ローディング中

Loading...

かまぼこは低カロリー高たんぱく質なので、とてもダイエットに適している食材ということを知っていますか?カロリーが気になる人や健康志向の人、なぜかまぼこがダイエットにいいのか、効果やヘルシーな食べ方など詳しくご紹介したいと思います。

かまぼこを知ろう

かまぼこは、主にタラやサメ類のすり身が原料。つくる工程や加える材料で名前・カロリーが変わります。板かまぼこをメインに、100gあたりどのくらいカロリーがあるか種類別で見ていきましょう。

かまぼこの種類別カロリー

かまぼこのカロリーは?

製造方法:蒸す
かまぼこ100gあたり約94kcal
1本約145g=138kcal
かまぼこ一切れ(11mm)13g当たりのカロリーは、12kcal。

焼きかまぼこ、その他具材のかまぼこでの比較

製造方法:焼く
焼かまぼこ100gあたり約103kcal
1本約80g=82kcal
※通常のかまぼこに比べ、たんぱく質を約5割り多く含むためカロリーが多少変わる。

製造方法:焼く
焼きちくわ100gあたり約120kcal
1本約30g=35kcal
※焼きかまぼこよりカロリーは少し高めです。

製造方法:茹でる
なると100gあたり約80kcal
※茹でると多少たんぱく質などが溶けだすためカロリーが低くなります。

かまぼこの仲間

伊達巻やはんぺんもかまぼこの種類にはいります。これらはかまぼことは違い、ほかの材料もはいっているのでカロリーが大きく変わることがあります。

例えば、伊達巻に使われている魚にさほど違いはありませんが、卵・砂糖を混ぜているのでカロリーは高めです。
製造方法:焼く
100gあたり約196kcal
ひときれ2cmだと30g=59kcal

はんぺんや練り物とどう違うのか比較

はんぺん、魚のすり身はサメをメインにすりおろした山芋がはいっていて弾力があるのにふわっとした独特な食感が特徴です。山芋なのでカロリーにかまぼことさほど変わりはありません。
製造方法:茹でる
100gあたり約93kcal

製造方法は、蒸す・焼く・茹でるほかに揚げるかまぼこもあります。さつま揚げなど・・・カロリーは、揚げるわりにかまぼこと同じくらいでとてもヘルシーです。

かまぼこの栄養

かまぼこは、主にタラやサメ類など白身魚のすり身をつかうため、高たんぱく質・低カロリー。からだの基礎といえる骨や筋肉はしっかり栄養を補うことが大切、かまぼこはカルシウムなど健康維持に大切な栄養素が多く含まれているので、さまざまな箇所に効果が高い食材です。そこでかまぼこ100gあたりの主な栄養成分を5つに絞り説明します。

たんぱく質

かまぼこ100gあたり12g
アミノ酸で構成されているたんぱく質は、からだを動かすのに必要な筋肉や酵素、血液や髪の毛などさまざまな部分に必要不可欠な栄養素になります。

ビタミンD

かまぼこ100gあたり2μg
ビタミンDは、歯や骨をつくるためにカルシウムを吸収させ、定着を助ける。同時に血液中カルシウムの濃度を一定に保つ働きをするため、からだにとても重要な栄養素の1つです。

ビタミンB12

かまぼこ100gあたり0.3μg
水溶酸ビタミンB群の1つで水に溶ける性質をもっているビタミンB12は貧血をふせぎ頭痛や動悸などさまざまな症状に効果が期待できる栄養素です。

ナトリウム

かまぼこ100gあたり1000mg
ナトリウムは生命維持に欠かせないミネラル成分の一部で、水分量の調整・筋肉や神経を動かす働きがあります。

マグネシウム

かまぼこ100gあたり14mg
生命を維持するのに最も大切だといわれている酵素をサポートしてくれる、とても貴重なミネラル成分です。

かまぼことダイエットの相性は?

