ローディング中

Loading...

緑黄色野菜の王様と言われるにんじん。βカロテンを豊富に含み、美肌やアンチエイジング効果が期待できます。またダイエットにも効果的。美しさと健康を維持するのに役立つにんじんのカロリーや栄養についてまとめました。

もっとも身近な野菜のひとつ、にんじん

多くのご家庭で常備されているであろう野菜のひとつ、にんじん。
にんじんはセリ科ニンジン属の二年草。原産地はアフガニスタンと言われています。種小名の英名「carrot」(キャロット)という名前は栄養素である「カロテン」が名前の由来ではないか・・・と考えられています。
にんじんの栽培には比較的涼しい環境が適しており、夏に種をまき秋から冬に収穫されることが多い野菜です。

気になるにんじんのカロリー

にんじんの100gあたりのカロリーは44kcalです。大きめサイズ1本(150g)のカロリーは57kcal。
さまざまな食品のなかでも、にんじんはカロリーが低い食材ですが、こと野菜のなかで比較すると標準的な位置にいます。カロリーは水分量が多いほど低くなるため「にんじんジュース」にするとカロリーが低くなりますよ。

にんじんの持つ栄養と効能

にんじんの栄養素のなかで1番多いのがカロテン。カロテンのほかにビタミンB1、B2、Cを含み、ミネラル類のカリウムやリン、鉄も豊富に含まれています。
にんじんの根の部分だけでなく、ふだん捨ててしまいがちな葉の部分にもカルシウムや鉄分など女性にとって欠かせない成分が多く、女性に嬉しい植物繊維も多いのが特徴です。

βカロテン

βカロテンという言葉をよく耳にすることがあると思いますが、βカロテンは体内に入ると、ビタミンAに変わります。にんじんには、100gあたり6900μgのβカロテンが含まれいてます。
にんじんには、ビタミンAのなかでも「レチノール」という成分が非常に割合が大きいのが特徴。レチノールは視力の維持、肌の正常な発育を保持したり、免疫力を上げて粘膜を丈夫にしたりと、風邪や病気の予防に役立つ優秀な栄養素です。ほかにも優れた抗酸化作用で活性酸素を除去し、老化防止になり美しい肌を保ちます。カロテンは生で食べるより油で調理したり、ボイルした場合の方がより吸収力がよく皮の部分に多くのカロテンが含まれているので皮まで捨てずに食べることがおすすめです。

カリウム

にんじんには可食部100gあたり300mgのカリウムが含まれています。
カリウムは塩分(ナトリウム)を排泄する働きを持ち、血管の内と外の浸透圧を調整することで高血圧の予防と改善に効果があります。そのほか急な運動でおこる筋肉の痙攣などを防ぐ役割もある成分です。
反対に腎機能に不調のある人がカリウムを摂りすぎると、血液中のカリウムが増え不整脈の原因になってしまう可能性があります。にんじんを切ったあとは一度水にさらしたり茹でたりしてカリウムを減らす工夫をしましょう。

食物繊維

にんじんには便秘を解消する食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維には水溶性と非水溶性とあり、特ににんじんに多く含まれるのは「ペクチン」いう水溶性食物繊維です。
お腹がゴロゴロして出そうで出ない便秘の方におすすめ。便秘と下痢を繰り返すタイプの方の腸を整え、解消してくれます。また乳酸菌を増やし、腸のぜん動運動を促し、体の中から有害物質を排出する役目をも担います。

にんじんはダイエットにぴったり

根野菜なので腹持ちがよく、自然な甘みがあることから満足感を得やすいにんじんはダイエットに適した食材です。
先ほど書いたとおり水溶性食物繊維が豊富なため、便秘の解消に効果を発揮してくれます。そのほかビタミンやミネラルをたっぷり含んでおり、にんじんジュースでデトックスしながら痩身をめざす「人参ダイエット」という言葉もありますよ。

にんじんのおすすめの食べ方

にんじんと相性のいい食材

にんじんは食物繊維が多いことから便秘解消となりダイエットに適した野菜と言えます。
「にんじん+大豆やワカメ」にはデトックス効果があり、「にんじん+ごぼう・こんにゃく」には便秘解消効果があるので、このにんじんにと相性のいいダイエット食材をプラスして摂取するといいですね!定番の煮物やきんぴらごぼうなどのお惣菜はまさにこの組み合わせです。

