと、「魚のホイル焼き」が浮かぶ方が多いのではないかと思いますが、実はあんなものもこんなものもホイルに包んで焼くとおいしいんです。そんなレシピを今回はご紹介していきます。

レシピ タコライス タコス メキシコ料理 まとめ

ミンチとお野菜たっぷり、沖縄生まれののタコライスは時間のないときの一皿料理として便利なお料理です♡栄養もたっぷり、ご飯なので腹持ちもいいですよね!たっぷり作って作り置きも可能なレシピですのでぜひ試してみてくだ…

鶏肉 レシピ まとめ ランチ 親子丼

とろっとろの卵の親子丼、個人的にはもう大好きでして。外で食べるより家でつくって食べるほうが好きなんですけども、皆さんアイディアいっぱいに親子丼をアレンジしていますよ。変幻自在の卵ゆえ、いろんな親子丼があります…

レシピ 鶏肉 まとめ

暑い日ってガス、火はなるべく使いたくないですよね。これからそんな季節になります。でも火を使わないと肉料理食べれないのでは…?いえいえそんな事ありません!電子レンジだけで作れる肉料理レシピを今回は…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

アメリカ かぼちゃ スープ レシピ まとめ

アメリカやイギリスではよくある「バターナッツスクワッシュ」を使って料理を作りませんか?かぼちゃの一種ですが、日本のものとはちょっと違ってさっぱりした味なんですって。おすすめレシピをご紹介しますので作ってみてく…

マシュマロ

テレビ番組『ためしてガッテン』で紹介された「マシュマロの粕漬け」が、SNSなどで話題になっています。おいしさが増し、濃厚な味わいを楽しめるようになるのだとか!食べた人がもれなく絶賛するという「マシュマロの粕漬…

大河内美弥

野菜ソムリエ。旅の途中に寄る地方スーパー、海外のスーパーが大好き。...