ダイエットに人気の食材といえば豆腐や納豆など豆類が多いですが、食べ応えがなくすぐにお腹がすいてしまい結局食べすぎてしまう......なんてことも。そこで注目してもらいたいかまぼこ!低カロリー・高たんぱく質、ダイエットに欠かせない条件を満たした食材の1つ。しっかりとした噛みごたえで満腹中枢を刺激することができるので少しの量でおなかを満たす効果が期待できます。

かまぼこをヘルシーにおいしく食べる

めんつゆで簡単! 卵とかまぼこと菜の花いため

蒸しかまぼこをつかいます。菜の花とかまぼこを卵でとじた食べ応えがうれしい1品。かまぼこに塩分が含まれているので、めんつゆは少なめにしましょう。ほっこりあたたまる料理で且つ、食べ応えがあるのもいいですよね。カロリーもオフなので、夜食にもおすすめです。

火を使わないヘルシーおつまみ。韓国風かまぼこ

あなたは何を挟む?かまぼこに切り目をいれて、キムチやチャンジャなど好きな具材を挟むだけの簡単レシピです。食べ応えもよく、お好みの具材を入れるだけ!納豆や梅、味噌、などで和風にしてもおすすめですよ。

ポン酢と水菜でさっぱり! 和えもの

かまぼこを食べやすい大きさに切って、水菜と一緒にポン酢で和えるだけの夏にもぴったりレシピです。水菜のしゃきしゃきとかまぼこの食べ応えが相性ばっちり。お酒のおつまみとしてもおすすめですよ。

おわりに

いかがでしたでしょうか。カロリーの比較だと茹でたかまぼこが低かったですね。栄養素を持ちながらカロリーも低めのかまぼこはヘルシーな食材で、ダイエットに適した食材ですが、食べすぎは禁物です。塩分はしっかり入っているので、むくみやすい人は様子を見ながら食べてくださいね。レシピも参考にして素敵なかまぼこライフを。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

卵黄をからめていただく「塩こんぶつくね」のレシピをご紹介します!こんぶが、軟骨のようにしっかりとしていていいアクセントに。枝豆も入っていて、お酒好きにはたまらないおつまみです。もちろん白ご飯との相性も抜群!思…

調味料

ひそかなブームが続いているオリーブオイルスプレー。ほんの少しの量でオリーブオイルの香りを楽しめるので、ダイエットにも最適とコストコでも人気です。オリーブオイルスプレーにはどんな特徴があって、どんな料理に使える…

レシピ まとめ

茹でるとキレイな緑色になる「絹さや」は、お料理や、お弁当の彩りとしても使える名脇役!そんな絹さやを使った人気の卵とじ、味噌汁、サラダレシピを一挙ご紹介します。いつでも使えて便利な冷凍方法も覚えておくと便利です…

レシピ まとめ

肉じゃがの日のって少し物足りなく感じませんか?ご飯と肉じゃが、もうひと品付け合わせがあるとよいですよね。今回は食べ応えも増す肉じゃがの付け合わせをご提案。副菜と汁物など、お好みで肉じゃがと組み合わせれば、バラ…

寿司 レシピ

ちらし寿司ってどんなイメージを持っていますか?ひな祭りやお祝い事にいただくことが多いので、とってもハッピーなイメージはありませんか?今回は見ためがキュートでさらにハッピーな「水玉ちらし寿司」の作り方をご紹介し…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

まとめ

自分の家でキッチングッズを揃えると、ついついシンプルなものにしてしまいがちですが、出来ることならかわいいキッチンを作りたい、という人も多いと思います。そこで、かわいいキッチンを実現している海外のキッチンを見て…

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

しゃぶしゃぶ まとめ

この時期、しゃぶしゃぶをする機会って増えますよね!定番のしゃぶしゃぶはお湯にしゃぶしゃぶして、ポン酢などをつけて食べます。が!今回はそんな定番に飽きた人におすすめな、しゃぶしゃぶに合う出汁を3つご紹介します♫

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

ひと目を引く写真を撮りたいなら、断然白い鍋がおすすめ!白は引き立て役としては鉄板のカラー。料理をより素敵に見せてくれる優秀なアイテムなんです。今回は、そんな白い鍋で魅力が際立つ料理を3つご紹介!「いいね!」を…

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

アサイー チョコレート おやつ

今やスーパーフルーツの代名詞『アサイー』。これとダークチョコレートを組み合わせれば、最強の美容おやつになること間違いなし!BROOKSIDEのダークチョコレートシリーズは、その最強コンビを組み合わせたスーパー…

見る者を混乱の世界へと誘うとして話題となった、カプセルトイ「ネコずし ニャー太」。今回、そんなネコずしの第三弾ガチャが発売されたということでネットが騒がしくなっています。今回はいったいどんなラインナップになっ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...