ローディング中

Loading...

ほうれん草といえば冬場が旬の野菜ですが、通年見かける野菜になりましたね。実はいろいろな栄養素を多く含んでいて、さまざまなうれしい効果を見込める緑黄色野菜です。ほうれん草がもつ栄養素と、効果的な食べ方を知り、健康的な生活に役立てましょう。

ほうれん草のいろいろ

ほうれん草の原産地はペルシャ地方といわれており、日本に伝わったのは江戸時代とされています。もともと、切れ込みが入ってとがった葉の東洋種と、丸がかった厚みのある葉の西洋種がありましたが、最近のものは交雑種が多く、両方のいいところをとっているそうです。

ほかにも、「寒じめちぢみほうれん草」や「サラダほうれん草」、赤軸または赤茎の「サラダほうれん草」もあります。料理に合わせて使い分けると、よりおいしくいただけますよ。なお、ほうれん草が最もおいしい季節は冬場です。

ほうれん草のカロリーは?

ほうれん草1枚(3g)のカロリーは、0.6kcal。100gで20kcalです。カロリーとしては低く、もし1束をすべて生で食べたとしてもカロリーは47kcal。

その中にβカロチンやビタミンC、鉄分などが含まれていて、さまざまな栄養を摂ることができる緑黄食野菜です。ダイエットをしている人にも、強い味方をしてくれる食材ですね。

ほうれん草がもつ栄養素とは

ビタミンC

100gあたり65mg含まれているビタミンC。万能ビタミンと呼ばれるビタミンCは、美肌効果や生活習慣病を予防する効果があります。

鉄と一緒に摂ることで吸収率が高くなったり、ビタミンAやビタミンEと摂ることで抗酸化作用が高まったりします。ほうれん草にはそれらがすべて含まれているから助かりますよね。またビタミンCは夏にくらべて、冬の方が約3倍も多く含まれています。

葉酸

100gあたり210μg含まれている葉酸。葉酸の働きは、赤血球を作って発育を助けること。貧血気味だなと思う人や、乳幼児、妊娠している女性には特に必要とされる栄養素です。生で食べると、葉酸をたくさん摂ることができます。

βカロチン

100gあたり4.2mg含まれているカロテノイドの一種であるβカロチン。βカロチンが豊富に含まれている野菜は鮮やかな色をしているものが多いですが、ほうれん草にもたっぷり含まれています。体内でビタミンAとして働き、目や皮膚を健康に保ったり、風邪を予防したりする効果があります。

ほうれん草ってダイエットにはいいの?

ほうれん草ダイエットとは、食事の前にほうれん草を食べるというものです。ほうれん草を食前に食べて、食物繊維やビタミンなどを摂取することで、血糖値の急激な上昇を防ぐことができるのです。ほうれん草が低カロリーでありながら、栄養が豊富に含まれていることを利用したダイエット法ですね。

食物繊維やビタミンB群で代謝がよくなることで痩せやすい体質になり、鉄分が脂肪燃焼にもひと役買ってくれます。大きな負担がなく、気軽に取り組めるダイエットといえますね。

ただし、食べ過ぎには注意しましょう。ほうれん草に含まれるシュウ酸という成分は、摂りすぎてしまうと結石に変わってしまうおそれがあります。茹でればその量は少なくなるので、たくさん食べたいときには、茹でることをおすすめします。

おすすめのほうれん草の食べ方

ほうれん草の茹で方

茹で方はとても簡単。たっぷりお湯を入れた大きめのお鍋に、根元だけで30秒、次に葉先まで全てを入れて10~20秒茹でるだけです。短時間で一気に茹でましょう。たっぷりのお湯で茹でれば、えぐみが残らずおいしくなりますよ。そして、茹で上がったらすぐに冷水にとり、しっかり絞ります。長くつけておくと栄養はどんどん流れ出てしまうので要注意です。