蒸し野菜でヘルシーに

にんじんをヘルシーに摂取するのはなんといってもジュースではないでしょうか。ジュースにして食事前に摂ると栄養がしみわたりますし、お腹が満たされることで次に食べる食べ物を少なくできるので、ダイエットにピッタリです。他には食物繊維たっぷりのごぼうとこんにゃくと合わせてきんぴらにするとダイエット効果抜群ですね。にんじんはレンジなどでも簡単に柔らかくすることが出来るので油を使わず蒸し野菜として食べるとよりヘルシーですよ。

にんじんジュースで手軽にデトックス

にんじんだけだと飲みにくいのでリンゴとレモンを入れてミキサーで混ぜます。リンゴにも血液サラサラ効果、整腸効果がありますのでにんじんと合わせて摂ると相乗効果がアップ。
作る工程もたったこれだけでおいしい「デトックスジュース」のできあがり。ダイエットにも健康にも嬉しいジュースです。
ほかにもセロリを入れたりバナナを入れたりと自分好みのジュースを作って楽しんでみてください。

にんじんで美と健康をキープ

新鮮でおいしいにんじんを選ぶコツは色鮮やかで、ツヤがありハリがあり固いものを選ぶこと。葉のついてる首の部分に青みや黒ずみのない上部までオレンジのものを選ぶといいでしょう。
自然な甘みがあり苦みもない食べやすい食材にも関わらず、こんなにも女性に嬉しい栄養と効能が豊富なにんじん。健康と美しさを保ってくれる万能野菜です!
一年中安定して手に入れやすく値段も手頃なのも魅力ですね。毎日食卓で楽しみながら、上手にダイエットに活用しましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ナス

ナスに油を吸わせすぎないコツをご紹介します!ひと手間加えるだけで、ギトギト油まみれを回避できるんですよ。旬のナスをもっとおいしくヘルシーに食べてみませんか?実際に炒めた様子と合わせて、ポイントをご紹介します!

ブロッコリー

料理やお弁当の彩りを添える野菜ブロッコリー。おいしい茹で加減がわからないという声も少なくないようです。今回は、ブロッコリーのおいしい茹で方と茹で時間を調べてみました。下ごしらえの方法も併せてご紹介します。

レシピ まとめ

前菜の人気メニュー「バーニャカウダ」。根菜やきのこ類など手軽に楽しめますよね。つける野菜に限らず、いろんなソースを作ればマンネリ化することもありません。今回はバーニャカウダの簡単レシピを15選紹介したいと思い…

スープ まとめ

夏野菜のなすには利尿作用があり、食べると体の熱を取ってくれます。暑い日には、なすがたっぷり入ったスープを食べれば、体の内側からすっきり涼しさを感じられますよ!今回はポタージュからあっさりテイストまで、なすスー…

スイカ

夏の風物詩、スイカ。大ぶりなものを見かけるとつい食べたくなりますね!でも、おウチの冷蔵庫で冷やすってちょっとむずかしくありませんか?そこで今回は、自宅で実践できるスイカの冷やし方をご紹介!キンキンに冷やして、…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

まとめ

白髪の原因については老化や遺伝、ストレスなど、多くあるようですが、最近の研究によって徐々に解明されつつあるそうです。今回は白髪の予防・改善に効果的な食べ物を紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

代官山 ハンバーガー 焼肉

代官山にある「ヘンリーズ バーガー(HENRY'S BURGER)」は、有名な焼肉屋さんの「炭火焼肉なかはら」が手がけるハンバーガー屋さんです。黒毛和牛を使ったパティは絶品なので、ハンバーガー好き、…

スイーツ チョコレート ケーキ パン

札幌の西区福井にある「パティスリーショコラトリー リベルテ」は、ケーキや焼き菓子、チョコレートにパンなどどれを食べてもおいしいと評判のお店です。駅から距離があるお店ですが、近くに行った時には立ち寄ってみてくだ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る