ローディング中

Loading...

脂肪燃焼に効くウーロン茶ですが、実は一定量のカフェインが含まれていることをご存じですか?特に妊娠中の方は、カフェインについて正しく理解して飲まないと体調不良になる恐れも。そこで今回はウーロン茶のカフェイン含有量、効果や注意点についてご紹介!

ウーロン茶にはカフェインが入っている

ウーロン茶といえば、脂肪燃焼効果があることで有名な、ダイエット中の女性に人気の飲み物です。そんなウーロン茶、実はカフェインが含まれていることをご存知でしょうか?カフェインは必ずしも体に悪い影響をもたらすわけではありませんが、摂りすぎないように注意が必要な成分です。

けれど、女性に嬉しい効果の多いウーロン茶。ダイエットに効果的だというのは間違いありませんから、できるなら積極的に飲みたいって思いますよね。そこで今回は、ウーロン茶のカフェイン量や体に与える効果をまとめてみました。1日どのくらいまでなら飲んでいいのか、チェックしてみましょう。

ウーロン茶のカフェイン含有量は?

ウーロン茶のカフェイン量は、100mlあたり約20mgです。コップ1杯200mlとして、1回に40mg摂取する計算になりますね。数字だけだとピンとこない方が多いと思うので、1日にどれくらいまでなら飲んでもいいか、ということをお話しします。

日本ではまだ明確な目安量は決まっていませんが、欧州食品安全機関(EFSA)では、成人だと1日あたり400mg以下であれば問題ないと発表されています。ウーロン茶で計算すると1日コップ10杯までなら問題なさそうですね。10杯も飲む方はあまりいないと思いますが、すこし意識しておくといいかもしれません。

ウーロン茶とコーヒーの含有量の差

カフェインが多いと言われているコーヒーと、カフェイン量を比較してみましょう。
コーヒーのカフェイン含有量は、レギュラーコーヒーで100mlあたり約60mg。では、コップ1杯だとどのくらいの差があるのでしょうか。

レギュラーコーヒー:コップ1杯(200ml)……120mg
ウーロン茶:コップ1杯(200ml)……40mg


なんと、その差は3倍!カフェインの入った飲料を飲むのであれば、ウーロン茶のほうがあまり神経質にならずに飲めそうですね。

カフェインが体に与える効果

嬉しい効果【覚醒作用】

カフェインと言えば、やはりコレ。皆さんご存知の、目を覚ます効果です。体質にも左右されますが、飲んでから約30分ほどで効果が出るそうです。仕事中や運転前などはぜひとも摂取したいですが、逆に寝る前などは、気をつけたいですね。

嬉しい効果【解熱鎮痛作用】

カフェインが薬にも含まれていることは、皆さんご存知でしょうか?その理由が、解熱鎮痛作用。市販されている薬にも広く使われています。用法用量を守れば薬にもなるなんて、カフェインに対する見方が変わるのではないでしょうか。

嬉しい効果【むくみの改善】

カフェインの利尿作用は、むくみの改善にもひと役かってくれます。しかし、摂りすぎると逆に水分不足になってしまうので、適度に飲むのがおすすめです。

よくない効果【胃痛】

胃酸の分泌を促す効果があるといわれているカフェインは、空腹時に摂ると逆に胃を痛めてしまいます。カフェインの入った飲料を飲む際は、先に何か食べておくと胃痛が予防できますよ。

よくない効果【急性中毒症】

実際に死亡も確認されているカフェイン中毒は、カフェインの神経毒性が原因。一般的に約200mg/kgが致死量とされていて、主にエナジードリンクの飲み過ぎで発症することが多いので、注意しましょう。

よくない効果【貧血】

鉄の吸収を阻害するカフェインは、貧血の方にとっては大敵となる成分。せっかく鉄分たっぷりな食事をしても、カフェインと一緒に摂るだけで効果が半減してしまうこともあります。貧血気味の方は気をつけたいですね。

妊娠中は要注意!

