ローディング中

Loading...

夏の風物詩のひとつ、カルピス。そして、今が旬の果物さくらんぼ。この両者を組み合わせた斬新な「カルピスのさくらんぼ漬け」が、お手軽な上に絶品だと、ネット上で大きな話題を呼んでいます。気になるお味やレシピ、作るポイントなどをご紹介します。

「さくらんぼのカルピス漬け」が話題沸騰!

夏の訪れを感じるカルピス。特に幼少時代、飲む機会に触れる方が多かったのではないかと思います。濃縮タイプや炭酸系、季節ごとのフレーバーが次々に登場し、子どもから大人まで幅広い年齢層に馴染みが深い飲み物だと言えるでしょう。

ところで、カルピスにあるものを漬けると最高においしくなると、巷で大きな話題を集めています。そのあるものとはみなさんご存知、さくらんぼ。ネット上で「#さくらんぼのカルピス漬け」というハッシュタグができるくらい、爆発的人気を集めています。

ルージュのようなつややかなその輝きから、“赤い宝石”と称されるさくらんぼは、夏を象徴する果物のひとつ。酸味の元となっているクエン酸には食欲を促したり、疲労回復を助ける働きがあると言われており、美容にも大きな効果が期待できる食べ物でもあります。

それでは今回は、親しみのあるカルピスと旬の果物さくらんぼを融合させた「カルピスのさくらんぼ漬け」についてお話しましょう。

人気きっかけとなったツイートはこちら

「さくらんぼのカルピス漬け」が話題となったきっかけは、あるツイートでした。
66,000人以上のフォロワー数を誇る「ふぁるん*雨林(@farun666)」さんが先日、自身のツイッターに上記の写真をアップしたところ、15,000を超えるリツイート数がありました。すると、「ふぁるん*雨林」さんのツイートを見た大勢の人たちが、すかさずその斬新なレシピを再現。瞬く間に拡散し、今では大ブームになっています。

カルピスのさくらんぼ漬けってどんな味?

さくらんぼ自体にカルピスの味が染みこむわけではないのですが、さくらんぼ特有のほのかな酸味とカルピスの風味が、口の中でほどよいハーモニーを奏でます。スムージーのような舌触りのカルピスに合うプリっとした果肉の食感は、一度食べたらやみつきに。

ちなみにこのカルピスのさくらんぼ漬け、実は新鮮な状態を維持することを目的として、山形のさくらんぼ農家さんの間では知られていた保存方法なんだそうです。単純に冷凍保存するよりも、鮮やかな色合いをキープしたまま、糖度も損なうことなく、本来の味をおいしくいただけるのだと言います。

さくらんぼのカルピス漬けの作り方

それでは早速、カルピスのさくらんぼ漬けを作ってみましょう。用意する材料はたったこれだけ。

材料

・さくらんぼ
・カルピス原液

作り方

フローザーバッグやタッパーなどの深さがある容器にさくらんぼを入れ、そこにカルピスの原液を浸るくらいまで注ぎます。それを冷蔵庫に入れて凍らせるだけで完成です。食べるときには、解凍せずにそのままいただきましょう。

コツをおさらい

・さくらんぼは必ず軸を取る。
・袋に浸す際は、さくらんぼが重ならないように袋を横にして冷凍庫へ入れる。


上記2点が、おいしく漬けるための重要なポイント。ちなみに、冷凍してもカルピス(原液)自体は完全に固まるわけではなく、かなりやわらかいシャーベットのような状態でとどまるのだそうです。なので、さくらんぼは大きめのスプーンですくって食べるとよいでしょう。

冷凍での保存可能な期間はおよそ1〜2ヶ月で、容器の中に残ったカルピスは、お水で薄めて飲んでもよしです。

幼稚園に子どもをお迎えに行く前のちょっとした隙間時間をうまく活用して、ササッと簡単に作れるお手軽感も、大きな魅力のひとつ。例年以上の猛暑が予想される今年の夏にもってこいの絶品さわやかスイーツ、ぜひお試しください。

