ローディング中

Loading...

独特な香りをもつセロリ。苦手な方も多いかもしれませんが、セロリは女性にうれしい栄養素をたっぷり含んだ野菜なのです。今回は、そんなセロリの栄養素と効果・効能、おいしい食べ方までご紹介します。これを読めば、きっとあなたも食べたくなるはず!

積極的に摂取したいセロリ

セロリはセルリーとも呼ばれる、せり科の野菜で、ヨーロッパや中近東の高地にある湿原が原産地といわれています。当初、古代ローマやギリシャでは食用ではなく、整腸剤や強壮剤など、薬用目的で使用されていました。しかし、17世紀に入ってから食用に使われるようになったのだとか。

日本へは、江戸時代の大名で熊本藩の初代藩主であった加藤清正が持ち込んだという説が有力です。そのため、別名「清正人参(きよまさにんじん)」とも呼ばれています。日本に入ってきた当初は独特な香りのため普及しませんでした。戦後になって人々の食生活が洋風化するにつれ、さかんに栽培されるようになり、現在は静岡県、愛知県、長野県、北海道で栽培されています。

セロリの旬は夏。葉、茎、根のほぼすべての部分を食べられる野菜で、特に葉の部分には栄養素が豊富に含まれています。

こんなにすごい!セロリが持つ栄養素

カリウム

セロリはミネラルを多く含む野菜。特にカリウムの含有量が多く、成人女性が1日に摂取する理想のカリウム量が1,600gに対し、セロリは100gあたり410g含まれています。100g食べると一日のカリウム量の5分の1程度が摂取できるといわれています。カリウムは、余分な水分の排出を促してくれるので、むくみの軽減が期待できますよ。

ビタミン

セロリには、さまざまな種類のビタミンがバランスよく含んでいます。特に多いのがビタミンKで、100gあたり10μg(マイクログラム)含有しています。ビタミンKには、カルシウムが骨に沈着するときに必要なたんぱく質を活性化させる働きがあるので、骨の健康に役立ちます。そのほかにもビタミンC、葉酸なども含まれていますよ。

鉄分

セロリは、女性が悩む貧血を予防する強い味方、鉄分も豊富なのです。100gあたり0.2mgと多く含んでいて、一緒に含まれているビタミンCと効率よく吸収できます。現代人が不足しがちな鉄分ですから、ぜひ摂取しておきたいですね。

セロリが持つ独特の味と匂いのもとは?

セロリには香り成分が含まれており、その種類は40種類といわれています。この成分がセロリの独特な香りと味を生み出しています。

セロリに含まれる香り成分の代表「アピイン」は、精神の安定や不安の解消に効果があるといわれています。また、「テルペン」と呼ばれる物質は、植物の精油成分で、リラックスの効果も期待できます。これらの香り成分は、鎮痛作用もあわせ持っているので、頭痛や生理痛を和らげるのにも役立ちます。

セロリの効果、効能

腸内環境を整える

セロリには食物繊維を多く含んでいます。この食物繊維が、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を除去します。このことで腸内環境が整えられ、便通の予防に効果があるといわれています。

美肌効果

セロリにバランスよく含まれる、さまざまなビタミンは美肌の強い味方です。ビタミンCは抗酸化作用とメラニン色素生成の防止に役立ち、ビタミンEは血行を良くし、新進代謝が活発になる働きを持っています。この2つの働きが合わさって、美肌効果が期待できます。

血流の改善

セロリの葉に含まれている「ピラジン」という香り成分。この成分には体の血流を改善する効果があります。血流が良くなると新陳代謝もよくなるため、免疫力がつき、疲労防止につながるといわれています。

セロリの食べ方

素材の味を楽しもう

セロリがお好きであれば、生で食べるのが一番です。生で食べる方が、栄養素をより多く摂取することができますし、食感や素材本来の味を堪能できますよ。サラダにしたり、お好きなディップを作って、付けて食べるのもおすすめです。ピクルスや浅漬けにしてもよいですね。

食べやすい大きさに切ったセロリを塩でもんで、梅と和えればさっぱりとしたひと品に。

セロリの葉は捨てずに食べよう

セロリの葉は香りと苦みが、ほかの部分より強いため敬遠されがちですが、茎よりも多く栄養素が含まれていますので、積極的に食べることをおすすめします!こちらのレシピのようにセロリの葉を佃煮にするとごはんのおともになりますよ。