ウーロン茶が妊婦に与える影響

胎盤で赤ちゃんとつながっている妊婦さんにとっては、カフェインは注意したい成分のひとつ。

カフェインの分解に時間のかかる妊娠中は、赤ちゃんにカフェインが流れていきやすくなります。流産や早産、低出生体重児や障害、カフェインによって引き起こるといわれている症状は重篤です。「ちょっと飲んだくらいで……」と思われるかもしれませんが、万が一を考え、カフェインの入った飲料はなるべく控えたほうがいいでしょう。

しかし、それほど神経質になる必要もなく、妊婦さんは1日に200mg以下であれば、カフェインを摂取しても問題ないとされています。気を遣いすぎてストレスが溜めすぎないよう、注意してくださいね。

子どもも要注意

「子どもにカフェインはよくない」というのを、聞いたことがある方たもいらっしゃるのではないでしょうか。

小さなお子さんは大人と比べてカフェインの分解速度が遅いうえ、感受性が強いのでカフェインの興奮作用が長時間続いてしまいます。興奮していればもちろん睡眠時間が減りますし、カフェインは鉄の吸収も阻害するので、成長期のお子さんには悪影響といえるでしょう。ある程度成長してから、1日の量を決めて飲ませるようにしたいですね。

ウーロン茶のカフェインレスはある?

コーヒーや紅茶などにはノンカフェインのものも多いですが、残念ながらウーロン茶のノンカフェインは出まわっていないようです。なのでどうしてもお茶が飲みたいときは、ルイボスティーや麦茶などを代用するといいかもしれませんね。それでもウーロン茶が飲みたいときは、ローカフェインのウーロン茶ならあるようなので、そちらをチョイスしましょう。

用量を守ってウーロン茶を楽しもう

女性から男性まで、好きな人の多いウーロン茶。今までカフェインを注意して飲んでたという方は少ないかもしれません。ですが、せっかくおいしく飲んでいたのに体調を崩してしまっては、おいしさも半減してしまいます。

カフェインの悪い効果を出さないためにも、ぜひ用量を守ってウーロン茶を楽しんでくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

お茶

ウーロン茶(烏龍茶)がダイエットに役立つ飲み物だというのは周知の事実ですが、ただ漫然と飲んでいるだけでは上手にやせられない模様。では、どうすればウーロン茶で理想のスタイルを目指せるのか。その秘けつをまとめてご…

まとめ コーヒー

ドラッグの依存性が話題になっていますが、実は「カフェイン」も同じように依存性があり、適度な摂取ならOKですが、過剰摂取は健康に悪影響なんだとか。どのような症状が出てくるのか、カフェインをとる際に注意するべきこ…

コーヒー ドリンク

疲れた心と体をリフレッシュするコーヒーには、カフェインという成分が含まれているのはご存知ですよね。覚醒作用、利尿作用をもたらすカフェインは、過剰摂取すると体に悪影響を及ぼすことになるかも?今回はカフェインの作…

コーヒー カフェ 原宿

9月3日は睡眠の日。ネスカフェアンバサダーで有名なネスレが、“コーヒーのフォースウェーブ” と言われるカフェインレスコーヒーを使って、ネスカフェ原宿で日本を眠らせるカフェインレスタイムを実施するそうですよ。…

コーヒー

死にたいコーヒー??名前からしてかなりのインパクトですが、朝からガツンと強烈な刺激を求めたいならこの「Death Wish Coffee」がオススメ。濃くてカフェインたっぷりなコーヒーを探しているならこのコー…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

デート ランチ まとめ

おいしい食べものを食べれば誰もが「おいしい」と口にするのは当たり前の行為ですが、どうせならもっと表現の幅を広げたいですよね。今回は、おいしい以外のおいしさを表現する言葉を集めてみました。

日本酒 まとめ

貰い物の日本酒って、ついつい全部飲み切れずに中途半端に余ってしまうことってよくありますよね。そんなときにオススメしたい日本酒の活用法を3つご紹介します!

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

レシピ まとめ

秋の珍味「マコモダケ」をご存知ですか?クセがなく、シャキシャキした歯ごたえが小気味よい野菜で、低カロリーなのでダイエットにもおすすめの食材なんです。なかなか見かけることがない野菜ですが、入手できた際にはぜひ試…

さつまいも レシピ

ボタン一つで温めや、機種によってはケーキなども作れる便利な電子レンジ。今回は冬の定番「焼き芋」を新聞紙とレンジで作る方法をご紹介します。オーブンやアルミホイルがないと作れないと思いがちですが、実はもっと簡単に…

milkpop

栄養士、製菓衛生師資格持ちのフリーライター。「読み物として楽しい記...

ページTOPに戻る