ローディング中

Loading...

夏に旬を迎える、甘くておいしい「とうもろこし」。そのまま焼いて食べたり、スープにしていただいたり、いろんな食べ方がありますよね。そんなとうもろこしには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか?その効能や、体に効果的な食べ方をご紹介。

夏に食べたい「とうもろこし」

みなさんは“夏野菜”と聞いて、何を思い浮かべますか?
トマト、ナス、ズッキーニなどなど……いろんな野菜がありますよね。今回はそのなかでも、甘くておいしい「とうもろこし」に焦点を当ててみたいと思います。

そもそも、なぜ「とうもろこし」と呼ばれるようになったのでしょうか?
きっかけは、中国の“モロコシ”という植物。見た目が似ていたことから、“唐のモロコシ”が転じて“とうもろこし”になったのだとか。

とうもろこしはメキシコが発祥とされており、アメリカ大陸の主要農産物として発展してきました。日本に伝わってきたのは1500年代ですが、日本全土で栽培されるようになったのは、それから400年以上先の戦後のことなのだそうです。

とうもろこしがもつ栄養素

食物繊維

食物繊維の働きとしては、排便をスムーズにしたり、体内の有害物質を吸着させて、体外へ排出させたりすること。便秘に悩む多くの人はとうもろこしで改善したり、そうでない人とっても便秘を予防するのに効果的です。

カリウム

体内に存在する細胞の浸透圧を維持しながら、ナトリウムが原因の血圧上昇を抑制する働きがあるんだとか。 筋肉の働きをよくするなどの効果もあるそうですよ。

マグネシウム

マグネシウムには、健康的な生活を送るうえで重要になってくる、さまざまな役割があります。たとえば、筋収縮のサポート。つまり、筋肉をきちんと動かすためには、マグネシウムは欠かせないのです。また、骨や歯を強くするためにもマグネシウムは必要なので、体の内側から健康になりたいと考えるのであれば、マグネシウムは必須です。

タンパク質

タンパク質を構成しているアミノ酸には、グルタミン酸、アラニン、アスパラギン酸が含まれています。グルタミン酸には脳機能活性化、アラニンは免疫機能向上化、アスパラギン酸は疲労回復の役割があるそうです。

ビタミンB1

ビタミンB1の働きとしてもっとも重要なのが、糖質をエネルギーに変換するということ。糖質制限ダイエットなるものがありますが、やはりそれも限界がありますよね。そこで、糖質と一緒に摂取したいのがビタミンB1。きちんとエネルギーに変えれば、脂肪となって溜まってしまうこともありません!

また、脳に糖質由来のエネルギーが届くことにより、心を落ち着かせる効果があるので、最近イライラしがち……と思う方は、ぜひビタミンB1を積極的に摂取しましょう。

ビタミンB2

ビタミンB2は、皮膚や髪などの再生に関わっていて、有害である過酸化脂質を分解する効果があります。脂質の代謝を促進させる役割も。アンチエイジングや、美肌を目指す人には欠かせない栄養素です。

ビタミンB6

タンパク質の代謝には、欠かせない栄養素です。そのほかにも、脂質の代謝を助ける役割もあるので、大切なビタミンといえます。

とうもろこしの効果や効能とは

便秘を予防

不溶性の食物繊維が水分を吸収して便の暈を増やすことにより、体外への排泄を促し、腸内の環境を健全に整える働きが見込めます。さらに、便をやわらかくするマグネシウムもとうもろこしには含まれているので、便秘改善に役立ってくれそうです。

冷え性・貧血の改善

とうもろこしには、血流を良くするビタミンEや、糖質や脂質をエネルギーへと変換するビタミンB群が豊富。これらの作用により体の内側から温められ、冷え性改善につながります。また、鉄分もたくさん含まれているので、貧血も改善されます。女性に嬉しい効能ですね。

栄養を逃がさないとうもろこしの調理方法

とうもろこしに含まれている栄養素をそのまま摂取しようとすると、どうしても生で食べるのが一番いいような気がしますよね。もちろん、生でも食べられるほどに甘く、鮮度のいいとうもろこしならOKですが、なかなかそこまでのとうもろこしを食べる機会がないのも事実です。

そこでおすすめしたいのが、蒸してから食べること。これならしっかりと火をとおすことができ、甘くてほくほくのとうもろこしをいただくことができます。こんがりと焼くのもいいですね。蒸したときとは違う食感、味わいになるので、食べ比べても楽しそうです。

また、意外に知られていない“栄養を逃がさない”とうもろこしの食べ方は、缶詰(水煮)冷凍。どちらも、鮮度を保つために効果的なのだとか。鮮度が落ちると栄養バランスも悪くなってしまうので、とれたての状態をそのままにできるという意味で、おすすめです。

食べるときの注意点

とうもろこしを食べるとき、茹でる方が多くいると思いますが、それはNG。とうもろこしには、水溶性の(水に溶けやすい)栄養素がたっぷりと含まれており、茹でるとせっかくの栄養がすべて水に溶け出てしまうのです!