セロリの葉を熱湯でさっと茹でたら、しょうゆと砂糖で汁気がなくなるまで弱火で炒め、最後にゴマを混ぜたら完成です。

香味野菜として煮込みやスープに

セロリの独特な風味が苦手という方は、刻んで煮込みやスープにいれて食べましょう!セロリは、スープや煮込み料理などに入れることによって、香りが抑えられ、なおかつ香味野菜としての役割を果たします。

鶏肉やほかの野菜と炒め、トマト缶とともに煮込むことで、セロリのさわやかな香りがスープに深いコクを与えてくれますよ。

セロリを食べる時に注意したいこと

セロリは数々の栄養素が含まれていて、体にも肌にもよい野菜ですが、それと同時に食べるタイミングに注意したい野菜でもあります。

セロリが含む「ソラレン」を摂取することによって通常よりも紫外線を吸収してしまいます。食べてから2時間で全身に成分がまわるため、朝にセロリを食べると、日中の紫外線を吸収しやすくなってしまいますので注意が必要です。ソラレンの効果は7時間経てば減退しますので、セロリを食べるなら、朝よりも紫外線の少ない夜がおすすめです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。セロリの持つ栄養素と効果、おすすめの食べ方についてご紹介しました。セロリの独特な香りと味が苦手な方でも興味がわいてきたのではないでしょうか。調理法次第では香りも抑えられ、おいしく食べることができます。女性にうれしい成分がたくさん含まれているので、積極的に食卓に取り入れていきたいですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

たっぷり野菜とトマトソースで煮込んだラタトゥイユ。おいしいラタトゥイユの基本レシピとトマト缶で作れる簡単アレンジ、パスタやお肉のソースとして使うアイデアなど、今回はラタトゥイユの魅力たっぷりの内容をご紹介。上…

そうめん

そうめんは古いものほど高級品として扱われることを知っていますか?そうめんは古い方が旨味が増すとされているんです!では、家で保管しているそうめんも古くなるまで待った方がおいしくなるのでしょうか?保存の注意点など…

スープ 沖縄

沖縄で日常的に食べられている「もずく」。酢の物や天ぷらなどおかずとしてはもちろん、味噌汁の具材としてもよく食べられています。今回は、カロリーも低く調理しやすいダイエットにおすすめな「もずくスープ」の人気レシピ…

まとめ 肉料理 スイーツ

今回は、2017年に開催される「フジロック」「ロッキン」「サマソニ」 のおすすめフェス飯をまとめてみました!過去の人気メニューから毎年行列のできる名物まで、当日食べるフェス飯を今からチェックしておきませんか?

レシピ まとめ

前菜の人気メニュー「バーニャカウダ」。根菜やきのこ類など手軽に楽しめますよね。つける野菜に限らず、いろんなソースを作ればマンネリ化することもありません。今回はバーニャカウダの簡単レシピを15選紹介したいと思い…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

まとめ

妊娠中や妊活中は生活、特に食べ物や飲み物には気を使うことと思います。そこでここでは、そんなときに気をつけたい食べ物、飲み物から、特に気をつけたいものを「5」つご紹介します!

ココナッツオイル まとめ

モデルのミランダ・カーや道端ジェシカも愛用していることで日本でも一気に人気が高まったココナッツオイルですが、実は意外なことにもつかえるとても便利なオイルだったのです。

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

カレー レシピ スープカレー まとめ

今や国民食となったカレーですが、なかでも豆(ダル)カレーはやさしくて素朴なおいしさが魅力。ヘルシーなうえボリュームもあるんです。今回は、大豆やレンズ豆、ひよこ豆などを使った人気の豆カレーレシピを紹介します。カ…

キャベツ バター レシピ

具だくさんが嬉しい「焼きベーコンとキャベツの味噌汁」のレシピをご紹介します。ベーコンやバターを入れることで、ちょっぴり洋風な味噌汁を楽しむことができます。味噌汁の味は、定番化しがちですよね。いつもと違った味噌…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る