ローディング中

Loading...

夏の風物詩のひとつ、カルピス。そして、今が旬の果物さくらんぼ。この両者を組み合わせた斬新な「カルピスのさくらんぼ漬け」が、お手軽な上に絶品だと、ネット上で大きな話題を呼んでいます。気になるお味やレシピ、作るポイントなどをご紹介します。

「さくらんぼのカルピス漬け」が話題沸騰!

夏の訪れを感じるカルピス。特に幼少時代、飲む機会に触れる方が多かったのではないかと思います。濃縮タイプや炭酸系、季節ごとのフレーバーが次々に登場し、子どもから大人まで幅広い年齢層に馴染みが深い飲み物だと言えるでしょう。

ところで、カルピスにあるものを漬けると最高においしくなると、巷で大きな話題を集めています。そのあるものとはみなさんご存知、さくらんぼ。ネット上で「#さくらんぼのカルピス漬け」というハッシュタグができるくらい、爆発的人気を集めています。

ルージュのようなつややかなその輝きから、“赤い宝石”と称されるさくらんぼは、夏を象徴する果物のひとつ。酸味の元となっているクエン酸には食欲を促したり、疲労回復を助ける働きがあると言われており、美容にも大きな効果が期待できる食べ物でもあります。

それでは今回は、親しみのあるカルピスと旬の果物さくらんぼを融合させた「カルピスのさくらんぼ漬け」についてお話しましょう。

人気きっかけとなったツイートはこちら

「さくらんぼのカルピス漬け」が話題となったきっかけは、あるツイートでした。
66,000人以上のフォロワー数を誇る「ふぁるん*雨林(@farun666)」さんが先日、自身のツイッターに上記の写真をアップしたところ、15,000を超えるリツイート数がありました。すると、「ふぁるん*雨林」さんのツイートを見た大勢の人たちが、すかさずその斬新なレシピを再現。瞬く間に拡散し、今では大ブームになっています。

カルピスのさくらんぼ漬けってどんな味?

さくらんぼ自体にカルピスの味が染みこむわけではないのですが、さくらんぼ特有のほのかな酸味とカルピスの風味が、口の中でほどよいハーモニーを奏でます。スムージーのような舌触りのカルピスに合うプリっとした果肉の食感は、一度食べたらやみつきに。

ちなみにこのカルピスのさくらんぼ漬け、実は新鮮な状態を維持することを目的として、山形のさくらんぼ農家さんの間では知られていた保存方法なんだそうです。単純に冷凍保存するよりも、鮮やかな色合いをキープしたまま、糖度も損なうことなく、本来の味をおいしくいただけるのだと言います。

さくらんぼのカルピス漬けの作り方

それでは早速、カルピスのさくらんぼ漬けを作ってみましょう。用意する材料はたったこれだけ。

材料

・さくらんぼ
・カルピス原液

作り方

フローザーバッグやタッパーなどの深さがある容器にさくらんぼを入れ、そこにカルピスの原液を浸るくらいまで注ぎます。それを冷蔵庫に入れて凍らせるだけで完成です。食べるときには、解凍せずにそのままいただきましょう。

コツをおさらい

・さくらんぼは必ず軸を取る。
・袋に浸す際は、さくらんぼが重ならないように袋を横にして冷凍庫へ入れる。


上記2点が、おいしく漬けるための重要なポイント。ちなみに、冷凍してもカルピス(原液)自体は完全に固まるわけではなく、かなりやわらかいシャーベットのような状態でとどまるのだそうです。なので、さくらんぼは大きめのスプーンですくって食べるとよいでしょう。

冷凍での保存可能な期間はおよそ1〜2ヶ月で、容器の中に残ったカルピスは、お水で薄めて飲んでもよしです。

幼稚園に子どもをお迎えに行く前のちょっとした隙間時間をうまく活用して、ササッと簡単に作れるお手軽感も、大きな魅力のひとつ。例年以上の猛暑が予想される今年の夏にもってこいの絶品さわやかスイーツ、ぜひお試しください。