また、特に授乳中の方は、摂取を控えたほうがいいでしょう。血中のカリウム量が減ってしまうことがあるので、気をつけてくださいね。

おいしいとうもろこしの選び方

すでに皮が剥かれている状態や、缶詰など、とうもろこしはいろんな形で売られています。

もし皮付きのとうもろこしが販売されている場合、濃い緑色の皮が付いているものが、新鮮かつ食べごろの状態。また、ひげ付きのとうもろこしの場合は、よりふさふさしているものを選びましょう。ひげが多ければ多いほど、実の詰まったとうもろこしです。

すでに皮が剥かれている場合は、軸の切り口がみずみずしく、手にしたときにずしっと重みのあるものがベスト。粒に弾力があるものは、実が詰まっていておいしい証拠です。

とうもろこしの粒の数の不思議

とうもろこしのひげは、ひとつひとつ種子へとつながっています。ご存じだったでしょうか。ひげの数だけ、皮の中にはとうもろこしの粒が存在しているということですね。

そして、粒の数はどんなとうもろこしでも偶数になっています。粒が成長するときに、いつもふたつに分裂しながらどんどん数を増やしているのが理由です。興味のある人は、ひげも粒も数えてみると、おもしろいかもしれません。

おわりに

ひと口にとうもろこしと言っても、実に多くの種類があります。焼くのがベストな品種から、生でも十分甘みを感じられる品種まで、さまざまです。興味のある方は、いろんなとうもろこしを食べ比べてみてもいいですね。あなた好みの味に出会えるかもしれませんよ。

とうもろこしは、収穫されたときから鮮度が落ちてきます。保存状態のいい缶詰や冷凍もの、または栄養をしっかりととどめておくことのできる、蒸しとうもろこしや焼きとうもろこしなどを食べて、おいしく栄養を摂取しちゃいましょう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

「落花生」は「ピーナッツ」という名でも親しまれています。年中見かける気もしますが、国産の落花生の旬は9から10月。美容と健康にうれしい栄養素がたっぷり詰まった生の落花生は、甘みがありとても美味!基本の茹で方と…

レシピ

真っ赤なピーマン、パプリカ。生でも焼いても、幅広く使えるパプリカはおしゃれなだけでなく、栄養満点のアンチエイジングべジタブル!今回はそんなパプリカのインナービューティーに役立つ栄養と簡単レシピをご紹介します。

とうもろこし レシピ

6月~9月にかけてが旬のとうもろこし。暑い季節に茹でるのは面倒……なんて感じたことはありませんか?今回は、レンジを使ったとうもろこしの調理方法をご紹介!ラップを使った基本の方法や、皮ごと調理する裏技も♩茹でる…

おつまみ とうもろこし

スイートコーンよりひと足早く旬を迎えるヤングコーン(ベビーコーン)。小さくて丸ごと食べられるヤングコーンは、スイートコーンとはまた違ったおいしさがありますね。今回は、フライパンで作る焼きとうもろこし風のおつま…

とうもろこし レシピ

あなたの家に電子レンジがあるなら、とうもろこしを沸騰したお湯で茹でるのはもうやめましょう。光熱費の節約のためにも、その味を余すことなく楽しむためにも、とうもろこしは電子レンジで手間なく茹でるのが一番です♩

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

食欲が減る色といえば青。青色の食べ物の画像を見れば、自然と食欲が減っていくんだとか。食欲をどうしても抑えられないという方には、朗報ですよね!青い食べ物をまとめたので、ダイエット中の方はぜひ参考にしてみてくださ…

まとめ

人間には無害でも、ある動物にとっては有害…という食材もあるそうです。ペットを危険から守るにはしっかりと知っておくべき知識です。あなたの愛するペットを守るためにも把握しておきましょう!

日本酒 花見 まとめ

お祝いごとにはもちろん、四季折々の行事にも日本酒は欠かせませんよね。日本人なら是非知っておきたい、日本酒に関わる伝統的な季節の年中行事をまとめました。和食文化の中でも歴史の長い日本酒の、風流な楽しみ方をご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

納豆 レシピ

お財布にもからだにも優しい納豆。ご飯に乗せて食べるのはもちろんおいしいけれど、今回は様々な食べ方をご紹介。いますぐ出来るちょい足しレシピから、主役級レシピまで、冷蔵庫には納豆を欠かさない大の納豆好きがおすすめ…

和食

和食の配膳には、じつはいろいろな理由があります。たとえば、ご飯と味噌汁の位置、ご存じですか?毎日の食卓でも正しい配膳ができるよう見直してみましょう!今回は、ご飯と味噌汁の正しい位置や、配膳マナーについてまとめ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る