ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

おつまみの王道「ビーフジャーキー」。でも、市販のものは味も濃いし、量が少なくてすぐなくなってしまいますよね。でも、自分で作れば思う存分食べられちゃいますよ!燻製いらずなのに、本格的な味わいのビーフジャーキをお家で作ってみませんか?

燻製なしでビーフジャーキーができる⁉︎

おつまみの定番、「ビーフジャーキー」。
お家で作るにはちょっとハードルが高い料理ですよね。牛肉に下味を漬け込んで寝かせ、乾燥させて、燻製して……最低でも1日以上はかかってしまいます。

「もっと簡単に作れたら、たくさん作ってビーフジャーキーを思う存分食べるのに‥」と、思ったことはありませんか?

今回は燻製なしで簡単に作れるビーフジャーキーのレシピをご紹介します。漬け込み時間も2時間あれば十分!オーブンでじっくり焼いて、その日の夜にはおいしいビーフジャーキーを楽しめます。

ぜひたくさん作ってみてくださいね。

『なんちゃってビーフジャーキー』の作り方

材料(作りやすい量)

牛肉(モモ肉かバラ肉) 200g
A 醤油 小さじ2
A みりん 小さじ1
A 酒 小さじ1
A 砂糖 小さじ1
A 水 大さじ1
A 顆粒だし 小さじ1
黒胡椒 お好みで

※乾燥しやすいように、なるべく脂身の少ない肉を選んで下さい。

作り方

①Aの調味料を混ぜあわせ、牛肉を加えて混ぜ込む。
調味料が染みるよう、肉は軽くほぐして加えます。
②冷蔵庫で2時間以上寝かせ、味を染み込ませる。
密閉袋に調味料ごと入れ、肉がちぎれない程度に軽く揉み込んで下さい。揉み込むことで調味料が均一になじみます。
③クッキングシートに肉を重ならないように並べ、黒胡椒を振る。
重ねてしまうと加熱した際の乾燥具合にバラつきが生じるので、なるべく重ならないようにしましょう。黒胡椒は多めに振っておくと、スパイシーで市販のものに近い味になります。
④130℃に予熱したオーブンで30〜40分じっくり焼く。
低温でじっくり焼いて水分を飛ばすのがポイントです。130℃の設定がない場合は、100℃〜120℃で加熱時間を増やして調理してみてください。
⑤キッチンペーパーで肉汁を拭いてから、肉をひっくり返し、同様に30〜40分焼いて水分を飛ばす。
加熱時間はあくまで目安です。肉から水分が飛んで、カリカリに縮むまで加熱しましょう。
⑥肉から水分が飛んだら、バットにおいて油を落とす。

ビールと一緒に、乾杯!

手作りしたビーフジャーキーのおいしさはひとしお!加熱することで水分が飛ぶので、牛肉の旨味がぎゅっと凝縮されていますよ。

また、ビーフジャーキーは脂身が少ない赤身で作るほうが歯ごたえがありおいしくなるので、手作りすると驚くほどリーズナブル!これなら思う存分食べられますね。ビールが止まらなくなるおいしさです。

200gの牛肉も、最終的には縮んで上の写真の量にまで目減りします。作りおきしておきたい場合は、倍量でたっぷり作ってもよいかもしれませんね。また、豚肉で作ってもおいしく仕上がりますよ。

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

そうめん 〆ご飯 おつまみ

夏といえばそうめんですが、同じ味だと飽きてしまいますよね。そこで今回は、鯛あらを使った今までにないそうめんのレシピをご紹介します。鯛の上品な味がしみでたスープは、冷やしても温めても◎。呑んだあとの〆にもぴった…

レモン 〆ご飯

暑さでぐったりしちゃう日は、冷たいものが欲しくなりますね。汁物は余計に熱くなってしまうので、この時期は避けたいもの。でも水分不足に気をつけたい……そんな時にオススメな、爽やかな冷製スープのレシピをご紹介します…

あさり スープ ラーメン 冷やし中華 おつまみ 〆ご飯

夏は冷たい麺が食べたくなりますね。〆には冷やしラーメンが最高!普通のスープもいいけれど、あさりの旨味たっぷりのお手製スープはいかがでしょう?今回は、「あさりの冷やしラーメン」のレシピをご紹介。ゼラチンで煮凝り…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スムージー まとめ

ダイエット中は油断すると1日に必要な栄養素が不足してしまいがちです。かといって朝から何品もの食事を用意するのも大変です。そんなダイエット中におすすめなのがスムージー。一杯のグラスの中に栄養をぎゅっと詰めてみま…

まとめ レシピ バター 調味料

焦がしバター風味のマーガリンや焦がしバター味のポテトチップスなど、今何かと注目を集めている「焦がしバター」。基本となるその作り方と、焦がしバターを使用したレシピを紹介します。もちろん、甘いものだけでなくおかず…

サラダ レシピ まとめ

女性から絶大な支持を得る食材「パクチー」。今回はパクチーを使った(人気)サラダ(レシピ)を10件ご紹介します。これだけあればパクチーサラダの種類に困りませんよね!アンチエイジングやデトックス効果もあるとされて…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

カニ

冬になると食べたくなるカニ!でもお店で食べるカニと、冷凍で買ったカニは全然味が違って拍子抜けした経験はありませんか?どうして味が違うの⁉ おいしく食べる方法は?そんな疑問に答えます。冬の味覚をよりおいしく食べ…

白菜 ミルフィーユ おつまみ

冬になってくると食べたくなる鍋。そのなかでもミルフィーユ鍋は見た目も豪華なのでいいですよね。今回はレンジで簡単に作れるミルフィーユ鍋風の「白菜と鶏ひき肉の重ね蒸し」のレシピをご紹介します。1/4カットの白菜と…

前田未希

料理家 フードコーディネーター レシピライター 料理教室講師 st...

http://studio-racconto.com/

ページTOPに戻る