さくらんぼのアレンジレシピ

日持ちしないさくらんぼをできるだけ長くおいしく楽しんでいただくために、とっておきのアレンジレシピをご紹介します。ぜひとも、参考にしてみてください。

電子レンジでお手軽さくらんぼジャム

余ったさくらんぼを使った自家製ジャムは、トーストに乗せてもよし、アイスクリームに添えてもよし。はたまた炭酸水に入れてソーダ割りにすれば、まるでカフェで登場する1杯のような、おしゃれな雰囲気に様変わりします。このように、自家製ジャムはあなたのお好みに合わせてアレンジは自由自在です。

フルーツポンチ

暑さでうなだれた気持ちをパッと明るくさせてくれる、夏にぴったりなさわやかスイーツ。スイカやマンゴー、パインなどの色とりどりのフルーツや、もちもち感がクセになる白玉やナタデココを加えてみるのもおすすめです。それから、シュワっと弾けるサイダーを入れてみるのもいいかもしれないですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。馴染み深いカルピスに旬の果物さくらんぼを大胆に浸した「さくらんぼのカルピス漬け」をご紹介しました。おいしいだけでなく、余ってしまったさくらんぼの保存方法としても、今大きな注目を集めています。いろんなフルーツを一緒に浸けるなどのアレンジを加えて、今が旬のさくらんぼをよりおいしく楽しんでみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

かき氷 チョコレート スイーツ

コリアンデザートカフェ「ソルビン」に、日本初上陸1周年を記念した季節限定メニュー「チョコモンスターソルビン」が登場。ビジュアルもボリュームも迫力満点なスイーツ。韓国でも話題となった商品です♩

かき氷 スイーツ

全国のコメダ珈琲店から、コメダ名物「かき氷」が期間限定で発売されます。今回、新フレーバー「ピーチティー氷」も登場。みずみずしい桃のシロップと、ぷるぷるの紅茶ゼリーがたまらない商品。定番のかき氷もラインナップし…

ホテル スイーツ

ハイアットリージェンシー東京の「ペストリーショップ」に、初夏から夏の盛りまでの季節の移り変わりを表現したスイーツが登場。梅雨時のやさしい雨音が聞こえてきそうなヴェリーヌなど、フォトジェニックなスイーツがいっぱ…

プリン 北海道 スイーツ

一度食べたらやみつきになると言われる絶品、プリン本舗が発売する「侍のプリン」をご存じですか。北海道では名物プリンとして知られています。今回は、テレビ番組でも取り上げられ注目を集めている、人気プリンについてご紹…

スイーツ 大阪

大阪ミナミにあるアメリカ村の「ロングソフトクリーム」がいま注目を集めています。こちらのソフトクリームが日本一長いソフトとしてメディアなどでも取り上げられ、行列ができるお店として大人気!お店の情報やどんなソフト…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

新生活で忙しくなったり、料理が苦手な人でも作れる料理のレパートリーは増やしておきたいですよね。そんな人でも安心してください!料理初心者の人でも簡単で挑戦しやすい包丁を使わないレシピをまとめました。

レシピ クッキー ココナッツオイル スコーン まとめ

スーパーのビニール袋、市販のポリ袋、チャック付き袋、なんでもOK!材料を入れてこねて形を作って焼くだけだから、キッチンも手もたくさん汚しません。 手軽に簡単に美味しく、アレンジもしやすいクッキー作りをどうぞ♪

ケーキ スイーツ レシピ まとめ シフォンケーキ

フワフワのシフォンケーキを簡単に紙コップで作ってみましょう!かわいい紙コップを使えばそのままギフトやプレゼントにもできそうです!味もラッピングもアレンジ次第でどんどん広がりそうですね♪さっそく作り方を紹介しま…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

レシピ タイ料理 ベトナム料理

季節に合わせたハーブとスパイスの使い方を提案する連載の第5回。今回のテーマは、湿度の高い梅雨どきにうれしい、さわやかな香りが特徴のハーブ「ミント」。アジアの食卓でもしばしば登場するミントを使って、旅の香り漂う…

コーヒー まとめ

コーヒーにはミルクや砂糖、と思っていませんか?ところが世界的には、スパイスをコーヒーに入れて楽しむのがメジャーなんです。どんなスパイスが合うのか、各スパイスの効能についてもお伝えします。いつもと違う味の冒険を…

yuitoss

美容に関する記事を書くことが好きです。