脂溶性のビタミンであるA、D、E、Kは流れ出ませんが、ビタミンCは流れ出てしまいます。葉酸は、加熱でも失われ、水につけても溶け出す栄養素。生で食べるほうがたくさん摂ることができます。茹でる場合はさっと火を通し、煮物は汁ごと摂るようにすれば効果的ですよ。

ほうれん草のおひたし

茹でて切ったほうれん草、千切りにした長いもを、味付けして和えたひと品。最後に白ゴマをふりかければ、できあがりです。

長芋のぬめり成分であるムチンにもダイエット効果が見込めるので、ほうれん草と一緒に摂ってさらなる効果を期待しましょう。

ほうれん草の胡麻和え

ごまが細かくなるようによくすったら、調味料を加えて混ぜます。茹でて切っておいたほうれん草と和えれば、できあがりです。

茹でればカサが減るので、あっという間に食べてなくなってしまうという人は、少し多めに作ってくださいね。

ほうれん草のねばねばチーズ焼き

茹でて切ったほうれん草の水分を絞り、納豆に付属でついているタレと混ぜます。よく混ざったら、納豆も合わせます。耐熱容器に入れて、とけるチーズをたっぷりかけたら、トースターでチーズがとろっと溶けるまで焼いてできあがり。

ほうれん草がペロッと食べられる、簡単でおいしいメニューです。

ほうれん草をおいしく食べよう

ほうれん草は栄養がありながら、ダイエットにも向いている野菜だということをお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。くせのない味でいろいろな料理に入れられるので、飽きにくいのも魅力ですよね。自分の好きなほうれん草メニューを、ぜひ見つけてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

サムギョプサル レシピ 韓国料理

韓国料理の定番ともいえる「サムギョプサル」ですが、みなさんはどんな料理か説明できますか?サムギョプサルとは、韓国語でどういう意味なのか…。食べ方や気になるカロリーまで、まるっとご紹介したいと思います。…

オムレツ じゃがいも ほうれん草 レシピ トマト

底に隠れたカリカリのじゃがいもがポイント♩「じゃがほうれん草のオープンオムレツ」は、フライパンだけで簡単に作れるので、忙しい日にもってこいです。ベーコンの香ばしさとジューシーなトマトの相性が抜群なこの料理、ぜ…

ドリンク

「チョコラBB」ブランドから、1本で1日あたりの鉄分不足を補う『チョコラBB(R) Feチャージ』(栄養機能食品(鉄))が、2017年5月15日(月)よりリニューアル。1本で1日あたりの鉄分不足を補ってくれる…

ほうれん草 まとめ

ほうれん草を常備したいなら、冷凍保存すればグンと長持ちすることをご存じですか?冷蔵庫で数日放置するとヘタッとなってしまい、意外と日持ちがよくないですよね…。そこで今回は、ほうれん草の冷凍保存を方法別にご紹介し…

パスタ まとめ

白くてこってりしたソースがおいしいカルボナーラ。大好きだけれど、カロリーが高いのでダイエット中は控えないと、と思っていませんか?しかし今回は、ダイエット中でもおいしく食べられる、カルボナーラのカロリーオフレシ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

人間には無害でも、ある動物にとっては有害…という食材もあるそうです。ペットを危険から守るにはしっかりと知っておくべき知識です。あなたの愛するペットを守るためにも把握しておきましょう!

日本酒 まとめ

家で料理を作っている女性のみなさん!どの料理にどんな日本酒が合うかを今回教えちゃいます。日本酒好きな旦那様や彼氏がいる方に是非読んでもらえればと思います。

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

チョコレート チーズケーキ スイーツ レシピ

チーズケーキが好きな方は多いと思いますが、レシピ考案者さんはこのホワイトチョコverが色々なチーズケーキの中でも一番好きなんだとか。実はチーズケーキがそんなに好きじゃない人も魅了する味なんですって。プレゼント…

お弁当 東京

macaroni編集部が独自の視点で美味しい情報をお届けする連載「マカロニセレクション」。今回は多くの方が年末の帰省に利用する東京駅に足を運び、オススメの駅弁をセレクト。女性目線で選んだ、間違いないというお弁…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る