さくらんぼのアレンジレシピ

日持ちしないさくらんぼをできるだけ長くおいしく楽しんでいただくために、とっておきのアレンジレシピをご紹介します。ぜひとも、参考にしてみてください。

電子レンジでお手軽さくらんぼジャム

余ったさくらんぼを使った自家製ジャムは、トーストに乗せてもよし、アイスクリームに添えてもよし。はたまた炭酸水に入れてソーダ割りにすれば、まるでカフェで登場する1杯のような、おしゃれな雰囲気に様変わりします。このように、自家製ジャムはあなたのお好みに合わせてアレンジは自由自在です。

フルーツポンチ

暑さでうなだれた気持ちをパッと明るくさせてくれる、夏にぴったりなさわやかスイーツ。スイカやマンゴー、パインなどの色とりどりのフルーツや、もちもち感がクセになる白玉やナタデココを加えてみるのもおすすめです。それから、シュワっと弾けるサイダーを入れてみるのもいいかもしれないですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。馴染み深いカルピスに旬の果物さくらんぼを大胆に浸した「さくらんぼのカルピス漬け」をご紹介しました。おいしいだけでなく、余ってしまったさくらんぼの保存方法としても、今大きな注目を集めています。いろんなフルーツを一緒に浸けるなどのアレンジを加えて、今が旬のさくらんぼをよりおいしく楽しんでみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スイカ スイーツ

ミニストップから、「無限スイーツ」シリーズの第5弾!「無限すいか杏仁」が発売されます。夏にさっぱり食べられる杏仁豆腐にクラッシュすいかゼリーをのせ、フレッシュのすいかがトッピングされた、最後まで食べ飽きないス…

ホテル ビュッフェ スイーツ ハロウィン

八事サーウィンストンホテル内のイタリアンレストラン「リストランテ マンジャーレ」で、ハロウィン&アフターハロウィンデザートブッフェ『イエローウィン』開催!秋の実りと彩りを目でも舌でも楽しめる数種のスイーツが勢…

スイーツ 銀座

シネスイッチ銀座ほかで公開される、『ブランカとギター弾き』のコラボスイーツが登場!爽やかな夏の風を感じさせる本作の公開を記念し、人気スイーツ店「銀座・三徳堂」と「Sunday Brunch 銀座マロニエゲート…

六本木

東京ミッドタウンで、夏イベント「MIDTOWN LOVES SUMMER(ミッドタウンラブズサマー)」開催!今年は、世界中で人気のウオッカブランド「スミノフ」を使ったカクテルなどが楽しめる「スミノフ ミッドパ…

スイーツ

ハーゲンダッツアイスクリームを使用したオリジナルサマースイーツを提供する夏期限定ショップ「ハーゲンダッツ サマーリゾート」がオープン!ハーゲンダッツ アイスクリームとフルーツをぜいたくに使った全9種類のオリジ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

新生活で忙しくなったり、料理が苦手な人でも作れる料理のレパートリーは増やしておきたいですよね。そんな人でも安心してください!料理初心者の人でも簡単で挑戦しやすい包丁を使わないレシピをまとめました。

レシピ クッキー ココナッツオイル スコーン まとめ

スーパーのビニール袋、市販のポリ袋、チャック付き袋、なんでもOK!材料を入れてこねて形を作って焼くだけだから、キッチンも手もたくさん汚しません。 手軽に簡単に美味しく、アレンジもしやすいクッキー作りをどうぞ♪

ケーキ スイーツ レシピ まとめ シフォンケーキ

フワフワのシフォンケーキを簡単に紙コップで作ってみましょう!かわいい紙コップを使えばそのままギフトやプレゼントにもできそうです!味もラッピングもアレンジ次第でどんどん広がりそうですね♪さっそく作り方を紹介しま…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

じゃがいも ドーナツ まとめ

今回は、卵も牛乳も使わない「じゃがいもドーナツ」の作り方をご紹介したいと思います。このレシピを覚えておけば、アレルギーのある方や、アレルギー持ちのお子さまがいらっしゃるママさんの、強い味方となってくれることで…

北海道 ケーキ

稲穂駅から1キロほどのところにある新しい住宅街の中にあるケーキ屋さんが「Patisserie FIGLIA(パティスリーフィリア)」になります。世界大会で入賞したケーキがあったりと世界が認めたケーキがいくつも…

yuitoss

美容に関する記事を書くことが好きです。

ページTOPに戻る